箱根

2009年06月29日

箱根旅行  「 ポイントバケーション箱根 」

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

御殿場のバラ1


6月の初旬 お知り合いの方からのご紹介で 箱根の仙石原にある
会員制リゾート 「 ポイントバケーション箱根 」 に 
妹夫婦と私たちの4人で泊まってきました。

↑ 写真は 帰りに寄った御殿場のバラ園です。

お蕎麦屋さんお蕎麦屋さんらしからぬ外観


その日は 私はお昼に横浜で予定があったもので 用事を済ませてから 
東海道線 〜 箱根登山鉄道で強羅まで行き そこで既に車で
行っっていた主人と落ち合い 仙石原の現地まで行きました。

主人が途中で寄った お蕎麦屋さんです。
「 蕎麦小屋 つねっさ 」 です。
以前から気になっていたお蕎麦屋さんだったそうで
一人の時に訪れてみたいと思っていたらしく 今回念願かなって 
おいしいおそばをいただけたと 喜んでいました。
( 相模原市津久井町の 道志みち にあるそうです。 )

まるでパン屋さんのような、( ボンジュール風? )
ケーキ屋さんのような、お蕎麦屋さんらしからぬ 外観ですね〜
昨年行った 御殿場の 「 かわ嶋 」 もそうですが
この辺りのお蕎麦屋さんは 敷地が広くて こだわりがありますね。
 
店内メニュー


お蕎麦屋さんの窓際


さて あいにくの雨のなか 強羅駅からは 仙石原めざして緑の中を
ひた走り 20分くらいで 今日のお宿 「 ポイントバケーション箱根 」
に到着しました。 

ポイントバケーション箱根こんな道を行くとようやく着きました!


こんな感じ


広い敷地に2棟の建物があり その内の1棟では ペットと一緒に
お泊りが出来るようになっていますし ペットが思いきり遊べる
広い運動場もあります。

ポイントバケーション箱根渡り廊下


私たちは 本館の2階の一番奥の 広いお部屋をとっていただきました。
ベッドルームが2つに 和室が1部屋、 広いリビングダイニングに
ジャグジー風呂と リラックススペースのある洗面室のついた
100?以上の 3LDKのお部屋でした。

ですで 2夫婦でも 余裕の広さで快適でした。

リゾートマンションですので 台所や洗濯機なども付いていて
( 長期滞在には嬉しいですね ) 我が家のように過ごせました。

お部屋 


ベッドルーム、2部屋和室キッチン


ジャグジー洗面台窓からの眺め


この施設はリゾートマンションなので レストランはありません。
朝食は スタッフが作ってくれる簡単なご膳をお願いできますが
夕食は近くに食べに行くか デリバリー そして お庭でバーベキュー
も出来るようです。 ( 日没まで )

バーベキューは施設や道具を貸してくれるもので 食材などは
自分で用意する いわゆる別荘スタイルです。

今回の私達の宿泊には アルベルゴバンブーのディナーが
付いていましたので タクシーを呼んでもらい ( 800円10分弱 )
イタリアンレストラン 「 アルベルゴバンブー 」 に向かいました。

アルベルゴバンブーアルベルゴバンブー室内


テーブル


↓が本日のメニューです。
後から ホームページを見て見ましたら デイナーAコースのようです。
( 6825円+サ )

本日のメニューテーブルセッティング


アルベルゴバンブーといえば 沢山の前菜が有名ですよね。

昨年も調度この時期 箱根旅行の際 ランチでうかがいましたが 
その時にも 前菜が ビュッフェ台にたくさん出ていました。
ディナーでは盛り合わせということですが たぶん ランチの時と
同じようなラインナップではないかしら?と思いました。

でも 本当においしいんですよ〜 この前菜たち。
ワインにも会うし わたしはこれと スープと パンで
もうおなか一杯になるほど 満足してしまいました。 。

オードブル盛り合わせ


選択1 魚介とアスパラ2、緑豆のリゾット3、 パッパルデッレ


その後は パスタ3種からの選択です。
量的には ハーフポーションよりは かなり多い量、というくらい
タップリありました。

大勢で行くと 全種類楽しめるので いいですね。

2、 箱根山麓豚選択1 金目鯛


そしてメインが お魚 ( 金目鯛のオーブン焼き ) か
お肉 ( 箱根山麓豚の炭火ロ-スト ) の2種からの選択です。

前菜から量がタップリありましたので パスタやメインは
ほんの一口ずつくらいかしら? と思っていましたが
( というか それを願っていましたが ) 見事にはずれ
それ一つで頼んでも十分なくらいの 男性陣も大満足な
1品になっていました。

