グルメ

2009年07月09日

マーベラスアイスクリーム、 & 皆さまの写真 & 最近の私

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

マーベラスアイスクリーム


毎日 じめじめとした天気が続いていますが こんな時のお買い物は
ショッピングセンターが便利です。

最近は我が家の周りにも いろいろなショッピングセンターが
出来てきたので 今日はどこ行く? 状態で 楽しみが増えました。

フルーツ


ということで 行ったのは 「 トレッサ横浜 」 です。
ここはトヨタのショールームも兼ねているので 
行く度に かなりの時間、車を見ていることがあります。

以前次女と行ったときも 「 PASSO 」 が展示されていて 
そのあまりの可愛さとお手ごろ価格に ( 百万円切っていました )
ついフラッとなり 危うく買いそうになりました。
なぜって プチトマト仕様という内装が カワイイのなんのって…
それに 子供達の車が もうだいぶ痛んでいたので 
この際 買い換えようかな、と。

で、帰ってから 他の子供達に話したら 息子が絶対いや!だって。
しゃれで載るにはいいけど 真っ赤」な 「 パッソ 」 じゃ 
恥ずかしくて どこにもいけないよ〜 とのこと。 
あら、そうなの〜? せっかく可愛くて よかったのにね〜

( ちなみに今回は プリウスを 見てきました )

鉄板の上で混ぜてカップに盛ります


ということで よく 「トレッサ 」 に行く私ですが 
以前は 私の大好きな 「 華華美人 」 があってマンゴーカキ氷が
食べられたのに 最近なくなったんです そのお店が。

で 先日行ったら そのあたりに人垣が… あら? なに?
思わず 私も 並んで見ました。
「 マーベラスアイスクリーム 」
可愛いのよ、店舗が、 それに店員さんも可愛いのよ。
お店が 「 ゴスロリ? 」 っぽくて 不思議な雰囲気でした。

コールドストーンアイスクリームのようなもので、 好きなものを
選んで 冷たい大理石の上で スタッフが混ぜてくれるというもの。

私はマンゴーを 娘はべリーベリーヨーグルトを頼みました。

出来上がり


おいしそうでしょう?
マンゴー ぷりぷりで とっても美味しかったですよ!
ベリーのほうも 沢山入っていて 爽やかなヨーグルト味で 
こちらも娘に好評でした。
高級なプレミアムアイスを堪能しました。

でもね、 頼むのが とっても難しいの。
まず種類を決めて サイズを決めて コーンを決めて…
その種類も たくさんあって 全30種類以上もあるんです。
決めるまで 随分と時間がかかってしまいました。
若い人は すぐ 直感で決められるのかしら?
私は迷うたちなので…

ハッピーサイズ ( 中サイズ )
480円 + ワッフルボール60円 = 540円でした。
( チョット高いと思いましたが フレッシュのマンゴーが
タップリ入っていたので それくらいはするのかな〜 )

これって 手で持って食べるものではないので 座って頂きたい
のですが 店外には テーブルが2つしかなかったので 
ちょっと 食べるには不便でした。

テーブル席では おばあさんとおじいさんが 一つを二人で
仲良く食べていました。
あの年頃は 意外と アイスが好きなのよ。
( 我が家の父も 大好きなので )

美味しそうな見本ケーキ風もあります


夏にはピッタリの おいしいマーベラスアイスクリームでした。


さて 前回のコメント欄でもお知らせしましたが
kumiさまの 「 ユニデコ 」 「 デコクロ 」 で〜す。

3


わぁ〜 すご〜い!  かわいいですね〜 
タンクトップですか? お袖にシフォンを縫い付けて
スッカリお出かけ仕様ですね。
私も 白いの 着たいわ〜
天使のように 妖精のように なれそうで…
( それって かなり 恐い? かしら 笑 )

kumiさまも おっしゃっていましたが ちょっとゴージャス過ぎて
普段には着れないそうで …  嬉しい誤算ですね〜

2


kumiさん ユニデコ1


こちらは ワンピース?
襟周りに 飾りを縫い付けたのですね。
これも 華やかになりましたよ!
素晴らしいですね。

テレビでも話題になっていたようで、流行っているんですね。
街にも 最近また 手芸やさんが出来ているようです。

生活の知恵ですね。
私も何か考えてみようかしら?

kumiさま 本当に ありがとうございました。
次の作品が出来上がりましたら 是非 また見せてくださいね。



エジプト オベリスク王家の谷


さて 上の写真は エジプトの 「 オベリスク 」 と 
「 王家の谷 」 の写真です。

以前もお話しましたが この春に 私のお友達が ご夫妻で
エジプト、セレブ旅行に 行った際のお写真です。

ロイヤルロータス号 ナイル川クルーズ


10日間の 「 ナイル川クルーズ 」 を楽しまれた時の船
「 ロイヤルロータス 号 」 です。
名前からして 素晴らしそうな船ですよね。

参加した方たちは 皆さんリタイアしたご夫妻が多かったようで
友人ご夫妻は ( バリバリ現役の 働き盛りです ) 
参加者のご夫妻の中では一番お若かったそうです。

ロイヤルロータス号のお部屋から見るナイル川


様々な世界遺産を見ることが出来 船内では 民族衣装を着ての
パーティもあったりして とっても充実した10日間だったそうです。

このナイル川クルーズのツアーでは 行く前に顔合わせもあり 
また 帰ってきてからも 写真交換会のようなものがあって 
添乗員さんからも 素敵な旅行日記が 
( もちろん写真入で 毎日のお食事のメニューまで載っていました )
プレゼントされたそうです。

私も 見せていただきましたが これは本当に 良い思い出になり
皆さん、お喜びだったでしょう。

私にも いいお写真を沢山頂き 本当にエジプトに行ったような
気分になる 良い経験ができました。

ナイル様、本当にありがとうございます。

クルーズ、ナイル川





百合


さて 最近の私ですが いまだ 血液値は戻らず。
前回の診察では 今まで少しずつですが 上がっていた値が
また下がっていたりして なかなかうまく行かない最近です。

先生が言うには 移植をした人でこの治療をしたのは
私が初めてなので いつ正常に戻るかは 分からないそうでした。

で、 まぁ それそのものは 自覚症状がないのでいいのですが…

百合やまぶき と あじさい


以前もお話した、目の事で やはりうっとおしくて おかしいので
また お医者さまに行ったところ 目の奥の出血が止まっていないとの事
それで仕方なく 病気のこと 血液値のことを 話しました。

血小板が少ないので 血が止まりにくいということを。

で先生は ビックリして ( その先生は 大学病院でも外来を
しているので ) 目の炎症が なかなか止まらないと思っていたら
「 悪性リンパ腫」 だったという患者さんが 何人かいたとの事。

今の今 そう、とは言えないけれどこれは それをふまえて
検査をしたほうが良いとのことで 大きな病院で検査をするように
言われました。

もっこうバラ


う〜ん、 忘れていました。
目にも 出るんです、 悪性リンパ腫が。
1月に入院していたときに 前のベッドの患者さんが 
目に出来た方でした。
ずっと分からなくて ( その方も再発 ) おかしいおかしいと
思っていたら 眼に出来ていたんだって…

その方からも 「 そんなことがあるので気をつけてね 」 と
言われていたのです。
それをすっかり忘れてたのよ。

まぁ 大変! でも その大きな病院、紹介状を持っていく際に
予約をするのだけれども 予約の電話をしたら 混んでいて
予約は 2週間も先になるって言われたのです。

だ、だ、だいじょうぶかしら?
そんな先で…

2


早速 仕事から帰ってきた主人に その話をぐだぐだしていたら
主人は調度 テレビで野球を見たかったらしく 私の大事なその話、
うわの空なの。

で、 私も 憎らしいから 話の途中で わざと主人に質問を
してみたんだけれど
私 「 ひどくない? 」 → 主 「 ひどいね〜 」
私 「 ねぇ、どう思う? 」 → 主 「 どうって言われてもね〜 」
私 「 あした聞いてみようかしら? 」
   → 「 あした聞いてみたらいいね 」 という調子なんです。

全く持ってうわの空。

3花海棠


以前 話ベタの人に どうしたら会話が続くかっていう質問が
どこか新聞か何かに載っていて その答えが まず 相手の人の話を
おうむ返しにすること、って言う事が 書いてありました。

暑いですね〜 → ええ暑いですね。
お元気ですか → はい、元気です。
これ美味しいですね → ほんと、美味しいですね。

って言う具合に とりあえず 相手の話をおうむ返しにすれば
話は続くって言うものだったんですが 今日の主人の会話は
まさしく その王道を行くものでした。 とほほ…

花海棠


挙句の果てに 話し終わった後の主人の言葉。
「 まぁ 明るく考えなさいよ! 」 ですって。 

え〜っ?! 何を明るく考えろ! っちゅうねん。
ったくぅ。

これじゃ話にならないね〜

姫うつぎ


あんまりごちゃごちゃいう私に
色々聞かれても わからないよ〜 と言い出す主人でした。

それは そうだよね〜
まぁ 主人に聞いても仕方ないけれど…

まぁ 悩んでいても仕方がないので その大病院に行くまでは
楽しく ( 決して おなかを抱えて笑うほど楽しくはないけれど )
過ごしていくつもりです。

姫うつぎ


気を紛らわせるために 毎日 用事を見つけては出歩いていたら
( 一週間 毎日7〜8千歩、 歩いていました )
そしたら さすがに昨日は どっと疲れが出てしまい 足も痛くて
一歩も家を出ることなく 家でぬくぬくと過ごしておりました。

あ〜 極楽、極楽。
やっぱり 私には これがあっているのかしら?

買い物すれば気がまぎれると思いましたが さすがに それも
いつまでも続くはずもなく 欲しいのに 買えない状況になってきて
さらに気が重くなりました。 とほほ…


一応、お知らせしますが 今、欲しいものは 
ポーターの白いカバンと 
炊飯器と 
ポンテベッキオの指輪です ← 公言する私。

欲深な私は まだまだ長生きできそうですかね、 笑。

黄えびね


murakinoriko at 17:04|PermalinkComments(10)

2009年07月05日

銀座 「 ラ・ジェンマ蒼 」 & 株主総会

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

銀座


7月に入り 毎日はっきりしないお天気が続いています。

我が家ではこの季節が 男性陣のお誕生日シーズンです。
主人の誕生日と息子のお誕生日をかねて 銀座の 鉄板焼きのお店
「 ラ・ジェンマ 蒼 」 に行ってきました。

ラジェンマ 蒼 吹き抜け入口


少し前 JALカードの請求書と共に送られてくる会員用案内誌に
「 アンティカ オステリア デル ポンテ 」 の15000円のグルメディナー
が 一万円になるという案内が頂いていたので
当初私は ぜひとも 日ごろはそのお値段ではいけない この
「アンティカ… 」 で 家族でのお誕生日を祝おうと考えていました。

あの 「 アンティカ… 」 が 一万円で味わえるなんて 
めったにないチャンスだからです。

カウンター席レストランからの夜景


で家族にそのことを提案したら まず 息子は「 丸ビル 」という言葉に
拒絶反応し そんな高級なところじゃなくていいよ〜と。

そしてワインが高いので ( メチャ高です! )
あまり飲まないでね、と諭した私に
娘は お酒の値段を気にしながら食べるなんて 絶対いやだ!と。

家族中の ブーイングにあってしまいました。

家族いわく
食べている後ろで スタッフが見ているのはとっても気疲れするし
ワインの種類なんかも 通じゃないし
それにお金を気にしながら食べるなんて 楽しくないし
それに何より 弟のお誕生日をそんな高級なところで祝おうという 
お母さんの気持ちが分からないというのです。

お母さんが ただ単に 行きたいだけなんじゃないの〜? と。

( この時点で家族は 父親のお誕生日もかねていることはすっかり
忘れているし… 父親はこの会話に参加すらしていないし… )

う〜ん せっかくいいチャンスだと思ったになぁ〜
残念! 事前にお店に相談して
お酒を飲まない家族なので ( これは 大うそ ) 乾杯だけして
後はお水でいいですか?と 聞こうと思っていたのにな〜

こう言っておけばお 酒を飲まなくても 恥ずかしくないでしょう?
( まぁ、そうまでウソをついて いく必要があるかどうか?って
事ですけれど、ね。 )

テーブル本日のメニュー


で結局 せっかくの JALカードの恩恵も受けられず 
お店選びは振り出しに戻りました。

息子も娘も 「 ぐるなび 」 でいいんだよ〜 と。 
( ぐるなび様 ごめんなさい、いつも利用させて頂いているのに )


それで ぐるなびで 銀座 イタリアン 夜景と 調べまして
最初に出てきたのが この日に行った 「 ラ・ジェンマ 蒼 」 なのです。

ところがところが …
私の願いが通じたのでしょうか?
このお店の案内には
「 イタリア、ミラノの名店 アンティカ・オステリア・デルポンテ 
で日本人としてはじめてメインを受け持っていたシェフのお料理が
楽しめるお店 」  と出ているではありませんか?

