生活

2009年07月16日

「 紀子の部屋 3 」

2005年からはじめました 「 紀子の部屋 」、
そして2007年からは 「 紀子の部屋 2 」 となり
皆さまには 長〜い、長〜い記事にも
お付き合い頂き本当に感謝しています。

お花


ところが 余りにも 文章や写真が多すぎたのか
こちらも あっという間に容量が一杯になってしまいました。

…ということで 次回からは 「 紀子の部屋 3 」 で
お目にかかることになりました。

どうぞ この先も 1、2 と共に 「 紀子の部屋 3 」 も
よろしくお願い致します。





murakinoriko at 13:04|PermalinkComments(0)

2009年07月09日

マーベラスアイスクリーム、 & 皆さまの写真 & 最近の私

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

マーベラスアイスクリーム


毎日 じめじめとした天気が続いていますが こんな時のお買い物は
ショッピングセンターが便利です。

最近は我が家の周りにも いろいろなショッピングセンターが
出来てきたので 今日はどこ行く? 状態で 楽しみが増えました。

フルーツ


ということで 行ったのは 「 トレッサ横浜 」 です。
ここはトヨタのショールームも兼ねているので 
行く度に かなりの時間、車を見ていることがあります。

以前次女と行ったときも 「 PASSO 」 が展示されていて 
そのあまりの可愛さとお手ごろ価格に ( 百万円切っていました )
ついフラッとなり 危うく買いそうになりました。
なぜって プチトマト仕様という内装が カワイイのなんのって…
それに 子供達の車が もうだいぶ痛んでいたので 
この際 買い換えようかな、と。

で、帰ってから 他の子供達に話したら 息子が絶対いや!だって。
しゃれで載るにはいいけど 真っ赤」な 「 パッソ 」 じゃ 
恥ずかしくて どこにもいけないよ〜 とのこと。 
あら、そうなの〜? せっかく可愛くて よかったのにね〜

( ちなみに今回は プリウスを 見てきました )

鉄板の上で混ぜてカップに盛ります


ということで よく 「トレッサ 」 に行く私ですが 
以前は 私の大好きな 「 華華美人 」 があってマンゴーカキ氷が
食べられたのに 最近なくなったんです そのお店が。

で 先日行ったら そのあたりに人垣が… あら? なに?
思わず 私も 並んで見ました。
「 マーベラスアイスクリーム 」
可愛いのよ、店舗が、 それに店員さんも可愛いのよ。
お店が 「 ゴスロリ? 」 っぽくて 不思議な雰囲気でした。

コールドストーンアイスクリームのようなもので、 好きなものを
選んで 冷たい大理石の上で スタッフが混ぜてくれるというもの。

私はマンゴーを 娘はべリーベリーヨーグルトを頼みました。

出来上がり


おいしそうでしょう?
マンゴー ぷりぷりで とっても美味しかったですよ!
ベリーのほうも 沢山入っていて 爽やかなヨーグルト味で 
こちらも娘に好評でした。
高級なプレミアムアイスを堪能しました。

でもね、 頼むのが とっても難しいの。
まず種類を決めて サイズを決めて コーンを決めて…
その種類も たくさんあって 全30種類以上もあるんです。
決めるまで 随分と時間がかかってしまいました。
若い人は すぐ 直感で決められるのかしら?
私は迷うたちなので…

ハッピーサイズ ( 中サイズ )
480円 + ワッフルボール60円 = 540円でした。
( チョット高いと思いましたが フレッシュのマンゴーが
タップリ入っていたので それくらいはするのかな〜 )

これって 手で持って食べるものではないので 座って頂きたい
のですが 店外には テーブルが2つしかなかったので 
ちょっと 食べるには不便でした。

テーブル席では おばあさんとおじいさんが 一つを二人で
仲良く食べていました。
あの年頃は 意外と アイスが好きなのよ。
( 我が家の父も 大好きなので )

美味しそうな見本ケーキ風もあります


夏にはピッタリの おいしいマーベラスアイスクリームでした。


さて 前回のコメント欄でもお知らせしましたが
kumiさまの 「 ユニデコ 」 「 デコクロ 」 で〜す。

3


わぁ〜 すご〜い!  かわいいですね〜 
タンクトップですか? お袖にシフォンを縫い付けて
スッカリお出かけ仕様ですね。
私も 白いの 着たいわ〜
天使のように 妖精のように なれそうで…
( それって かなり 恐い? かしら 笑 )

kumiさまも おっしゃっていましたが ちょっとゴージャス過ぎて
普段には着れないそうで …  嬉しい誤算ですね〜

2


kumiさん ユニデコ1


こちらは ワンピース?
襟周りに 飾りを縫い付けたのですね。
これも 華やかになりましたよ!
素晴らしいですね。

テレビでも話題になっていたようで、流行っているんですね。
街にも 最近また 手芸やさんが出来ているようです。

生活の知恵ですね。
私も何か考えてみようかしら?

kumiさま 本当に ありがとうございました。
次の作品が出来上がりましたら 是非 また見せてくださいね。



エジプト オベリスク王家の谷


さて 上の写真は エジプトの 「 オベリスク 」 と 
「 王家の谷 」 の写真です。

以前もお話しましたが この春に 私のお友達が ご夫妻で
エジプト、セレブ旅行に 行った際のお写真です。

ロイヤルロータス号 ナイル川クルーズ


10日間の 「 ナイル川クルーズ 」 を楽しまれた時の船
「 ロイヤルロータス 号 」 です。
名前からして 素晴らしそうな船ですよね。

参加した方たちは 皆さんリタイアしたご夫妻が多かったようで
友人ご夫妻は ( バリバリ現役の 働き盛りです ) 
参加者のご夫妻の中では一番お若かったそうです。

ロイヤルロータス号のお部屋から見るナイル川


様々な世界遺産を見ることが出来 船内では 民族衣装を着ての
パーティもあったりして とっても充実した10日間だったそうです。

このナイル川クルーズのツアーでは 行く前に顔合わせもあり 
また 帰ってきてからも 写真交換会のようなものがあって 
添乗員さんからも 素敵な旅行日記が 
( もちろん写真入で 毎日のお食事のメニューまで載っていました )
プレゼントされたそうです。

私も 見せていただきましたが これは本当に 良い思い出になり
皆さん、お喜びだったでしょう。

私にも いいお写真を沢山頂き 本当にエジプトに行ったような
気分になる 良い経験ができました。

ナイル様、本当にありがとうございます。

クルーズ、ナイル川





百合


さて 最近の私ですが いまだ 血液値は戻らず。
前回の診察では 今まで少しずつですが 上がっていた値が
また下がっていたりして なかなかうまく行かない最近です。

先生が言うには 移植をした人でこの治療をしたのは
私が初めてなので いつ正常に戻るかは 分からないそうでした。

で、 まぁ それそのものは 自覚症状がないのでいいのですが…

百合やまぶき と あじさい


以前もお話した、目の事で やはりうっとおしくて おかしいので
また お医者さまに行ったところ 目の奥の出血が止まっていないとの事
それで仕方なく 病気のこと 血液値のことを 話しました。

血小板が少ないので 血が止まりにくいということを。

で先生は ビックリして ( その先生は 大学病院でも外来を
しているので ) 目の炎症が なかなか止まらないと思っていたら
「 悪性リンパ腫」 だったという患者さんが 何人かいたとの事。

今の今 そう、とは言えないけれどこれは それをふまえて
検査をしたほうが良いとのことで 大きな病院で検査をするように
言われました。

もっこうバラ


う〜ん、 忘れていました。
目にも 出るんです、 悪性リンパ腫が。
1月に入院していたときに 前のベッドの患者さんが 
目に出来た方でした。
ずっと分からなくて ( その方も再発 ) おかしいおかしいと
思っていたら 眼に出来ていたんだって…

その方からも 「 そんなことがあるので気をつけてね 」 と
言われていたのです。
それをすっかり忘れてたのよ。

まぁ 大変! でも その大きな病院、紹介状を持っていく際に
予約をするのだけれども 予約の電話をしたら 混んでいて
予約は 2週間も先になるって言われたのです。

だ、だ、だいじょうぶかしら?
そんな先で…

2


早速 仕事から帰ってきた主人に その話をぐだぐだしていたら
主人は調度 テレビで野球を見たかったらしく 私の大事なその話、
うわの空なの。

で、 私も 憎らしいから 話の途中で わざと主人に質問を
してみたんだけれど
私 「 ひどくない? 」 → 主 「 ひどいね〜 」
私 「 ねぇ、どう思う? 」 → 主 「 どうって言われてもね〜 」
私 「 あした聞いてみようかしら? 」
   → 「 あした聞いてみたらいいね 」 という調子なんです。

全く持ってうわの空。

3花海棠


以前 話ベタの人に どうしたら会話が続くかっていう質問が
どこか新聞か何かに載っていて その答えが まず 相手の人の話を
おうむ返しにすること、って言う事が 書いてありました。

暑いですね〜 → ええ暑いですね。
お元気ですか → はい、元気です。
これ美味しいですね → ほんと、美味しいですね。

って言う具合に とりあえず 相手の話をおうむ返しにすれば
話は続くって言うものだったんですが 今日の主人の会話は
まさしく その王道を行くものでした。 とほほ…

花海棠


挙句の果てに 話し終わった後の主人の言葉。
「 まぁ 明るく考えなさいよ! 」 ですって。 

え〜っ?! 何を明るく考えろ! っちゅうねん。
ったくぅ。

これじゃ話にならないね〜

姫うつぎ


あんまりごちゃごちゃいう私に
色々聞かれても わからないよ〜 と言い出す主人でした。

それは そうだよね〜
まぁ 主人に聞いても仕方ないけれど…

まぁ 悩んでいても仕方がないので その大病院に行くまでは
楽しく ( 決して おなかを抱えて笑うほど楽しくはないけれど )
過ごしていくつもりです。

姫うつぎ


気を紛らわせるために 毎日 用事を見つけては出歩いていたら
( 一週間 毎日7〜8千歩、 歩いていました )
そしたら さすがに昨日は どっと疲れが出てしまい 足も痛くて
一歩も家を出ることなく 家でぬくぬくと過ごしておりました。

あ〜 極楽、極楽。
やっぱり 私には これがあっているのかしら?

買い物すれば気がまぎれると思いましたが さすがに それも
いつまでも続くはずもなく 欲しいのに 買えない状況になってきて
さらに気が重くなりました。 とほほ…


一応、お知らせしますが 今、欲しいものは 
ポーターの白いカバンと 
炊飯器と 
ポンテベッキオの指輪です ← 公言する私。

欲深な私は まだまだ長生きできそうですかね、 笑。

黄えびね


murakinoriko at 17:04|PermalinkComments(10)

2009年07月05日

銀座 「 ラ・ジェンマ蒼 」 & 株主総会

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

銀座


7月に入り 毎日はっきりしないお天気が続いています。

我が家ではこの季節が 男性陣のお誕生日シーズンです。
主人の誕生日と息子のお誕生日をかねて 銀座の 鉄板焼きのお店
「 ラ・ジェンマ 蒼 」 に行ってきました。

ラジェンマ 蒼 吹き抜け入口


少し前 JALカードの請求書と共に送られてくる会員用案内誌に
「 アンティカ オステリア デル ポンテ 」 の15000円のグルメディナー
が 一万円になるという案内が頂いていたので
当初私は ぜひとも 日ごろはそのお値段ではいけない この
「アンティカ… 」 で 家族でのお誕生日を祝おうと考えていました。

あの 「 アンティカ… 」 が 一万円で味わえるなんて 
めったにないチャンスだからです。

カウンター席レストランからの夜景


で家族にそのことを提案したら まず 息子は「 丸ビル 」という言葉に
拒絶反応し そんな高級なところじゃなくていいよ〜と。

そしてワインが高いので ( メチャ高です! )
あまり飲まないでね、と諭した私に
娘は お酒の値段を気にしながら食べるなんて 絶対いやだ!と。

家族中の ブーイングにあってしまいました。

家族いわく
食べている後ろで スタッフが見ているのはとっても気疲れするし
ワインの種類なんかも 通じゃないし
それにお金を気にしながら食べるなんて 楽しくないし
それに何より 弟のお誕生日をそんな高級なところで祝おうという 
お母さんの気持ちが分からないというのです。

お母さんが ただ単に 行きたいだけなんじゃないの〜? と。

( この時点で家族は 父親のお誕生日もかねていることはすっかり
忘れているし… 父親はこの会話に参加すらしていないし… )

う〜ん せっかくいいチャンスだと思ったになぁ〜
残念! 事前にお店に相談して
お酒を飲まない家族なので ( これは 大うそ ) 乾杯だけして
後はお水でいいですか?と 聞こうと思っていたのにな〜

こう言っておけばお 酒を飲まなくても 恥ずかしくないでしょう?
( まぁ、そうまでウソをついて いく必要があるかどうか?って
事ですけれど、ね。 )

テーブル本日のメニュー


で結局 せっかくの JALカードの恩恵も受けられず 
お店選びは振り出しに戻りました。

息子も娘も 「 ぐるなび 」 でいいんだよ〜 と。 
( ぐるなび様 ごめんなさい、いつも利用させて頂いているのに )


それで ぐるなびで 銀座 イタリアン 夜景と 調べまして
最初に出てきたのが この日に行った 「 ラ・ジェンマ 蒼 」 なのです。

ところがところが …
私の願いが通じたのでしょうか?
このお店の案内には
「 イタリア、ミラノの名店 アンティカ・オステリア・デルポンテ 
で日本人としてはじめてメインを受け持っていたシェフのお料理が
楽しめるお店 」  と出ているではありませんか?