女性人は もう本当にギブアップです。

選択1 デザート クリームブリュレ


デザートも選択で 見た目もきれいな 美味しいものでした。

スタッフのお給仕も大変丁寧で 親しみやすい中にも
品のある すばらしい接客でした。

ただ 金曜日の夕食なのにお客様が 私達を入れても3,4組しか
いなくて 私達が最後でしたので それ以降は誰もいないようでした。

レストランが広いだけに 少し寂しい気がしました。

せっかく こんな素敵な空間を持つレストランなのに ランチは 
週末など予約が取れない時もあるほどの 人気のお店ですが
ディナーで 集客するのは とても大変なことのようです。

2、 デザート チェリーのタルト小菓子


前回来た時にも トイレの写真を載せましたが
今回も やはり素敵な内装でしたので 見てくださいね。

きれいなトイレ


地下の階段下夜のお席


今回も 女性のお客様には バラのプレゼントがあり 
翌日の帰宅まで 十分生きのよさを保っていた 見事なバラでした。

バンブーで頂いたバラ夜のポイントバケーション箱根


お部屋に戻り 広いリビングでテレビを見たり 大浴場に行ったり 
お部屋のジャグジーに入ったり のんびりと過ごすことができ
ホテルと違い 大勢で一部屋で楽しめる 素敵な滞在になりました。

二ノ岡フーヅ売店


翌日も 朝はまだ 雨が降っていました。
箱根はよく来ているので 雨の中わざわざ見学するところもないので
帰路の途中 二ノ岡フーズ ( 以前主人のお友達から すごく大きな
ソーセージを頂いたことがあって とても美味しかったので )
に寄り ハムを少し買ってみました。

大きなお屋敷の庭に 売店があります。
駐車場も完備していて 皆さん続々と車で訪れていました。
有名なのですね〜

御殿場


その後、御殿のアウトレットにより バラ園を見学ました。

「 リビングローズガーデン御殿場 」 というバラ園で
アウトレット内のイーストゾーンという橋をわったった先のゾーン、
観覧車の辺りにあります。
( マクドナルドの脇から入ります。)
たまたま 6月1日から30日まで 無料開放していたようで 
(毎年この時期 無料なのかどうかは 分かりませんが )
買い物に興味のない人 ( 主人 ) には こちらの方が
良かったようです。

園内には 800種 5000株のバラがあるとのことでしたが
出来てまだあまり時がたっていないので 木も小さいものが多く
数字ほどの 大量な感じはしませんでしたが それでも 様々な色や
品種のバラが楽しめて 雨の中でも 気持ちが晴れ晴れしました。
若木が大きくなる この先が楽しみです。

34


2


今回の このようなリゾートマンション滞在旅行は 
私達には始めての経験でした。

大人数で ワイワイがやがや楽しむにはうってつけの施設でした。



今週末に また リゾートマンション滞在をしてきます。
それは 昨年 ランチにアルベルゴバンブーを訪れた
「 七夕会 」 の今年の旅行がこの週末にあり 滞在先は今回も
箱根で、 宿泊は 「 東急ハーベストクラブ箱根甲子園 」
なのです。
私は幹事ではないので 行ってのお楽しみになりますが
どんな滞在になるのかとても楽しみです。

以前の七夕会は 帝国ホテルと、とうふ屋うかいでした。

そして 一年に一度の 37年前からの仲良しさん達との旅行に 
こうして今年も参加できることを とても嬉しく思っています。

murakinoriko at 21:21|PermalinkComments(10)

2008年07月21日

七夕会 箱根1泊旅行

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

7月の第一金、土と 1泊で 箱根に行ってきました。

アルベルゴバンブー ロビーのお花


この箱根旅行は 私がお勤めをしていた時の 同期の女子が毎年
7月の第一土曜日に集まる 「 七夕会 」 の催しで 
今年は 初めての1泊旅行になりました。

場所は この時期アジサイがきれいという事と 会社の関係で
格安で宿泊できるステキな施設があるので 箱根になったのです。

私たち同期の女子は全員で9人いますが 毎年この同期会は 
7月の第一土曜日と決まっているので 今年も欠席は1人 
( 宿泊7人 夕食で帰る人1人 ) の8人で楽しい旅が出来ました。

すてきなロビー


このステキなロビー、 「 アルベルゴバンブー 」 です。
仙石原にある イタリアンのお屋敷レストランで ランチをしました。

ステキな外観はこちらからどうぞ。

店内 1店内 2


お屋敷はとてもゴージャス!
それもそのはず オーナーが すべて納得するものを イタリアで探し
取り寄せ 何年もかかって 作り上げた洋館なのだそうです。

映画 「 ゴッドファーザー 」 の結婚式のシーンを夢見て
人々が楽しく集える 「 家 」 を作りたいというオーナーの夢が 
このレストランには あふれています。

食器はジノリ 階段の手すりも鉄の特注 瓦や 敷石 扉なども
全てイタリアからという こだわりが感じられ 
壁一面のフレスコ画や まばゆいばかりのシャンデリアも見事です。

