2009年06月

2009年06月29日

箱根旅行  「 ポイントバケーション箱根 」

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

御殿場のバラ1


6月の初旬 お知り合いの方からのご紹介で 箱根の仙石原にある
会員制リゾート 「 ポイントバケーション箱根 」 に 
妹夫婦と私たちの4人で泊まってきました。

↑ 写真は 帰りに寄った御殿場のバラ園です。

お蕎麦屋さんお蕎麦屋さんらしからぬ外観


その日は 私はお昼に横浜で予定があったもので 用事を済ませてから 
東海道線 〜 箱根登山鉄道で強羅まで行き そこで既に車で
行っっていた主人と落ち合い 仙石原の現地まで行きました。

主人が途中で寄った お蕎麦屋さんです。
「 蕎麦小屋 つねっさ 」 です。
以前から気になっていたお蕎麦屋さんだったそうで
一人の時に訪れてみたいと思っていたらしく 今回念願かなって 
おいしいおそばをいただけたと 喜んでいました。
( 相模原市津久井町の 道志みち にあるそうです。 )

まるでパン屋さんのような、( ボンジュール風? )
ケーキ屋さんのような、お蕎麦屋さんらしからぬ 外観ですね〜
昨年行った 御殿場の 「 かわ嶋 」 もそうですが
この辺りのお蕎麦屋さんは 敷地が広くて こだわりがありますね。
 
店内メニュー


お蕎麦屋さんの窓際


さて あいにくの雨のなか 強羅駅からは 仙石原めざして緑の中を
ひた走り 20分くらいで 今日のお宿 「 ポイントバケーション箱根 」
に到着しました。 

ポイントバケーション箱根こんな道を行くとようやく着きました!


こんな感じ


広い敷地に2棟の建物があり その内の1棟では ペットと一緒に
お泊りが出来るようになっていますし ペットが思いきり遊べる
広い運動場もあります。

ポイントバケーション箱根渡り廊下


私たちは 本館の2階の一番奥の 広いお部屋をとっていただきました。
ベッドルームが2つに 和室が1部屋、 広いリビングダイニングに
ジャグジー風呂と リラックススペースのある洗面室のついた
100?以上の 3LDKのお部屋でした。

ですで 2夫婦でも 余裕の広さで快適でした。

リゾートマンションですので 台所や洗濯機なども付いていて
( 長期滞在には嬉しいですね ) 我が家のように過ごせました。

お部屋 


ベッドルーム、2部屋和室キッチン


ジャグジー洗面台窓からの眺め


この施設はリゾートマンションなので レストランはありません。
朝食は スタッフが作ってくれる簡単なご膳をお願いできますが
夕食は近くに食べに行くか デリバリー そして お庭でバーベキュー
も出来るようです。 ( 日没まで )

バーベキューは施設や道具を貸してくれるもので 食材などは
自分で用意する いわゆる別荘スタイルです。

今回の私達の宿泊には アルベルゴバンブーのディナーが
付いていましたので タクシーを呼んでもらい ( 800円10分弱 )
イタリアンレストラン 「 アルベルゴバンブー 」 に向かいました。

アルベルゴバンブーアルベルゴバンブー室内


テーブル


↓が本日のメニューです。
後から ホームページを見て見ましたら デイナーAコースのようです。
( 6825円+サ )

本日のメニューテーブルセッティング


アルベルゴバンブーといえば 沢山の前菜が有名ですよね。

昨年も調度この時期 箱根旅行の際 ランチでうかがいましたが 
その時にも 前菜が ビュッフェ台にたくさん出ていました。
ディナーでは盛り合わせということですが たぶん ランチの時と
同じようなラインナップではないかしら?と思いました。

でも 本当においしいんですよ〜 この前菜たち。
ワインにも会うし わたしはこれと スープと パンで
もうおなか一杯になるほど 満足してしまいました。 。

オードブル盛り合わせ


選択1 魚介とアスパラ2、緑豆のリゾット3、 パッパルデッレ


その後は パスタ3種からの選択です。
量的には ハーフポーションよりは かなり多い量、というくらい
タップリありました。

大勢で行くと 全種類楽しめるので いいですね。

2、 箱根山麓豚選択1 金目鯛


そしてメインが お魚 ( 金目鯛のオーブン焼き ) か
お肉 ( 箱根山麓豚の炭火ロ-スト ) の2種からの選択です。

前菜から量がタップリありましたので パスタやメインは
ほんの一口ずつくらいかしら? と思っていましたが
( というか それを願っていましたが ) 見事にはずれ
それ一つで頼んでも十分なくらいの 男性陣も大満足な
1品になっていました。

女性人は もう本当にギブアップです。

選択1 デザート クリームブリュレ


デザートも選択で 見た目もきれいな 美味しいものでした。

スタッフのお給仕も大変丁寧で 親しみやすい中にも
品のある すばらしい接客でした。

ただ 金曜日の夕食なのにお客様が 私達を入れても3,4組しか
いなくて 私達が最後でしたので それ以降は誰もいないようでした。

レストランが広いだけに 少し寂しい気がしました。

せっかく こんな素敵な空間を持つレストランなのに ランチは 
週末など予約が取れない時もあるほどの 人気のお店ですが
ディナーで 集客するのは とても大変なことのようです。