えっ、えっ〜〜〜
ビックリ ! うそぉ〜〜〜

ということで 偶然に感謝しつつ このお店を予約したのです。

まず予約のお電話をして お店のスタッフの方に色々と聞き
お肉は 何グラム出るのか? ( すごく食べる家族なのでと )
一人130グラム、 脂身を入れると150グラムはあるとのお答え。

お席は お店の写真を見るとカウンターと4人かけのようですが 
5人でも座れるのか?
→ 席は作れるので大丈夫。

などなど こちらの妙に細かい へんてこりんな質問にも丁寧に
お答えしてくださったので すごく印象の良いお店だと実感しました。

天使の海老 前菜鮑


土曜日の銀座は 華やいだ雰囲気で キラキラと輝いていました。
まだ予約の時間には少し早かったので 私は息子に 
「 どこでも見たいところがあったら行ってあげるよ? 
グッチ? アルマーニ? エルメス? 」 などと言っていたら
向こうに ユニクロが見えたので 
「 あっ! そうだ お父さんのジャケット 確か安いんだったわ! 」と
くるっと向きを買え ユニクロに向かいました。
息子は あきれていたでしょう。

ユニクロは大混雑でした。
さすが銀座のユニクロは 少し高級に見えるね〜 などと言い
主人のジャケットとズボンをゲットし これで 夏のお出かけは
万全だね〜 と一人はしゃいだ私でした。

主人も少し嬉しそうにしていました。

これじゃ そもそも 「 アンティカ… 」に 行く資格のない家族だと
思ったのでしょう、
息子は 少し嫌そうにしていました。

いやいや、 生活って言うのは 目り張りをつけなくてはいけないのよ。
いつも上ばかり見て生活していくんじゃなくて
たまにおいしいものを食べつつも いつもはユニクロを着るという 
地に足がついた地道な生活を大切にしていかないと 
本当に大事なことを見失うのよ。
と心の中で つぶやいている私でした。
( 息子に面と向かって堂々と言わなくちゃね、 )


さて 鉄板焼き 「 銀座 ラ・ジェンマ蒼 」 は
銀座の4丁目の角 ワッフルやさんのビルの9階にあります。

新鮮野菜フォアグラ冷製パスタ


9階の窓からは 銀座四丁目の時計台がバッチリ見えます。
すてき!!!

設計上 このお店の窓は 下に下りる階段側にあるので
お店の入口から 夜景を見ることになるので
直接お席から 夜景が眺められるわけではありませんが
身近に この素晴らしい夜景を臨むことができます。

お店は 女性のスタッフとシェフの 2人でやっているようです。
お客様は 私達を入れて3組くらいのゆったりとした雰囲気でした。

まず シェフからご挨拶を頂き お誕生日だといっていたので
ファーストドリンクの サービスをして頂きました。

( これって どこにも 特典としては 出ていなかったので 
本当にサービスのようでした。)
ありがとうございます。

そこでお話を伺っていたら なんと 私がお電話でお話したのは
「 アンティカ… 」 にいらしたという そのシェフだったのです。

シェフ自ら いろいろと相談に乗っていただいたようで 
本当にありがたかったです。

山形牛鉄板焼き


頂いたコースは 12000円が8000円になるという
大変お得な 先行予約コースです。

鮑にフォアグラ ステーキは この日は 山形牛の 美味しい
部位でした。

その日の一番いいお肉を使うので 何々牛とは指定していないようですが
そのほうが お安く提供できるということで 気楽に美味しいお肉を
食べていただきたいという シェフの考えがあるようです。

これは私たちにとっても ありがたいことですね。

ステーキ


お肉は 焼く前 塊で見せてくださり 説明をしてくださいました。
量は お客様のおなか具合を見て調節すると言っていましたので
(カウンターで シェフがお客様の進み具合を見ながら提供できるので )
事前に色々と量のことで質問をしていた私達家族には 
かなり多めに切り分けてくださったような 雰囲気でした。
( その場で切り分けていたので )

焼き野菜デザート


本当においしかった!
家族じゅう 大満足で 最後には 大食漢の主人や息子、娘達も
食べきれないほどの 美味しさと量で 本当に堪能しました。

シェフのお話も 大変ためになり楽しく頂くことができました。
お写真にも気さくに応じてくださり これからも電話くだされば
何なりと。。。 といって携帯も教えてくれました。

最後に 「 私達家族、アンティカ…に行けそうですか? 」と
聞くと 息子のジーパンを見て それはちょっと、と言っていましたが
気楽に行って楽しめばいいんですよ、と アドバイスをくれました。
自分でお金を払っていくのだから 気後れせずに 堂々と行って
楽しんできて下さいね、と。
( たぶん行かない、 行けないと思いますが。。。 ) 

本当にご馳走様でした。
いいお誕生日会が出来ました。

お酒も手ごろです。
( ドリンクは ビール700円 カクテル系800円
2ワイン→1800円、 3ワイン→スプマンテ 白、赤2600円
すべて サービス料10%つきます )


夜の銀座


夜の銀座を見ていたら 2年前に娘と行った パリを思い出しました。
ホテルの窓から見た オペラ座です。 ↓

パリ 夜のオペラ座お部屋から見たオペラ座



さて 
6月の下旬は 株主総会の季節です。
日ごと万歩計をしている割には ちっとも歩数が伸びない私は
出かける機会があったら どんどん出かけて歩こう、と思い
お手紙が来ていた 株主総会に 一人で 出かけてみました。

まず JALです、 場所は日本武道館。

社長は西松さんですが 質問タイムには 皆さん 「 おそまつ君 」
と言っていて それがかなりおもしろかったです。
配当がなかったり ということもあるのでしょう、 会場は騒然とした
場面もあり まさしく 株主総会!的な雰囲気満載でした。

お土産は エコバックと スカイタイム ( 柚子ジュース )です。
ジュースは お土産、というか この日は暑かったので 
喉を潤して的な、意味合いで 配っていました。
ちゃっかり 2本頂いてきました。

来ている人は おじいさんが多かったかな?
帰り道にはテレビ局や 報道人も多く見うけられました。

jal株主総会JALお土産



その数日後は スターバックス、 国技館です。

国技館スターバックス株主総会


会場に入ると 飲み物と バームクーヘンが 総会前にいただけます。
( 飲み物を出すカウンターは3列あって アイスコーヒー2列 
ホットコーヒー1列で この日も暑かったのでアイスの列は 
かなり並んでいました )

コーヒーとバームクーヘン会場


英語での総会で ( 通訳あり ) なかなか いい感じの総会でした。
来ている人は 8割がた女性で おばさんが多かったかな〜
お友達同士で来ている人も 多かったようです。
お土産はこちら ↓

お土産 コーヒー粉 キャラメルポップコーン


スタバは個人株主が多いので 気軽に総会に行けそうでした。
皆さまもどうですか?

以前 勝間さんが 株は その会社の数字が読めない限り
買うべきではないといっていましたが 例外として
その会社が好きで 株価を気にしないなどの 思い入れがあれば
買ってもいい、と言っていました。 
質問タイムを見ていると ここにきている方達は 本当にスタバが好きで
株主になっている方ばかりのような気がしました。

総会後には 何でも飲める券が送られてくる優待があります。

たまたま 梅雨の時期にもかかわらず 良いお天気で
楽しい株主総会に行ってこられました。

首都圏にいると このような体験もできるのでずいぶんと勉強になり 
より日経新聞を読む楽しみが増えました。
ありがたいことです。 

アジサイ2




murakinoriko at 16:55|PermalinkComments(12)

2009年06月12日

ハゲタカ & マンダリンオリエンタル東京

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

バラ


梅雨に入りましたね。

我家のバラは コッコウバラが最初に咲いて そのあといろいろな種類の
ちいさなバラが咲きます。

↑のバラは 箱根のアルベルゴバンブーで頂いたものを
お庭の藪の中に飾ってみました、咲いているようでしょう? 

3


そして バラが終わり アジサイが咲き始めました。

さて 少し前ですが 五月の終わりに 映画 「 ハゲタカ 」 の
試写に行ってきました。

先週の週末から公開されましたね、 「 ハゲタカ 」。

ハゲタカマンダリンオリエンタル東京


映画公開前に 日比谷の東宝の試写室で見る機会にめぐまれ 
娘と行ってきましたが 朝の10時からというのに超満員です!
ぎりぎりに行った私達は 補助席に座るほど 大盛況でした。

「 ハゲタカ 」 のドラマは 最初にテレビで放送していた時には
見ていなかったのですが あまりに 周りの人がよかった!と
いうので 思い切って 再放送を見たのでした。

家人のまわりの金融関係の人の間では 第二の 「 愛るけ現象 」
のようになっていて 会社に行くと 「 きのうはすごかったね〜 」
「 そうそう、あの時も あんなだったね〜 」 とか
反響が凄かったらしいのです。

「 愛るけ( 愛の流刑地←日経新聞連載の小説 ) 」 の時にも 
その職場では 皆さん会社に新聞を持っていってしまい  
奥様たちが小説を読めないので 朝 必ずご主人に
「 新聞を持って帰ってきてよ! 」 とリクエストするという 
社会現象?がありました。

私も 家人が新聞を持ち帰るのを待っていて 夜遅くに
読んだ覚えがありました。

その「 愛るけ 」 連載時も 
「 今日は凄かったですね〜 」 みたいな会話が社内であったそうで
その時と同じように この ハゲタカも放送後の月曜日には 
いつもその話が社内で 話題になっていたようです。

その時の家人の話では テレビの 「 ハゲタカ 」 の内容は 
あながち作り物ではなく 現実だったような雰囲気だったそうです。

さて その続編? 映画 「 ハゲタカ 」です。

ビュッフェ台オードブル


主な出演者は テレビと同じですので テレビで見た人は
かなり楽しめます。 

でもはじめて見る人も それなりに違和感なく 楽しめるので
それが すごいな〜と驚きました。

また テレビの時ほど 内容が難しくないので 
( テレビの時には用語がかなり難しくて 
私には 理解できない部分が たびたびあったけれど… )
映画は 分かりやすく出来ています。

でもそれは この何年かの間に 世の中が 経済に敏感に
なってきて 経済用語や 経済の仕組みなど 
詳しくテレビや新聞などで 取上げる機会が増えてきたので 
こんな私にも 理解できるようになったのかも知れませんね。

さて 大森南朋がすてきです。 ( っていうより 鷲津さんが… )
でも今回 最初のシーンでは 少し太ったかしら? という気がして
前回の方が素敵だった、と思いましたが 最後のシーンでは 
またスマートになっていてかなり素敵でした。 

ちなみに私は いつもの大森南朋はあまり好きではありませんが
この鷲津さんは 好きです。 ( …って誰も聞いてないよね )