えっ、えっ〜〜〜
ビックリ ! うそぉ〜〜〜

ということで 偶然に感謝しつつ このお店を予約したのです。

まず予約のお電話をして お店のスタッフの方に色々と聞き
お肉は 何グラム出るのか? ( すごく食べる家族なのでと )
一人130グラム、 脂身を入れると150グラムはあるとのお答え。

お席は お店の写真を見るとカウンターと4人かけのようですが 
5人でも座れるのか?
→ 席は作れるので大丈夫。

などなど こちらの妙に細かい へんてこりんな質問にも丁寧に
お答えしてくださったので すごく印象の良いお店だと実感しました。

天使の海老 前菜鮑


土曜日の銀座は 華やいだ雰囲気で キラキラと輝いていました。
まだ予約の時間には少し早かったので 私は息子に 
「 どこでも見たいところがあったら行ってあげるよ? 
グッチ? アルマーニ? エルメス? 」 などと言っていたら
向こうに ユニクロが見えたので 
「 あっ! そうだ お父さんのジャケット 確か安いんだったわ! 」と
くるっと向きを買え ユニクロに向かいました。
息子は あきれていたでしょう。

ユニクロは大混雑でした。
さすが銀座のユニクロは 少し高級に見えるね〜 などと言い
主人のジャケットとズボンをゲットし これで 夏のお出かけは
万全だね〜 と一人はしゃいだ私でした。

主人も少し嬉しそうにしていました。

これじゃ そもそも 「 アンティカ… 」に 行く資格のない家族だと
思ったのでしょう、
息子は 少し嫌そうにしていました。

いやいや、 生活って言うのは 目り張りをつけなくてはいけないのよ。
いつも上ばかり見て生活していくんじゃなくて
たまにおいしいものを食べつつも いつもはユニクロを着るという 
地に足がついた地道な生活を大切にしていかないと 
本当に大事なことを見失うのよ。
と心の中で つぶやいている私でした。
( 息子に面と向かって堂々と言わなくちゃね、 )


さて 鉄板焼き 「 銀座 ラ・ジェンマ蒼 」 は
銀座の4丁目の角 ワッフルやさんのビルの9階にあります。

新鮮野菜フォアグラ冷製パスタ


9階の窓からは 銀座四丁目の時計台がバッチリ見えます。
すてき!!!

設計上 このお店の窓は 下に下りる階段側にあるので
お店の入口から 夜景を見ることになるので
直接お席から 夜景が眺められるわけではありませんが
身近に この素晴らしい夜景を臨むことができます。

お店は 女性のスタッフとシェフの 2人でやっているようです。
お客様は 私達を入れて3組くらいのゆったりとした雰囲気でした。

まず シェフからご挨拶を頂き お誕生日だといっていたので
ファーストドリンクの サービスをして頂きました。

( これって どこにも 特典としては 出ていなかったので 
本当にサービスのようでした。)
ありがとうございます。

そこでお話を伺っていたら なんと 私がお電話でお話したのは
「 アンティカ… 」 にいらしたという そのシェフだったのです。

シェフ自ら いろいろと相談に乗っていただいたようで 
本当にありがたかったです。

山形牛鉄板焼き


頂いたコースは 12000円が8000円になるという
大変お得な 先行予約コースです。

鮑にフォアグラ ステーキは この日は 山形牛の 美味しい
部位でした。

その日の一番いいお肉を使うので 何々牛とは指定していないようですが
そのほうが お安く提供できるということで 気楽に美味しいお肉を
食べていただきたいという シェフの考えがあるようです。

これは私たちにとっても ありがたいことですね。

ステーキ


お肉は 焼く前 塊で見せてくださり 説明をしてくださいました。
量は お客様のおなか具合を見て調節すると言っていましたので
(カウンターで シェフがお客様の進み具合を見ながら提供できるので )
事前に色々と量のことで質問をしていた私達家族には 
かなり多めに切り分けてくださったような 雰囲気でした。
( その場で切り分けていたので )

焼き野菜デザート


本当においしかった!
家族じゅう 大満足で 最後には 大食漢の主人や息子、娘達も
食べきれないほどの 美味しさと量で 本当に堪能しました。

シェフのお話も 大変ためになり楽しく頂くことができました。
お写真にも気さくに応じてくださり これからも電話くだされば
何なりと。。。 といって携帯も教えてくれました。

最後に 「 私達家族、アンティカ…に行けそうですか? 」と
聞くと 息子のジーパンを見て それはちょっと、と言っていましたが
気楽に行って楽しめばいいんですよ、と アドバイスをくれました。
自分でお金を払っていくのだから 気後れせずに 堂々と行って
楽しんできて下さいね、と。
( たぶん行かない、 行けないと思いますが。。。 ) 

本当にご馳走様でした。
いいお誕生日会が出来ました。

お酒も手ごろです。
( ドリンクは ビール700円 カクテル系800円
2ワイン→1800円、 3ワイン→スプマンテ 白、赤2600円
すべて サービス料10%つきます )


夜の銀座


夜の銀座を見ていたら 2年前に娘と行った パリを思い出しました。
ホテルの窓から見た オペラ座です。 ↓

パリ 夜のオペラ座お部屋から見たオペラ座



さて 
6月の下旬は 株主総会の季節です。
日ごと万歩計をしている割には ちっとも歩数が伸びない私は
出かける機会があったら どんどん出かけて歩こう、と思い
お手紙が来ていた 株主総会に 一人で 出かけてみました。

まず JALです、 場所は日本武道館。

社長は西松さんですが 質問タイムには 皆さん 「 おそまつ君 」
と言っていて それがかなりおもしろかったです。
配当がなかったり ということもあるのでしょう、 会場は騒然とした
場面もあり まさしく 株主総会!的な雰囲気満載でした。

お土産は エコバックと スカイタイム ( 柚子ジュース )です。
ジュースは お土産、というか この日は暑かったので 
喉を潤して的な、意味合いで 配っていました。
ちゃっかり 2本頂いてきました。

来ている人は おじいさんが多かったかな?
帰り道にはテレビ局や 報道人も多く見うけられました。

jal株主総会JALお土産



その数日後は スターバックス、 国技館です。

国技館スターバックス株主総会


会場に入ると 飲み物と バームクーヘンが 総会前にいただけます。
( 飲み物を出すカウンターは3列あって アイスコーヒー2列 
ホットコーヒー1列で この日も暑かったのでアイスの列は 
かなり並んでいました )

コーヒーとバームクーヘン会場


英語での総会で ( 通訳あり ) なかなか いい感じの総会でした。
来ている人は 8割がた女性で おばさんが多かったかな〜
お友達同士で来ている人も 多かったようです。
お土産はこちら ↓

お土産 コーヒー粉 キャラメルポップコーン


スタバは個人株主が多いので 気軽に総会に行けそうでした。
皆さまもどうですか?

以前 勝間さんが 株は その会社の数字が読めない限り
買うべきではないといっていましたが 例外として
その会社が好きで 株価を気にしないなどの 思い入れがあれば
買ってもいい、と言っていました。 
質問タイムを見ていると ここにきている方達は 本当にスタバが好きで
株主になっている方ばかりのような気がしました。

総会後には 何でも飲める券が送られてくる優待があります。

たまたま 梅雨の時期にもかかわらず 良いお天気で
楽しい株主総会に行ってこられました。

首都圏にいると このような体験もできるのでずいぶんと勉強になり 
より日経新聞を読む楽しみが増えました。
ありがたいことです。 

アジサイ2




murakinoriko at 16:55|PermalinkComments(12)

2009年06月24日

六本木ミッドタウン 「 淡悦 」 〜 代官山 「 ASO 」

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

バービーのチョコレート


すっかりご無沙汰しておりますが 皆様お元気ですか?
私は 未だ目はもやもやしていますが 体はなんとか元気なので
いろいろと用事も多く 忙しくしています。


さて ↑ は可愛い バービーちゃんのチョコレートです。
年代別のバービー人形が 鮮やかににプリントされたチョコは
グアムにご一緒したセレブ夫人からの ハワイ土産です。

そうなんです! セレブ夫人は 5月に ご主人様のお誕生日を 
ハワイでお祝いされたのでした。

3月にグアムにご一緒した時に セレブ夫人からこのハワイ計画の
お話をうかがった私ですが 私がその話題に異常に反応して
「 いつからですか? どこにお泊りですか? 飛行機は? 」
などと興奮してしゃべっている私を見て 主人は
「 えっ? それって また行く気? 」 とびっくりして 
焦っている様子がありありと見えていました。

でも しばらく考えた後 どうしても日程的に無理だったので
「 無理です〜 」 と さみしく言った私でした。。。
( よく考えてみたら 誘われてなかったかもしれません 汗 )

セレブ夫人は ただただ にこやかに 頷いていました。 

主人は さぞや ほっ! としたことでしょう。
会社のお休みも たぶんとれないだろうし、 金額的にもね。
でもきっと、この人は(私) 一人でもハワイに行くんじゃないか、
と一瞬不安がよぎったと思います。

23


セレブ夫人に詳しくお聞きしたところ  飛行機はJALのCクラス。
ホテルは ワイキキビーチタワーの なんと 
2ベッドルームをご予約したそうです。

ずっと以前 私は 家族5人で このワイキキビーチタワーの
2ベッドルームに泊まったことがありましたが 通常2人利用の場合は 
1つのベッドルームを閉じて 1ベッドルームのお部屋にして
泊まるのが基本ですので そのようにお泊りかと思いきや
「 ゆっくり寝たいので 2ベッドルームで予約したのよ。 」
とおっしゃっていました。

うわ〜  さすがに名実ともに セレブ夫人ですね。
これでは たとえ日程があったとしても 
私たち、崖っぷちのポニョ夫婦は ご一緒できない旅行でした。

とほほ。。。

ハワイでは 楽しくお過ごししたとの様子をうかがい 
ほっとした私でした。
( なぜに??? )


趣味の会 お食事会


さて6月の ある日 「 趣味の会 」 の集まりが 
六本木のミッドタウンで催されました。

3月にも 私を除く皆さんは 会合を持たれたようですが
私は その時は 人ごみに出られない時期だったので 
( 1月に 入院治療した副作用で 白血球 血しょう版などが 
異常に少なくなっていたため 免疫力がなくなっていたので )
欠席しましたので 私が全員の皆様にお会いするのは半年振りでした。

今回は 和食で 「 ミッドタウン 淡悦 」 です。

私達が座った席の後ろに飾ってあるお軸の前に 素敵なバッグが。。。

お友達のバッグですが あまりに自然体で 飾り物と一体化して
いたので パチリと写させていただきました。

このバッグ、 とっても重かったんですが これを持つのは 
上戸彩の お父さん犬のストラップをつけているのと
同じくらい 腕がつかれるような気がしました。

きっと 金塊でも入っていたのでしょうか?。。。 ふふふ。



六本木 ミッドタウン


お店は 六本木のミッドタウン ガーデンテラスの3階にあります。

実は 少し前に 可愛ゴ〜の会長さんが お友達とこのレストランで
お食事をした時に たまたま この向かいにある 檜町公園で
キムタクとイ・ビョンホン、ジョシュハートネットの映画 
「 アイ カム ウイズ ザ レイン 」 の レッドカーペットイベント
が行われていて その様子をこのレストランのテラス席で 
見学することが出来た、というお話を伺いました。

テラス席には イ・ビョンホンファンが 沢山いて 皆さん
「 イ・ ビョンホンシ〜〜〜 」 と 叫んでいたようで
お店の方も どうぞどうぞ テラスで見学してください、と
ファン以外の方にも 快い対応をして下さったそうです。

ということで 会長さんが 景色も良いこのお店を
選んでくださいました。

日本料理ちょっと民芸調ですが


入口は ちょっと民芸調ですが 店内はすっきりモダンです。
白木が気持ち良いカウンター、 室内の明るい椅子席
開放的なテラス席、 個室もあるそうです。

中はすっきり! カウンター椅子席からも見えます。


お外の席室内のお席


当初 お外の席を用意していただいていましたが 外との柵?塀?が
足元までガラスなので 高所恐怖症の方は ちょっとビビりますし
陽も当たるかもしれないと いうことで 室内に移動しました。 
( 陽は この時間は 当たらないようでした。 )

ごぼうのジュレ?暖かいじゅんさいお造り


ランチメニューには お弁当や 御膳なども 豊富にありましたが 
この日は 久しぶりの会合だったので お昼の懐石コースを頂きました。

この日は 金曜日で 主人がお休みでしたので 何人かの方から 
「 ご主人は 今日は (今日もですよね〜) ワンコインなの? 」
と聞かれてしまいました。

ワンコイン亭主 が どうも定着してきたようですね。
( 帰ってから主人に聞いたら 今日はちょっと 贅沢をした、と
言っていました。 
どんな贅沢を、 と思ったら。。。  600円のラーメンでした! )

お凌ぎ中はお蕎麦サーモンとズッキーニ


お品書きがなかったので うろ覚えですが ごぼうのジュレ、
暖かいじゅんさい コーンの天ぷら などなど 季節の食材が
いっぱいの おいしいコースでした。

天ぷら コーンと海老鯛飯頂きます。


最後の御飯は 鯛飯です。
銅のお釜で炊いた 鯛飯をテーブルに持ってきてくださり 
お披露目した後に スッタッフが ほぐして混ぜてくれます。

とっても柔らかいお味の 縁起の良いご飯でした。
ごちそうさま♪

梅の密煮?お昼のコースお昼のご膳


久しぶりでしたので みなさん、それぞれ話がたまっていて
久しぶりのマシンガントークを堪能しました。

こうして気の置けない方たちとの マシンガントークは
やっぱりたのしですね〜 
いつも元気でいなくちゃね! 





