2008、 沖縄旅行 3日目 その2  那覇へ親類の結婚式 @六本木ヒルズ 〜 ミクニヨコハマ、  病気のこと

2008年11月03日

2008、 沖縄旅行 4日目(最終日)  奇跡のカフェ

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

あっという間に 11月、ずいぶんと寒くなってきました。
なんだか沖縄に行ったのが 遠い昔のようですが 今回が最終回です。

浜辺の茶屋


↑の写真は 南部のカフェ 「 浜辺の茶屋 」 の窓辺から見た 
新原ビーチです。

その前に まずは ナハテラスの朝食です。

朝の窓辺から朝のラウンジ


レストラン12


朝食はハーフバイキングで サラダやフルーツなどは綺麗にビュッフェ台に
盛られ 卵とハムなどは 希望の調理法を聞いて 持ってきてくれます。

私は 昨日充実した食生活をおくったせいで おなかがすいていなかったので 
卵などはパスして フルーツ ヨーグルト シリアルなどを頂きました。

私の朝食レストラン外


朝食時や チェックアウトの時も感じましたが こちらのホテルは
グループや 若い方 ファミリーを多くみかけました。


さて 話は 昨日のチェックインの時に戻りますが
ロビーに すごく背の高い素敵な外人がたので よく見てみたら
なんと その人は トルシエ監督ではないですか!

私はびっくりして 「 トルシエ監督が泊まっているんですか? 」
と ホテルのスタッフに 興奮して話しかけると 
意外にも ホテルの方はあっさりと
「 いいえ、お泊りではないですが でも よく来られるんですよ〜 」
と いともさっぱりと言うんです。

私は ???と思って、 ( だって あのトルシエだよ〜 
いま 日本に来ているんだわ〜 なんでかしら? )
と心の中で一人で興奮していましたら 横から主人が
「 トルシエは ( 呼びつけかよ! ) 今年から FC琉球の総監督
なっているんですね 」 とホテルの人と話し始めるではないですか。

なんだ、そうだったのね、 すぐ言ってよ〜

知らないのは私だけ?
恥かいちゃいましたよ、 一人で 興奮して。

打ち合わせなどで このナハテラスには よくいらしているようで
ホテルの方たちは 全く慣れているようでした。

でも 私は とっても嬉しかったです。
トルシエ監督は テレビで見るより ずっと背が高く素敵でしたよ!


さて 話は今日に戻ります。

チェックアウトの後は 帰りの飛行機が夕方なので それまでの間
今まで行ったことがなかった南部の方に ドライブに行くことにしました。

以前から興味のあった 沖縄の伝説のカフェ 2軒に行くためです。

カフェくるくまくるくま


沖縄にはカフェがたくさんあります。
沖縄ならではの自然の景色を楽しむ、というロケーションが多いせいで 
たくさんのカフェが 北から南まで あちこちに点在しています。
絶景がみえるカフェの特集なども ガイドブックには必ず出ています。

今回は 南部の 山と浜辺のカフェ2軒を訪ねました。
最初は 絶景カフェとして 有名な 「 カフェくるくま 」です。

カフェくるくま 外の景色


知念の山の上の そのまた上の くるくるとした橋を上がっていくと
( でも 近くに自衛隊の施設があるので道路は広くて整備されています。 )
そのてっぺんに 絶景が広がるカフェがあるのです。

それが 「 カフェくるくま 」 です。
駐車場に着いたら まさかの大混雑!
行く途中までは全く車なんていなかったのに 着いてみればたくさんの車!