玉山鉄二も 良かったですよ。
NHKの「 天地人 」 でも素敵でしたが 最後、華姫と共に
自害するので残念な役でしたが 今回もまた最後は 切ない役でした。

二人とも 銀縁のメガネがとてもお似合いでした。

( 映画の最新ランキングでは ルーキーズ、 天使と悪魔に続き
3位に入っていましたね。 )


さて マンダリンオリエンタルホテルですが…

吹き抜けパスタ


「 ハゲタカ 」 の中で 何度もこのホテルが登場するのです。

記者会見の場面では 何度も 「 マンダリンオリエンタルホテル 」
と言うので 映画には かなり協力しているようでした。

ですので 試写会が終わって さて昼をいただきましょうと 
日比谷の街を見渡したら 真正面に 「 ペニンシュラ 」 が
そびえていたので そこに行きましょうか? とも思いましたが
やっぱり今日は マンダリンオリエンタルホテルに行きたいよね〜
となり 地下鉄で 映画の中で 記者会見が行われた会場のある
「 マンダリンオリエンタルホテル 」 まで出向き
2階の 「 ヴェンタリオ 」 でランチをいただきました。

こちらのランチは 前菜と デザートがビュッフェです。
私が頂いたのは ビュフェに パスタの付いている 
2900円 + サ のコースです。
( この他に メインが付いているコースもありました )

前菜が すごくきれいに並べられています。

焼き野菜


特に美味しかったのは この↓ 野菜チップスです!
私は 野菜チップスが大好きなので いくらでもいただけるこのチップスを
ぽりぽり 沢山いただきました。
おいしいのよ、すごく甘くて いくらでも食べられました。

野菜チップス


この 「 ヴェンタリオ 」 は マンダリンオリエンタルホテル
でありながら 結構カジュアルな感じで しかも2階にあるので 
重厚感はありませんが 吹き抜けが気持ちよく 適度に高級感もあり
きれいな方々で にぎわっていました。

デザートビュッフェ


気持ちよくいただけたのですが 最後にちょっと 残念なことが…

私達の目の前に シーザーサラダをチーズの器で混ぜて提供する
ワゴンがあったので ( それは ビュッフェ台とは離れていました)
私には サラダを提供しているスタッフの姿が目に入るのですが
途中から ほとんどサラダの提供がないような気がしました。

当初 入った時には 何組かのお客様に サラダを出していたり
テーブルには既に サラダのお皿が置いてあったりしていましたが
その後 ランチのお客さまも 2巡目に入っていて 
これから食べる方が多かったのですが 私を含め いくつかの
テーブルには サラダがいきわたっている様子がないのです。

不審に思った私は パスタを食べ終わったときに 係りの方に 
「 私の頼んだメニューには サラダは付いていないのですか? 」
と問うと 係りの方は
「 皆さんにお付けしています… 」 と言うんです。
その時の言い方は 「 …で何か? 」 見たいな感じで…

私のテーブルには出ていないので 見たら分かると思うのですが
「 それで? 」 見たいな態度で ずっと何も言わないのです。

ですから私が 「 私もいただきたいのですが… 」 と
いいましたら 「 はい では お持ちします 」 と…。

これって 何かいやな感じ。
もし全員に出しているのであれば 
「 あっ お出ししていませんでしたか? 申し訳ありません 」 
とかって言うでしょう?

失礼しました、 もないのです。
言わなければ 出さないつもりだよね〜 って雰囲気。

後で マネージャーみたいな人に お聞きしましたら
「 本当に申し訳ありませんでした 」と 
丁寧に謝っていただきましたが その責任者風の方は 
私たち以外のテーブルには きちんとサラダを出しているように 
認識しているようで 「 どなたにもお出ししています。 」 と
言っていたので 私が
「 私が見た時には あまり出ているテーブルはなかった 」 と
食いさがりましたが 
「 たぶん既にサラダの器をお下げしたところを お客様(私)は 
見たのでしょう 」 と言われてしまいました。

とほほ。。。。。。

でも〜〜〜 そうかな〜 ???

この私が 目の前でサラダを提供しているところを
見逃すはずはありません、よね〜 (笑)

でもあちらがそう言うならば  そう理解するしかありませんね。
私の眼力も とうとう落ちてきているってことかしら?  がくっ!



でもこの件以外は とてもきれいだし 美味しいし、
また行きたいな〜 と感じる素敵なプチセレブ・ランチでした。

以前に行ったマンダリンオリエンタル東京の記事は こちらです。
( 以前の記事は お値段が既に変わっているかもしれません )

私のデザート




さてさて 最近目が疲れるので あまり長時間パソコンをやらないほうが
いいと思うのですが はじめると長くなって…

もう ずっと以前から 緑内障といわれている私です。
でも 眼圧も正常なので 視野が欠けなければ 今のところ大丈夫だと
いうことで 今は定期的に 検査に行っているという状態です。

あじさい1


ところが先日 急に 片方の目の半分くらいが 膜がかかってぼんやり
モヤモヤするようになってきたのです。

驚いて目医者さんに行くと 加齢で目のゼリー状のものが溶けて
水のようになり 今までピンと張っていた膜が はがれてきて 
それが漂っている、ようなことを言われました。
( 緑内障とは 直接関係ないようで。。。 )

膜が全部はがれればいいようですが それまでは うっとうしいけれど
モヤモヤに慣れるしかないとのことでした。

結構 検査の時には 重病のような感じでしたが 
要約するとこんな感じのことを 言われました。

大丈夫なのかしら? このままで…
視野の検査もしましたが 今回はまだ大丈夫のようでした。

全く 色々と 体に不具合が出来て いやになりますが
私の父も 会う人事に
「 いや〜 最近は片方の目が全く見えなくなって困りものですよ〜 」
と 元気に嬉しそうに 言っています。

先日も 会う人事に 
「 最近は 全く歩けなくなって困ります。毎日整形、通いですよ〜 」 
とこれまた嬉しそうに 自慢げに言っていました。
ちなみに整形外科には きちんと自分の足で歩いて行っています。

病気にもめげず 病気自慢の父ですが 私も父に似たのでしょう。

「 お母さんは 目が見えないのよ〜 」 と ちょっと脅かし気味に
家族に 病気自慢をしています。
( 家族は 今度はそっちかいっ! みたいなあきれ顔で驚かず )

まぁ 自分の体だから 上手に付き合っていくしかありませんね。

 

さて 最近は このブログも 読んで下さっている方の数が増えていて
とてもありがたい気持ちでいっぱいです。
目のこともあるので この先も少しずつになるかもしれませんが
気ままに続けていけたらばいいな〜 と思ってます。

ご心配をおかけしますが 精神面は? いたって元気ですので
安心してくださいね。
ただ 目薬を頻繁にさすので お化粧が出来ず 小さい目の私です。




では 次回は 箱根か 銀座か ミッドタウンか…

2


murakinoriko at 23:03|PermalinkComments(14)

2009年06月05日

横浜開港記念日 & 2002 ワールドカップの思い出

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

横浜開港記念日


6月2日は 横浜開港記念日でした。
今年は 開港150周年なので 大きなイベントも沢山行われていて
毎年行われている花火大会も レーザー光線を使ったり 花火の前に
「 キマグレン 」 のコンサートが行われたりして 
とても にぎやかになりました。

150周年記念


横浜では 毎年3回 花火大会が開かれますが 
夏に先駆けて 最初に行われるのが この開港記念日の花火です。

その後 海の日と 8月1日の神奈川新聞花火大会が続きます。
でも 今年は 残念ながら 海の日の花火はないそうです。
( 警備の関係だそうです Y150イベントもやっているからね )  

キマグレン コンサート1500人のコーラス


お友達のマンションから 今年も堪能しました。
海に面した舞台では 夕方から 「 キマグレン 」 のコンサート 
( 翌日新聞を見たら 「 ゆず 」 も 途中で参加したそうです ) 
と 横浜市民による1500人の大合唱団のコンサートがありました。

花火


お部屋の中で おしゃべりに興じていた私でしたが
1500人の合唱団による 「 横浜市歌 」 が流れてきたので
ベランダにいた主人が私を呼んでくれて 1500人の大合唱に
合わせて 私も一緒に歌いました。
( この日のメンバーの中にもう一人浜っ子だった人がいて
その方も 全部 歌っていました )

以前もお話しましたが 浜っ子は 皆この横浜市歌が歌えます。
小学校のときに 何度も何度も歌っていたから みんなそらで
歌えるのです。

以前テレビの 「 秘密のケンミンショー 」 で
「 横浜市民は 皆 歌える歌がある 」 みたいな紹介を
していましたが アナウンサーが 浜っ子の芸能人に
「 ♪ わーがーひのもとは … 」 とマイクを向けると 
皆さん一様に ぎょっと驚いていましたが
すぐさま  「 しーまぐによ〜 」 と歌えるのです。
それも全員 確かに確実に 歌っていました。

アッキーナとか 出川哲郎 とか 数人に試していました。

やっぱり コレがなくちゃ 開港記念日とは言えないね〜
そうそう 成人式にも歌ったと 息子は言っていました。

大人になってから歌う機会がないけれど こんなに歳を取っても
皆、歌えるなんて本当にスゴイよね〜
森鴎外先生 ( 作詞 ) に感謝しなくちゃね。


さぁ 花火とレーザー光線のショーが始まりました。

2


音楽に合わせて レーザー光線と花火が上がるのですが 
最初はBGM見たいな感じで音楽が流れていましたが 次の曲は…

あっ! 私の大、大、大好きな曲だ!
というか 私にとって 思いで深い曲を選ぶとしたら 
3位以内に入るであろう その曲が流れてきたのです!

それは アンセム ( 音が出ます 、こちらはディスコバージョン ) 
ソニーミュージックより

この曲は 横浜にとっても忘れられない曲ですよね、この選曲に納得!

私にとっても チョー 忘れられない曲なのです。
なぜ私がこれほどこの曲が好きかというと…

話は長くなりますが その頃私は すごいサッカーファンで
( にわかファンでしたが ) 前回のフランス大会くらいから
ずっと応援していました。

( マリノスも近いしね。 )

予選もずっと応援していて 日本で開催されるなんて 一生にもう
チャンスはないから絶対見に行ってやるぞ〜 と意気込んでいました。

そして 大会より1年以上前 第一次チケット販売がありました。
確か 2001年2月くらいのことです。

第一次チケット販売は 郵便局から申込用紙をもらい 色々書き込み
応募するということで 早速郵便局で 大量に応募用紙をもらい
一人盛り上がっていた私は興奮して ( その日ちょうど小学校の
保護者会がありましたので そこで ) お友達の皆さんに 
その応募用紙を 配った記憶があります。
( それもかなり詳しく書き方の説明をして )

もらった方は たぶん うざい、うざ過ぎる… と思った事でしょう。

家でも 私の姉妹と父母を集めて そこでも応募用紙を渡し 
書き方など詳しくレクチャーした覚えがあります。

この一次販売は 全国区分と 試合開催市割り当て区分があり
横浜市民は 確か2つの区分で申し込めたように記憶しています。

レーザー光線12


絶対行きたかった私は その応募と共に 出せるだけ懸賞も
出していました。
コカコーラ キリンビール ジレット 野村證券 朝日新聞
ファミリーマート (?確か)などなど色々と応募していました。

一人、こつこつと 手紙職人もしていました。

家族はちょっと引き気味でしたが 絶対行きたかったのです。

サッカーの前は バレーボールに凝っていた時期があって 
男子も女子も よくテレビで応援していました。

ある日 品川プリンスホテルの 「 ハプナ 」 のバイキングに
行った時 やけに背の高い人たちが 大勢いるな〜と思ったら
なんと 全日本男子チームのメンバーがいるではありませんか〜

大好きな 南もいる〜  あの人は 大竹だ〜 荻野だ〜
と興奮していましたら
お友達が 「 よく知ってるね〜 」 と半ば呆れ顔で言ってました。
バレーボールって マイナーなのかしら???