そのご お食事の後は 代官山で お茶をしました。 

代官山 ASO


この日は すごくお天気が良くて 初夏のようでしたので
駅から 気持のいい緑の中を歩いて10分くらい 
「 ASO 」 のカフェ「 カフェミケランジェロ 」 です。

店内は満席で 写真は撮れませんでしたが かわいらしい中庭や
そこから仰ぎ見る空が 何とも素晴らしく 中世?に行ったようでした。

↓ 中世っぽい 中庭でしょ?

中庭12

 
カフェミケランジェロ12


ケーキセットを頂いて 爽やかな緑の中 おしゃべりに花が咲いた
私たちでした。

カフェミケランジェロ


↑ カフェミケランジェロの 全景です。
ホームページから お借りしました。



さておまけです。

もう ずいぶん前になりましたが 久しぶりに行った
クイーンアリス 「 ガーデンテラス日吉 」 の
きれいなランチの写真です。

クイーンアリス ガーデンテラス日吉 12


海老とほたて 青豆のスープ


急遽 横浜から デビ夫人 ( に似た友人 ) と  オバジさん
( かつてオバジを使っていて肌がすごくきれいになった友人 )
が 我が家の近くまで来てくださるというので ランチを3人で頂こうと
前日の夕方に クイーンアリスにお電話して お席があるか聞いたところ
既に予約で 満席です、 と。 ( そうですよね〜 )

で、 私、事情通?なので。。。
実はこのお店 入ってすぐに個室があって
急な関係者などのお客様に対応するために 前日までは 
そこはあけておく、と以前伺ったことがあるので 
その事を言って そこはだめですか? と 聞いてみました。

電話の相手は  「 う〜ん、」 とうなり しばし絶句!
( だってその情報 その人に聞いたんですよ、
ですから そのこと 言ってもいいわよね〜 )

しばらくして それなら、 と
「 明日の朝にまたお電話下さい、それまでに 調節できましたら
お席ご用意しておきますので 」 と嬉しいお返事を頂きました。

たぶん あすの朝までに 大事な 急な 関係者?お客様? が
入らなければ お席を開放するってことでしょう。
言ってみてよかったわ〜

で当日 朝のお電話したら
「 なんとか お席作りました! 」 と。

よかった〜
これで いつもお世話になっている デビ夫人とオバジさんに
喜んでもらえるわ。

メイン 牛肉の炭火焼デザート プリン


めでたく お席をゲットでき 楽しいランチになりました。

店長さんに お礼を言ったら
「 いつもはできないんですよ、 こんなこと。
今日はたまたまお席が空いたので、( わかってますね! ) 」 
と やんわり言われてしまいました。
す、す、すいません。 重々わかってます。。。


途中で 店長さんからとても興味深いお話を 聞きました。
こちらの シェフは 東大の数学科を出た方だというんのです。

正しくは 東大中退ということですが。。。

東大在学中に たまたまクイーンアリスでお食事をした際 
そのあまりの美味しさに びっくりされ 
ぜひとも そのお料理を 自分でも作ってみたくなり 
思いきって 石鍋さんに そのむねの内をお話ししたそうなのです。

石鍋さんは 本当にそう思うのなら 大学を卒業して(やめて?)
から やりなさい、と言ったそうで 普通なら 卒業まで待ってから
シェフの修行に入りますけれど その方はスパッと 東大をやめてしまい
即 クイーンアリスに入って シェフのお勉強をしたそうなのです。

へぇ〜 すごいね〜

そのうえ 意外とシェフの仕事は 数学的な要素が多いのだそうで
お料理の味付けや お皿に飾る配分とか バランスなどにしても
すべて数学に通じるそうで そういうことも含めて 
お料理を作るということにおいては 数学的センスは
とても必要なのだそうです。

それで今は、こちらの店舗で シェフとして腕をふるっていらっしゃる
とのことでした。

こちらの店舗は パーティー会場もあるので
月によっての売り上げは ランチの多い日 デイナーの多い日
また パーティの数の多少などによって 大きく変わってくるよう
なのですが このシェフは 食材の調達量や 原価なんとか数?など
どんな月でも 月末にはその数字を ぴたっ!と合わせるんだそうです。

この能力には 周りのスタッフも大変驚いた、と言っていました。

せっかくの東大なのに もったいないですね〜 と言ったら
そのご本人は 猛烈に勉強をしなくても入れた東大なので
全く 惜しくはないそうです。 
( 又 受ければ いつでも入れるんでしょうからね )

さすがに クイーンアリスですね、 ちょっとびっくり、でも
とっても いいお話を伺いました。
クイーンアリスという存在が大好きな方が 作っているお料理を
頂けるという事は 私たちにとっても 幸せなことですよね。

なんか12チャンネルあたりで 取り上げられそうなお話でした。

こんなお話をしながら 頂いた クイーンアリスのランチは
3300円 ( 税 サ 込 ) でした。

お料理もかわいくて おいしいし ボリュームもあったし
とても楽しく 過ごすことができました。
お友達のお二人も とても喜んでくださいました。
「 急なのに こんな素敵なところをセッティングしてくれて
ありがとう! 」 と ほめられました。

ううん? それは私じゃないのよ、 店長さんのおかげなのです。
いつもありがとうございます!


最後に 美味しそうな 夏ミカンのデザートです。

デザート


murakinoriko at 16:14|PermalinkComments(10)

2009年06月12日

ハゲタカ & マンダリンオリエンタル東京

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

バラ


梅雨に入りましたね。

我家のバラは コッコウバラが最初に咲いて そのあといろいろな種類の
ちいさなバラが咲きます。

↑のバラは 箱根のアルベルゴバンブーで頂いたものを
お庭の藪の中に飾ってみました、咲いているようでしょう? 

3


そして バラが終わり アジサイが咲き始めました。

さて 少し前ですが 五月の終わりに 映画 「 ハゲタカ 」 の
試写に行ってきました。

先週の週末から公開されましたね、 「 ハゲタカ 」。

ハゲタカマンダリンオリエンタル東京


映画公開前に 日比谷の東宝の試写室で見る機会にめぐまれ 
娘と行ってきましたが 朝の10時からというのに超満員です!
ぎりぎりに行った私達は 補助席に座るほど 大盛況でした。

「 ハゲタカ 」 のドラマは 最初にテレビで放送していた時には
見ていなかったのですが あまりに 周りの人がよかった!と
いうので 思い切って 再放送を見たのでした。

家人のまわりの金融関係の人の間では 第二の 「 愛るけ現象 」
のようになっていて 会社に行くと 「 きのうはすごかったね〜 」
「 そうそう、あの時も あんなだったね〜 」 とか
反響が凄かったらしいのです。

「 愛るけ( 愛の流刑地←日経新聞連載の小説 ) 」 の時にも 
その職場では 皆さん会社に新聞を持っていってしまい  
奥様たちが小説を読めないので 朝 必ずご主人に
「 新聞を持って帰ってきてよ! 」 とリクエストするという 
社会現象?がありました。

私も 家人が新聞を持ち帰るのを待っていて 夜遅くに
読んだ覚えがありました。

その「 愛るけ 」 連載時も 
「 今日は凄かったですね〜 」 みたいな会話が社内であったそうで
その時と同じように この ハゲタカも放送後の月曜日には 
いつもその話が社内で 話題になっていたようです。

その時の家人の話では テレビの 「 ハゲタカ 」 の内容は 
あながち作り物ではなく 現実だったような雰囲気だったそうです。

さて その続編? 映画 「 ハゲタカ 」です。

ビュッフェ台オードブル


主な出演者は テレビと同じですので テレビで見た人は
かなり楽しめます。 

でもはじめて見る人も それなりに違和感なく 楽しめるので
それが すごいな〜と驚きました。

また テレビの時ほど 内容が難しくないので 
( テレビの時には用語がかなり難しくて 
私には 理解できない部分が たびたびあったけれど… )
映画は 分かりやすく出来ています。

でもそれは この何年かの間に 世の中が 経済に敏感に
なってきて 経済用語や 経済の仕組みなど 
詳しくテレビや新聞などで 取上げる機会が増えてきたので 
こんな私にも 理解できるようになったのかも知れませんね。

さて 大森南朋がすてきです。 ( っていうより 鷲津さんが… )
でも今回 最初のシーンでは 少し太ったかしら? という気がして
前回の方が素敵だった、と思いましたが 最後のシーンでは 
またスマートになっていてかなり素敵でした。 

ちなみに私は いつもの大森南朋はあまり好きではありませんが
この鷲津さんは 好きです。 ( …って誰も聞いてないよね )

玉山鉄二も 良かったですよ。
NHKの「 天地人 」 でも素敵でしたが 最後、華姫と共に
自害するので残念な役でしたが 今回もまた最後は 切ない役でした。

二人とも 銀縁のメガネがとてもお似合いでした。

( 映画の最新ランキングでは ルーキーズ、 天使と悪魔に続き
3位に入っていましたね。 )


さて マンダリンオリエンタルホテルですが…

吹き抜けパスタ


「 ハゲタカ 」 の中で 何度もこのホテルが登場するのです。

記者会見の場面では 何度も 「 マンダリンオリエンタルホテル 」
と言うので 映画には かなり協力しているようでした。

ですので 試写会が終わって さて昼をいただきましょうと 
日比谷の街を見渡したら 真正面に 「 ペニンシュラ 」 が
そびえていたので そこに行きましょうか? とも思いましたが
やっぱり今日は マンダリンオリエンタルホテルに行きたいよね〜
となり 地下鉄で 映画の中で 記者会見が行われた会場のある
「 マンダリンオリエンタルホテル 」 まで出向き
2階の 「 ヴェンタリオ 」 でランチをいただきました。

こちらのランチは 前菜と デザートがビュッフェです。
私が頂いたのは ビュフェに パスタの付いている 
2900円 + サ のコースです。
( この他に メインが付いているコースもありました )

前菜が すごくきれいに並べられています。

焼き野菜


特に美味しかったのは この↓ 野菜チップスです!
私は 野菜チップスが大好きなので いくらでもいただけるこのチップスを
ぽりぽり 沢山いただきました。
おいしいのよ、すごく甘くて いくらでも食べられました。

野菜チップス


この 「 ヴェンタリオ 」 は マンダリンオリエンタルホテル
でありながら 結構カジュアルな感じで しかも2階にあるので 
重厚感はありませんが 吹き抜けが気持ちよく 適度に高級感もあり
きれいな方々で にぎわっていました。

デザートビュッフェ


気持ちよくいただけたのですが 最後にちょっと 残念なことが…

私達の目の前に シーザーサラダをチーズの器で混ぜて提供する
ワゴンがあったので ( それは ビュッフェ台とは離れていました)
私には サラダを提供しているスタッフの姿が目に入るのですが
途中から ほとんどサラダの提供がないような気がしました。

当初 入った時には 何組かのお客様に サラダを出していたり
テーブルには既に サラダのお皿が置いてあったりしていましたが
その後 ランチのお客さまも 2巡目に入っていて 
これから食べる方が多かったのですが 私を含め いくつかの
テーブルには サラダがいきわたっている様子がないのです。

不審に思った私は パスタを食べ終わったときに 係りの方に 
「 私の頼んだメニューには サラダは付いていないのですか? 」
と問うと 係りの方は
「 皆さんにお付けしています… 」 と言うんです。
その時の言い方は 「 …で何か? 」 見たいな感じで…

私のテーブルには出ていないので 見たら分かると思うのですが
「 それで? 」 見たいな態度で ずっと何も言わないのです。

ですから私が 「 私もいただきたいのですが… 」 と
いいましたら 「 はい では お持ちします 」 と…。

これって 何かいやな感じ。
もし全員に出しているのであれば 
「 あっ お出ししていませんでしたか? 申し訳ありません 」 
とかって言うでしょう?

失礼しました、 もないのです。
言わなければ 出さないつもりだよね〜 って雰囲気。

後で マネージャーみたいな人に お聞きしましたら
「 本当に申し訳ありませんでした 」と 
丁寧に謝っていただきましたが その責任者風の方は 
私たち以外のテーブルには きちんとサラダを出しているように 
認識しているようで 「 どなたにもお出ししています。 」 と
言っていたので 私が
「 私が見た時には あまり出ているテーブルはなかった 」 と
食いさがりましたが 
「 たぶん既にサラダの器をお下げしたところを お客様(私)は 
見たのでしょう 」 と言われてしまいました。

とほほ。。。。。。

でも〜〜〜 そうかな〜 ???

この私が 目の前でサラダを提供しているところを
見逃すはずはありません、よね〜 (笑)

でもあちらがそう言うならば  そう理解するしかありませんね。
私の眼力も とうとう落ちてきているってことかしら?  がくっ!