受付で名前を言うと 40分待ちだそうな。
この周りには 博物館みたいな建物や ガーデンなど、いろいろあるし
建物の周りには 真下に絶景の海が見えるお庭も 広がっているので
皆さん 思い思いに 待ち時間を使って楽しんでいます。

2お庭から


広いお庭です。
眼下に海が見える絶景です!
崖っぷちのぽにょ夫婦にはうってつけの ギリ!崖っぷちです。

でも今日は午後から台風が来るとかで 雲が多く ちょっと残念。
快晴ならば もっと素晴らしい景色なのでしょう。

カフェくるくま は アジアンハーブレストランということで
カレーが有名なようです。
店内はそれなりに広いですが こんなたくさんの人が待っているとは、
ちょっと 驚きました。

この中は博物館になっていますそこから見る海


私たちは 建物の周りをぐるっと回り お隣の化石ミュージアムで
剥製をみたり 化石や恐竜の骨(レプリカ)などを見たりして過ごしましたが
まだまだ 順番は回ってこなそうだったので 残念ですが ここはパスして
次のカフェに向かうことにしました。

博物館2


お店の方は申し訳なさそうに 平日や 土日でも 開店直後ならば 
並ばないで済むのですよ、と次回のために 助言をしてくれました。

帰ってから ホームページなど見てみると あの地域一帯で 楽しめるような
場所がいろいろとあるようでした。

あの様々な施設は 一体どういう意味なんだろう???
ふしぎな空間が広がっていた くるくまの森でした。

3恐竜


さて そこから今度は 山を下って 海に出ます。
も一つの 目指す絶景カフェは 浜辺にあるのです。

こんな道を行くとどんどん行くと。。。


南へ下り 海辺にむかって新原ビーチに出ます。
地元の人しか通らないような のんびりとした道を行くと 看板が。

浜辺の茶屋入口入口


道に面した入口の階段を下がっていくと 右側に木の扉があります。
そこが 海辺に一番近い絶景カフェ 「 浜辺の茶屋 」 です。

入口階段お店の入り口


扉を開けると ログハウスのような造りのカフェが広がっています。

お店はやはり満席で 30〜40分待ちということでした。
でも 階段の下の木陰には ちょっとした日陰の屋外席があって 
そこでは ミュージシャンが のんびりと沖縄の曲を演奏していました。
そのそばには その曲を聞きながら のんびりと寝そべる猫もいました。

そこの一角は 静かに のんびりとした 沖縄時間が流れていました。

店内外では歌が。。。


待っている間は 海辺に出て 小さな生き物を探したり 貝殻を集めたり
岩に座ったり、 皆さん思い思いに 時間を過ごしていました。

先ほどの 「 カフェくるくま 」 もそうですが こんな風にして 
自然と一体になって過ごすことができるので 待ち時間も
あまり苦になりませんでした。

でも真夏だと やはり暑いので 待つのも大変でしょうね。
 
浜辺から見た 「浜辺の茶屋」


ねぇ 素敵でしょう?  浜辺から見た 「 浜辺の茶屋 」 です。
開いた窓が 横にずらっと並んでいます。

がじゅまる浜辺のカヌー


窓辺とカヌー


このカフェは あけ放たれた窓辺席が16席?くらい横に並んであります。
そのほかに4人テーブルが 3つくらいありました。
決して広いお店ではありませんので 並ぶ事も多いようですし
ましてや カウンター席に座れるかは 運のようでしたが 
私たちは 運よく窓辺席に座れたので とてもラッキーでした。

でも でも この日の この時間帯は 干潮だったのです。
それも凄い引き潮!
どこまでも 浜辺が続いていて 海はそのずっと先なのです。

私は 旅行前に この浜辺の茶屋に行った人のブログなど見ていて
海が窓の真下まで来ていた写真を見ていましたので この引き潮には
ちょっとあれっ! という感じでしたが こればかりは自然相手なので
仕方ありませんね。 

窓辺のパインジュース奇跡のカフェ


窓辺には このカフェにまつわる いろいろな苦労話や 
出来るまでのエピソードが書いてある本が置いてありました。
その名も 奇跡のカフェ 沖縄 「 浜辺の茶屋 」 物語 

なにせ このお店を建設している時には 地元の人に 
こんなところに お店を作るなんて。。。
もともとは 観光客が来るような海ではなかったので
誰も来るはずがない、とか
台風が来たら 飛ばされるのでは、とかいろいろと言われたそうです。