そんな過去があったので 今回のサッカーも 思いは必ず通じると
せっせと応募していました。

3


そして ナントなんと 当たったのです!
それも 懸賞ではなくて 全国販売の方で!
( 当たったといっても タダではないのよ、 買えるってこと )

しかも 日本戦!
しかも 横浜国際総合競技場の チケットが4枚!
( 席はカテゴリー1、 確か1枚17000円だったと記憶 )

きゃ〜  やった〜〜〜〜〜

興奮興奮! 思いは通じるよね〜

でも 1年以上も先のことなんて みんな予定つくのかしら?

記名式で しかも転売も、もちろん禁止で みんな 
( 私ではなく あくまで みんな ) 先の予定大丈夫なのかしら?
と人事のように かなり上から目線で心配していたのんきな私でした。

まさか 私の身に 不測の事態が降りかかるとは その時には
知るよしもない私でした…

( ↓ 懐かしい2002年6月9日 対ロシア戦の様子 )

2002ワールドカップ6月9日対ロシア戦横浜国際総合競技場


その後ウキウキの私は 第二次販売 ( 確か電話で抽選番号をもらうという
システムで 電話がなかなかつながらないなどと 大変だったような、)
も余裕の態度で (チケット騒動の世間を) 見つめていたのでした。

それから 数ヶ月後 チケットの転売を防ぐため 
本人が身分証明書を持参して郵便局まで チケットをとりにいき 
ようやく まさしく銀色に光るプラチナチケットを入手したのです。

そして まさしくW杯開幕直前、 悪夢のような出来事が。。。

4


5月初旬の人間ドックで 私の悪性リンパ腫が判明。
それもかなり悪いとのこと。。。即入院しなさいって言われて
いつもは気丈な私でしたが 道で出会った 仲良しさんの前では
泣いてしまった 気弱な私でした。 ( ←その頃は )
だって このまま何も治療しなければ 半年の命と言われたので。。。

病院では ベッドが空き次第 即、入院〜手術とのこと。
そして 5月下旬に入院 手術は 6月4日と決定しました。

う〜ん こんなこと考えていなかったよ〜
あんなに苦労してチケット、ゲットしたのに 
この私が行けないなんて〜


手術日の6月4日は 日本戦の第一試合、 日本対ベルギー戦
当初私は 手術後ベッドで観戦できるね、なんて 
気楽に構えていましたが なんのなんの 胸からおへその下まで 
30センチ以上もおなかを切ったので 全くそれどころではなく 
ベッドにも戻れず 処置室みたいなところで 気持ち悪いし傷も痛いしで
苦しい苦しいといって 一夜を過ごしたのでした。

ワールドカップどころではなく 本当に苦しい一晩でした。
家族は夜はもう帰リましたが 仲良しのお友達のご夫婦が夜に病院に
来てくださり うつらうつら苦しんでいる私を 励ましてくれました。
( 考えてみたら そのお友達ご夫妻は ワールドカップを
見逃したのではないかしら? 今気づきました。 
本当にごめんなさいね、 そして 本当にありがとうございました )

こんな感じのワールドカップだったので この曲は 私の人生の後半を
代表する思い出深い曲なのです。

そして 観戦予定の6月9日は まさしく入院中。
観戦者の変更もかなり厳しくて 両人の身分確認書類を提出しなくては
なりませんでしたが 私の分は長女に譲り 4枚の入場券でしたので 
私を除く家族4人で行ってもらうことにしたのです。

この曲を聞くと ベッドで 患者さんや看護婦さんと一緒に応援した
ワールドカップを思い出します。

あの6月9日 稲本が1点を入れた時 病院中から 
拍手が聞こえたんですよ!
それほど患者の皆さんも うれしくて もう消灯は過ぎていましたが
その日だけは お部屋の明かりもつけておいてくれて 皆さんで
「 よかったね〜 」 と喜びあいました。

懐かしい 懐かしい あの曲が 横浜開港150周年記念日に
花火と共に聞けたこと とてもうれしく感じました。
曲を聞きながら あの時は こんな今日の日が来るとは
思っていなかったので 少し涙も出ました。

本当に本当に うれしい花火でした。


5


その後、花火とレーザー光線の曲は 「ボレロ」 に変わりましたが
なんか 「 ボレロ 」 って 横浜市に関係あったのかしら? 

6


さて これにはもう一つ 続きのお話があって 試合当日 娘二人が
会場のある小机駅に到着した時に 取材の記者たちが 駅にも沢山いて
( チケットゆずってくさい みたいな看板を持った人たちが
たくさんいたので その取材のような ) その記者が 娘たちに
「 チケットはどうやって入手したの ? 」 と質問を
してきたそうなのです。

そこで娘二人が 母親が苦労して入手したこと でもその母親は
病魔に侵され 今 病室にいる事など 詳しく説明したそうなのです。

そしたら その記者は 「 いい話だね〜 その話 頂き! 」
みたいな調子良いこと言って 「 明日の朝刊に必ず載せるからね 」
と約束したと言うのです。

娘からも 「 おかあさん! 明日の朝刊に お母さんのこと
でるからね〜 」 と嬉しい メールをもらいましたが。。。

案の定、 やっぱり、 全く、 翌日の朝刊には 
一行も 私のことは記事になっていませんでした。。。  とさ。

全くいい加減だね〜
マスコミは。。。



今年のゴールデンウイークも 親戚一同で 湯西川温泉に行ったのだけれど
その時 佐野のインターで 佐野ラーメンを食べていた父に 
テレビ局のカメラが寄って来て 「 おじいちゃん、おいしいですか〜 」 
なんて聞くから 「 父はよく耳が聞こえないんです 」 
と私が答えたら そのカメラマン
「 おいしさは おじいちゃんのその食べっぷりで伝わってきますよ〜 
日曜日のサンデー○○という番組に 出ますのでよろしく! 」 
なんて 父に調子いいこと言って 去って行ったのです。

そして日曜日 期待してテレビを見ていたら
全く父は どこにも 映っていませんでした。 とほほ。。。

家族そろって早起きしてテレビ見たのに散々でした。



こんな感じで 2002私のワールドカップ日本大会は 
新聞記事になることもなく 過ぎていきました。。。

キルフェボンのケーキ


開港記念日 〜 チケット騒動記 
いつもながら 今回も長々と読んで頂き ありがとうございました。
お口直しに キルフェボンのケーキの写真で 楽しんでください。 


murakinoriko at 00:15|PermalinkComments(15)

2009年01月16日

バージュアルアラブのお土産、  成人式 、 庭の花

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

バージュアルアラブのお土産 エルメス


私は 来週から入院が決まっているので 今週は 病院以外どこへも行かず
静かに家で 雑用などこなしていました。

家を空けるとなると いろいろと しなくてはならないことがあって 
主婦は 結構忙しいものです。

さて 入院時に使うものの支度に いろいろシャンプーやリンスなど
探していたら 洗面台の奥の奥から 以前泊まった
ドバイのホテル 「 バージュアルアラブ 」 でお土産に頂いた
アメニティが 何とごっそり 出てきました。

滞在中は もったいなくて少ししか使わず 
後はすべてお持ち帰りしたアメニティたち。
もう3年近く経ってしまったので さすがにもう使った方がいいだろう
と思い せっせと 奥から取り出してみました。

でるわ、でるわ、 たっぷり出てきましたよ、エルメスたちが。。。

デオドラントスプレーシャワージェル、シャンプーオードトワレ


↑の写真 左から デオドラント ( 消臭スプレーとして使おうかと )
シャワージェル、 シャンプー 各200ml
箱入りで頂いた オードトワレ ( 市販品と全く同じ100ml )

↓の写真 ボディ用乳液 
右側の写真は 男性用 こちらもすべてエルメスのフルボトル。

ボディローション男性用 エルメスお土産


以前もご紹介しましたが 改めて日にちがたってみてみると
ドバイのホテルの その凄さが実感できました。
ドバイの旅行記は こちらです。

このアメニティ 男声用、女性用 それぞれ5万円分くらいのようで
このホテルに泊まると 10万円以上のお土産付きってことなのです。

やっぱりすごいですね。
最近は 金融危機で ドバイも 「 砂上の楼閣 」 なんて
言われていますが 今はどうなんでしょうね。


それで ちょっとリッチに この中から ボディ用乳液なんか
病院に持っていこうかな〜 と考えています。
本当は全部持っていきたいけれど これって 結構重いので
だから あとは 小さいサイズのものを持参するつもりです。



さて 今年は 息子の成人式でした。

私には3人子供がいて 一番上とは10歳 二番目とは7歳はなれて
息子を産んだので 久しぶりの 横浜アリーナ成人式です。

新横浜駅式場へ向かう…


中学 高校 大学と 一緒のお友達と連れ立って行くというので
私は 新横浜駅で写真を撮るからと言って息子についていきました。

さすがに お母さん付きの男子は 一人も見ませんでした。
でも息子とは 少し離れて歩いていましたので 
あまり目立たなかったと思いますが 
つかず離れず付き添うってスタンスは 結構難しくて 
かなり怪しいおばさんに なっていたと思います。

「 さぁ 写真撮るわよ〜 並んで〜 」
と言う割には 首から下を撮ったり
「 じゃ次は 後ろを向いてね〜 」 なんて注文を出して
息子の友達は ???と思ったでしょう。
やっぱり怪しいおばさんでした。 とほほ。。。

( きちんとした写真も撮りましたよ )

今年の成人は 人数が少ないと聞いていましたが やはり娘たちの時の 
新横浜駅周辺の混みっぷりは ものすごかったので 
それと比べると かなり 少なさを実感しました。

待ち合わせ息子達


早いものでもう20歳なんですね〜

息子が幼稚園の時は 父親と母親の年齢が とても多いのを
( 年をとっているということ ←わかるよね〜 ) 
誇りに思っていた時期がありました。

息子がいつも友達に
「 お父さん何歳? 」 って聞いているらしく 
帰ってくると いつも
「 やっぱり 今日も うちのお父さんが 一番歳が多かった! 」
と嬉しそうに私に報告したのを思い出します。

「 誰に聞いても うちのお父さんに勝つ人はいないよ〜 」
「 今日もまた一番だった! 」
と誇らしげでした。
( そうとう何人にも聞いていたのでしょう )

挙句のはてには 幼稚園の先生からも 
(その先生は 幼稚園の先生の中で一番歳をとっていた先生でしたが )
「 私より歳が上のお父さんは ○○君のお父さんが
初めてなんですよ〜 」
なんて言われてしまいました。

歳が多い事が すごいことだと思っていた我が息子よ、
なんだか 少し可哀そうだったけれど
それ言っちゃ〜 主人もかわいそうだし。。。
複雑な 心境でした。

そんな息子も もう二十歳

父親と歳が離れていることを 今でも誇れる事と思っていてくれたら
うれしいな〜 と思う私でした。
( ちなみに 私も歳をとっているのですよ )



福ずくし花割6寸皿


さて 入院前には いろいろと検査があるので 
今日もまた 銀座詣で でした。
病院のそばに 「 うりきり屋 」 という陶磁器のお店があります。
場所柄そのようなお店が多いので 最初の頃はよく病院帰りに寄っては
気に入った食器を探すのを 楽しみにしていました。

裏にも模様が


今日は 検査帰りに 久し振りに寄ってみました。
デパートで売っているものが かなりお安く買えるので 
品はいいんですよ。
お店の前にはセンスの良い激安の物も たくさん並んでいます。
わたしは そっち狙いです。

今日は検査代が 思ったより少なかったので その浮いたお金で
中皿を5枚買ってきました。

福という文字が ぐるっと書いてある使いやすいお皿です。
すごく安かったので お値段は書けないほどです。
新春にふさわしい また 私の気持ちにふさわしい 
縁起の良いお皿で 素敵でしょ?

3年目位に買った小鉢(250円)


↑これは 3年前にそのお店で 買った小鉢で 
模様違いを6客買いました。
毎日のように重宝して使っています。
その小鉢、 今日見たら まだ売っていました。
お値段?  安くてホントすいません、 の1つ250円です。

まったく 病気がなければこの界隈は 楽しいのですが
うまくいかないものですね。
でも 病気にならならなければ 「 うりきり屋 」 さんとも
ご縁がなかったので よし、としなければいけませんね。


カランコエ(クイーン・ローズ)


さて 私のブログでの恒例の お正月の福袋の報告です。
なかなか 福袋の報告がないので 友人が どうしたの?
行かなかったの?と 心配して聞いてくれました。

もちろん 行ってきましたよ!