2、 デザート チェリーのタルト小菓子


前回来た時にも トイレの写真を載せましたが
今回も やはり素敵な内装でしたので 見てくださいね。

きれいなトイレ


地下の階段下夜のお席


今回も 女性のお客様には バラのプレゼントがあり 
翌日の帰宅まで 十分生きのよさを保っていた 見事なバラでした。

バンブーで頂いたバラ夜のポイントバケーション箱根


お部屋に戻り 広いリビングでテレビを見たり 大浴場に行ったり 
お部屋のジャグジーに入ったり のんびりと過ごすことができ
ホテルと違い 大勢で一部屋で楽しめる 素敵な滞在になりました。

二ノ岡フーヅ売店


翌日も 朝はまだ 雨が降っていました。
箱根はよく来ているので 雨の中わざわざ見学するところもないので
帰路の途中 二ノ岡フーズ ( 以前主人のお友達から すごく大きな
ソーセージを頂いたことがあって とても美味しかったので )
に寄り ハムを少し買ってみました。

大きなお屋敷の庭に 売店があります。
駐車場も完備していて 皆さん続々と車で訪れていました。
有名なのですね〜

御殿場


その後、御殿のアウトレットにより バラ園を見学ました。

「 リビングローズガーデン御殿場 」 というバラ園で
アウトレット内のイーストゾーンという橋をわったった先のゾーン、
観覧車の辺りにあります。
( マクドナルドの脇から入ります。)
たまたま 6月1日から30日まで 無料開放していたようで 
(毎年この時期 無料なのかどうかは 分かりませんが )
買い物に興味のない人 ( 主人 ) には こちらの方が
良かったようです。

園内には 800種 5000株のバラがあるとのことでしたが
出来てまだあまり時がたっていないので 木も小さいものが多く
数字ほどの 大量な感じはしませんでしたが それでも 様々な色や
品種のバラが楽しめて 雨の中でも 気持ちが晴れ晴れしました。
若木が大きくなる この先が楽しみです。

34


2


今回の このようなリゾートマンション滞在旅行は 
私達には始めての経験でした。

大人数で ワイワイがやがや楽しむにはうってつけの施設でした。



今週末に また リゾートマンション滞在をしてきます。
それは 昨年 ランチにアルベルゴバンブーを訪れた
「 七夕会 」 の今年の旅行がこの週末にあり 滞在先は今回も
箱根で、 宿泊は 「 東急ハーベストクラブ箱根甲子園 」
なのです。
私は幹事ではないので 行ってのお楽しみになりますが
どんな滞在になるのかとても楽しみです。

以前の七夕会は 帝国ホテルと、とうふ屋うかいでした。

そして 一年に一度の 37年前からの仲良しさん達との旅行に 
こうして今年も参加できることを とても嬉しく思っています。

murakinoriko at 21:21|PermalinkComments(10)箱根 

2009年06月24日

六本木ミッドタウン 「 淡悦 」 〜 代官山 「 ASO 」

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

バービーのチョコレート


すっかりご無沙汰しておりますが 皆様お元気ですか?
私は 未だ目はもやもやしていますが 体はなんとか元気なので
いろいろと用事も多く 忙しくしています。


さて ↑ は可愛い バービーちゃんのチョコレートです。
年代別のバービー人形が 鮮やかににプリントされたチョコは
グアムにご一緒したセレブ夫人からの ハワイ土産です。

そうなんです! セレブ夫人は 5月に ご主人様のお誕生日を 
ハワイでお祝いされたのでした。

3月にグアムにご一緒した時に セレブ夫人からこのハワイ計画の
お話をうかがった私ですが 私がその話題に異常に反応して
「 いつからですか? どこにお泊りですか? 飛行機は? 」
などと興奮してしゃべっている私を見て 主人は
「 えっ? それって また行く気? 」 とびっくりして 
焦っている様子がありありと見えていました。

でも しばらく考えた後 どうしても日程的に無理だったので
「 無理です〜 」 と さみしく言った私でした。。。
( よく考えてみたら 誘われてなかったかもしれません 汗 )

セレブ夫人は ただただ にこやかに 頷いていました。 

主人は さぞや ほっ! としたことでしょう。
会社のお休みも たぶんとれないだろうし、 金額的にもね。
でもきっと、この人は(私) 一人でもハワイに行くんじゃないか、
と一瞬不安がよぎったと思います。

23


セレブ夫人に詳しくお聞きしたところ  飛行機はJALのCクラス。
ホテルは ワイキキビーチタワーの なんと 
2ベッドルームをご予約したそうです。

ずっと以前 私は 家族5人で このワイキキビーチタワーの
2ベッドルームに泊まったことがありましたが 通常2人利用の場合は 
1つのベッドルームを閉じて 1ベッドルームのお部屋にして
泊まるのが基本ですので そのようにお泊りかと思いきや
「 ゆっくり寝たいので 2ベッドルームで予約したのよ。 」
とおっしゃっていました。