スタッフは 皆さんプロフェッショナルという雰囲気満載で
特に 受け付けにいらっしゃった中年の女性は 不思議な雰囲気の方で
このお屋敷にとても似合っていました。

前菜テーブル1前菜テーブル 2


お昼のコースの前菜は 中央のテーブルからのビュフェです。
何種類もきれいに盛ってあるので お腹のすいている方は こちらを
ガッツリ! 頂いてもいいですね。
私は 写真用に 少し少なめの盛りにしました。

私の前菜


このレストランの場所は 東名から来ると 仙石原の交差点の少し先なので
強羅方面から来るより 御殿場方面からのほうが行きやすいようです。

私たちは 新宿からの高速バスを予約して 仙石原小学校前で降りました。
(バス代 新宿から 1850円 )
バス停からは ぶらぶら3、4分です。

あふれるばかりの緑の中に ステキにたたずんでいます。

パスタランチ 海の貝類バジリコソース本日のタルと盛り合わせ(2種から選択)



スプマンテのフルーツゼリー(2種から選択)コーヒーと小菓子



デザートは2種からの選択で 
タルト盛り合わせ と スプマンテのフルーツゼリーでした。

テーブルのお花1テーブルのお花 2


お部屋には 何処にもお花があふれていて ステキでした。

店内のチェストの上のお花


お席


メニューAランチ、3675+10%トイレもステキ♪


パスタランチは 3500円 + 税 サで 4042円でした。
トイレもステキで 思わず写真を撮りました!
結婚式もよくあるようで 館内でも お庭でも ステキな会を
開くことが出来るようでした。 

感じとしては 昨年、主人といった オーミラドーに似ていましたが
アルベルゴバンブーのほうが もう少し規模が大きい、空間が広いように
思えました。

オーミラドーと違い 多分こちらには 宿泊施設がないようでしたが 
お泊りの案内もあるようで ( フロントに書いてありました ) 
近くの宿泊施設に お部屋が用意してあるようでした。

やはり こちらにディナーに来た時などは 帰るのが億劫になるでしょうね。

入口の階段から


帰りには 女性のみだそうですが バラのお花をいただきました。
8本揃うと 大変きれいな 大きな花束になりました。


さぁ この後は 先ほど降りた仙石原小学校のバス停から
施設めぐりバスに乗って ( このバスはガラスの森や ポーラ美術館や
強羅美術館など名所を巡っています ) 私たちの本日の宿泊施設
彫刻の森まで 一気に連れて行ってくれました。 ( パスモ使えます ) 

箱根 宿泊


宿泊施設の 素敵なロビー。

モダンなロビー


ラウンジ1ラウンジ2


ここかしこに 有名デザイナーの家具が さりげなく置かれています。

お部屋の調度品も全て デザーナーものでそろえてあります。
最初 私たちは気が付きませんでしたが 後からお部屋の案内を読んだら
どれが誰の作品か 書いてありました。

私たちが気軽に鍵をちょこっと置いていた台も 有名なアーティストのもので 
後でそれを知って 皆でビックリしました。

奥には和室室内 イサムノグチのテーブル


2階にはベッドルームリビングは吹き抜けですメゾネットです、上から見たところ


お部屋はメゾネットの 吹き抜けです。
玄関を入ると左側にベッドルームが その下は吹き抜けになっていて
大きなリビングスペースと 奥に和室があります。

写真で見るよりずっと素敵です。

リビングは 2階の大きなガラス窓も見えていて 
1階の窓からは 箱根登山電車が 見え隠れしています。

電車好きな子どもなら 一日電車を見ていてもあきませんね。

この日は メゾネットのお部屋を2室取りました。

1室は 黒革を貴重とした 「 エリートモダン 」
もう一つのお部屋は 木をメインにした 「 森の言葉 」 
( 泊まっていませんがもう1室は 「 セレブリティ 」 と
名づけられていました。
ちょっと恥ずかしい名前ですが 誰が考えたのでしょうね )

ちなみに 黒革のお部屋のテーブルは イサムノグチの作品でした!
お金のかかっている施設なんです! こちらは...