ヒヤシンス


このお花たち お花の福袋に入っいた花たちです。
カランコエ ( 八重咲きの クイーンローズという名です )
これが2鉢 色は ピンクとオレンジでした。

ヒヤシンスの鉢植え、球根が3球植わっていました。

そして ↓の写真のアザレア。

アザレアガーデンシクラメン


以上の4鉢が入っていて 1050円でした。

福袋売り場で出会ったお友達と デパートのイスでしばしお話し
していたところ 目の前の花屋さんで その花屋の社長みたいな
スーツ姿のおじさんが いろいろな花を透明な袋に詰めていたので 
二人で じっと見ていたら 何とそれらを福袋として 
売り出しているではありませんか?
私と友人は もう荷物で手がいっぱいで 腕がちぎれそうでしたが
顔を見合わせて 「 買っちゃう? 」 と。
それで 二人でめでたく ゲットしました。
でも 友人は 持って帰るのがさぞ 大変だったことでしょう。
欲の深い私と出会ったせいで 重い思いをさせてしまいましたね。
ごめなさいね。

花芽もたくさんあって 素晴らしい花たちは 半分くらい咲いている
状態でしたので 買ってすぐ楽しめています。
お庭が明るくなりました。

カランコエ


さていつもの 福袋話ですが
昨年は 電気店の福袋に出遅れ 5千円の福袋はうりきれていて、
それで三千円と千円のを何袋か買ったのです。

ヒヤシンス


その福袋とは 5千円なら最低でも5千円の金券が入っていて
うまくいけば 2倍 10倍 20倍の金券と もれなく品物 
( 今回は 金額によって違いますが 体脂肪とか測れる
透明なおしゃれな体重計とか ティファールもどきとか 
パソコン小物とか ) が入っているものなのです。

昨年は友人が5千円で20倍の10万円の金券をゲットしました。
なので どうせなら ちまちま買うより ど〜んと5千円だよね〜
ということで 恒例のデパートはパスして 電気屋さんの方に
朝9時からならびました。

昨年は 5千円がすぐ売り切れて不評だったということで
今年は 5千円が 500袋も出ていました。
(全部で 千袋うります )

で 私と主人で 計10袋買いました!
もちろん何度も何度も 買っては並び 買っては並び。。。

一人ひと袋と書いてあったので 最初は買った物をバッグに隠して
再度並んでいましたが 主人が途中で 一人ひと袋なのは
「 一度には 一人ひと袋しか買えない 」 という風に理解すれば
いいよ、というので ( う〜ん そうかしら? )
主人は結構堂々と でも 私はコソコソと並んでいました。

主人曰く 何度も何度も 並ぶお客さんがいるってことは
お店にとっても ありがたいことなんだから 堂々としてれば
いいって言うのよ。 ( う〜ん そうかもね )

で3万4千円の元手で 10万4千円分の金券を見事
手に入れました。

うれしい〜〜〜〜
コツはやはり 何度も並んで たくさん買う事ですね。

でも 体重計や ティファールも 何個も集まってしまいましたが
その日に親戚のお集まりがあったので 皆さんにお土産として
持って帰っていただきました。

これで 今年一年も 運が良くなるかしら?

その金券で 我が家の洗濯機と 母の洗濯機 
娘のデジカメを買いました。 ( 少し足しましたが )

そのうえ いつも良くしてくれている電気屋さんの店員さんに
少しおまけもしてもらいました。
( 決して強要はしていませんよ、)
いつもは もう少しおまけしてね、って強要しています (汗)

どこまでも ちゃっかり屋さんの私でした。

クリスマスローズ つぼみ


お庭に出たら クリスマスローズの花芽が出ていました。
うれしいな〜 

では 予定通り 月曜日に 元気に 入院してきま〜す。
病院でも パソコンは見れるので のんびりネットサーフィン三昧
するつもりです。

murakinoriko at 00:55|PermalinkComments(13)

2009年01月08日

あけましておめでとうございます

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。


遅ればせながら あけましておめでとうございます。
( この言葉も 本来は7日までですよね 。。。 )

2009 お正月


お正月も 良いお天気に恵まれ 私も滞りなく1月3日に
お誕生日を迎え めでたく一つ歳をとりました。
我が家も大勢の来客が終わり 家族もそれぞれに日々の生活に戻り
私も本日7日から 病院通いが始まりました。 

京都 野村 おせち


最近では 病院にも無料で使えるパソコンが何台かありますので 
診察までの待ち時間に ネットサーフィンをして遊んでいます。
( 本来は 病気を調べるためのPCのようです。 すみません )

今日 病院のパソコンのネットの検索の四角い窓のところに 
「 紀子の 」 と入れたら 自動的に 「 紀子の部屋 」 
と出てきてしまいびっくりしました。
いつも病院のパソコンでは 見終わった後に すべての履歴を削除して
私の形跡がないようにして去っているのですが まさか 検索の窓に
残っているとは。。。 とほほ。。。
それって消せないのかしら? ね。


さて 暮のブログでご紹介しましたが 友人から頂いた黒豆、
自宅で初めて煮てみました。

黒豆 見事に煮えました!


こんな感じで煮ましたお正月用に金粉を散らしました。


綺麗にふっくら煮えたでしょう?
本当においしく頂きました。
家人にも 市販のものと 食べ比べてもらいましたが 
私の方が お豆の味がよく出ていると好評でした。

沸騰させた煮汁に きれいに洗ったお豆を浸して1晩、 
翌日アクを取りながら3時間ぐらい煮て 後は煮汁に浸しておくだけです。 
出来上がった黒豆の上に 金沢で求めた金粉を散らしてみまして
お正月仕様にしてみました。
ぐっと豪華になりました。

花キャベツ


さて 友人から頂いた写真をご紹介します。
↓は 暮れに 友人ご一家がいらした ハワイです。
虹がかかっているところ、 きれいですね〜 
幸せになれる気がしますね。

友人からのハワイの写真


友人からの写真 ベトナムのブーゲンビリア


↑のブーゲンビリアは ベトナムです。
青空に映えて 鮮やかですね。
↓は 私が撮った 台湾の ブーゲンビリアです。

私の写真 台湾のブーゲンビリア


↓もハワイです。
主人の友人ご夫妻が 昨年行かれたヒルトンハワイアンビレッジの 
レインボータワーから見るワイキキの海とダイアモンドヘッドです。
お部屋のカテゴリーは デラックスオーシャンビューでしょうね。
この景色 う、う、羨ましい。

友人 ハワイヒルトンの部屋から



さて 以前ハワイ旅行記に書いた ホテルでのトラブルのお話ですが
まだ続きがあったのです。

私がブログで詳しく書いたせいでしょうか?
偶然私のブログを ウエステイン・モアナサーフライダーホテルの
スタッフの方が見てくださっていて このブログに 
このようなコメントが入っていました。
( 気付いている方もいらっしゃったでしょうが )


紀子さま

従業員のお客様に対する対応が大変失礼だっため、
不愉快な思いをされてしまった事に対し、
私からお詫び申し上げます。
モアナサーフライダー内のビーチハウスレストランの
コーディネーターをしております○○と申します。
紀子様の仰るようにクレーム対応の基本は、まずお客様のの話を聞き、
お客様と同じ視点に立つことです。
フロントのものが大変失礼な態度だったようでお恥ずかしいです。
全ての社員は入社してすぐに丸2日間の研修をうけます。
その内容には、お客様の雰囲気をいかにして読むか、
お客様が何を求めていらっしゃるのか、
どのようにしたらお客様に満足いただけるかなどを学ぶ
しっかりしたカリキュラムです。
その中にはもちろん、クレームの対処法や、
クレーム処理がいかに大切かという内容も含まれています。
その研修を終えているはずの、ましてやフロントの人間が
そのような態度だったとは、私も驚きました。
もしそのフロントクラークの名前を覚えていらっしゃったら
教えて頂けますでしょうか。
もしくは、お客様の予約時のお名前、到着日、出発日、お部屋番号、
ご連絡先をいただけましたら、
多少時間はかかるかもしれませんが調査致します。

お客様の体験なさった不愉さは、私どもにより、
迅速にその場で確実に対処されるべきだったと思います。
お客様の例ですと通常、
レストランでのお食事を無料にさせていただくか、
それ相当の埋め合わせをさせて頂いております。
それぐらいの代償ではお客様にお許しいただけるとは思いませんが、
せめてもの気持ちとして行っております。
もしよろしければご連絡お待ちしております。


というコメントが入っていました。
私はびっくりして ホテルの方って言うのは ブログを検索して
ホテルの評判などリサーチしているんだな〜 とおどろきました。

それで2、3回 メールでのやり取りがあり 
ホテルスタッフの個人名を書いた詳しいリポートを、 との要請が
あったので 事の顛末を早速詳しく書いてホテル側に送りました。

ホテルスタッフからは 4つの部署 ( フロント セキュリティ
コンシェルジュ レストラン ) の責任者にこのレポートを報告して
これからの教訓に生かします、のような返事が来ました。

あれっ? これを教訓にするのはいいけれど 
私が苦労して何時間もかけて書いたレポートに返事はもらえないの?

ということを反論したら 返事をするかどうかは その部署の責任者
次第です、みたいな返事が来たので私はちょっとがっかりしました。

だって 書けって言うから書いたのよ〜 あなたのホテルのために。。。
こっちも暇じゃないしね。
ブログに書いたほかにも いろいろとカチンときたこともあったし。
これについて せめて 申し訳なかった、そして 貴重なご意見を
ありがとうくらい 言ってくれてもいいですよね〜

それも ないなんて 天下のウエスティンとは言えないね〜
 

スタッフは
「 2カ月たっても どの部署からも何の返事もなかったら 
また私に連絡してください 」 というので 待ちました。

で、結局どの部署の誰からも返事は来ず。
本当にがっかりしました、 ってメール出したら
総支配人から 手紙を出すからもう少し待って、 ということで
また待ちました。

で結局 総支配人からの 丁寧なおわび状がようやく来ました。

まぁ内容的には お詫びとこれからの教訓云々みたいな感じですが
少し具体的なことにも触れてくれていたので
これでようやく 私の嫌な気持ちも 落ち着いたというものです。
お手紙の最後には 次回 またウエステインモアナサーフライダーに
泊っていただけるなら お部屋のアップグレードをさせていただきます、
とも書いてありました。
( ちょっぴり嬉しかったわ! )

出来ればこんな嫌なことは ない方がいいですが
ホテル側にとっても このような評判が立つのは避けたいでしょう。
私に連絡をくれたホテルスタッフも メールに書いていましたが
最近 ホテルの日本人スタッフの態度が悪い、という評判が多くて
とても 危惧していると言っていました。


旅にはトラブルがつきものです。
でもそのトラブルを 回避する努力をホテルの方がしてくれる
ことにより より一層 そのホテルが好きになることもあります。
クレームは 最大の顧客をうむ、 ということもありますよね。
私も この方が自分の部署のことではないのにいろいろと 
ほかの部署に連絡を取ってくれたこと 感謝しています。


でも私にも 反省することが多々ありました。

帰ってからあれこれ書くより その時にもう少し毅然とした態度で
臨むべきだったのです。
日程的に 少ない時間だったので それに割く時間が惜しくて
このような長引く結果になってしまいましたが 
現地で言うべきだったかもしれませんね。
帰ってからブログに書くってことは ちょっと卑怯だったかしらと、 
今となっては 反省しています。

以上が ハワイのホテル騒動の 結末です。
私の愚痴に 長々とお付き合いいただき ありがとうございました。 
 
ハワイロイヤルハワイアンホテル


↓綺麗な写真 は自由が丘の カフェの店先です。
この写真は 昨年の春先のものです (汗)

自由が丘の店先


↓沖縄の 公園の芝生です。

沖縄 海洋公園


↓ 年末に韓国に行った友人からの お土産です。
暖かい靴下です。
19日から入院するので その時に はかせてもらいますね。
 
それに なんと 毎夜、私が愛用しているユニクロのパジャマと
まるでお揃いの様な靴下でしょう?
私が あったかい かわいい物が好きってこと知っていたのかしら?
韓国は 今は お買い物がとてもお安くて よかったようです。
でもとっても寒かった〜 と言っていました。
ありがとう!