うわ〜  さすがに名実ともに セレブ夫人ですね。
これでは たとえ日程があったとしても 
私たち、崖っぷちのポニョ夫婦は ご一緒できない旅行でした。

とほほ。。。

ハワイでは 楽しくお過ごししたとの様子をうかがい 
ほっとした私でした。
( なぜに??? )


趣味の会 お食事会


さて6月の ある日 「 趣味の会 」 の集まりが 
六本木のミッドタウンで催されました。

3月にも 私を除く皆さんは 会合を持たれたようですが
私は その時は 人ごみに出られない時期だったので 
( 1月に 入院治療した副作用で 白血球 血しょう版などが 
異常に少なくなっていたため 免疫力がなくなっていたので )
欠席しましたので 私が全員の皆様にお会いするのは半年振りでした。

今回は 和食で 「 ミッドタウン 淡悦 」 です。

私達が座った席の後ろに飾ってあるお軸の前に 素敵なバッグが。。。

お友達のバッグですが あまりに自然体で 飾り物と一体化して
いたので パチリと写させていただきました。

このバッグ、 とっても重かったんですが これを持つのは 
上戸彩の お父さん犬のストラップをつけているのと
同じくらい 腕がつかれるような気がしました。

きっと 金塊でも入っていたのでしょうか?。。。 ふふふ。



六本木 ミッドタウン


お店は 六本木のミッドタウン ガーデンテラスの3階にあります。

実は 少し前に 可愛ゴ〜の会長さんが お友達とこのレストランで
お食事をした時に たまたま この向かいにある 檜町公園で
キムタクとイ・ビョンホン、ジョシュハートネットの映画 
「 アイ カム ウイズ ザ レイン 」 の レッドカーペットイベント
が行われていて その様子をこのレストランのテラス席で 
見学することが出来た、というお話を伺いました。

テラス席には イ・ビョンホンファンが 沢山いて 皆さん
「 イ・ ビョンホンシ〜〜〜 」 と 叫んでいたようで
お店の方も どうぞどうぞ テラスで見学してください、と
ファン以外の方にも 快い対応をして下さったそうです。

ということで 会長さんが 景色も良いこのお店を
選んでくださいました。

日本料理ちょっと民芸調ですが


入口は ちょっと民芸調ですが 店内はすっきりモダンです。
白木が気持ち良いカウンター、 室内の明るい椅子席
開放的なテラス席、 個室もあるそうです。

中はすっきり! カウンター椅子席からも見えます。


お外の席室内のお席


当初 お外の席を用意していただいていましたが 外との柵?塀?が
足元までガラスなので 高所恐怖症の方は ちょっとビビりますし
陽も当たるかもしれないと いうことで 室内に移動しました。 
( 陽は この時間は 当たらないようでした。 )

ごぼうのジュレ?暖かいじゅんさいお造り


ランチメニューには お弁当や 御膳なども 豊富にありましたが 
この日は 久しぶりの会合だったので お昼の懐石コースを頂きました。

この日は 金曜日で 主人がお休みでしたので 何人かの方から 
「 ご主人は 今日は (今日もですよね〜) ワンコインなの? 」
と聞かれてしまいました。

ワンコイン亭主 が どうも定着してきたようですね。
( 帰ってから主人に聞いたら 今日はちょっと 贅沢をした、と
言っていました。 
どんな贅沢を、 と思ったら。。。  600円のラーメンでした! )

お凌ぎ中はお蕎麦サーモンとズッキーニ


お品書きがなかったので うろ覚えですが ごぼうのジュレ、
暖かいじゅんさい コーンの天ぷら などなど 季節の食材が
いっぱいの おいしいコースでした。

天ぷら コーンと海老鯛飯頂きます。


最後の御飯は 鯛飯です。
銅のお釜で炊いた 鯛飯をテーブルに持ってきてくださり 
お披露目した後に スッタッフが ほぐして混ぜてくれます。

とっても柔らかいお味の 縁起の良いご飯でした。
ごちそうさま♪

梅の密煮?お昼のコースお昼のご膳


久しぶりでしたので みなさん、それぞれ話がたまっていて
久しぶりのマシンガントークを堪能しました。

こうして気の置けない方たちとの マシンガントークは
やっぱりたのしですね〜 
いつも元気でいなくちゃね! 





そのご お食事の後は 代官山で お茶をしました。 

代官山 ASO


この日は すごくお天気が良くて 初夏のようでしたので
駅から 気持のいい緑の中を歩いて10分くらい 
「 ASO 」 のカフェ「 カフェミケランジェロ 」 です。

店内は満席で 写真は撮れませんでしたが かわいらしい中庭や
そこから仰ぎ見る空が 何とも素晴らしく 中世?に行ったようでした。

↓ 中世っぽい 中庭でしょ?