でもこの件以外は とてもきれいだし 美味しいし、
また行きたいな〜 と感じる素敵なプチセレブ・ランチでした。

以前に行ったマンダリンオリエンタル東京の記事は こちらです。
( 以前の記事は お値段が既に変わっているかもしれません )

私のデザート




さてさて 最近目が疲れるので あまり長時間パソコンをやらないほうが
いいと思うのですが はじめると長くなって…

もう ずっと以前から 緑内障といわれている私です。
でも 眼圧も正常なので 視野が欠けなければ 今のところ大丈夫だと
いうことで 今は定期的に 検査に行っているという状態です。

あじさい1


ところが先日 急に 片方の目の半分くらいが 膜がかかってぼんやり
モヤモヤするようになってきたのです。

驚いて目医者さんに行くと 加齢で目のゼリー状のものが溶けて
水のようになり 今までピンと張っていた膜が はがれてきて 
それが漂っている、ようなことを言われました。
( 緑内障とは 直接関係ないようで。。。 )

膜が全部はがれればいいようですが それまでは うっとうしいけれど
モヤモヤに慣れるしかないとのことでした。

結構 検査の時には 重病のような感じでしたが 
要約するとこんな感じのことを 言われました。

大丈夫なのかしら? このままで…
視野の検査もしましたが 今回はまだ大丈夫のようでした。

全く 色々と 体に不具合が出来て いやになりますが
私の父も 会う人事に
「 いや〜 最近は片方の目が全く見えなくなって困りものですよ〜 」
と 元気に嬉しそうに 言っています。

先日も 会う人事に 
「 最近は 全く歩けなくなって困ります。毎日整形、通いですよ〜 」 
とこれまた嬉しそうに 自慢げに言っていました。
ちなみに整形外科には きちんと自分の足で歩いて行っています。

病気にもめげず 病気自慢の父ですが 私も父に似たのでしょう。

「 お母さんは 目が見えないのよ〜 」 と ちょっと脅かし気味に
家族に 病気自慢をしています。
( 家族は 今度はそっちかいっ! みたいなあきれ顔で驚かず )

まぁ 自分の体だから 上手に付き合っていくしかありませんね。

 

さて 最近は このブログも 読んで下さっている方の数が増えていて
とてもありがたい気持ちでいっぱいです。
目のこともあるので この先も少しずつになるかもしれませんが
気ままに続けていけたらばいいな〜 と思ってます。

ご心配をおかけしますが 精神面は? いたって元気ですので
安心してくださいね。
ただ 目薬を頻繁にさすので お化粧が出来ず 小さい目の私です。




では 次回は 箱根か 銀座か ミッドタウンか…

2


murakinoriko at 23:03|PermalinkComments(14)

2009年06月05日

横浜開港記念日 & 2002 ワールドカップの思い出

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

横浜開港記念日


6月2日は 横浜開港記念日でした。
今年は 開港150周年なので 大きなイベントも沢山行われていて
毎年行われている花火大会も レーザー光線を使ったり 花火の前に
「 キマグレン 」 のコンサートが行われたりして 
とても にぎやかになりました。

150周年記念


横浜では 毎年3回 花火大会が開かれますが 
夏に先駆けて 最初に行われるのが この開港記念日の花火です。

その後 海の日と 8月1日の神奈川新聞花火大会が続きます。
でも 今年は 残念ながら 海の日の花火はないそうです。
( 警備の関係だそうです Y150イベントもやっているからね )  

キマグレン コンサート1500人のコーラス


お友達のマンションから 今年も堪能しました。
海に面した舞台では 夕方から 「 キマグレン 」 のコンサート 
( 翌日新聞を見たら 「 ゆず 」 も 途中で参加したそうです ) 
と 横浜市民による1500人の大合唱団のコンサートがありました。

花火


お部屋の中で おしゃべりに興じていた私でしたが
1500人の合唱団による 「 横浜市歌 」 が流れてきたので
ベランダにいた主人が私を呼んでくれて 1500人の大合唱に
合わせて 私も一緒に歌いました。
( この日のメンバーの中にもう一人浜っ子だった人がいて
その方も 全部 歌っていました )

以前もお話しましたが 浜っ子は 皆この横浜市歌が歌えます。
小学校のときに 何度も何度も歌っていたから みんなそらで
歌えるのです。

以前テレビの 「 秘密のケンミンショー 」 で
「 横浜市民は 皆 歌える歌がある 」 みたいな紹介を
していましたが アナウンサーが 浜っ子の芸能人に
「 ♪ わーがーひのもとは … 」 とマイクを向けると 
皆さん一様に ぎょっと驚いていましたが
すぐさま  「 しーまぐによ〜 」 と歌えるのです。
それも全員 確かに確実に 歌っていました。

アッキーナとか 出川哲郎 とか 数人に試していました。

やっぱり コレがなくちゃ 開港記念日とは言えないね〜
そうそう 成人式にも歌ったと 息子は言っていました。

大人になってから歌う機会がないけれど こんなに歳を取っても
皆、歌えるなんて本当にスゴイよね〜
森鴎外先生 ( 作詞 ) に感謝しなくちゃね。


さぁ 花火とレーザー光線のショーが始まりました。

2


音楽に合わせて レーザー光線と花火が上がるのですが 
最初はBGM見たいな感じで音楽が流れていましたが 次の曲は…

あっ! 私の大、大、大好きな曲だ!
というか 私にとって 思いで深い曲を選ぶとしたら 
3位以内に入るであろう その曲が流れてきたのです!

それは アンセム ( 音が出ます 、こちらはディスコバージョン ) 
ソニーミュージックより

この曲は 横浜にとっても忘れられない曲ですよね、この選曲に納得!

私にとっても チョー 忘れられない曲なのです。
なぜ私がこれほどこの曲が好きかというと…

話は長くなりますが その頃私は すごいサッカーファンで
( にわかファンでしたが ) 前回のフランス大会くらいから
ずっと応援していました。

( マリノスも近いしね。 )

予選もずっと応援していて 日本で開催されるなんて 一生にもう
チャンスはないから絶対見に行ってやるぞ〜 と意気込んでいました。

そして 大会より1年以上前 第一次チケット販売がありました。
確か 2001年2月くらいのことです。

第一次チケット販売は 郵便局から申込用紙をもらい 色々書き込み
応募するということで 早速郵便局で 大量に応募用紙をもらい
一人盛り上がっていた私は興奮して ( その日ちょうど小学校の
保護者会がありましたので そこで ) お友達の皆さんに 
その応募用紙を 配った記憶があります。
( それもかなり詳しく書き方の説明をして )

もらった方は たぶん うざい、うざ過ぎる… と思った事でしょう。

家でも 私の姉妹と父母を集めて そこでも応募用紙を渡し 
書き方など詳しくレクチャーした覚えがあります。

この一次販売は 全国区分と 試合開催市割り当て区分があり
横浜市民は 確か2つの区分で申し込めたように記憶しています。

レーザー光線12


絶対行きたかった私は その応募と共に 出せるだけ懸賞も
出していました。
コカコーラ キリンビール ジレット 野村證券 朝日新聞
ファミリーマート (?確か)などなど色々と応募していました。

一人、こつこつと 手紙職人もしていました。

家族はちょっと引き気味でしたが 絶対行きたかったのです。

サッカーの前は バレーボールに凝っていた時期があって 
男子も女子も よくテレビで応援していました。

ある日 品川プリンスホテルの 「 ハプナ 」 のバイキングに
行った時 やけに背の高い人たちが 大勢いるな〜と思ったら
なんと 全日本男子チームのメンバーがいるではありませんか〜

大好きな 南もいる〜  あの人は 大竹だ〜 荻野だ〜
と興奮していましたら
お友達が 「 よく知ってるね〜 」 と半ば呆れ顔で言ってました。
バレーボールって マイナーなのかしら???


そんな過去があったので 今回のサッカーも 思いは必ず通じると
せっせと応募していました。

3


そして ナントなんと 当たったのです!
それも 懸賞ではなくて 全国販売の方で!
( 当たったといっても タダではないのよ、 買えるってこと )

しかも 日本戦!
しかも 横浜国際総合競技場の チケットが4枚!
( 席はカテゴリー1、 確か1枚17000円だったと記憶 )

きゃ〜  やった〜〜〜〜〜

興奮興奮! 思いは通じるよね〜

でも 1年以上も先のことなんて みんな予定つくのかしら?

記名式で しかも転売も、もちろん禁止で みんな 
( 私ではなく あくまで みんな ) 先の予定大丈夫なのかしら?
と人事のように かなり上から目線で心配していたのんきな私でした。

まさか 私の身に 不測の事態が降りかかるとは その時には
知るよしもない私でした…

( ↓ 懐かしい2002年6月9日 対ロシア戦の様子 )

2002ワールドカップ6月9日対ロシア戦横浜国際総合競技場


その後ウキウキの私は 第二次販売 ( 確か電話で抽選番号をもらうという
システムで 電話がなかなかつながらないなどと 大変だったような、)
も余裕の態度で (チケット騒動の世間を) 見つめていたのでした。

それから 数ヶ月後 チケットの転売を防ぐため 
本人が身分証明書を持参して郵便局まで チケットをとりにいき 
ようやく まさしく銀色に光るプラチナチケットを入手したのです。

そして まさしくW杯開幕直前、 悪夢のような出来事が。。。

4


5月初旬の人間ドックで 私の悪性リンパ腫が判明。
それもかなり悪いとのこと。。。即入院しなさいって言われて
いつもは気丈な私でしたが 道で出会った 仲良しさんの前では
泣いてしまった 気弱な私でした。 ( ←その頃は )
だって このまま何も治療しなければ 半年の命と言われたので。。。

病院では ベッドが空き次第 即、入院〜手術とのこと。
そして 5月下旬に入院 手術は 6月4日と決定しました。

う〜ん こんなこと考えていなかったよ〜
あんなに苦労してチケット、ゲットしたのに 
この私が行けないなんて〜


手術日の6月4日は 日本戦の第一試合、 日本対ベルギー戦
当初私は 手術後ベッドで観戦できるね、なんて 
気楽に構えていましたが なんのなんの 胸からおへその下まで 
30センチ以上もおなかを切ったので 全くそれどころではなく 
ベッドにも戻れず 処置室みたいなところで 気持ち悪いし傷も痛いしで
苦しい苦しいといって 一夜を過ごしたのでした。

ワールドカップどころではなく 本当に苦しい一晩でした。
家族は夜はもう帰リましたが 仲良しのお友達のご夫婦が夜に病院に
来てくださり うつらうつら苦しんでいる私を 励ましてくれました。
( 考えてみたら そのお友達ご夫妻は ワールドカップを
見逃したのではないかしら? 今気づきました。 
本当にごめんなさいね、 そして 本当にありがとうございました )

こんな感じのワールドカップだったので この曲は 私の人生の後半を
代表する思い出深い曲なのです。

そして 観戦予定の6月9日は まさしく入院中。
観戦者の変更もかなり厳しくて 両人の身分確認書類を提出しなくては
なりませんでしたが 私の分は長女に譲り 4枚の入場券でしたので 
私を除く家族4人で行ってもらうことにしたのです。

この曲を聞くと ベッドで 患者さんや看護婦さんと一緒に応援した
ワールドカップを思い出します。

あの6月9日 稲本が1点を入れた時 病院中から 
拍手が聞こえたんですよ!
それほど患者の皆さんも うれしくて もう消灯は過ぎていましたが
その日だけは お部屋の明かりもつけておいてくれて 皆さんで
「 よかったね〜 」 と喜びあいました。

懐かしい 懐かしい あの曲が 横浜開港150周年記念日に
花火と共に聞けたこと とてもうれしく感じました。
曲を聞きながら あの時は こんな今日の日が来るとは
思っていなかったので 少し涙も出ました。

本当に本当に うれしい花火でした。


5


その後、花火とレーザー光線の曲は 「ボレロ」 に変わりましたが
なんか 「 ボレロ 」 って 横浜市に関係あったのかしら? 

