クイーンアリス日吉 & 高尾山  「 うかい鳥山 」箱根紅葉旅行 仙郷楼 「 別邸奥の樹々 」  散策 〜 夕食

2008年11月27日

箱根紅葉旅行  おそば 「 かわ嶋 」  〜  仙石原 「 仙郷楼 」

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

御殿場 紅葉


暫くの間 更新を怠っていまして 皆様にはご心配をおかけしました。
用事が立て込んでいたり 病院に行って治験を申し込んだり 
めまいのせいで少しの間 調子を崩したりと 色々忙しくしていました。
でも 今は だいぶ元気になりました。

そんな中 11月中旬に 家族3人 + 父母との5人で 
箱根の仙石原に紅葉を見に 1泊温泉旅行に行ってきました。

入口アプローチ


最初のきれいな紅葉は 御殿場でお昼ご飯に寄った 「 かわ嶋 」という
お蕎麦屋さんの お庭の紅葉です。

かわ嶋


広大な敷地のなかに 何棟が建物があって その中の一つが
お蕎麦屋さんになっています。

他の棟には 洋食のダイニングもあるそうですが すべて予約制に
なっているようです。
こちらのお蕎麦屋さんも お昼のみフリーで やはり夜は予約だそうです。

入口かわ嶋 お子様は入れません


遊季庭 「 かわ嶋 」、 中学生以下は入れません。
たたずまいの割には お得なお値段設定!
嬉しいですね。

男性陣は かき揚げそば 1300円
娘は かわ嶋膳 1600円
私と母は 割りこそばを 2人で分けて頂きました。
( 5人で 4つしか頼まなかったけれど 全く問題なかったです )

メニューかき揚そば


かわしま膳割りこそば


お部屋は3室あって テーブル席のお部屋、 お座敷のお部屋 
そして 私たちが通された お庭に面したカウンターのあるお部屋です。

カウンター席の下は 足が伸ばせるようになっていて その中は
ホットカーペットが敷いてありましたので 暖かく過ごせました。
大きな一面の窓からは 見事な紅葉が眺められ お客様もあまり多くなく 
従業員の方達も素朴な方達で 落ち着いてお昼ご飯をいただけました。

カウンターのお部屋御座敷のお部屋


お部屋の窓からお部屋の窓から2


お庭が広いので 散策できます。
木々の葉っぱが色づきはじめていて きれいな秋の午後です。

店内は禁煙だったのですが 入口の横に 灰皿の置いてある長椅子が
あったので タバコ好きな父に ここで吸ったら? と私が言いましたら
父は聞こえていないように知らん顔をするので それならいいや〜と
私達は広大なお庭を のんびりと散歩していました。

タバコに関しては 父は 聞こえないふりをするんです。
なぜかと言うと 父がタバコを吸うことを 母が禁止しているので 
( 吸うと父に喘息が出るので )
たばこの話題に触れられたくないようなのです。

暫くして そっちを見ると なんと ちゃっかり父は美味しそうに 
その長椅子に座って タバコを吸っているではありませんか。
父は最近耳が遠いといってますが 本当は聞こえないフリを
しているんじゃないかしら?と 私達は思っています。

窓辺秋の色


今から3,4年前に 父が お医者さまに 
「 肺に良く効くいい注射があって それを打つと5年長生きが出来る、
その代わり保険がきかないので 自己負担になるが打ってはどうか? 」 
と言われたというのです。

( 父の話なので 信憑性はありませんが こんな感じの話でした )

もともと父は 自分に都合のいい話は 1,5倍くらい大げさに言う
性格で 母もこれまたB型で 気楽な性格なので 2人で話しているうちに
このような長生きできる注射、などどエキサイトしていったようです。 

母が 父の肺は 真っ黒だから ( ずっとヘビースモーカーなので )
この際 お金がかかってもいいからそれを打ってもらおうと言い、
一体いくらくらいするのかね〜 と私に聞いてきました。