中庭12

 
カフェミケランジェロ12


ケーキセットを頂いて 爽やかな緑の中 おしゃべりに花が咲いた
私たちでした。

カフェミケランジェロ


↑ カフェミケランジェロの 全景です。
ホームページから お借りしました。



さておまけです。

もう ずいぶん前になりましたが 久しぶりに行った
クイーンアリス 「 ガーデンテラス日吉 」 の
きれいなランチの写真です。

クイーンアリス ガーデンテラス日吉 12


海老とほたて 青豆のスープ


急遽 横浜から デビ夫人 ( に似た友人 ) と  オバジさん
( かつてオバジを使っていて肌がすごくきれいになった友人 )
が 我が家の近くまで来てくださるというので ランチを3人で頂こうと
前日の夕方に クイーンアリスにお電話して お席があるか聞いたところ
既に予約で 満席です、 と。 ( そうですよね〜 )

で、 私、事情通?なので。。。
実はこのお店 入ってすぐに個室があって
急な関係者などのお客様に対応するために 前日までは 
そこはあけておく、と以前伺ったことがあるので 
その事を言って そこはだめですか? と 聞いてみました。

電話の相手は  「 う〜ん、」 とうなり しばし絶句!
( だってその情報 その人に聞いたんですよ、
ですから そのこと 言ってもいいわよね〜 )

しばらくして それなら、 と
「 明日の朝にまたお電話下さい、それまでに 調節できましたら
お席ご用意しておきますので 」 と嬉しいお返事を頂きました。

たぶん あすの朝までに 大事な 急な 関係者?お客様? が
入らなければ お席を開放するってことでしょう。
言ってみてよかったわ〜

で当日 朝のお電話したら
「 なんとか お席作りました! 」 と。

よかった〜
これで いつもお世話になっている デビ夫人とオバジさんに
喜んでもらえるわ。

メイン 牛肉の炭火焼デザート プリン


めでたく お席をゲットでき 楽しいランチになりました。

店長さんに お礼を言ったら
「 いつもはできないんですよ、 こんなこと。
今日はたまたまお席が空いたので、( わかってますね! ) 」 
と やんわり言われてしまいました。
す、す、すいません。 重々わかってます。。。


途中で 店長さんからとても興味深いお話を 聞きました。
こちらの シェフは 東大の数学科を出た方だというんのです。

正しくは 東大中退ということですが。。。

東大在学中に たまたまクイーンアリスでお食事をした際 
そのあまりの美味しさに びっくりされ 
ぜひとも そのお料理を 自分でも作ってみたくなり 
思いきって 石鍋さんに そのむねの内をお話ししたそうなのです。

石鍋さんは 本当にそう思うのなら 大学を卒業して(やめて?)
から やりなさい、と言ったそうで 普通なら 卒業まで待ってから
シェフの修行に入りますけれど その方はスパッと 東大をやめてしまい
即 クイーンアリスに入って シェフのお勉強をしたそうなのです。

へぇ〜 すごいね〜

そのうえ 意外とシェフの仕事は 数学的な要素が多いのだそうで
お料理の味付けや お皿に飾る配分とか バランスなどにしても
すべて数学に通じるそうで そういうことも含めて 
お料理を作るということにおいては 数学的センスは
とても必要なのだそうです。

それで今は、こちらの店舗で シェフとして腕をふるっていらっしゃる
とのことでした。

こちらの店舗は パーティー会場もあるので
月によっての売り上げは ランチの多い日 デイナーの多い日
また パーティの数の多少などによって 大きく変わってくるよう
なのですが このシェフは 食材の調達量や 原価なんとか数?など
どんな月でも 月末にはその数字を ぴたっ!と合わせるんだそうです。

この能力には 周りのスタッフも大変驚いた、と言っていました。

せっかくの東大なのに もったいないですね〜 と言ったら
そのご本人は 猛烈に勉強をしなくても入れた東大なので
全く 惜しくはないそうです。 
( 又 受ければ いつでも入れるんでしょうからね )

さすがに クイーンアリスですね、 ちょっとびっくり、でも
とっても いいお話を伺いました。
クイーンアリスという存在が大好きな方が 作っているお料理を
頂けるという事は 私たちにとっても 幸せなことですよね。

なんか12チャンネルあたりで 取り上げられそうなお話でした。

こんなお話をしながら 頂いた クイーンアリスのランチは
3300円 ( 税 サ 込 ) でした。

お料理もかわいくて おいしいし ボリュームもあったし
とても楽しく 過ごすことができました。
お友達のお二人も とても喜んでくださいました。
「 急なのに こんな素敵なところをセッティングしてくれて
ありがとう! 」 と ほめられました。

ううん? それは私じゃないのよ、 店長さんのおかげなのです。
いつもありがとうございます!


最後に 美味しそうな 夏ミカンのデザートです。

デザート


murakinoriko at 16:14|PermalinkComments(10)グルメ 

2009年06月12日

ハゲタカ & マンダリンオリエンタル東京

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

バラ


梅雨に入りましたね。

我家のバラは コッコウバラが最初に咲いて そのあといろいろな種類の
ちいさなバラが咲きます。

↑のバラは 箱根のアルベルゴバンブーで頂いたものを
お庭の藪の中に飾ってみました、咲いているようでしょう? 