でも 台風にも耐えたそうです!
( 地形の関係で被害は受けなかったようです )
また このまれに見る 絶景や立地が 口コミで広がり
お客さまも 次々と訪れるようになり それらが 「奇跡のカフェ」
と言われた所以だそうです。

海辺から見る 「浜辺の茶屋」


美味しいパインジュース 550円
沖縄ピザ1枚 500円 (ゴーヤなどが入っていて おいしかったです )
コーヒー 500円 でした。

窓辺から見る海


帰ってから テレビを見ていたら 何とこの海辺の椅子席が 
CMに写っているではないですか〜 
よ〜くみると やっぱり この浜辺の茶屋でした。
CMは 業務用厨房機器の ホシザキのCMです。
番組は たぶん 「 秘密のケンミンショー 」 だったような。。。

浜辺浜辺2


のんびりとした時間をカフェで過ごした後は レンタカーを返しに
アウトレットモール 「あしびなー」 に向かいました。

途中の山の中には 浜辺の茶屋の姉妹店 「 山の茶屋 楽水 」 が
森の間から見えていました。
こちらも扉の外には絶景が広がっているそうです。

こんな道を帰ります姉妹店 山の茶屋


この「 あしびなー 」 お天気が悪くなったせいか あまり人はいません。
よ〜くみると お買い物を大量にしていたのは 中国や 韓国の
旅行者の方たちでした。
( この時は まだ今のような円高にはなっていなかったので )
この施設でぶらぶらと時間をつぶし 空港まで車で送ってもらいました。

アウトレットあしびなーブランド店


空港に着くと 大雨になっていました。

今回の沖縄滞在中は ずっと よいお天気続きでしたので 
私は もう雨女を返上してもいいかしら?と思ったほどです。
 
今回は ゆったり、のんびりをテーマにしましたが 
3つのホテルを楽しむことができ 
( ブセナテラス アッタテラス オリエンタルヒルズ )
また 今までなかなか行けなかった南部のカフェも訪れることができました。

私自身も 三線を弾けたことで 沖縄ならではの体験もでき 
いろいろと楽しい思い出ができた今回の旅行でした。

まだまだ 沖縄には 素敵なホテルや絶景カフェがたくさんあるし
また アッタテラスでは 三線教室のほかにも 沖縄の食材を使った
お料理教室などもあるので これからも訪れたい気持ちでいっぱいです。


なんだか季節はずれになった感の否めない 私たちの沖縄旅行記は
これで ようやく終わりです。

雨の那覇空港


今回のプラン JMBツアー スーパーバーゲン
( 11月〜12月のプランも出ています )
3泊4日
基本プラン ( ナハテラス泊 )
63800円 ( 覚えていないのですが たぶんこのくらいだと。。。)
+ アッタテラス2泊分 ( 14000×2 たぶん )
+ 行きの飛行機 4千円 ( 朝アップ2千円、 クラスJ2千円 )
合計 一人 95800円 ( これはあっています )

今回は JMBツアーからの領収書が 合計額しか書いていなかったので
内訳は覚えていないのです。 
ツアーのホームページも 今はないので あやふやですみません。 
でも合計はあっていますので 内訳は 参考程度に思って下さい。

ANA と JAL機上からの空


JALとANAの 偶然の写真で 沖縄旅行を締めくくります。
長々とありがとうございました。



murakinoriko at 01:33│Comments(11) 2008沖縄旅行、ジ・アッタテラス 

この記事へのコメント

1. Posted by SEALOVE   2008年11月03日 01:44
まだ起きてるんですか?
なんて私もコメ1番いただきです。

でもゆっくり明日、読ませて頂きます。
目がショボショボです。

おやすみなさい
2. Posted by SEALOVE   2008年11月03日 11:59
おはようございます。
う〜んすっきりした目でみると、
いいわ〜
2軒のカフェは美ら海カフェのベスト5に入っているんですよね。
ガイドブックの写真より紀子様の写真のほうが素敵。

前回の沖縄は3月で海で遊べなかったので、
今度はもう少し暑い時に行きたいです。
のんびりカフェめぐりも…
沖縄は車がないとどこに行くにも不便?不便どころではないですね。
では次もまた運転手のあの人といきますかね!