私は 「 え〜 そんな言い薬があるの〜
たった1本注射をすれば 5年長生きできるなんて 信じられないよ〜
私にも打ってほしいよ〜
だいたい そんな注射があるなんて聞いたことがないよ。
あったら みんな打ってるはずだよ〜 
お父さんが また大げさに言ってるんじゃないの? 」

と 期待に胸躍らせている老夫婦に向かって 私は 残酷なセリフを
ビシバシ投げつけていましたが それを聞いていた主人が

「 本人がそう思っているんだから 打ったらいいじゃないか? 
打たせてあげればいいよ 」 と言うんです。

( 何だか 怪しい薬の話のようになっていますが )

そこで 私が 「 たぶん 高くても10万円くらいなんじゃないの〜
お母さん達 最近、お金使ってないから そのくらいで長生きできるなら
打ちなさいよ 」 と勧めておきました。
( 所詮 老夫婦のお金だしね。 私が払うわけじゃなし。。。 )

そして お医者に行って 打ってきたんです。
5年長生きできる 肺に効く注射と言うものを…

みんなで 一体いくらかかったんだろうと 興味津々できいた
注射のお値段は なんと 6千円でした!

「 や、安い! 5年間で6千円だなんて、 いいね、その注射。
わ〜 じゃ 何回も打ってもらえばいいよ〜 」 と私。

こんな感じで 3、4年前に 家族で笑いあったものでした。

父は この注射をしたことで すっかり自分の健康に自信を持ったようで
一時は禁煙をしていた父も それ以降 咳をしながらも 
隠れて 再びタバコを吸っています。

が、 すこぶる元気なんです、 86歳になります。

やっぱり その注射、効いてるのかしら?
その日も美味しそうに 私達に隠れて こそこそと何度も吸っていました。

( 調べてみましたら そのワクチンは 
肺炎球菌ワクチンというもののようです )

お庭の紅葉お庭


綺麗な紅葉のお庭のある 「 かわ嶋 」
御殿場にいらしたときには ぜひ寄ってみてはいかがですか?
大変美味しいお蕎麦屋さんでした。


さて 御殿場から 乙女峠を通って 箱根の仙石原に向かいます。
本日のお宿は 仙郷楼 「 別邸 奥の樹々 」 です。

入口1仙郷楼入口2


仙石原の 「 仙郷楼 」 は お宿の前にバス停もあり 車ではよく
前を通っていましたが 今まで泊まったことはありませんでした。

最近箱根は お湯が透明な温泉が多い中 この仙郷楼は 白濁温泉なので
たまには いおうの白い温泉に泊まりたいという娘の希望で 今回の宿泊は
こちらのお宿になりました。

きれいに手入れされた長いアプローチの先に 大きな本館の建物があります。

仙郷楼への道仙郷楼 本館


本館から 転げるように係の方が出て来てくださり 車のキーを渡します。
左を見ると 今回お世話になる 別邸の入口があります。

別邸に泊まると この門のすぐ横に車が停められるようです。
( 本館に宿泊の方は 下の方に駐車場がありますが たぶん係の方が
停めて来てくれるようです )

別邸への門別邸 奥の樹々 入口1


奥の樹々 入口玄関を入ったところ


仙郷楼の 別邸 「 奥の樹々」 は 新しい建物の中にある全6室のお宿です。
門をくぐるとまっ白い玄関があり そこを入ると 目の前のガラス越しに
箱根の金時山がくっきりと見えます。

館内は 白木とガラスの センスのいいすっきりとした和風のインテリアで
入ってすぐの 広い畳の間が ロビーのような感じで広がっています。
( こちらは 別に何をする部屋でもないようです )

長い廊下をいくつか曲がって たどり着く一番奥のお部屋が 
私たちのお部屋 「 山栗 」 です。

奥の樹々の ロビーのようなところ一番奥の 「山栗」のお部屋


5人で泊まれるお部屋は この別邸の中には3部屋しかなく 紅葉の時期は 
なかなか空きがないのですが たまたま娘がホームページを見ていたら
つい昨日までは満室だったのに 何と 広いAタイプのお部屋が突然
空いていたので 即クリックしたわけなのです。