3


そして バラが終わり アジサイが咲き始めました。

さて 少し前ですが 五月の終わりに 映画 「 ハゲタカ 」 の
試写に行ってきました。

先週の週末から公開されましたね、 「 ハゲタカ 」。

ハゲタカマンダリンオリエンタル東京


映画公開前に 日比谷の東宝の試写室で見る機会にめぐまれ 
娘と行ってきましたが 朝の10時からというのに超満員です!
ぎりぎりに行った私達は 補助席に座るほど 大盛況でした。

「 ハゲタカ 」 のドラマは 最初にテレビで放送していた時には
見ていなかったのですが あまりに 周りの人がよかった!と
いうので 思い切って 再放送を見たのでした。

家人のまわりの金融関係の人の間では 第二の 「 愛るけ現象 」
のようになっていて 会社に行くと 「 きのうはすごかったね〜 」
「 そうそう、あの時も あんなだったね〜 」 とか
反響が凄かったらしいのです。

「 愛るけ( 愛の流刑地←日経新聞連載の小説 ) 」 の時にも 
その職場では 皆さん会社に新聞を持っていってしまい  
奥様たちが小説を読めないので 朝 必ずご主人に
「 新聞を持って帰ってきてよ! 」 とリクエストするという 
社会現象?がありました。

私も 家人が新聞を持ち帰るのを待っていて 夜遅くに
読んだ覚えがありました。

その「 愛るけ 」 連載時も 
「 今日は凄かったですね〜 」 みたいな会話が社内であったそうで
その時と同じように この ハゲタカも放送後の月曜日には 
いつもその話が社内で 話題になっていたようです。

その時の家人の話では テレビの 「 ハゲタカ 」 の内容は 
あながち作り物ではなく 現実だったような雰囲気だったそうです。

さて その続編? 映画 「 ハゲタカ 」です。

ビュッフェ台オードブル


主な出演者は テレビと同じですので テレビで見た人は
かなり楽しめます。 

でもはじめて見る人も それなりに違和感なく 楽しめるので
それが すごいな〜と驚きました。

また テレビの時ほど 内容が難しくないので 
( テレビの時には用語がかなり難しくて 
私には 理解できない部分が たびたびあったけれど… )
映画は 分かりやすく出来ています。

でもそれは この何年かの間に 世の中が 経済に敏感に
なってきて 経済用語や 経済の仕組みなど 
詳しくテレビや新聞などで 取上げる機会が増えてきたので 
こんな私にも 理解できるようになったのかも知れませんね。

さて 大森南朋がすてきです。 ( っていうより 鷲津さんが… )
でも今回 最初のシーンでは 少し太ったかしら? という気がして
前回の方が素敵だった、と思いましたが 最後のシーンでは 
またスマートになっていてかなり素敵でした。 

ちなみに私は いつもの大森南朋はあまり好きではありませんが
この鷲津さんは 好きです。 ( …って誰も聞いてないよね )

玉山鉄二も 良かったですよ。
NHKの「 天地人 」 でも素敵でしたが 最後、華姫と共に
自害するので残念な役でしたが 今回もまた最後は 切ない役でした。

二人とも 銀縁のメガネがとてもお似合いでした。

( 映画の最新ランキングでは ルーキーズ、 天使と悪魔に続き
3位に入っていましたね。 )


さて マンダリンオリエンタルホテルですが…

吹き抜けパスタ


「 ハゲタカ 」 の中で 何度もこのホテルが登場するのです。

記者会見の場面では 何度も 「 マンダリンオリエンタルホテル 」
と言うので 映画には かなり協力しているようでした。

ですので 試写会が終わって さて昼をいただきましょうと 
日比谷の街を見渡したら 真正面に 「 ペニンシュラ 」 が
そびえていたので そこに行きましょうか? とも思いましたが
やっぱり今日は マンダリンオリエンタルホテルに行きたいよね〜
となり 地下鉄で 映画の中で 記者会見が行われた会場のある
「 マンダリンオリエンタルホテル 」 まで出向き
2階の 「 ヴェンタリオ 」 でランチをいただきました。

こちらのランチは 前菜と デザートがビュッフェです。
私が頂いたのは ビュフェに パスタの付いている 
2900円 + サ のコースです。
( この他に メインが付いているコースもありました )

前菜が すごくきれいに並べられています。

焼き野菜


特に美味しかったのは この↓ 野菜チップスです!
私は 野菜チップスが大好きなので いくらでもいただけるこのチップスを
ぽりぽり 沢山いただきました。
おいしいのよ、すごく甘くて いくらでも食べられました。

野菜チップス


この 「 ヴェンタリオ 」 は マンダリンオリエンタルホテル
でありながら 結構カジュアルな感じで しかも2階にあるので 
重厚感はありませんが 吹き抜けが気持ちよく 適度に高級感もあり
きれいな方々で にぎわっていました。

デザートビュッフェ


気持ちよくいただけたのですが 最後にちょっと 残念なことが…

私達の目の前に シーザーサラダをチーズの器で混ぜて提供する
ワゴンがあったので ( それは ビュッフェ台とは離れていました)
私には サラダを提供しているスタッフの姿が目に入るのですが
途中から ほとんどサラダの提供がないような気がしました。