素敵な沖縄旅行記をありがとうございました。

3. Posted by i-niko   2008年11月03日 23:29
「 浜辺の茶屋 」に座ってぼんやりしてたいわ〜

いい景色ですね!山より絶対海が好きな方なので
海風にあたりながら、居眠りが至福の時・・・・。

実家は30分も車で行けば海に行けるので、
あ〜 今も海が近かった
夏の夜などたまに潮の香りがする時もあります。

あちこち、観光のためにツアーで忙しく周る旅行よりも、
個人旅行がしてみたい・・・
ゆっくり、じっくりと。(運転もっと練習しょう!)

沖縄は日本ですが、写真を見てると違う国のようですね。
空も海も木々もおおらかな感じです。
過ぎていく時間も違う感覚に思えそう〜。

いつもながら、素敵な沖縄を紹介してくださって
ありがとうございます。
行きたい所が見つかって嬉しいわ〜!


4. Posted by 紀子   2008年11月04日 01:26
SEALOVEさま

夜遅くに訪れて頂き ありがとうございます。
私が宵っ張りなのが ばれてしまいましたね。

休日は 家族がちょこちょこと出入りしていて落ち着かないので 
ついつい夜遅くに ネットサーフィンをしているのです。
でもそれが家族に見つかると とても怒られるのです。
明日起きられないよ!って。

さて そうなんですよ、 沖縄は車がないと どこにも行けないですね。
だから私も 運転手のあの人と行くんです (笑)

私は 助手席に乗るのが怖いので いつも後ろの席に乗っているんです。
ホテルなどで スタッフの方が助手席のドアを開けて
私を入れてくれようとするんですけれど 
「 私は後ろに乗るんです、」 といつも言っているんです。
するとスタッフの方は びっくりして 
あ〜 この人たち 夫婦じゃないんだ〜と、
そして主人のことは 運転手さんなんだ、って
思っているのかもしれません。
( うそうそ そんなこと思うはずがありませんね )

ぜひSEALOVEさまも あの人と4月以降に行ってみてくださいね。
空の色が違うようですよ!
5. Posted by 紀子   2008年11月04日 01:44
i-nikoさま

3連休は いかがお過ごしでしたか?
働き者のi-nikoさまは 季節の模様替えなどしていたのでしょうね。

さて 私も 山より 絶対、海派なんですよ〜
海風になあたりながらの居眠りは おっしゃるとおり至福の時ですね。

i-nikoさまは ご実家も今のお住まいも 海の近くなんですね。
潮風がときどき香ってくるなんて う〜ん、すてき!
主人も 実家がまさしく海の近くだったので 小さい頃から
いつも海で遊んでいたそうなので 水泳だけは上手なんですよ〜

沖縄の時間は のんびりゆっくり 流れていることを
今回の旅行で実感しました。
あんなに素敵な海や 空や 山や 夕日など
のんびりと堪能しないと もったいないですよね。
自然とともに のんびりとした生活。。。
う〜ん 私にはできないかもしれないけれど
旅行の時くらいは そんな時間に 身をゆだねてみたいですね。

私は ペーパードライバーなので 運転はしませんが
i-nikoさまは どうぞ練習して これからはご自分で 
どんどん個人で周ってみてくださいね。

もうすぐですね! 台湾旅行♪ ウキウキ。
6. Posted by miki   2008年11月04日 15:05
今回も素敵な旅行記ありがとうございました。
楽しませていただきました。

沖縄のカフェ、いいですね〜。
こののんびり感が沖縄っぽくて。

1枚目の浜辺の茶屋からの写真、すごく素敵!
引き潮でもすごくいい感じですが、
満潮のときはまた違った景色になるんでしょうねえ。
7. Posted by 紀子   2008年11月04日 23:00
mikiさま