6


さて これにはもう一つ 続きのお話があって 試合当日 娘二人が
会場のある小机駅に到着した時に 取材の記者たちが 駅にも沢山いて
( チケットゆずってくさい みたいな看板を持った人たちが
たくさんいたので その取材のような ) その記者が 娘たちに
「 チケットはどうやって入手したの ? 」 と質問を
してきたそうなのです。

そこで娘二人が 母親が苦労して入手したこと でもその母親は
病魔に侵され 今 病室にいる事など 詳しく説明したそうなのです。

そしたら その記者は 「 いい話だね〜 その話 頂き! 」
みたいな調子良いこと言って 「 明日の朝刊に必ず載せるからね 」
と約束したと言うのです。

娘からも 「 おかあさん! 明日の朝刊に お母さんのこと
でるからね〜 」 と嬉しい メールをもらいましたが。。。

案の定、 やっぱり、 全く、 翌日の朝刊には 
一行も 私のことは記事になっていませんでした。。。  とさ。

全くいい加減だね〜
マスコミは。。。



今年のゴールデンウイークも 親戚一同で 湯西川温泉に行ったのだけれど
その時 佐野のインターで 佐野ラーメンを食べていた父に 
テレビ局のカメラが寄って来て 「 おじいちゃん、おいしいですか〜 」 
なんて聞くから 「 父はよく耳が聞こえないんです 」 
と私が答えたら そのカメラマン
「 おいしさは おじいちゃんのその食べっぷりで伝わってきますよ〜 
日曜日のサンデー○○という番組に 出ますのでよろしく! 」 
なんて 父に調子いいこと言って 去って行ったのです。

そして日曜日 期待してテレビを見ていたら
全く父は どこにも 映っていませんでした。 とほほ。。。

家族そろって早起きしてテレビ見たのに散々でした。



こんな感じで 2002私のワールドカップ日本大会は 
新聞記事になることもなく 過ぎていきました。。。

キルフェボンのケーキ


開港記念日 〜 チケット騒動記 
いつもながら 今回も長々と読んで頂き ありがとうございました。
お口直しに キルフェボンのケーキの写真で 楽しんでください。 


murakinoriko at 00:15|PermalinkComments(15)

2009年04月25日

千鳥ヶ淵の桜 、  4月のお出かけ

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

千鳥ヶ淵 桜1


楽しかった グアムウエディング旅行も終わり 今回は
「 4月の私 」 編です。

今年は 千鳥ヶ淵の桜見物に行ってきました。
以前 万歩の会の会長様から 千鳥ヶ淵の満開の桜のお写真を
頂いたので 来年はぜひ行って見ようと思っていたのです。

ちょうどその日から桜が満開になるだろうという まさにぴったりの日、
行ってみました、千鳥ヶ淵に。

人 人 人、 すごい人です。

たまたまその日 日本武道館で法政大学の入学式が行われていたので
いつもより よりいっそう多い人出のようでした。

2



本当にたくさんの人が繰り出していて 警備員も要所要所にいました。
写真スポットにぴったりな場所では 二重三重に人垣ができていて
写真を撮るのに 一苦労でした。

それにしてもお年寄りの多いこと!
皆さんお元気で リュックをしょって デジイチをかまえて
本当にお元気そうでした。

うらやましいな〜 この人たち 何回桜を見てきているのだろう?
すごいな〜 この元気、 見習わなくてはね。

私も人から見たら 元気に見えるのかしら?
と思いながら歩いていると 行きかう人々とは かなり近くに接するので
その人たちの話も聞こえてくる訳で。。。

何気なく 聞こえる すれ違う人々の話。。。

「 。。。だから私は 元気なうちに 整理したいのよ〜 」
( 何を? 何を整理するの? お金? ごみ? 人間関係? )

「 へぇ〜 あの人にもそんな悩みがあったのね〜 」
( 何? 何の悩み? お金? 病気? 人間関係? )

「 ほんとだよね〜 逃げ道ほしいよね〜 そんな時 」
( 何? 何から逃げたいの? 仕事? 環境? 人間関係?)

と 皆さん桜を楽しみながらも 結構 いろいろとつきつめた話を
しているようでした。
( その会話に 一人、突っ込む私 )

千鳥ヶ淵も 結構歩くからね〜
最初は わ〜 きれい! あそこも綺麗 ここも綺麗、
と言っているんだけれど 長く歩いて行くと いろいろと日頃は
口に出せないような 悩みなんかが 出てくるようで 
皆さん結構 歩きながらも 真剣に話し込んでいました。

なんだ〜 そうなんだ〜
皆 悩みがあるんだ〜

でもそんな時でも こうして桜を見ると 心が素直になって
胸の内を話したくなるんだね〜

良かったよ、私も来てみて。
桜は満開になると あと少しで 散ってしまうけど
こんなにも 人を素直にさせてくれるんだね。

桜よ! ありがとうね!

桜は散ってしまうけど 私はもう少し 生きてみるよ。

あの人たちも 桜を見ながら 悩みを話した後は
また元気で まだまだ 生きてゆくんだから。。。
 

3


お濠の周りをぐるっと歩いて 綺麗な桜を堪能。
ボート乗り場には長蛇の列。

そろそろおなかもすいてきました。
このあたりには 売店もコンビニも何もありません。

たった一つあるのが カフェ 「 ギャラリー冊 さつ 」 です。

昔の 「 フェアモントホテル 」 の後地に建つマンションの1階。

ギャラリー冊 外観冊 ガラスに映る桜


カフェのガラス窓にも 桜がくっきり!と映っています。

この ギャラリー冊 は 二期倶楽部が運営する ギャラリー&カフェ
なのです。

以前二期倶楽部に泊まったご縁で 時々 メルマガが来るのですが
そこに そのカフェで お花見時期限定の お花見弁当が頂けるという
プランが出ていましたので 予約しておいたのです。
詳しくは 下の案内を。

ギャラリー冊案内1案内2


ホームページから予約したのですが お弁当は2種類あって

お昼と夜の 1時間40分滞在の5500円のコース。
( お弁当は2段重 食前酒 桜の箸おき付き )
その前後の時間帯の 40分滞在の2500円のコース。
( お弁当は1段重 )

私が予約した時には すでにどの日も 5500円の時間帯は
予約でいっぱいでしたので ホッとしながら2500円の時間帯を
予約しました。

店内店内から見る桜


横長の店内は窓が大きくとってあり どのお席からも 
桜が望めるようになっています。
私たちのお席は一番奥のソファー席でしたが どの席も通りに面して
いますので 行きかう多くの人に見られてしまい 恥ずかしかったです。

さて 予約の2500円のお弁当です。

予約のお弁当桜を愛でながら


お弁当2500円


山菜や 竹の子 桜もちなど 春の香り満載の 見た目も素敵な
美味しいお弁当です。

通常このカフェでは ランチはないようで このお弁当も
二期倶楽部の系列の 由庵というデリからのお取り寄せのようでした。

お弁当1真ん中は小さなお菓子です


結構 満腹になりました。
たまたまこの日は 次の時間帯にこのお席の予約は入っていなかったので
お茶をお願いして (千円) 次の時間帯まで のんびりと滞在させて
頂きました。
都合2時間 ゆっくりとランチをしお茶を頂き 桜と共にのんびりと
行きかう人々を見ながら 優雅な時間を過ごすことができました。

皆様も ぜひ来年はいかがですか?

遠くに日の丸の旗が


しだれ桜


しだれ桜は 色が濃いので やはり人気ですね。
大勢の人が写真を撮っていました。
また周辺の道路は 桜見物渋滞か かなり混んでいました。

夕方からは肌寒くなってきましたが 今年も良い桜が見れて
幸せな 春でした。

しだれ桜2


さて 4月の私、 
この写真、 これ窓ではなくて鏡なんです。
鏡に映るのは 横浜インターコンチネンタルホテルです。
そして この鏡があるのは ロイヤルパークホテルのロビーです。
 
ここはどこ?横浜 ロイヤルパークホテルです


この日は 磯子時代のお友達との ランチで
ロイヤルパークホテルの ティーサロン 「 ブルーベル 」です。

1階 カフェブルーベル


ここって意外と穴場なんです。
だって ホテルにしてはとってもお安いのです。 (1575円+サ)
今回頂いたのは パレットバイキングで サンドイッチを中心としたバイキングで
お茶のお代わりも頂けるし 何よりすいているし、 
ゆっくりお話しするには 最適なんです。

でも 窓がないので 景色が望めないのが残念ですが
お話中心の時には 持ってこいのティーサロンです。

ブルーベル12


女性好みの内装で 素敵ですね。
↓のサンドイッチのほかに スープとサラダも出ます。

お料理123


456


お二人はこのMM地区にお住まいをお持ちなので MM地区のホテルは
5%引きになるというカードを持っているのです。

ですから さらにお安く 利用することができました。
ゆっくりおしゃべりできて ありがとうございました。



最後は 東銀座の 韓国薬膳料理 「 はいやく 」 です。

韓国料理、銀座「はいやく」


薬膳といっても全くそんな感じはなく ランチは1000円で
チゲランチ プルコギランチともに大変おいしいです。
辛いのがダメな私ともう一人の方にも 全く問題なく頂けました。

天上が高く とてもハイセンスな内装のお店です。
ランチタイムにはすぐに満席になるほど人気店で
雰囲気と内容を考えると とってもお得でおいしいランチでした。

この日は 旅好き3人組の集まりで まず ここに入る前に
東銀座の交差点の角の 「 プロント 」 でお茶をして
ランチの後は またまた銀座の三愛ビルの 「 ル・カフェドトール 」
でお茶をするという 3コースの 私たちです。

ランチ1


ランチ2


私の グアムでのことを心配してくれた バンクーバーさんは
昨年 グアムにご夫妻で行った時に シュノーケリングツアーで
海の中で 転びそうになったバンクーバーさんを ご主人が さっと
助けた際 サンゴで 腕を切ってしまい そのあと消毒をしましたが
係の方にもすぐお医者様に行くよう言われ その後腕が腫れたたようで
大変だったとお話しされていました。

ですから 海に行っても何事もなく無事で よかったね〜と 
言ってくれました。 

そういえば ココパームガーデンビーチでも 足から血を流している人が
係の人に消毒をしてもらっていました。

そんなこともあるんですね。
今になって より恐ろしい気がしてきました。


さて 私の近況ですが 最近まで 病院も週に2回行っていましたのが 
週に1回になり 先週は 2週間ぶりの病院になり
そしてめでたく これからは 今まで通り 月に1回の検査、診察で
いいことになりました。
( 血液値は まだ正常値には戻っていませんが だいぶ戻りつつ
あるので、 ということです )

首のリンパ節のグリグリはなくなったようで お腹の方は
CTでは なくなったような。。。みたいなあやふやな感じですが
( 触った感じでは 脂肪が邪魔してよく分からない状態とのこと )
なので 今しばらくは 様子見ということになっています。

でもほとんどの人が この治療でも 半年から1年しか持たないような
現状だそうで 先が不安定でいまいち すっきりとした結果には
なっていませんが 長年あった 首のグリグリがなくなっただけでも 
私にとっては 有り難く思っています。

お腹の方は 自分としては まだ違和感があるので ちょっと不安ですが
まぁ 様子見ということで よしとしなければいけません。

だるさとかはありませんが 心臓的には すぐ息が切れて 
(体力的なものか 薬の副作用かは わかりませんが 
前回も前々回も治療の後 こうなったので )
はぁはぁ言ってしまうので どんだけ、おばあさんか! と
思って生活しています。

京都 原谷苑


↑ さて 次回は 桜の京都です。
いつ行ったのかって?  千鳥ヶ淵の翌週です。。。

murakinoriko at 17:02|PermalinkComments(12)

2009年02月15日

結婚記念日のランチ

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

春が来ました。


春一番が吹いた翌日は ものすごく暑い日で 
一気に夏が来たようでしたね。
我が家の花々も 咲き誇っています!

春の庭ヒヤシンス


さて 友人から ありがたい写真を頂きました。

奈良薬師寺 瑠璃光如来像
奈良の薬師寺にある
瑠璃光如来像の写真です。

薬師寺内は撮影禁止だそうで
お友達は わざわざ外から
撮影してくださいました。

薬師寺は 医薬の神様なので
お守り代わりに 持っていてね、
と嬉しい お心使い、
ありがたいお写真です。

大事に 携帯に保存しました。
ありがとうございます。




エジプト ピラミッド


もう一枚は エジプトからです。
友人ご夫妻が エジプト旅行中に ( 今まさに旅行中 )
お部屋の窓から撮ったピラミッドです。

お部屋からこの景色を見ていたら とても不思議なパワーを
感じたそうで すぐ写真に撮って 送ってくださったのです。

お部屋からこの景色が眺められるなんて 凄いですね。
現地に行ってなくても 荘厳な雰囲気伝わってきます。
雄大な時間も感じますね。
不思議なパワー! 私にもとどきました。

友人ご夫妻は 今頃は ナイル川クルーズで
優雅なひと時を過ごされていることでしょう。


本当にありがとうございました。
このありがたい2枚のお写真を 携帯電話に入れたので
今後の病院通いは 心安らかに行けたらいいな〜と思っています。


春の花アレンジ


さて 2月11日は 私たちの31回目の結婚記念日でした。

当日は 主人が午後に用事が銀座であり 娘は関西出張で留守
もう一人の娘は 連日の残業続きで 午前中は爆睡、息子は
一応?テスト勉強中という事で 家族で集まることはできないので
車で銀座に行く主人に同乗してお昼を二人で食べる事にしました。

東銀座 鉄板ダイニング 十勝屋地下にあります。


東銀座の歌舞伎座の向かいの交差点の角にある ビルの地下
鉄板ダイニング 「 十勝屋 」 で ランチコースを頂きました。

このビル 日乃出寿司があるビルで 前から工事をしていたのは
知っていましたが いつの間にやらこんな大きなビルに
生まれ変わっていました。

1階には群馬県のアンテナショップが入っています。

ランチコースランチ定食


鉄板焼きのコースは 入口横の カウンター席で頂きます。
この他ランチの定食もあり そちらはテーブル席で頂きます。

この日は1時半に予約しましたが カウンター、テーブルとも
たくさんのお客様が入っていて びっくりしました。
かなり認知されているお店のようです。

カウンターで鉄板焼きを食べる時は予約が必須のようです。

鉄板席11席前菜


カウンターメンバーは 皆さんカップルで4組 
一つずつ席をあけて また時間も 少しずつ差があって 
コックさんは大忙しでした。

シェフからの1品 1エビとつぶ貝


シェフの方が 目の前で焼きながら 十勝の食材について
説明してくれるので とても楽しくためになりました。

十勝牛ひれ 120gお豆のサラダ付き


このお肉は 120グラムもあり たっぷりの食べ応えです。

大きいですね〜 と感嘆していましたら シェフの方は
「 ( しかも )ヒレなんですよ! 」 と
嬉しそうに言っていました。

焼き具合は 私はミディアムレアをお願いしましたら
このお肉には それが一番おいしい焼き方だと
シェフの方は言っていました。
主人は ミディアムウエルダン でお願いしていました。