当初 入った時には 何組かのお客様に サラダを出していたり
テーブルには既に サラダのお皿が置いてあったりしていましたが
その後 ランチのお客さまも 2巡目に入っていて 
これから食べる方が多かったのですが 私を含め いくつかの
テーブルには サラダがいきわたっている様子がないのです。

不審に思った私は パスタを食べ終わったときに 係りの方に 
「 私の頼んだメニューには サラダは付いていないのですか? 」
と問うと 係りの方は
「 皆さんにお付けしています… 」 と言うんです。
その時の言い方は 「 …で何か? 」 見たいな感じで…

私のテーブルには出ていないので 見たら分かると思うのですが
「 それで? 」 見たいな態度で ずっと何も言わないのです。

ですから私が 「 私もいただきたいのですが… 」 と
いいましたら 「 はい では お持ちします 」 と…。

これって 何かいやな感じ。
もし全員に出しているのであれば 
「 あっ お出ししていませんでしたか? 申し訳ありません 」 
とかって言うでしょう?

失礼しました、 もないのです。
言わなければ 出さないつもりだよね〜 って雰囲気。

後で マネージャーみたいな人に お聞きしましたら
「 本当に申し訳ありませんでした 」と 
丁寧に謝っていただきましたが その責任者風の方は 
私たち以外のテーブルには きちんとサラダを出しているように 
認識しているようで 「 どなたにもお出ししています。 」 と
言っていたので 私が
「 私が見た時には あまり出ているテーブルはなかった 」 と
食いさがりましたが 
「 たぶん既にサラダの器をお下げしたところを お客様(私)は 
見たのでしょう 」 と言われてしまいました。

とほほ。。。。。。

でも〜〜〜 そうかな〜 ???

この私が 目の前でサラダを提供しているところを
見逃すはずはありません、よね〜 (笑)

でもあちらがそう言うならば  そう理解するしかありませんね。
私の眼力も とうとう落ちてきているってことかしら?  がくっ!



でもこの件以外は とてもきれいだし 美味しいし、
また行きたいな〜 と感じる素敵なプチセレブ・ランチでした。

以前に行ったマンダリンオリエンタル東京の記事は こちらです。
( 以前の記事は お値段が既に変わっているかもしれません )

私のデザート




さてさて 最近目が疲れるので あまり長時間パソコンをやらないほうが
いいと思うのですが はじめると長くなって…

もう ずっと以前から 緑内障といわれている私です。
でも 眼圧も正常なので 視野が欠けなければ 今のところ大丈夫だと
いうことで 今は定期的に 検査に行っているという状態です。

あじさい1


ところが先日 急に 片方の目の半分くらいが 膜がかかってぼんやり
モヤモヤするようになってきたのです。

驚いて目医者さんに行くと 加齢で目のゼリー状のものが溶けて
水のようになり 今までピンと張っていた膜が はがれてきて 
それが漂っている、ようなことを言われました。
( 緑内障とは 直接関係ないようで。。。 )

膜が全部はがれればいいようですが それまでは うっとうしいけれど
モヤモヤに慣れるしかないとのことでした。

結構 検査の時には 重病のような感じでしたが 
要約するとこんな感じのことを 言われました。

大丈夫なのかしら? このままで…
視野の検査もしましたが 今回はまだ大丈夫のようでした。

全く 色々と 体に不具合が出来て いやになりますが
私の父も 会う人事に
「 いや〜 最近は片方の目が全く見えなくなって困りものですよ〜 」
と 元気に嬉しそうに 言っています。

先日も 会う人事に 
「 最近は 全く歩けなくなって困ります。毎日整形、通いですよ〜 」 
とこれまた嬉しそうに 自慢げに言っていました。
ちなみに整形外科には きちんと自分の足で歩いて行っています。

病気にもめげず 病気自慢の父ですが 私も父に似たのでしょう。

「 お母さんは 目が見えないのよ〜 」 と ちょっと脅かし気味に
家族に 病気自慢をしています。
( 家族は 今度はそっちかいっ! みたいなあきれ顔で驚かず )

まぁ 自分の体だから 上手に付き合っていくしかありませんね。

 

さて 最近は このブログも 読んで下さっている方の数が増えていて
とてもありがたい気持ちでいっぱいです。
目のこともあるので この先も少しずつになるかもしれませんが
気ままに続けていけたらばいいな〜 と思ってます。

ご心配をおかけしますが 精神面は? いたって元気ですので
安心してくださいね。
ただ 目薬を頻繁にさすので お化粧が出来ず 小さい目の私です。




では 次回は 箱根か 銀座か ミッドタウンか…

2


murakinoriko at 23:03|PermalinkComments(14)生活 | グルメ

2009年06月05日

横浜開港記念日 & 2002 ワールドカップの思い出

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ

横浜開港記念日


6月2日は 横浜開港記念日でした。
今年は 開港150周年なので 大きなイベントも沢山行われていて
毎年行われている花火大会も レーザー光線を使ったり 花火の前に
「 キマグレン 」 のコンサートが行われたりして 
とても にぎやかになりました。