お部屋に入ったところの廊下本間


副室からベランダを見る本間から副室を見る


畳敷きの広い廊下を進むと 10畳の本間と 隣に同じく10畳の副室
その2つの部屋に続いて お庭に面して畳が横に7畳並んでいます。
ですので 障子を開けると27畳の広々とした空間が広がっています。

そのほかに 本間の奥に書斎風の小間 副室の隅にも お化粧の間が
あり テレビは 本間 副室それぞれにあります。

たたみ敷きの広縁長い濡れ縁



お庭に面しては 板張りのこれまた長い廊下が続いていて
この廊下は 露天風呂まで続いています。

濡れ縁の先には お風呂が露天風呂



客室露天風呂は 外廊下からも お部屋の副室からの廊下を通っても
行けます。

お風呂は 3,4人はゆうに入れるほど広い湯船で 白く濁っている
お湯が かけ流しで あふれ出ています。

お風呂の周り2面が 障子になっていて それを開けると 
お庭が見える気持の良い オープンな露天風呂になります。

露天風呂



おふろからの景色12


客室露天風呂


こんな感じで お風呂は眺めの良い紅葉の山々を見ながら入れます。
向かいの山は金時山だそうです。
お庭に大きくそびえるのは 栗の木だそうで このお部屋の 「 山栗 」
という名前も それに由来しています。

他のお部屋の名前も そこから見える木々の名前になっているのだそうです。

お風呂から客室を見る


お庭の景色見上げると紅葉が


洗面台は2台あり 内湯は 大きい真っ白なジャグジーになっています。
5人泊まれるお部屋なので トイレも2つ お部屋も広々 お庭も広くて
眺めが一番良いお部屋ですよ、 とお宿の方が言っていました。

洗面台室内のお風呂はジャグジー


水や浴衣の用意


別邸のお客様は 2時チェックインで 本館は3時チェックインなので
本館のお客様で混みだす前に 本館のお風呂を楽しみに行きました。

お宿全体の敷地も大変広いということで 本館のお風呂の後 
お庭散策に回ろうと 皆でお部屋を出ました。

夕暮れが始まろうとしている本館に 明かりが入り たそがれたその風情は
何とも言えない 味わいを感じさせました。

お天気の良い秋の一日が 終わろうとしています。

夕暮れの本館


murakinoriko at 23:59│Comments(6) 箱根 紅葉旅行  「 仙郷楼 」 

この記事へのコメント

1. Posted by SEALOVE   2008年11月28日 00:40
めまいですか?今はお元気にしてらっしゃいますね?よかった!

ダメですね〜また夜更かしですね。ご家族に見つかりますよ!

私の父も耳が遠いんです。
補聴器も買って持っているんですが、
年寄りくさい!とか言ってしまいっぱなしなんです。
十分年寄りなのに。
まあ都合のいいことだけ聞こえて、
都合の悪いことが聞こえないなんてなんて幸せなんでしょう。
耳の遠い人は長生きするっていいますものね。
ご両親様はいつもお孫さんとご一緒に
旅行に行かれてお幸せですね!
私も親孝行しなくちゃと思います。

箱根は近くて大好きなので
御殿場のおそばやさんも訪れてみたいです。
仙郷楼は前を通ったことがあるような…こんなに広いんですね!
こんな高級旅館には泊まれないので、見学だけ出来るかしら?
寒くなると温泉行きたくなります。

外は冷たい雨が降っています。
お風邪など召しませんようにお気を付けくださいね。

2. Posted by miki   2008年11月28日 13:54
体調を崩していらっしゃったとのこと、
お大事になさってくださいね。
温泉でのんびりとして、もう回復されたかと思います。
やっぱり和風の宿はいいですね。
見ているだけでも落ち着きます。
そして温泉!ブータンは高地で冷え込むので温泉が恋しいです!
救いは毎日(シャワーではなく)お風呂に入れること。
これが無かったらやっていけないかも。