とっても柔らかく ジューシーなコクのあるお味で 
やっぱり ミディアムレアが 私には美味しく感じました。

付け合わせには 「 インカのめざめ 」 や紫のジャガイモ
などがでて とてもお勉強になりました。
( 紫芋はサツマ芋だと思って食べたら 何とジャガ芋でした。)
お肉には 3種類のたれと パキスタンのローズソルトと 
昆布を混ぜたお塩の 2種類のお塩が用意されていました。

この時期は 野菜などの調達が 十勝産では賄えないため
ほかの産地のものも使っていると言っていましたが 
基本的には 地産地消のようでした。

オムライス12


最後は オムライスです。
丁寧に四角に包まれたオムライスは 男性も喜びそうですね。

小豆アイスぐるなびクーポン 十勝ワイン


デザートはテーブル席に移って いただきました。
小倉の ( これも十勝産 ) アイスクリームでした。
本当に おいしく 優雅に頂きました。

これで 一人3500円です。 

スタッフの方も 丁寧な対応で いろいろと質問攻めの私に
よく付き合って下さいました。

帰りには ぐるなびクーポンを出して十勝ワインのミニボトルを
頂きました。

トカップです。

家に帰ったら何と 我が家の冷蔵庫に その頂いたワインと
同じワインの 中ボトルが入っていました。
お手頃の値段で ( もらっておいて 失礼ですね )
おいしいからと 娘が普段飲みに買ってよく飲んでいるそうです。
( 全く気付かなかった私。 )

お腹いっぱいの 素敵な記念日ランチになりました。

オキザリス


さて その後主人は用事をこなしに銀座の雑踏の中に消えてゆき
今度は 銀座に買い物に来ていた娘と 合流しました。

( こんな時 家族が多いと何かと重宝ですね )

向かったのは 銀座 NOLLEY'S のビルです。

以前私は オンワードの23区で洋服を買う事が多かったのですが
近くにあった23区のお店がなくなった事と 娘がこのノーリーズで
買い物をすることが多かったので 自然と私も ノーリーズ派に
なっていました。

その ノーリーズの本店が銀座にあります。

銀座ノーリーズ カフェフレディ2


このビルの地下にあるカフェ 「 カフェフレディ 」 に 
とっても美味しいフレンチトーストがあるというので 
早速行ってみました。
フレンチトースト好きな私は かなり楽しみ!

フレンチトースト12


これが フレンチトーストアイスクリーム付き 
Mサイズ 567円 ドリンク付き903円です。
おいしそうでしょう〜 
本当においしかった、 量もたっぷりあって かなり満足! 
ウマウマな ティータイムでした。
( でもこのカフェとても人気があるようで かなり待ちました )

丸の内仲通りペニンシュラホテル ロビーの天井


丸の内仲通りは 今もライトアップしていて きれいでした。
帰りに寄った 日比谷のペニンシュラホテルのロビーの明かり、
( 単に トイレを借りに寄っただけでした。 とほほ。。。)
とっても 幻想的で 綺麗でした。 

久しぶりに病院以外で 銀座に来たので いろいろと 
くるくる歩き回って お店ものぞけて とても新鮮でした。

グッチのお店の店員さんが 男性ばかりでびっくりしました。
以前もグッチは ドアマンの男性がイケ面さんで素敵でしたが
店員さんも 素敵な男性が増えていました。

その効果でしょうか? お店も結構混んでいました。 


楽しい 美味しい 結婚記念日でした。


暖かい日が続いたので クリスマスローズも 開花しました。
昨年友人からプレゼントされたクリスマスローズ。
今年もこんなに大きく咲いてくれて 良い春になりました。

クリスマスローズ


murakinoriko at 22:45|PermalinkComments(9)

2008年12月31日

今年最後のグルメ報告

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

ブータンにいらっしゃる mikiさんから カードを頂きました。
この建物は アマンコラの ( 昔は冬の間の首都だった )
ブナカにあるロッジの写真です。
 
mikiさまからのご挨拶カード ブータンより


綺麗な青空ですね〜
とても暖かそうですが 建物の横に咲いているのは
なんとポインセチアだそうです。
ポインセチアって こんなにも大きな木になるんですね。
地域が違うと 植の生育もこんなに違うのですね。 
びっくりしました。

アマンコラとは ブータンにある5つのロッジの総称で
このブナカは他の地域に比べて 冬でも比較的暖かい土地だそうです。
でも 今 mikiさんがいらっしゃるのは ガンテという標高2900m
の寒い地にあるロッジで 昨日は雪だったそうです。

寒い中での 年末年始のお仕事は 大変でしょうが
世界中の旅行者の 寛ぎの一時を提供しているmikiさんに
ますますのご活躍をお祈りしています。
 
来年の 「 世界ふしぎ発見 」 第1回目の放送がブータンで
アマンコラにも取材が来たそうですので 
皆さまもお時間がありましたら ぜひ mikiさんのお仕事場である
アマンリゾートを見てください。 


さて コメント欄で今年のご挨拶を済ませてしまった私ですが
今年の最後に まだ報告していなかった写真がありますので
ご紹介して 締めくくりたいと思います。


まずは蟹ですが この蟹 青いタグが付いているのです。
ずわい蟹 とか 松葉蟹と呼ばれている蟹ですが この青いタグは
津居山港(兵庫県)で水揚げされた 極上の蟹の証しだそうです。

ずわい蟹


どうしてこの蟹が我が家に届いたかというと 当たったのです!
わたし、皆様にはあまりお話していませんでしたが
かなりの懸賞マニアなのです。

そして時を同じくして もう一つ ビールも当たりました。

「 クリアASAHI  」 1ケース、 
なんと2万人に当たったんですよ〜 太っ腹ですね〜  嬉しい! 

で ビールを飲みながら おいしい極上蟹でかんぱ〜い!!!
なにせ元手は ネット接続代だけですからね〜

蟹プレゼント 当選!ビールも当選!


私の懸賞歴は もう30年くらいで ずっと以前は 
シコシコと 「 はがき職人 」 をしていましたが
この10年くらいは インターネットで応募できるものが多いので
いつも よさそうなプレゼントを探しては ポチポチと応募しています。
この蟹のプレゼントは 「 料理旅館日昇 」 のこちらです。
まだ間に合いますよ!

蟹青いタグ蟹


さて 実は この夏に 石川県 粟津温泉 「 のとや 」 の
宿泊プレゼントにも 当選しました。

これは メルマガの読者に 月に2組 宿泊プレゼントがあるのですが
いつも応募できる条件があって この月は 「 父子二人旅 」 が
条件でした。
このときは かなり応募が少なそうだと感じたので 私が精魂こめて
精一杯 応募コメントを 書きました。

おかげさまで 見事当選!

のとや 当選!いってきま〜す


お部屋123


飛行機で小松空港まで行き そこでレンタカーを借りて
2人で 久しぶりに のんびりと父子の会話を楽しんだのでした。

( と思いきや 特別これといった話はしなかったようです。
せっかくこっちが 渾身のコメントを書いて 当選したのにね〜 )

ロビー12


主人と息子は 以前はよく2人旅をしていたのですが
息子がクラブ活動が忙しくなってからは 思うように2人では
旅行することもかなわなくなり 本当に久しぶりの旅行でした。
主人はとても喜んでいました。 息子はどうだったのかしら?

金沢で評判のお寿司屋さん 「 小松弥助 」 でお昼を食べたり
松井秀喜ベースボールミュージアムに寄ったりして 
息子もそれなりに楽しんだようでした。

金沢 小松弥助お鮨12


松井秀喜ベースボールミュージアム12



私は 以前のはがき応募時代には 一度に100枚くらいはがきを
書いた事もありましたが  最近のネット応募では 1人1回と
決まっていることが多いので 当たるかどうかは全く運です。 
でも 主催者側が 丁寧にコメントを読んでくれる懸賞は 
一言感想を書いたりするそのコメントが ものを言うようです。

私は 暇にしているので コメントを書く時間はたくさんある訳で
その応募の会社の地域や商品にまつわる自分との関わりなどを 
ちょっとしたエピソードを交えて 書いています。
また 自分の不幸や恥部なども織り交ぜて 応募の動機をかくと
( これが効くのよね〜 ) 意外といいようです。
( でも病気のことは書いていないのよ。
だって それを書くと 病気に申し訳ない気がするので )

けっこう郵便受けを見る楽しみもあるので 
家族中の名前で応募したりしています。
家族には 覚えのない会社からメルマガが来ているよ〜 と
うざがられています。  とほほ。。。



さて 12月のお出かけ報告です。
まずはインターコンチネンタル東京ベイ 「 分とく山 」 です。

店内 1 サイトより2 サイトより



店内の写真は ホームページからお借りしました。

海が見えるベストなロケーションです。
お上品な店内 ちょっと緊張します。

実は その日に お友達が黒豆を持ってきてくれました。
みんなの分を きれいにビニールの袋に入れてきてくれたのですが
お豆って結構重いのか 出したとたん袋が破れて ころころと
テーブルの上に こぼれてしまいました。

分とく山 インタコンチネンタル東京ベイ黒豆を分けています


みなさんで ど、ど、どうする?
って焦っていましたら なんと それを物陰から見ていたのでしょう、
お店の方が この写真の緑の袋をさっと持ってきてくれて
「 よろしければ これをお使い下さいませ 」 ですって。
感激〜 素晴らしい、 ちょうどこんなぴったりの袋があって
早速みんなで お豆を分け合って この袋に収めました。

緑の袋に収まった黒豆は とっても極上品に見えました。
( もちろん 頂いたお豆も 丹波産の極上品でした )

( 今日 一日かかかって煮て 見事な黒豆ができました。 )

さて お昼の旬彩弁当です。

お弁当ランチ


2段重のぎっしり!


ふたを開けると。。。


お弁当の他に 分とく山の名物料理 「 鮑の磯辺焼き 」 を 
別注しました。
とても柔らかい アワビが 海苔の下にぎっしり!
おいしかったです!

落ち着いた雰囲気と さりげない気遣い おいしいお料理
今年の最後にふさわしい お友達との素敵なランチでした。

鮑の磯辺焼き中味デザート



クイーンアリスガーデンの 入口そばの個室です。

クイーンアリスガーデン


デザート室内


↓横浜スカイビルの 梅の花 

梅の花メニュー


茶碗蒸しとおから湯葉揚げと田楽豆腐サラダ


鰻のせいろ御飯(選択)炊き込みご飯(選択)デザート


毎年恒例の3組の夫婦での忘年会は 中華街の珠江飯店です。
お友達のご主人の計らいで この日は特別にメニューを
組んでいただきました
 
中華街 珠江飯店綺麗な店内1


2メニュー


可愛い茶器前菜くるみと鮑


紹興酒は 甕だしといって 大きなかめの中から 注いでくれます。
このグループは 皆さんお酒をずいぶんと飲む方たちなので 
この紹興酒をなんども お代りしていました。
これって 見るからに高価なお酒だと思いますが
いったいどのくらいするものなのでしょうか?
お料理も とても珍しいものが多く 大満足でした。

甕(かめ)出し紹興酒点心コーンのチャーハン


昔から知っている方たちとの会は 思い出話も多くて楽しいですね。
ご主人たちもそれぞれ お家の事情も知っているので
話は次から次へと発展して とても楽しい夜になりました。

夜の中華街元町中華街駅ホーム


もう一つの忘年会は いつも友人のおうちで開かれるものです。
4組の夫婦参加です。
こちらのご夫婦たちは グルメの方々なので 毎年珍しいものが
登場して 賑やかな食卓になります。

忘年会「いなり和家」いなりずし40個


私は 以前お友達から頂いた 「 いなり和家 」 の稲荷ずしを
持って行きました。
この 「 いなり和家 」 は 自由が丘の個人のお家で作っているもので
口コミでお客様が増えているとのことでした。
マスコミには出ていないのですが 芸能界などでお使い物にする方が
多いとのことです。

最近は いくつかの雑誌に載ったんですよ、と オーナーの方は
お話しされていました。
お稲荷さんは この季節は ごまとゆず ですが 私が頂いたときは
ごまとしょうが でした。

串カツ蟹のサラダハモンイベリコと洋なし(ルレクチェ)


↓はお友達から頂いた 谷中コーヒーと お父さん犬です。
顔出しオッケーの 外国のお友達は 一番お若いご夫婦です。
素敵でしょ?
ご持参の ハンガリーワインの 「 トカイ 」 は
美味しいデザートワインでした。