150周年記念


横浜では 毎年3回 花火大会が開かれますが 
夏に先駆けて 最初に行われるのが この開港記念日の花火です。

その後 海の日と 8月1日の神奈川新聞花火大会が続きます。
でも 今年は 残念ながら 海の日の花火はないそうです。
( 警備の関係だそうです Y150イベントもやっているからね )  

キマグレン コンサート1500人のコーラス


お友達のマンションから 今年も堪能しました。
海に面した舞台では 夕方から 「 キマグレン 」 のコンサート 
( 翌日新聞を見たら 「 ゆず 」 も 途中で参加したそうです ) 
と 横浜市民による1500人の大合唱団のコンサートがありました。

花火


お部屋の中で おしゃべりに興じていた私でしたが
1500人の合唱団による 「 横浜市歌 」 が流れてきたので
ベランダにいた主人が私を呼んでくれて 1500人の大合唱に
合わせて 私も一緒に歌いました。
( この日のメンバーの中にもう一人浜っ子だった人がいて
その方も 全部 歌っていました )

以前もお話しましたが 浜っ子は 皆この横浜市歌が歌えます。
小学校のときに 何度も何度も歌っていたから みんなそらで
歌えるのです。

以前テレビの 「 秘密のケンミンショー 」 で
「 横浜市民は 皆 歌える歌がある 」 みたいな紹介を
していましたが アナウンサーが 浜っ子の芸能人に
「 ♪ わーがーひのもとは … 」 とマイクを向けると 
皆さん一様に ぎょっと驚いていましたが
すぐさま  「 しーまぐによ〜 」 と歌えるのです。
それも全員 確かに確実に 歌っていました。

アッキーナとか 出川哲郎 とか 数人に試していました。

やっぱり コレがなくちゃ 開港記念日とは言えないね〜
そうそう 成人式にも歌ったと 息子は言っていました。

大人になってから歌う機会がないけれど こんなに歳を取っても
皆、歌えるなんて本当にスゴイよね〜
森鴎外先生 ( 作詞 ) に感謝しなくちゃね。


さぁ 花火とレーザー光線のショーが始まりました。

2


音楽に合わせて レーザー光線と花火が上がるのですが 
最初はBGM見たいな感じで音楽が流れていましたが 次の曲は…

あっ! 私の大、大、大好きな曲だ!
というか 私にとって 思いで深い曲を選ぶとしたら 
3位以内に入るであろう その曲が流れてきたのです!

それは アンセム ( 音が出ます 、こちらはディスコバージョン ) 
ソニーミュージックより

この曲は 横浜にとっても忘れられない曲ですよね、この選曲に納得!

私にとっても チョー 忘れられない曲なのです。
なぜ私がこれほどこの曲が好きかというと…

話は長くなりますが その頃私は すごいサッカーファンで
( にわかファンでしたが ) 前回のフランス大会くらいから
ずっと応援していました。

( マリノスも近いしね。 )

予選もずっと応援していて 日本で開催されるなんて 一生にもう
チャンスはないから絶対見に行ってやるぞ〜 と意気込んでいました。

そして 大会より1年以上前 第一次チケット販売がありました。
確か 2001年2月くらいのことです。

第一次チケット販売は 郵便局から申込用紙をもらい 色々書き込み
応募するということで 早速郵便局で 大量に応募用紙をもらい
一人盛り上がっていた私は興奮して ( その日ちょうど小学校の
保護者会がありましたので そこで ) お友達の皆さんに 
その応募用紙を 配った記憶があります。
( それもかなり詳しく書き方の説明をして )

もらった方は たぶん うざい、うざ過ぎる… と思った事でしょう。

家でも 私の姉妹と父母を集めて そこでも応募用紙を渡し 
書き方など詳しくレクチャーした覚えがあります。

この一次販売は 全国区分と 試合開催市割り当て区分があり
横浜市民は 確か2つの区分で申し込めたように記憶しています。

レーザー光線12


絶対行きたかった私は その応募と共に 出せるだけ懸賞も
出していました。
コカコーラ キリンビール ジレット 野村證券 朝日新聞
ファミリーマート (?確か)などなど色々と応募していました。

一人、こつこつと 手紙職人もしていました。

家族はちょっと引き気味でしたが 絶対行きたかったのです。

サッカーの前は バレーボールに凝っていた時期があって 
男子も女子も よくテレビで応援していました。

ある日 品川プリンスホテルの 「 ハプナ 」 のバイキングに
行った時 やけに背の高い人たちが 大勢いるな〜と思ったら
なんと 全日本男子チームのメンバーがいるではありませんか〜

大好きな 南もいる〜  あの人は 大竹だ〜 荻野だ〜
と興奮していましたら
お友達が 「 よく知ってるね〜 」 と半ば呆れ顔で言ってました。
バレーボールって マイナーなのかしら???