いつも訪れていただきありがとうございます。

沖縄のカフェは このほかにも まだまだたくさんあって
その多くが 自然を背景に時間がゆっくり流れる
素敵な空間が広がっているようなのです。

最近、私は 旅行先で 名所旧跡を訪ねるより
そこだけでしか味わえない 空気のようなものを
身に感じたいと思うことが多く 地元のカフェで
のんびりすることが多いんですよ。
意外にも 観光をするより そちらの方が
思い出に残っていることが多い 気がします。

こちらもずいぶんと寒くなってきました。
mikiさんも お体に気をつけて お仕事にお励みくださいね。
8. Posted by EMIKO   2008年11月05日 10:47
こんにちは
大阪はとっても良いお天気で窓から見える古い洋館のツタが
真っ赤に紅葉して本当にそこだけみるとヨーロッパって感じです!
しかしすぐ横にこれまた古い日本家屋でして・・・
ある意味ノスタルジーです。
でもって2分ほど歩くとチンチン電車です。
でも大阪市内の我が家です。(想像難しいでしょう??)

トルシエ監督!!それはそれは
私だったら子供にちゃっかり
「ぼく サッカーやってるんです。
だからいつか監督のチームに入れてください!」
って嘘つかしてサインをいただきます。
この場合やはり次男が最適なので、後者に長男、
そして最後に言葉怪しげな三男と共に母登場でバッチでしょうか??
やはり子供は便利?・・・
でも小心者の私 子供をたたせた向こうに
トルシエ監督をカメラに納めるのが精一杯かもしれません・・
9. Posted by 慶子   2008年11月05日 21:51
私は沖縄に行く前には、満潮、干潮の時間を、調べてから、日程を決めてます。
というのは、離島でのシュノーケリングだと、満潮じゃないとできない場合もあるんですよね。
だから、お昼前後に満潮になる時に、なるべく旅行の日程を合わせてます。
景観的にも、満潮の方が、個人的に言って好きでもあります。
10. Posted by 紀子   2008年11月06日 15:31
EMIKOさま

こんにちわ!
大阪はとても良いお天気のようですね。
こちらは予報では晴れと言うことなのですが
昨日も今日も うす曇というところです。

EMIKOさまのお宅の周りは ちょっと不思議な空間が広がっているのですね。
紅葉した蔦の絡まった洋館、 日本家屋、 ちんちん電車…
でも ヨーロッパと見間違うほどの景色とは!
一度見てみたいです。

さてトルシエ監督ですが 私も子連れでしたら
サッカーがらみで 監督とお話できたのかも知れませんね。
私の友人が 今年の夏 ブセナテラスに泊まったときに
有名なサーッカー選手が ご家族で 同じホテルにいらしたそうです。
でも 彼女のお坊ちゃまは 恥ずかしがって
声をかけられなかったとの事。
ママが残念がっていましたよ。
その点 EMIKO様の次男さんは 大丈夫そうなんですね。

でもその時になると なかなか気の利いたことがいえないんですよね〜
私もたぶん 子供越しに 隠し撮りするくらいが
せいぜいかしら?
私は いつも大きい事言ってる割には いざとなると
結構 恥ずかしがりやなんです。
家族はそんなことない!って言いますが…

楽しいお話、いつもありがとうございます。

11. Posted by 紀子   2008年11月06日 15:43
慶子さま

いつもためになるお話 ありがとうございます。

そうですよね〜
やはり ダイビングや シュノーケリングをするには
潮の満ち引きの時間が大切なのですよね。
今まで そんなことを考えたことはなかったのですがが
今回のように 満潮と干潮では 景色が随分と違うであろう時には
前もって 調べておいたほうがいいですね。 
今はネットで 簡単に調べられますからね。
お勉強になりました。

離島でのシュノーケリングのときにも 大切なのですね。
海の景色も 満ちていたほうが やはりきれいでしょうね。
今度沖縄の海カフェに行く時には 
ぜひ時間を調べてから お出かけたいものです。
ステキな提案、ありがとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
2008、 沖縄旅行 3日目 その2  那覇へ親類の結婚式 @六本木ヒルズ 〜 ミクニヨコハマ、  病気のこと