谷中コーヒー素敵なご主人とハンガリーのワイン 


今年も 無事、年末年始を家で迎えることができました。

昨日は お掃除を頼んでしまいました。
台所と 浴室 レンジフード 母の換気扇 閉めてで35900円でした。
1時から5時半までかかって とてもきれいにお掃除してくれました。

最初私は 業者の方に こんなに元気にしている私を見て
何か言われるんでは ないかとびくびくしていました。

「 奥さん これくらい自分でやらなきゃだめよ! 」 なんて
言われたらどうしましょう、と。

ただでさえ 私と主人 そのうえ父と母も 次から次へと何人もの
人が出入りしているところを見て こんない人がいるのに 
誰もやらないの? なんて思われるんじゃないかと。。。

「 仕事が忙しくて、忙しくて 」 ( うそ! ) とか
「 来年 入院するのよ、 だから 」 ( ホント ) とか
いろいろ答えを考えていましたが 全く私語はなく ただももくもくと
お仕事していただけて 業者の方には感謝しています。

綺麗になった我が家は 気持ちがいいですね。

来年は入院が決まっていますが この治療法で少しは延命ができそうで
なんとか 乗りきっていけたらと思っています。


先ほど 紅白歌合戦で 「 千の風になって 」 が流れていました。
入院中 ずっと同室だった 「 エルメスさん 」のことを
思い出しました。

安達祐実に似ている とてもお若い綺麗な方で やさしいご主人も
聡明なお母様も 仲の良い妹さんも いつも病室に来ていました。
私も仲良くさせていただいていましたが 外出する度に
プランタンでお買い物を楽しんだり 伊勢丹でエルメスのバックを
お買い物したり お母様はボリードの新作を持っていましたし
妹さんは 真っ白なエブリンを愛用したりと 
ご家族でエルメスを愛用している 素敵なリッチなご家族でした。

私の退院した冬に 亡くなったエルメスさん。

( ずっと以前のブログでも 書きましたが )
お母様は 「 お墓の前で泣かないでください そこに私はいません、
という歌が 流行っているけれど あの娘はそこにいるのよ、
だって いつもお墓に行くとあの娘に会えるのよ、」 と
泣いて お話されていました。

もう亡くなって3年たちます。

私は この歌を聞くたびに お母様の言葉を思い出して
切ない気持になります。

でも エルメスさんは 私のそばで 風になったり星になったりして
今夜も 会いに来てくれました。
こうして 何かの機会に ふと会えるなんて。。。 
ありがとう という気持ちでいっぱいです。

ANAインターコンチネンタル東京のケーキ


このブログを通じて仲良くさせていただいてる方達にとって
来年が 素敵な一年になりますこと 心からお祈りしています。
本当にありがとうございました。

こんな素敵な出会いがあって この病気も悪くはないね、
と思った一年でした。
素敵な出会いに感謝して 今年最後のブログにさせていただきます。
どうぞ来年もよろしくお願いいたします。



murakinoriko at 22:48|PermalinkComments(7)

2008年11月17日

クイーンアリス日吉 & 高尾山  「 うかい鳥山 」

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

11月初旬のおでかけです。

クイーンアリス


正面


東急東横線の日吉駅の 慶応大学の敷地に出来た 新しいビルに 
あの クイーンアリスが出来ました。

メインのお部屋角のお部屋


10月の中頃 東横線でお出かけの時に 駅のホームの広告に 
「 クイーンアリスオープン! 」  と出ていて びっくり、 
それにウエディングも出来るって書いてあり またまたびっくり!

それまで全く知らなかったのです。
慶応大学の新しいビルに クイーンアリスができるなんて。
その名も「 クイーン・アリス ガーテンテラス日吉 」

私たちの個室テーブル


その日、駅のホームで クイーンアリス開店に気がついてびっくりして
いたら 地元のお友達からメールが入り
「 クイーンアリスが出来るって知ってる? 」 と。
私も 「 今、駅で広告見てびっくりよ! 知らなかったわ〜 」 と。
それが お店の出来るほんの2週間くらい前の出来事で、
それで すぐその友人が 予約をしてくれました。

ランチ1、2800円ランチ2、4500円税サ込み飲み物800〜900円税サ込み


実は開店の日に お店の様子を見に 主人とクイーンアリスの入っている
新しいビルを ぐるっと見てきたのですが 
( 他のお店や スポーツクラブなども入っている複合ビルです )
ちょうどその時に 店長さんがお店の前にいらしたので 
私たちは 少しお話を伺うことができました。

その日は 主人と二人で ウォーキングをした後だったので
私は全身ユニクロルックで 靴はABCマートという 何とも 
クイーンアリスには全く似つかわしくない服装をしていましたが 
( この日だけでなく いつもユニクロルックなんですが。。。 汗 )
幸いにも 主人と一緒だったので こんな夫婦でも もしかしたら
お店に来るかもしれないと思って お話をしてくれたのでしょう。

いろいろと開業までのお話を伺うことができました。

柿とリコッタチーズ栗のスープ


その時に 私が店長さんに 
「 数日後に予約してありますので 行きますね 」 とお話しましたら 
店長さんは 「 それまでに 僕は少し痩せてお待ちしていますね 」
と言っていました。 
店長さん、ちょっと (かなり) 恰幅の良い方で。。。

それで 開店4日目に行ってきました。
( 店長さん、痩せていなかったけれど )

お昼は 2800円と 4500円の2コースです。
( 選ぶ種類によっては 追加のお値段のものもあります )
嬉しいことに 税、サ込みなので まるっきりこの値段のまんまです。
( 注 現在は 3300円と4400円の2コースです
 H21,1月 記 )

お店のスタッフの方は みなさん優しい方で いろいろと詳しく店内の
案内や メニューのことなど説明してくれました。
店長さんもご挨拶に見えてくださり またいろいろなお話を
うかがうことが出来ました。
 
私たちは2800円のコースでしたが 
( 他のお客さまも2800円のコースの方が多いようでした。 )
私はお肉を選択したので かなりおなかいっぱいになりました。
お魚の方は 程よい量だったようです。

メイン選択、 豚白身魚のミルフィーユ


これからの季節 ( この辺界隈は 学校が多いので )
保護者会が多いので その日は もうすでにランチは予約でいっぱい
と言っていましたが 反対に 夜は 予約なしでも大丈夫とのことでした。
値段設定も ほかのお店よりは 心持ち リーズナブルなようでした。

また季節が変わったら 行きたいな〜 と思っています。

イベリコ豚の中は…デザート


秋の優雅なランチでした。


さて もう一つ 秋の優雅なランチです。
11月の中旬 紅葉にはまだ少し早い時期でしたが高尾山に行ってきました。
正確には 高尾山に行ったのではなく 「 うかい鳥山 」 に
行ってきました。

紅葉2


私が、高尾山に行くと 何人かの方に言ったら 皆さん口をそろえて
混んでるらしいわよ〜、 と。
それもそのはず 高尾山は 2007年度の 「 ミシュラン観光ガイド 」 で
三つ星を獲得しているのです。
( 「 山 」 として獲得したのは 富士山と高尾山だけのようです )

うかい鳥山


混んでるよ!コールにもめげず、 決行しました。 
何度も言うようですが 私たちは高尾山に登るのではなくて
あくまで 「 うかい鳥山 」 にご飯を食べに行くのですから。

当日は寒い一日で 小雨も降っていました。
風邪をひいては一大事!とばかり 相当な厚着をしていきましたので
寒さ対策はばっちりです。

私は 高尾山ルックで参りましたら お友達の皆さんはお出かけルック!
わ〜 私ひとり こんな恰好で恥ずかしいわ〜
そうですよね〜 渋谷駅経由なので 少しはキチンと感をださないとね〜

そんな中に 私ひとり ダウンのコートに またしてもABCシューズ
( これは滑らないようにと思ったんですよ )
でも 電車の乗り換えの時に 何度か走ったので やっぱりABCで
よかったわ〜 と思いました。

バスをおりるとこんな景色です


さて高尾山の駅に着くと うかい鳥山の送迎バスが待っているのですが
駅前は事前の皆さんの助言の通り、 なんと大混雑! 
送迎バスにも女性がいっぱい! 乗りきれなかったほどです。
( 送迎バスは大型バスなんですよ、補助席も使っても満席 )

10分ほどで うかい鳥山に到着です。
到着したところから見る景色は ↑の写真です。
空気が凛として すごくおいしい感じです。

入口お庭


まず受付のある棟に案内されて 順番にお部屋に通されます。

受付の待合室の外で いく人かの男性が とても美味しそうに 
たばこを吸っていました。
ガラス越しに見えるその方たちは こんな空気のきれいなところでの一服は 
さぞ美味しいんだろうな〜、と思わせるような吸いっぷりでした。

受付受付横


待合室売店


さて私たちの お部屋への案内です。
こんなお庭や川を渡って 幾筋にも小道が伸びて それぞれの小道の先には
離れの個室がいくつも 点在しています。

この離れは 全部で40棟くらいあるそうで 私たちは1棟の離れでしたが
何部屋かつながっている離れや 大きい合掌造りの建物など いろいろと
人数に応じて お部屋があるようでした。
 
こんな道を通って橋を渡って


私たちのお部屋に到着です。

2面にわたる 開放的な大きなガラス窓。 
眼下には 渓流が流れていて ちょっとした野趣あふれる趣きです。
もう一つの面にはちいさな明かりとりの窓 もう一面は にじり口のある引き戸
真ん中には 堀炬燵形式のテーブル その下には 暖房が、 
畳にも床暖房が 入っているようでした。

離れのお部屋


お部屋12


この日は 小雨模様の一日でしたが お庭の木々や 踏み石など
かえってしっとりとした風情があって 意外によかったです。
ちょっと お忍びで来たいような雰囲気でした。
あれ〜〜〜 クルクル、???

ごま豆腐海老芋の煮物


お料理は 4730円から8400円まで 8種類もあるんです。
たぶん昼 夜 同じメニューかと。
それで メニューのお安い方から3つは 特選鶏の炭火焼が
お高い3コースには 和牛の炭火焼がついています。
あとはほぼ同じで お刺身がついていたり デザートがあったりで 
さほど値段の差を感じるくらいの 内容の差がないようでしたので
一番お安い 4730円 + サービス料の 「 瀬降り焼きコース 」
にしました。
( といっても やはりお昼にしてはお高いですね、鶏肉だし。。。 
つまり 建物やお庭の景観代 プラス 送迎代 ということですね。 )

キノコ汁炭火が入ります


コースの内容は こちらからどうぞ !
鶏の炭火焼と ネギ ししとう は 自分で焼きます。
焼き方については 係の方から詳しい説明がありますので大丈夫。 
でも焼いてみると 以外と難しく ( 火力が強いのか 焦げてしまい )
みんなで あれやこれや試行錯誤しながら 楽しく焼いていきました。

特選鶏炭火焼


皮から焼きます裏側もよく焼いて


鶏肉もとても大きいのが一人2串もあったし 先に出てきた 
大きな海老芋の煮物も 本当に大きくて( 手の握りこぶし大 ) 
これで結構おなかも一杯になりましたよ!

↓そのあと 岩魚の塩焼きは 焼いたものを持ってきてくれます。

岩魚の塩焼き麦とろ御飯クーポンの山葡萄のシャーベット


最後の御飯は 麦とろです。
とろろがおいしくてお代りをしてしまったくらいです。
おなかいっぱい!

お友達が 何とクーポンを見つけてきてくれて 山ブドウのシャーベットを
頂きました。
ですので このお安いコースで大満足!

帰りには お庭をぐるっと散策しました。
お昼に到着して 3時50分の送迎バスで 高尾駅まで帰りましたので
4時間ほど滞在して かなりゆっくりできました。
お時間の許す限り のんびりしていてもいいようです。
一眠り出来るくらいでしたよ。

帰り際にお庭の見学


お部屋には 先ほども書きましたように 床暖房も入っていますので
全く寒くはありませんでした。
そのうえ 炭火が入ったので 鶏肉を焼いているときは もう暑い、暑い!
汗だくになりました。

私は モヘアの入ったケーブル編みのタートルのセーターを着て行ったので
いつも汗などかかないのに この日は 汗みどろになってしまいました。
お友達が私の手を触ってくれて 今日は暖かい手をしているわね、 と
言ってくれたほどです。

いつもは まるで血の気のない 冷た〜い手をしているんです、私。
ちょっとした瞬間に 私の手を触った人は 皆さん一応にびっくりするほど
冷た〜い凍えた手をしている私が、 汗ばんだなんて久しぶりです!