お蕎麦もおいしそうですね〜。食べたい!
この間までお蕎麦の産地ブムタンにいたので
農家でそば粉を分けてもらいました。
時間が出来たら蕎麦を打とうかと思います。
やったこと無いので不安ですが、
無いものは自分で作るしかないですね。

お父様もお元気で何よりです。
ワクチンを打って「自分はもう大丈夫!」と
お思いになられたのでしょうね。
何よりもそのポジティブな気持ちが元気の秘訣かと思います。
3. Posted by 紀子   2008年11月29日 00:34
SEALOVEさま

今日もこんな時間になってしまいました。
とほほ。。。

家族が多いので (まだ一人帰っていませんが)
片付けなどしていると すぐこんな時間になってしまうのです。
このみんなが寝たあとの一時が とても好きなのですよ、私は。

SEALOVEさまも よく箱根にはいらっしゃるのですね。
仙郷楼は ポーラ美術館に行く途中の曲がり角にあるので
絶対通ったことはあると思いますよ。
私も今回行ってみて はじめて敷地がこんない広いと知りました。
お風呂の後のお庭のお散歩では あまりに広くて迷ってしまい散々でした。

明日から良いお天気になるそうです。
紅葉狩りにいい頃ですね。
あの人?と ぜひいかがですか?
4. Posted by 紀子   2008年11月29日 00:44
mikiさま

遠いところ いつもありがとうございます。
さてさて ブータンは もう寒いのでしょうね。

お風呂にゆっくり浸かれるのは 
日本人にとってはありがたい事ですね。
ブータンでも 湯船につかるという 習慣があるのでしょうか?
やはり 湯船につからないと 疲れも取れませんよね。

ブムタンがお蕎麦の産地だなんて。
おそばも食べるんですか?
日本ととても似ている生活のようですね。
今度日本にお帰りになった時に そば打ちに使う
大きな塗りの鉢? と麺棒を調達していかれるといいですね。
自分で打ったお蕎麦は 美味しいらしいですものね。

初めての冬ですので どうぞ気をつけてお過ごしくださいね。
5. Posted by i-niko   2008年11月29日 23:42
季節の変わり目はなんとなく体調も不安定になって
しまいますね。
もう、安定されましたか?

紅葉が綺麗ですね〜温泉でゆっくりされるのにいい季節です。
私はお蕎麦が大好きなので・・・
食べたい!!(笑)ゆっくりしたい〜!
(家は旦那さんが蕎麦を打ちます・香りがいいです)

今年は風邪をひいてる方が多いようです
(電車に乗る時はマスクをしてま〜す)
やはり睡眠が大切なんですが、
私も独りパソコンに向かっていると
ついつい寝るのが遅くなってしまいます(苦笑)

ストレス解消と疲れの板ばさみ・・・です。
6. Posted by 紀子   2008年11月30日 22:46
i-nikoさま

ご旅行の疲れはとれましたか?
旅行記もマメにアップなさっていて もう最終日ですね。
お仕事もあるのに どうしてこんなに 手際よく
物事を処理できるのでしょうか?
秘訣を教えていただきたいくらいです。

さてi-nikoさまのご主人様は お蕎麦を打つんですね。
すてき〜 
ご主人さまに 作務衣なんか 着せてあげたいですね。
冬の陽だまりの中 作務衣姿の ご主人さま手打ちの 
美味しいおそばを堪能しているi-nikoさまが
見えるようです。(すごい想像力!)

私も 昨日から 電車の中で マスクをし始めました。
睡眠と マスクですね!
今日は早めに寝るつもりです。

ありがとうございました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
クイーンアリス日吉 & 高尾山  「 うかい鳥山 」箱根紅葉旅行 仙郷楼 「 別邸奥の樹々 」  散策 〜 夕食