ソックス


今年初めの お友達とのおしゃべりは 横浜崎陽軒の
ティーサロン 「 アボリータム 」 です。

アフタヌーンティは 1370円という 嬉しい価格。
12時から頂けます。
テーブルには 2時間までと書いてありますが 混んでいない時は
別に時間制限はないようです。
そのうえ 平日は予約ができるので 安心です。

ということで コーヒーのお代わりを何度もして 
ゆっくりおしゃべりに興じました。

横浜崎陽軒 アフタヌーンティ3段トレイ


メニュープリン


さて 病気のことですが
今日、診察をして 正式にゼヴァリン治療をすることに決めました。
19日に入院して 28日ごろ退院だそうです。

先日のコメント欄にも書きましたが 入院中でもメールが見れるように
( 病院には個人にもテレビ兼パソコンがベッドサイドにあるので )
フリーメールを取得して このブログのプロフィール欄
( 左側のシクラメンの写真のところ ) から 
メールのやり取りができるように 設定してみたのですが 
なんと そこからメールを送ることができるのは 
ライブドアのIDを持っている人だけのようでした。

私は誰でもが プロフィール欄の下のメールマークを
クリックすれば メール画面に行けるのだと思っていて 
今日 病院のパソコンから そこをクリックしてみましたら 
ライブドアIDを求めるページが出てきたので
IDを持っていない人は 送れないということに気が付きました。

ややこしいことをしてしまい 申し訳ありませんでした。



今年は 旅行記も 例年より少なくなると思いますが
なんとか 体調の良い時を見つけて 新しい素敵なところを探して
訪れていくつもりです。

どうぞ今年も よろしくお付き合いお願いいたします。

↓ アメリカ土産の ゴディバの ホワイトチョコレート、
「 パール 」です。 
真珠のようにかわいくて おいしかったです。

ゴディバ ホワイトチョコレート「パール」


murakinoriko at 00:25|PermalinkComments(12)

2008年11月11日

親類の結婚式 @六本木ヒルズ 〜 ミクニヨコハマ、  病気のこと

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

ハッピーウエディング 教会のベール


10月の秋晴れの一日 親類の結婚式に家族5人で出席しました。
主人の甥っ子の結婚式です。

以前は 主人方の結婚式には 義母から 必ず私たちは留め袖を着るように 
言われていたのですが 義父と義母が亡くなってからは 誰もそれを言う人も
いなくなったので 結構気楽に出席できるようになりました。

この日も 新郎、新婦の母親は 留め袖でしたが 私たち伯母達は
洋服で出席しました。

教会の結婚式


以前もお話ししましたが 主人の親類は みんな 結構、強面揃い(笑)
なのです。
この日も 私たちが 教会に到着した時には すでに主人の親戚たちは
揃っていて 教会のお庭の端で固まって 談笑していました。

でも それを遠くから見ると やっぱり、そのぉ〜 なんというか〜
怖いのです、 特にみんな黒い洋服を着て集まっていると 怖いのです。

思わず あの黒の軍団は なに? って感じで怖かったのです。
( もちろんみんないい人なんですよ〜 誤解のないように )

その男性ばっかりの黒の軍団の中に 我が家の娘たちが入り 
息子が入り 会えばいつものように楽しく賑やかな集まりになりました。

六本木ヒルズクラブ


おごそかな教会の式の後の披露宴は 六本木ヒルズクラブで行われました。
 
ウエディングパーティ、花嫁さん直筆


花嫁さんは ジュエリーのデザイナーなので このウエルカムボードも
ご自分で書いたとのことで、 とてもかわいらしい緻密な ものでした。


さて 突然 すみません。 私の写真です。

私私の首


そのぉ〜 実は 夏に首元を 2回、2か所 切ったといいましたよね。
(首のンパ節が腫れていたので 細胞診をするために切りました、
最初切ったところは 細胞が壊死していたため もう一度別のリンパ節を)
それで傷口もだいぶ落ち着いて来ていて 3年前に切った所と
今回、切った2か所の計3カ所の傷は ぐるっと首のまわりを半周している
ようにほぼ同じライン上にあるのです。

それで 今回の式に 首のあいた洋服を着ようと思い 手持ちのネックレスで
傷が隠れないか試してみたのですが どのネックレスも首周りにぴったりした
ものではなく 少し首元から下がっている長さのものでしたので 
自分で市販のネックレスを買って パールの粒を少し減らして 
長さを調節して 作り直してみることにしました。

大きめのパールのネックレスを買い求め (手頃の値段のです、いや 安物)
両端8粒づつはずして 糸を止めてある金具を取り換えて 
(以前ビーズのアクセサリー作りをやっていたので 工具や金具は家に
あったので適当にそれを使って ) なんとか首元にぴったりの長さに
作り変えてみました。

どうですか? 
首にぴったりおさまって 傷はなんとか隠れているでしょう?

↑の左の写真をクリックしていただくと 大きな画面になりますが
それをまたクリックしていただくと もっと大きい画面になります。
( ウインドウズビスタならば 写真上の矢印上の+のマークを
ウインドウズXPの場合は 画面の右下に矢印をおくと
拡大のマークが出てきますので それをクリックです )

興味のある方は 写真を大きくして首のあたり 見てくださいね。
ということで 私の写真を載せてみました。


さて 六本木ヒルズクラブの披露宴です。

飾り2飾り控え室での飲み物


控え室から見る東京タワー控え室から見る六本木の夕暮れ


東京タワーが くっきりと見える控室では いろいろな種類の飲み物が
頂けました。
お相手のご親族とは すでに教会の控室で親族紹介が済んでいましたので
だいたい どの方が誰なのか おおよそ見当が付きましたが
どちらの親戚も とても人数が多いのです。

主人の兄弟は4人なので もともと 親族が多いのは分かっていましたが
お相手のお母様の御姉妹も4人ということで そちらのご親族も 我が家に
負けず劣らずたくさんいらっしゃいましたので この控室も大混雑でした。 

テーブルのお花花嫁さんがデザインしたケーキ

花嫁さんがデザインしたケーキカーテンが開いて夜景が!


クラブルームの会場は大きいお部屋でしたが お客様が140人くらいは
いましたので とても華やかでした。

会場の様子


乾杯と同時に 会場の周りの窓のカーテンが一斉に空き 
東京の夜景が目に飛び込んできました。 
わぁ〜 きれい!  とても印象的な演出ですね。

ケーキも 花嫁さんのデザインで ジュエリー仕様になっていました。

シャンパンで乾杯!


メニュー着席ディナー エアープランツが…


豪華な テーブルセッティングです。

まん中に ゆらゆらとフローティングキャンドルがともっている 水鉢の
周りには 白と紫のお花が。。。
一人づつのお皿の上には エアープランツのサボテンが飾ってありました。

カナディアンロブスターと帆立のサラダ


きのこのスープすずきのポワレリンゴのシャーベット


煌びやかな食卓


美味しいお料理をいただきながら テーブルごとに写真を撮ったり 
新郎新婦のお席にグループごとに行って写真を撮ったりと 
お料理の間にも 楽しく談笑する時間がたくさんあり
とても楽しめる素敵な時間を過ごすことができました。

新郎は 小さいころからとても優しくて 母親思いのかわいい子供だったので
今でも 大変思いやりのあるすばらしい青年ですが 今日は特に 大人らしく
しっかりしたイケメン青年になっていて 母親ともども私もとてもうれしく
感じました。

花嫁さんは 背がすごく高く スタイルの良い 藤原紀香似のかたで
誰もがうらやむ 素晴らしいカップルでした。

六本木ヒルズクラブの披露宴は とても華やかで豪華で 夜景も素晴らしく 
お料理もお美味しく頂きましたが なにより新郎新婦二人のやさしい人柄の
おかげで 素晴らしい思い出に残る会になりました。 ありがとう♪

どうぞ 末永くお幸せに。。。

鴨のローストデザート


とても幸せな時間を過ごした後は 夜の六本木ヒルズをちょっと散策。

広島から出てきている親戚は そのころ話題になっていた 
リーマンブラザーズの看板を写真に撮って 地元の人に見せるんだと、
喜んでいました。
この看板は 数日後には 取り外されたのでしょうね。
今となっては 貴重な記念の写真です。

夜の六本木ヒルズ最後のリーマンブラザーズのプレート




さて 次は10月のお出かけです。
以前も行って 気に入った横浜のスカイビルにあるミクニヨコハマです。

ミクニよこはま メニューうす曇の横浜


薄曇りの日でしたが 窓際のお席でおしゃべりできました。
ぐるなびのクーポン持参で おいしいフルーツの薄〜いカクテルっぽい
飲みものをサービスで頂きました。

テーブルクーポンのドリンク


お料理12


デザート


奥に個室があったようですので ちょっとした集まりにも使えそうでした。
年配者の男性のサービスは 丁寧で素晴らしかったですよ!
平日レディースランチ 2625円でした。

室内その他のメニュー


さて

ここから下は わたしの 長い間ご報告していなかった 
治療のことなんですが もし興味のない方は 飛ばしてくださいね。
だらだらとした 愚痴ばかりなので…








治療は まだ何もしていないんです、 むふっ。

2回目に切った首のリンパ節からは 腫瘍が見つかって でも それは
今までの腫瘍と まったく型が違うので 再発なのか 違うものなのかを
調べるため 遺伝子の検査をしました、というところまでのお話でした。

それで 結局あやふやな結論なんですが 型は違うけれどおお元のところ?
では同じなので 概ね再発と見ていいだろう、みたいな見解だったのです。

( でも 素人が考えても 同じ人間の遺伝子を検査したんだから 
おおもとの遺伝子が同じなのは 当たり前だと思うんですけれど…ねぇ )

それが先月の診察時の結論で それで治療は 最初の2つ 
(ゼバリンとフルダラ錠)と もう一つ浮上してきたのが 
新しい 分子標的薬?の治験です。

先生は 使ってみないと 効果の程は分からないと。

で 先の二つは とりあえず効果があるらしいので 今回は
それを(次回再発した時に)残しておいて 一番副作用の少ないらしい 
( 今はまだ らしいと言う段階 ) 治験をやってみてもいいかもね、
見たいな流れになり その説明書が11月に出来るから、それを読んでから 
話し合いましょう、ということで10月の診察は終わりました。

シクラメン


ありがたいことに 今回見つかった腫瘍は 悪精度はまだ低いもので 
こうしてぐずぐずしていられるのですが いつ悪性度が高いものに変わる
かもしれないということがあるので 私自身も やはり そろそろ…
という気にはなっていました。

その後いくつか検査をして それで先日、11月の診察を受けてきました。

まず 首の腫瘍はその後大きくなっていないとの事、少しホッとしました。

その代り あまり大きくないので 治験が受けられるかどうかは
まだ分からないのですが ( ある程度大きくないと 薬の効き目が
よく分からないため これ以上の大きさ、という基準があるそうです)
一応 治験の説明を受けてきました。

今回の治験の分子標的薬?のようなものは 以前私が使っていた 
リツキサンという 悪性リンパ腫のスタンダードな治療に使われている
薬と同じような種類の薬で リツキサンで効果が出ない人のために 
開発しようとしている薬だそうです。

ですから 効き目や 副作用は リツキサンとほぼ同じらしいので
先生も比較的安全と言う認識で 私に勧めてくれました。

3週間ごとに1回点滴で 8回やります。
最初の1回目は 10日間くらい入院 その後 点滴毎に2泊3日の
入院が必要だそうです。
( 治験なので 薬の投与の後 いろいろ血圧や血液検査があるので
入院は仕方がありませんね。 )
つまり全部で期間は半年以上かかります。
( でも 費用は製薬会社持ちよん♪ )

晩秋の庭つぼみ


今回の診察での先生の雰囲気としては この治験か ゼバリンが
いいような感じでした。 
フルダラ錠は 悪性度の高いものには効かないらしいので 
( 夏に 首の横が大きく腫れた経緯からして もしかしたらそれは
悪性度の高いものだったかもしれないと言う疑惑は拭い去れないので )