紅葉お庭1


この日は 紅葉は まだ始まったばかりのようでしたが 
真っ赤に色着いたら さぞきれいでしょう。 
ライトアップもあるそうですよ。

また季節によっていろいろと趣も違うようで 6500坪のお庭には
春の桜 花しょうぶ、 夏のホタル、 秋の紅葉、 冬の雪景色と
季節ごとに 思い出に残る一時が過ごせそうです。

岩魚を焼いているお庭2


お庭の中ほどには 岩魚を焼く東屋があって この日だけでも1日
200〜300匹焼いていると 係の方が言っていました。
お客様は多い時で500人にもなるそうで 団体でのバス旅行で
訪れる方も多いようです。

越中五箇山から移築した合掌造りのお屋敷には 100名程入れるようで
結婚式なども執り行われるそうです。

紅葉の走りを味わえた なかよし秋の集いは おなかいっぱいで
終えることができました。
家を出てから お店までは ちょうど2時間でした。

紅葉


murakinoriko at 17:13|PermalinkComments(8)

2008年09月22日

秋の横浜グルメ & 世界旅行博覧会

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

秋の和菓子


お友達に頂いた 秋の和菓子です。
可愛いウサギは ウサギ年の友人が下さったもので 鶴屋吉信製です。
マスカットのお餅は 東神奈川の和菓子やさん製で
季節ごとの果物が入っています。 春はイチゴがありました。
どちらも 秋の午後に お茶と一緒に おいしく頂きました。


さて 私は 一時期 検査検査の連続だったことと 夏休み中だった
こともあり 大好きな お出かけは控えていましたが 最近ようやく 
仲良しさんとのお出かけも 少しづつですが再開して来ています。
そんな最近の 秋の横浜グルメです。

スカイビル、サラダランチ1050円ワッフルは食べ放題


↑は 横浜スカイビルの マザーリーフです。
このマザーリーフは 以前も紹介しましたが 東銀座にもあり 
一人でも 恥ずかしくなく入れる 私のお気に入りカフェです。 
横浜スカイビル2階にもあり 旅好き3人組でランチをしてきました。

ランチは パスタ、 サラダランチがあり 1050円なのですが
なんとおいしいワッフルが 食べ放題、 最初に一人4枚付いてきますが
後から追加OKで 私たちは いつまでもいつまでも 何枚も何枚も
食べ続け おしゃべりし続けていました。
クーポンあったのですね、 今気がつきました。

↓は そのお友達の一人が 作っている ナンタケットバスケットです。
すてきでしょ?

ナッタケットバッグ123


目もすごく細かくて バリ島の アタバックに似ていますね。
彼女は この日の3、4日後には このバッグの講習とお免状を取りに 
アメリカのボストンから飛行機で行くナンタケット島に 旅立って行きました。
その講習を終えると このバックを教える先生になれるそうです。

手間がかかるので とてもお値段は高いのよ、と友人は言っていましたが
「 籠のエルメス 」 と言われているとは、 はじめて知りました。


横浜スカイビル ミクニ


さて このモダンな空間のレストランは 同じく横浜スカイビルの29階
「 ミクニヨコハマ 」 です。

平日限定の レディスランチ 2625円をいただきました。

私は 以前は目をつぶっても歩けるほど 横浜通?だったのですが
( というか 横浜は 以前は今ほどお店の変遷が激しくなかったので )
お引っ越しをして以来 横浜に行く回数と 東京に出る回数が逆転して 
そのうえ 病院の関係もあって 出かけるのは東京方面が多くなってきたので 
スカイビルが 昨年の秋にリニューアルしたのも全く知らなくて 
浦島状態の私でした。

お豆腐料理で人気の 「 梅の花 」も 出来たのでそちらに行こうかしらと
思いましたが 12時すぎていましたので お店の方に 1時間待ちですよ、
と言われ お隣にある 「 ミクニ 」 に入ったのですが 
店内に入ったら まぁ びっくり! すてき! 大正解!

今までも スカイビルにミクニはあったのですが 店内はプロバンス風の
明るい黄色を基調としたインテリアでしたので 今回のリニューアルでは
まったく別のお店のようになっていました。

新しい 「 ミクニヨコハマ 」 は 全く東京に来てるみたいに
シンプルで スタイリッシュで すっきりとした 大人のインテリア!
大きな窓からは 横浜一望で すてき〜

レディスランチ12


おいしい〜
とっても美味しくいただきました。
食器も素敵だし 何よりスタッフの皆さんが 中年の男性で、
スーツをきちんと着て 礼儀正しくて 知識も豊富なのです。
本当に 満足 満足! 久しぶりに誰にでも勧められる
おいしいレストランに出会えました。


可愛いでしょ? このデザート!
今まで食べたこと直ない食感の ゆずのアイス?、ミントのゼリーつけ? 
( 忘れてしまいました )
みたいな おいしい、おいしいものでした。

心なしか お客さまも 大人の方が多かったような。。。

デザート



次は 横浜中華街です。
以前もご紹介しましたが オーダーバイキングの 「 大珍楼 」 です。
最近は なんと 予約ができるようになったとかで 敬老の日のお祝いに
8人で行ってきました。

以前は 夫婦2人で行ったので ( そのうえ土曜日だったので )
二人で6千円近く支払って たいして食べられず ちょっとその醍醐味を
味わうことができなかったので 今回は 大人数だったので
私の中では いやがうえにも 期待が膨らみました。
 
横浜中華街


大珍楼新館豪華な入口


大学生2名を含む 大食漢揃い。
メニューはどれでも 2,3人前ですので とりあえず2皿つづ注文
しました。

店内テーブル


えびと青菜の炒め物


食べる、食べる、 ↑芝エビと野菜炒め。
↓ 北京ダックは かわは 人数分頼めます。
えび蒸し餃子、帆立の蒸し餃子、小ロンポウ、
小柱のチリソース(うまうまでしたよ)、牛肉とピーマン炒めです。

このほかにおいしかったのは マーボーナス 鶏肉とカシューナッツの炒め
などなど 麺も炒飯もふかひれスープも すべておいしく頂きました。
デザートも しっかり 全員いただきました!

1234


やはり大人数だと いろいろな種類がいただけて お得ですね。
黙っていれば 豪華な店内や おいしいお料理で 2380円なんて
絶対思わないはずですよ。 ( しかも税込み )

今日は 私がおごるわ〜 なんて言えそうですね。

飲み放題も1500円で付けられますよ!
昼も夜も同じ値段で、2時間制、 土日は2880円になります。

ぜひご家族で どうぞ!
ごちそうさまでした!

食べ放題2380円休日は2880円



さて 9月は 好例の 「 世界旅行博覧会 」 です。
今年もビッグサイトに 行ってきました。

東京ビッグサイトから


世界旅行博世界旅行博


昨年より 少し規模が小さくなっていてホッとしました。

なぜって つい先頃 ビッグサイトの西館の 吹き抜けを上がる 
エレベーターで事故がおこりましたよね。

昨年はちょうどその場所が会場で 1階と4階と 会場が二つあって
行き来に大変だったので 今回は東館1フロアーだけだったので助かりました。

入場口は空港仕様ファーストクラス


会場入り口は 空港仕様です。
なんだか 海外旅行に出発するようで ウキウキしますね。

入口を入って 真正面は 「 シンガポールエアライン 」 のブースです。
今回の目玉! 話題のA380の ファーストクラスの席が展示してあります。

ファーストを超えたクラス 「 SUITES 」 だそうです。
さっそく私たちも並んで ファーストクラス体験です。

ファーストクラス個室


きれい! シンガポールエアラインの 客室乗務員の方々は
本当にきれいです。
この方たちは日本人ですが お化粧の仕方や皮膚の質感などが
エキゾチックですね〜
女子の私でも くらくら〜

男子一人で 来ている方も多かったのですが 皆さん スッチーとの
2ショットを カメラで撮ってもらっていましたよ。
これはびっくり! 
これって、この手のマニアたち(飛行機オタク)には 常識ですか?

ビジネスクラスビジネスクラス シート


ビジネスクラスも 広いのです。
席幅は 1.5人分くらいあって 素晴らしく心地よさそうでした。
ファーストクラスが個室なので ちょっと圧迫感があるのでは
と思っていたので 私には こちらのほうが よかった気がしました。

ファーストクラスのワイン、食器ビジネスクラスのワイン、食器


それぞれのクラスで提供される食器やワインなども 展示してありました。

さて 客室乗務員の方に 前から聞きたかったことがあったので
今回 ちょうど聞くことができました。

それはシンガポール航空の 客室乗務員の面接時に うなじを見せると
いう試験があるということを うわさで聞いていたので 本当かしら?
と思った事です。

そのことを質問すると 思わず ニコッとわらって
「 そのようなうわさがありますが うなじを見せるという
目的の面接はないのですよ〜 それは噂ですね。。。 」
とのお答えでした。

「 でも 制服を着る試験がありますので その時に髪をアップにするので
そのことを言っているのでしょうね。 」 とも。

やっぱり!!

私が聞いた噂では
最終面接の時に あの制服を着て 髪をアップにするというパフォーマンスが
あるので そこで試験官がうなじを見て それが合否の判断になるらしい
という事でした。

どちらにしても 今日のこの客室乗務員の方々の髪の毛は 
おミズ(失礼)のように しっかりとアップしていましたので 
もしかしたら うなじは 必須条件なのかもしれません。
だから やはり面接での 制服着用の時に 面接官は
うなじをチェックしているのかもしれませんね。

その場にいた客室乗務員の皆さんのうなじは それはそれは 
綺麗でしたから。。。( こだわっていますね〜 この話題に、私。 )

聞くことがあるって言っってたけど なに?それ?
そのことだったの? と主人はあきれ顔でした。

客室乗務員の方は そのほかにも この機体は 日本から
シンガポールへ 1日1便、午前便に運行していること 
帰りも 1日1便飛んでいて シンガポールから ロンドン行きなども 
この機体で運行しているなど スケジュールを教えてくれました。
どちらにしてもツアーではビジネス、ファースト共扱っていないようでした。

お高いので 私は 乗る事はないでしょうけれど 
2つのクラスに 座ってみることはできましたので 大満足でした。

おまけに 小さく折りたためる結構しっかりした 黒いバッグを
お土産にいただけたので シンガポール航空のファンになってしまいました。

( ↓これじゃないのよ〜
これらはファーストクラスに乗らないと もらえません 悲 )

ファーストクラス、アメニティ フェラガモ


私たちの今回の旅行博の目的は このファーストクラス体験だったので
これで 第一の目的は達成され 後は アジア圏をのんびり回りました。

ドバイドバイブース


ドバイのブースでは 商談中のご様子の男性方が。。。
テーブルには懐かしいデーツのお菓子があったので くださいな、と
お願いしたら もちろんいいよ、って言ってくれたので お言葉に甘えて
3粒いただいきました。

マカオには カフェができていました。
入らなかったけれど エッグタルトなどあったのかもしれませんね。

ブータンも 立派なブースを出していました。
バンコクまで 自分で手配して来たら その先ブータンまでの飛行機と
ブータンのホテル 観光ガイド 送迎など 手配できますので
メールください、と スタッフは言っていました。
ブータンの人のお顔は まるで日本人でした。

マカオブータン


インドネシアのブースを通りかかったら 立派な紳士が 私たちめがけて
名刺をもって やってきました。

何かと思ったら リタイヤ後の人生を インドネシアで 
ロングステイしないか? というお誘いで下。

3年とか5年とかで ビザを手配するのでその時は 自分に連絡して
ください、とのことでした。

えぇ〜 私たち、もう ロングステイ?
そんなふうに見えるんだ〜
ちょっと ショック!!

でも 私には 海外で ロングステイなんてできないのよ〜
ごめんよ、おじさん!
( このセリフ、台湾のマッサージの薬売りのおばさんに言ったのと同じ )

ノースウエスト


ハワイ旅行で乗った ノースウエストの カプセル型ビジネスシートの
体験もやってました。

↓の写真の左の黒い A380のバッグが シンガポールエアラインで
もらった すぐれもののバッグです。
今回は 全体的に エコバックのお土産が多かったです。
HISのエコバッグは生地が薄くて ぺらぺらだったけれど
JALパックの エコバッグは 生地がしっかりしていました。
( だから何? って )

お土産


クイズコーナーや 抽選会は あまり参加しなかったので
( とても混んでいましたし 事前に参加券が配布されていたので )
今回は 何にも当たりませんでした。

1000円だして ボールペンくらいじゃ元が取れないけれど。。。

JALのアンケートに答えたら 「 うどんですかい 」 をくれたのですが
ブースの奥のほうに 主人の大好きな 「 スカイタイム 」 が 
ちらっと見えたので あれ ( ゆずジュース ) も欲しいのですが、
といったら 2本くれました。

厚かましいですね、私。
これで 元がとれたかしら?

でも 規模が大きくなると すべては回ることは困難ですね。
お土産や抽選ではなくて 自分の行きたい所をチェックして 回らないと
ただただ動き回っているだけで 満足感はないかもしれません。

横浜の パシフィコで催されていたころのほうが なんだか楽しかった
ような気がしました。
私にとっては ビッグサイトって 遠いしね。
電車で行くには不便なので車で行ったけれど 駐車場代もばかにならないし。
今回は 早めに切り上げたけれども 4時間もいました。
でも もっといたい気分でした。

ってことは やっぱり楽しかったのですね。 



さて 主人に 執拗に 夏休みはいつとるの? と聞きまくっていた私。
夏は忙しいから取れないよ、って 言われていたのですが 
秋になったので いつもいつも 「 どう?どう? 」 って聞く私を
哀れに思ったのでしょう、 
しぶしぶ主人が ( 短い ) 夏休みをとってくれました。

↓に行ってきます。

このプールは?


プール1
写真は JTBからです。
インフィニティプールです。
写真は 美しすぎますね。

では行ってきます。

murakinoriko at 13:53|PermalinkComments(10)