夕食メニュー12


さて 夕食は6時からです。

こちらの施設は いわゆる寮なので 夕食時間などは 決まっています。
また 大浴場はありますが ( お部屋にもバスはありますが )
露天風呂や カラオケ施設などはありません。
あくまで しっとりと 落ち着いた 大人の施設でした。

でも ボーイさんは まさしくボーイさんチックで きちんとしていましたし
人数も多く とても洗練されている 接客をしていました。

夕食前菜


前菜


お料理は 食べきれないほど 沢山ありましたし 器も凝っていましたし
季節のものも ふんだんに使われていました。
鮎が出るなんて 感激!

私は 少し体調が悪かったので ( これについては次回に詳しく )
食欲があまりなかったのですが 皆はとても美味しいといって大満足でした。

私がいちばん美味しかったのは 和辛子とパセリのおうどんでした。
冷たくて さっぱりしていて 喉越しも良く 食欲のないときでも
これなら 美味しくいただけました。

お造り、才巻き海老 マグロお椀和辛子とパセリのうどん


鮎の塩焼き


あまりにお腹が一杯になって この日は誰もご飯をいただけませんでした。
おしゃべりに夢中になっていたのかも しれませんね。

8時には お食事も完了して おしゃべりタイムです。

皆 具合が悪い、体調がいまいち といっていましたが 
なんの、なんの 皆さんお元気!お元気!

全身、震えがきているのよ〜 と言っていた人も
震えを忘れるほど楽しかったわ、と言って 凄く元気にしていました。

私は 少し寒気もしていたので 早めに就寝しました
何人かの皆さんは 夜遅くまでおしゃべりに花が咲いていたようです。

鱧揚げ物デザート


この私たちの同期は 会社にいるときから とても目立っていて
( いい意味ではなくて 悪い意味で ) とにかく おしゃべりな
集まりでした。
午後は たいてい一仕事した後 他の部署のメンバーのところに行って
「 お茶行かない? 」 って。
さっき お昼行ったばかりなのにネ〜 

勝手に 「 じゃお茶行ってきます〜 」って出て行ったりしていました。 

その挙句 上司の方から お茶代を貰ったりして...

今じゃありえないですよね。 こんな OL!
どんだけ わがまま物め!

ある時 あんまり仲が良かったので お給料とか ボーナスとかを
貰ったすぐその後で 例によって 喫茶店で お茶しながら
金額を見せ合ったりしていたのを 上司の人に見つかり 
皆それぞれの上司から これからは 人それぞれ金額が違うから 
決して見せ合わないように と 注意されたことがありました。

こういう情報が 大きな不満になって 組合活動に発展するんだ、と
言われました。
ふ〜ん そうなんだ〜 そういえばそうですよね。

でもその後も ずっと 見せ合っていたと思います。
不満も出なかったので さほど上司の人の言うような差は
なかったのかもしれませんね。

査定が 悪かったのかしら?
上司同士 相談して 査定を悪くされていたのかもしれませんね。 

でも その同期のメンバーを 採用したのも この会社なのですから
会社の気風として その時は このようなメンバーも 面白いと
思って採用したのかもしれませんね。 
 
でも 失敗したと すぐ会社の方も思ったのでしょう。
その後の代の人は 大変真面目な おとなしい方ばかりだったと
記憶しています。

朝食 洋朝食 和


さて 一夜明けて 快晴です。
真夏のような 日差しの一日です。

美味しい朝食は 和、洋あり 予約の時に 選べます。
このほか ジュースや コーヒーなどは 別のテーブルにあります。

朝の箱根の緑を ラウンジから楽しんで 元気に出発です。

この施設 1泊2食付 ゲストは12000円でした。
ご興味のある方は 私までどうぞ!


彫刻の森美術館を ブラブラ巡り 登山電車で 湯本まで降りて
おそばを食べて お別れしました。

もっと時間があれば 全身震えさんのお知り合いの お蕎麦屋さんに行く
予定でしたが この日は アジサイも盛りだったので 
箱根は大変な混みようで タクシーに乗るにも 凄く並ぶ始末、 
そのお蕎麦屋さんへは 次の機会に行くことにしました。

皆さんは 小田急ロマンスカーで 
私は 小田原に出て東海道線で帰りました。
平塚の七夕もあって 東海道線は とても混んでいました。

私は この会に行かれるかどうか とても微妙だったのですが
何とか無事行かれて本当に良かったです。

朝の箱根


皆さんとお話していて 楽しかったあの頃に戻れて 不思議な感じでした。
30年以上前のことを 昨日のように話している私たちは 
一生この思い出を 共有できるんだな〜と 感じました。

また 来年の 七夕会に参加できるよう 頑張らなくちゃね。
皆さんありがとうございました。


murakinoriko at 16:35|PermalinkComments(6)