私が 「 このまま ぐずぐずしてちゃいけませんか? 」
と言ったら 「 う〜ん そうは行かないでしょう。 」 と。

悪性度が低いので このままぐずぐずしていたいのよ〜 私は…

でもね、悪性度が高いのに変わると あとは骨髄移植しか
ないらしいんです。
今のうちならば選択肢がいくつかあるから、と。

でも ゼバリンの治療が受けられるのは 月に一人と決まっているようで
11月はもう既に決まっていると、10月の診察の時に言われていて 
今回の診察の時にも 12月 1月も 既に決まっているから 
もしやりたいのなら2月に入れてあげるけど どうする? 
と言うことでした。

私がぐずぐずしている間に 国内で承認されて一番最初の患者には
なれなくなってしまいました。
それにしても 結構皆さん ゼバリン、 やるんですね〜

で お金のこともあるから 「 なんだか相談室 」 にいって
相談してきてね、と言われて 良く相談してどれをやるか決まったら
僕に電話してね、 って。
( 治験も ゼバリンも ) 治療は 順番だから 
決まったら早めに教えてねっ、ということで 診察は終わりになりました。
結局今月も 結論は出ず、です。

私が やりますって言えば すぐゴー なのでしょうけれど…

帰り際に 「 なんだか相談室 」 にいってゼバリンの値段と
支払いのこと 聞いてきました。

先生が言ってた300万円は ( 車が買える金額 ) 元の金額だ
そうで 健康保険を使って その3割負担、 ですから
個人負担は約100万円だそうです。

すみません!
大げさに 間違った情報を言ってしまって… 汗
払うのは 100万円だそうです。

でも高額医療費の払い戻しがあるので いったん払った後
治療費の月の限度額以上は 後から戻ってくるそうなのです。

それに入院治療だと 健康保険組合に先に申請しておくと
限度額までしか払わなくていいようで 後は病院と保険組合との間で
支払いを済ませてくれるそうなのです。
ですからまぁ お金のことはあまり気にしないで受けられるようです。

けれども 保険組合や 国民保険では みんながこんな治療を受けたら
負担増になりますよね。
だから 1ヶ月に一人しかこの治療は受けられないのかも知れませんね。
( あくまで 私の考えですが )

家に帰って 治験の説明書を読んでみましたが なかなか
決め手がなくて ゼバリンにするか 治験にするかは
決められない状態です。

このまま ずるずるしたい気持ちで一杯のこのごろです。
以上が最近の病気の報告です。長々と読んで頂きありがとうございました。


さて 写真は お庭の蜘蛛の糸です。

結構 撮るのに苦労しました。
すごい作業ですね、蜘蛛も…

蜘蛛の巣


PS  おまけ
こんなの見つけました。 
ただです。 tipocaと言う年賀葉書で 中を開くと広告やクーポンが
印刷されているそうで 表面には普通に印刷も出来るとのことなので 
子供のために申し込んで見ました。
申込みが多いと抽選だそうですが 皆様もいかがですか?



murakinoriko at 15:47|PermalinkComments(10)

2008年09月22日

秋の横浜グルメ & 世界旅行博覧会

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

秋の和菓子


お友達に頂いた 秋の和菓子です。
可愛いウサギは ウサギ年の友人が下さったもので 鶴屋吉信製です。
マスカットのお餅は 東神奈川の和菓子やさん製で
季節ごとの果物が入っています。 春はイチゴがありました。
どちらも 秋の午後に お茶と一緒に おいしく頂きました。


さて 私は 一時期 検査検査の連続だったことと 夏休み中だった
こともあり 大好きな お出かけは控えていましたが 最近ようやく 
仲良しさんとのお出かけも 少しづつですが再開して来ています。
そんな最近の 秋の横浜グルメです。

スカイビル、サラダランチ1050円ワッフルは食べ放題


↑は 横浜スカイビルの マザーリーフです。
このマザーリーフは 以前も紹介しましたが 東銀座にもあり 
一人でも 恥ずかしくなく入れる 私のお気に入りカフェです。 
横浜スカイビル2階にもあり 旅好き3人組でランチをしてきました。

ランチは パスタ、 サラダランチがあり 1050円なのですが
なんとおいしいワッフルが 食べ放題、 最初に一人4枚付いてきますが
後から追加OKで 私たちは いつまでもいつまでも 何枚も何枚も
食べ続け おしゃべりし続けていました。
クーポンあったのですね、 今気がつきました。

↓は そのお友達の一人が 作っている ナンタケットバスケットです。
すてきでしょ?

ナッタケットバッグ123


目もすごく細かくて バリ島の アタバックに似ていますね。
彼女は この日の3、4日後には このバッグの講習とお免状を取りに 
アメリカのボストンから飛行機で行くナンタケット島に 旅立って行きました。
その講習を終えると このバックを教える先生になれるそうです。

手間がかかるので とてもお値段は高いのよ、と友人は言っていましたが
「 籠のエルメス 」 と言われているとは、 はじめて知りました。


横浜スカイビル ミクニ


さて このモダンな空間のレストランは 同じく横浜スカイビルの29階
「 ミクニヨコハマ 」 です。

平日限定の レディスランチ 2625円をいただきました。

私は 以前は目をつぶっても歩けるほど 横浜通?だったのですが
( というか 横浜は 以前は今ほどお店の変遷が激しくなかったので )
お引っ越しをして以来 横浜に行く回数と 東京に出る回数が逆転して 
そのうえ 病院の関係もあって 出かけるのは東京方面が多くなってきたので 
スカイビルが 昨年の秋にリニューアルしたのも全く知らなくて 
浦島状態の私でした。

お豆腐料理で人気の 「 梅の花 」も 出来たのでそちらに行こうかしらと
思いましたが 12時すぎていましたので お店の方に 1時間待ちですよ、
と言われ お隣にある 「 ミクニ 」 に入ったのですが 
店内に入ったら まぁ びっくり! すてき! 大正解!

今までも スカイビルにミクニはあったのですが 店内はプロバンス風の
明るい黄色を基調としたインテリアでしたので 今回のリニューアルでは
まったく別のお店のようになっていました。

新しい 「 ミクニヨコハマ 」 は 全く東京に来てるみたいに
シンプルで スタイリッシュで すっきりとした 大人のインテリア!
大きな窓からは 横浜一望で すてき〜

レディスランチ12


おいしい〜
とっても美味しくいただきました。
食器も素敵だし 何よりスタッフの皆さんが 中年の男性で、
スーツをきちんと着て 礼儀正しくて 知識も豊富なのです。
本当に 満足 満足! 久しぶりに誰にでも勧められる
おいしいレストランに出会えました。


可愛いでしょ? このデザート!
今まで食べたこと直ない食感の ゆずのアイス?、ミントのゼリーつけ? 
( 忘れてしまいました )
みたいな おいしい、おいしいものでした。

心なしか お客さまも 大人の方が多かったような。。。

デザート



次は 横浜中華街です。
以前もご紹介しましたが オーダーバイキングの 「 大珍楼 」 です。
最近は なんと 予約ができるようになったとかで 敬老の日のお祝いに
8人で行ってきました。

以前は 夫婦2人で行ったので ( そのうえ土曜日だったので )
二人で6千円近く支払って たいして食べられず ちょっとその醍醐味を
味わうことができなかったので 今回は 大人数だったので
私の中では いやがうえにも 期待が膨らみました。
 
横浜中華街


大珍楼新館豪華な入口


大学生2名を含む 大食漢揃い。
メニューはどれでも 2,3人前ですので とりあえず2皿つづ注文
しました。

店内テーブル


えびと青菜の炒め物


食べる、食べる、 ↑芝エビと野菜炒め。
↓ 北京ダックは かわは 人数分頼めます。
えび蒸し餃子、帆立の蒸し餃子、小ロンポウ、
小柱のチリソース(うまうまでしたよ)、牛肉とピーマン炒めです。

このほかにおいしかったのは マーボーナス 鶏肉とカシューナッツの炒め
などなど 麺も炒飯もふかひれスープも すべておいしく頂きました。
デザートも しっかり 全員いただきました!

1234


やはり大人数だと いろいろな種類がいただけて お得ですね。
黙っていれば 豪華な店内や おいしいお料理で 2380円なんて
絶対思わないはずですよ。 ( しかも税込み )

今日は 私がおごるわ〜 なんて言えそうですね。

飲み放題も1500円で付けられますよ!
昼も夜も同じ値段で、2時間制、 土日は2880円になります。

ぜひご家族で どうぞ!
ごちそうさまでした!

食べ放題2380円休日は2880円



さて 9月は 好例の 「 世界旅行博覧会 」 です。
今年もビッグサイトに 行ってきました。

東京ビッグサイトから


世界旅行博世界旅行博


昨年より 少し規模が小さくなっていてホッとしました。

なぜって つい先頃 ビッグサイトの西館の 吹き抜けを上がる 
エレベーターで事故がおこりましたよね。

昨年はちょうどその場所が会場で 1階と4階と 会場が二つあって
行き来に大変だったので 今回は東館1フロアーだけだったので助かりました。

入場口は空港仕様ファーストクラス


会場入り口は 空港仕様です。
なんだか 海外旅行に出発するようで ウキウキしますね。

入口を入って 真正面は 「 シンガポールエアライン 」 のブースです。
今回の目玉! 話題のA380の ファーストクラスの席が展示してあります。

ファーストを超えたクラス 「 SUITES 」 だそうです。
さっそく私たちも並んで ファーストクラス体験です。

ファーストクラス個室


きれい! シンガポールエアラインの 客室乗務員の方々は
本当にきれいです。
この方たちは日本人ですが お化粧の仕方や皮膚の質感などが
エキゾチックですね〜
女子の私でも くらくら〜

男子一人で 来ている方も多かったのですが 皆さん スッチーとの
2ショットを カメラで撮ってもらっていましたよ。
これはびっくり! 
これって、この手のマニアたち(飛行機オタク)には 常識ですか?

ビジネスクラスビジネスクラス シート


ビジネスクラスも 広いのです。
席幅は 1.5人分くらいあって 素晴らしく心地よさそうでした。
ファーストクラスが個室なので ちょっと圧迫感があるのでは
と思っていたので 私には こちらのほうが よかった気がしました。

ファーストクラスのワイン、食器ビジネスクラスのワイン、食器


それぞれのクラスで提供される食器やワインなども 展示してありました。

さて 客室乗務員の方に 前から聞きたかったことがあったので
今回 ちょうど聞くことができました。

それはシンガポール航空の 客室乗務員の面接時に うなじを見せると
いう試験があるということを うわさで聞いていたので 本当かしら?
と思った事です。

そのことを質問すると 思わず ニコッとわらって
「 そのようなうわさがありますが うなじを見せるという
目的の面接はないのですよ〜 それは噂ですね。。。 」
とのお答えでした。

「 でも 制服を着る試験がありますので その時に髪をアップにするので
そのことを言っているのでしょうね。 」 とも。

やっぱり!!

私が聞いた噂では
最終面接の時に あの制服を着て 髪をアップにするというパフォーマンスが
あるので そこで試験官がうなじを見て それが合否の判断になるらしい
という事でした。

どちらにしても 今日のこの客室乗務員の方々の髪の毛は 
おミズ(失礼)のように しっかりとアップしていましたので 
もしかしたら うなじは 必須条件なのかもしれません。
だから やはり面接での 制服着用の時に 面接官は
うなじをチェックしているのかもしれませんね。

その場にいた客室乗務員の皆さんのうなじは それはそれは 
綺麗でしたから。。。( こだわっていますね〜 この話題に、私。 )

聞くことがあるって言っってたけど なに?それ?
そのことだったの? と主人はあきれ顔でした。

客室乗務員の方は そのほかにも この機体は 日本から
シンガポールへ 1日1便、午前便に運行していること 
帰りも 1日1便飛んでいて シンガポールから ロンドン行きなども 
この機体で運行しているなど スケジュールを教えてくれました。
どちらにしてもツアーではビジネス、ファースト共扱っていないようでした。

お高いので 私は 乗る事はないでしょうけれど 
2つのクラスに 座ってみることはできましたので 大満足でした。

おまけに 小さく折りたためる結構しっかりした 黒いバッグを
お土産にいただけたので シンガポール航空のファンになってしまいました。

( ↓これじゃないのよ〜
これらはファーストクラスに乗らないと もらえません 悲 )

ファーストクラス、アメニティ フェラガモ


私たちの今回の旅行博の目的は このファーストクラス体験だったので
これで 第一の目的は達成され 後は アジア圏をのんびり回りました。

ドバイドバイブース


ドバイのブースでは 商談中のご様子の男性方が。。。
テーブルには懐かしいデーツのお菓子があったので くださいな、と
お願いしたら もちろんいいよ、って言ってくれたので お言葉に甘えて
3粒いただいきました。

マカオには カフェができていました。
入らなかったけれど エッグタルトなどあったのかもしれませんね。

ブータンも 立派なブースを出していました。
バンコクまで 自分で手配して来たら その先ブータンまでの飛行機と
ブータンのホテル 観光ガイド 送迎など 手配できますので
メールください、と スタッフは言っていました。
ブータンの人のお顔は まるで日本人でした。

マカオブータン


インドネシアのブースを通りかかったら 立派な紳士が 私たちめがけて
名刺をもって やってきました。

何かと思ったら リタイヤ後の人生を インドネシアで 
ロングステイしないか? というお誘いで下。

3年とか5年とかで ビザを手配するのでその時は 自分に連絡して
ください、とのことでした。

えぇ〜 私たち、もう ロングステイ?
そんなふうに見えるんだ〜
ちょっと ショック!!

でも 私には 海外で ロングステイなんてできないのよ〜
ごめんよ、おじさん!
( このセリフ、台湾のマッサージの薬売りのおばさんに言ったのと同じ )

ノースウエスト


ハワイ旅行で乗った ノースウエストの カプセル型ビジネスシートの
体験もやってました。

↓の写真の左の黒い A380のバッグが シンガポールエアラインで
もらった すぐれもののバッグです。
今回は 全体的に エコバックのお土産が多かったです。
HISのエコバッグは生地が薄くて ぺらぺらだったけれど
JALパックの エコバッグは 生地がしっかりしていました。
( だから何? って )

お土産


クイズコーナーや 抽選会は あまり参加しなかったので
( とても混んでいましたし 事前に参加券が配布されていたので )
今回は 何にも当たりませんでした。

1000円だして ボールペンくらいじゃ元が取れないけれど。。。

JALのアンケートに答えたら 「 うどんですかい 」 をくれたのですが
ブースの奥のほうに 主人の大好きな 「 スカイタイム 」 が 
ちらっと見えたので あれ ( ゆずジュース ) も欲しいのですが、
といったら 2本くれました。

厚かましいですね、私。
これで 元がとれたかしら?

でも 規模が大きくなると すべては回ることは困難ですね。
お土産や抽選ではなくて 自分の行きたい所をチェックして 回らないと
ただただ動き回っているだけで 満足感はないかもしれません。

横浜の パシフィコで催されていたころのほうが なんだか楽しかった
ような気がしました。
私にとっては ビッグサイトって 遠いしね。
電車で行くには不便なので車で行ったけれど 駐車場代もばかにならないし。
今回は 早めに切り上げたけれども 4時間もいました。
でも もっといたい気分でした。

ってことは やっぱり楽しかったのですね。 



さて 主人に 執拗に 夏休みはいつとるの? と聞きまくっていた私。
夏は忙しいから取れないよ、って 言われていたのですが 
秋になったので いつもいつも 「 どう?どう? 」 って聞く私を
哀れに思ったのでしょう、 
しぶしぶ主人が ( 短い ) 夏休みをとってくれました。

↓に行ってきます。

このプールは?


プール1
写真は JTBからです。
インフィニティプールです。
写真は 美しすぎますね。

では行ってきます。

murakinoriko at 13:53|PermalinkComments(10)

2008年04月05日

春の会合 & 庭の花々

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。


近所の桜


各地で 桜が満開のこの頃ですが ご近所の桜は 葉が見えてきています。
この写真は 1週間くらい前のものですので きれいですね。

近所の桜 2桃? 






山桜






梅


春休みは なぜか 親戚が集まる行事が多く 主人のほうも 広島から
姉夫婦や 甥っ子が上京したので 久しぶりに 兄弟それぞれの家族が
顔をそろえました。

私のほうも それぞれの姉妹家族が 勢ぞろいしたり、春休みだったので
親戚が集まったりと 大人数での 食事会が 何度かありました。

枝垂れ桃遅ればせながらの散らし寿司


まずは 私の大好きな 蟹! 「 甲羅本店 」 での食事です。

甲羅本店 蟹123






456






今年の初めに 北陸にかにを食べに行った時に 
思ったほど甘〜くなくて ちょっと物足りなかったと報告しましたが
もしかして これは 私の味覚の問題かしら? と思い
もう一度蟹を食べて 私の味覚を確かめたかったので 
ここで蟹を食べられて ちょうどラッキーでした。


というのも 3年前の治療のとき 抗がん剤の副作用として 
「 味覚障害 」 というものがあり かなり味覚が 麻痺して
何を食べても 全く美味しくない期間が 続いていました。

6年前の 1度目の抗がん剤治療の時もそうでしたので 私自身
その状況は わかってはいましたが 本当に何を食べても砂をかむようで
美味しくなくて 入院中は 看護師さんに頼んで 通常の食事以外の 
「 果物食 」 にしてもらったりしたのですが 
( こんなお食事も 選べるんですよ〜 今の病院は… ) 
それでも 全然美味しくなくて
アイスクリームを買ってきてもらったりもしましたが
( 主人に頼んで わざわざ 「 ピエールマルコリーニ 」 の
たっか〜い アイスを食べたのですが )
それでも 美味しくなくて 味覚がないって こんなにも 味気ないものだと 
( 文字通り ) 思い知らされたものです。

78


味覚障害は 治療が終わっても 半年くらいは 完全には治らないのですが 
月日とともに 徐々には 戻っていったのですが 毎日お料理をする際
微妙な味が 分からないという状況は 続いていました。

おつゆなどの 微妙な塩加減が 本当に 分からなくて…

でも そこは長年の勘があるので ある程度は おかしくないような味には
なるのですが 家族からも今日は 薄いね、とか 濃いね〜 なんて
言われることもしばしばあり やっぱり 完全には戻ってないのかな〜 
なんて思っていたのです。

以下の写真は 横浜高島屋の 「鼎泰豐」(ディン・タイ・フォン) の
ランチセットです。 ( 1300〜1400円くらい )

高島屋「鼎泰豐」(ディン・タイ・フォン)12小龍包







ですから 北陸で食べた蟹も あまり感激するほどは 
甘く感じなかったのも 味覚のせいかな〜 と思っていました。

前回 同じメンバーで 甲羅本店の 「 蟹懐石 」 を食べた時
蟹の握り鮨が 甘くて甘くて 本当に美味しくて 追加で注文したほど
だったので 今回も前回同様美味しく感じるかしら? と食べてみました。

…が ビックリするほどは 美味しくなかったのです〜
周りの反応も 前回ほど 絶賛していなかったので やはり
特別美味しいというほどでは なかったようです。

ですので 今年の蟹が美味しいのかどうかは 蟹のほうの問題なのか
それとも 私の味覚の問題なのかは 結局 まだ分からずじまいでした。


銀座 クルーズクルーズ 123






さて 写真は 主人の兄弟で集まった 銀座の 「クルーズクルーズ」です。

大人数での会食には 個室が取れるので ( すでに 我が家以外は 
みんな孫がいますので… ) とても便利なお店です。

以前は 主人の兄弟達は ものすごい酒豪揃いで ビックリするほど
お酒が進み 大賑わいだったのですが 年齢を重ねるにつれ 皆さん
豪快なイメージは無くなり 本当に いわゆる 「 いい人 」に
なっていて 昔を知っている私としては少し淋しいものがありました。

飲み放題にはしないでね、と 女性陣から要望があったほどです。

主人の兄弟や 甥っ子達は 本当にみんな 頭の良い人達で
以前も 実家で みんなで 酔っ払っている時 ( 本当に
かなり 酔っ払いの集まりなのです ) お姉さんが 渋谷にある
イタリアンレストランの名前を 間違えて 「 どん底 」 だったね〜
と 言ったら すごーく酔っ払っている 姉の息子が
「 おか〜ちゃん! そのレストランの名前は「 どん底 」 じゃないよ
どん底は ゴーリキよね〜 」 
と サラリと 言っていました。

私は す、す、素晴らしい! と感激しました。

だって 酔っ払っているのに ゴーリキが出てくるのそのセンス!

普通に生きてきて 会話に ゴーリキ なんて名前が出てくるなんて
一生に 一度も無いだろうに…
本当に ステキ! びっくりしました!

その他にも 「 …それからね〜 」 と誰かが言ったら

「 そういや〜 「それから」は夏目漱石の三部作だったかいのう〜 」

と ずっと遠くにいた人が (その話に加わっていない人)
かなり酔っ払っていたにもかかわらず そういったのです。
 
「 ほうよ〜 「三四郎」 「それから」 後はなんじゃったかの〜 」

と誰かが叫び、 他のもう一人の酔っ払いぱらいが すかさず

「 「三四郎」 「それから」 あとは 「 門 」 じゃったろう〜 」

…みたいな会話をしているのです。

( 注 文末の のう〜 とか じゃろ〜とかは 広島弁です )

私は ただの酔っぱらいのこの人達だけど 侮れない、頭の回転!と
ビックリしたものです。

だって 相当酔っ払っているにもかかわらずですよ、この会話!

456







このような ちょっと異色な? ステキな? 人達なのですが
今回は 飲み放題ではなかったので その奇妙な片鱗は 少ししか
見えなかったのが 私的には ちょっと さびしかったのです。

そして 結局 皆いい人のまま 最後まで楽しく過ごすしながら 
銀座でお別れをしました。

年を取るって事は こんなにも 丸くなるんだな〜と思った夜でした。


庭の花 ムスカリ


さて 最近のお庭の写真です。

らっぱ水仙白ぼけオキザリス







主人が 最近大きなカメラを買ったので 私も試して撮らせて貰っています。
いろいろな機能がついているので 試行錯誤で撮っていますが 
何といっても…

再び、 きれいな乙女椿


ユリオプスデージーはなだいこんプリムラ







「 背景をぼかす 」 という機能が 付いていて それで撮ると
まるで プロのように撮れるのです。

以下の2枚の写真、 どうですか?

花海棠のつぼみ


もっこう薔薇のつぼみ


ちゃんと 背景が ぼけていますよね〜

こんなにもきれいに撮れて ちょっと 嬉しくなっています。

雪柳カランコエ梅







さて 春休み企画のもう一つは 横浜の中華街 「 大珍楼 」 に
続いての オーダーバイキング 「 横浜大飯店 」 です。

横浜大飯店 123







今回は 大人数で行ったので 予約をしたかったので 妹が調べて
予約の出来る 横浜大飯店に行ってきました。

オーダーバイキングで 一人2480円です。

たまたま コース料理を食べる半個室の円卓のテーブルが
空いていたとかで 豪華なお部屋に案内されました。
かなりそのお部屋の印象が良かったので お料理の味も それ以上に美味しく
感じたのかもしれませんが 大変美味しく頂くことができました。

456


以前行った 大珍楼は 主人と2人だったので結構食べるのが 大変で
種類も 数種しかオーダーできなかったのが 残念でしたが 今回は
色々なお料理を 少しづつ いただけたので やはり中華街は 
大人数で行くのが 良いですね。
デザートも 評判の杏仁ソフトや杏仁プリン、杏仁豆腐レモン風味などなど 
一口づつ 美味しく味見をすることができました。

でも普通のお席は ただの四角いテーブルで 結構席間も狭かったようで 
室内の雰囲気は 大珍楼の方が 豪華でした。

お味は 横浜大飯店の勝ちかな? と…
( 大人数で行ったせいもあるかもしれませんね )

…と にぎやかな 春休みを過ごすことが出来ました。

結婚記念日


2月11日は 私達の結婚記念日で 今年は 節目の30周年でした。

この 「 結婚30周年 」 という言葉!
前後3年は使えそうです、 記念旅行という事で…


murakinoriko at 22:34|PermalinkComments(3)