そんな過去があったので 今回のサッカーも 思いは必ず通じると
せっせと応募していました。

3


そして ナントなんと 当たったのです!
それも 懸賞ではなくて 全国販売の方で!
( 当たったといっても タダではないのよ、 買えるってこと )

しかも 日本戦!
しかも 横浜国際総合競技場の チケットが4枚!
( 席はカテゴリー1、 確か1枚17000円だったと記憶 )

きゃ〜  やった〜〜〜〜〜

興奮興奮! 思いは通じるよね〜

でも 1年以上も先のことなんて みんな予定つくのかしら?

記名式で しかも転売も、もちろん禁止で みんな 
( 私ではなく あくまで みんな ) 先の予定大丈夫なのかしら?
と人事のように かなり上から目線で心配していたのんきな私でした。

まさか 私の身に 不測の事態が降りかかるとは その時には
知るよしもない私でした…

( ↓ 懐かしい2002年6月9日 対ロシア戦の様子 )

2002ワールドカップ6月9日対ロシア戦横浜国際総合競技場


その後ウキウキの私は 第二次販売 ( 確か電話で抽選番号をもらうという
システムで 電話がなかなかつながらないなどと 大変だったような、)
も余裕の態度で (チケット騒動の世間を) 見つめていたのでした。

それから 数ヶ月後 チケットの転売を防ぐため 
本人が身分証明書を持参して郵便局まで チケットをとりにいき 
ようやく まさしく銀色に光るプラチナチケットを入手したのです。

そして まさしくW杯開幕直前、 悪夢のような出来事が。。。

4


5月初旬の人間ドックで 私の悪性リンパ腫が判明。
それもかなり悪いとのこと。。。即入院しなさいって言われて
いつもは気丈な私でしたが 道で出会った 仲良しさんの前では
泣いてしまった 気弱な私でした。 ( ←その頃は )
だって このまま何も治療しなければ 半年の命と言われたので。。。

病院では ベッドが空き次第 即、入院〜手術とのこと。
そして 5月下旬に入院 手術は 6月4日と決定しました。

う〜ん こんなこと考えていなかったよ〜
あんなに苦労してチケット、ゲットしたのに 
この私が行けないなんて〜


手術日の6月4日は 日本戦の第一試合、 日本対ベルギー戦
当初私は 手術後ベッドで観戦できるね、なんて 
気楽に構えていましたが なんのなんの 胸からおへその下まで 
30センチ以上もおなかを切ったので 全くそれどころではなく 
ベッドにも戻れず 処置室みたいなところで 気持ち悪いし傷も痛いしで
苦しい苦しいといって 一夜を過ごしたのでした。

ワールドカップどころではなく 本当に苦しい一晩でした。
家族は夜はもう帰リましたが 仲良しのお友達のご夫婦が夜に病院に
来てくださり うつらうつら苦しんでいる私を 励ましてくれました。
( 考えてみたら そのお友達ご夫妻は ワールドカップを
見逃したのではないかしら? 今気づきました。 
本当にごめんなさいね、 そして 本当にありがとうございました )

こんな感じのワールドカップだったので この曲は 私の人生の後半を
代表する思い出深い曲なのです。

そして 観戦予定の6月9日は まさしく入院中。
観戦者の変更もかなり厳しくて 両人の身分確認書類を提出しなくては
なりませんでしたが 私の分は長女に譲り 4枚の入場券でしたので 
私を除く家族4人で行ってもらうことにしたのです。

この曲を聞くと ベッドで 患者さんや看護婦さんと一緒に応援した
ワールドカップを思い出します。

あの6月9日 稲本が1点を入れた時 病院中から 
拍手が聞こえたんですよ!
それほど患者の皆さんも うれしくて もう消灯は過ぎていましたが
その日だけは お部屋の明かりもつけておいてくれて 皆さんで
「 よかったね〜 」 と喜びあいました。

懐かしい 懐かしい あの曲が 横浜開港150周年記念日に
花火と共に聞けたこと とてもうれしく感じました。
曲を聞きながら あの時は こんな今日の日が来るとは
思っていなかったので 少し涙も出ました。

本当に本当に うれしい花火でした。


5


その後、花火とレーザー光線の曲は 「ボレロ」 に変わりましたが
なんか 「 ボレロ 」 って 横浜市に関係あったのかしら? 

6


さて これにはもう一つ 続きのお話があって 試合当日 娘二人が
会場のある小机駅に到着した時に 取材の記者たちが 駅にも沢山いて
( チケットゆずってくさい みたいな看板を持った人たちが
たくさんいたので その取材のような ) その記者が 娘たちに
「 チケットはどうやって入手したの ? 」 と質問を
してきたそうなのです。

そこで娘二人が 母親が苦労して入手したこと でもその母親は
病魔に侵され 今 病室にいる事など 詳しく説明したそうなのです。

そしたら その記者は 「 いい話だね〜 その話 頂き! 」
みたいな調子良いこと言って 「 明日の朝刊に必ず載せるからね 」
と約束したと言うのです。

娘からも 「 おかあさん! 明日の朝刊に お母さんのこと
でるからね〜 」 と嬉しい メールをもらいましたが。。。

案の定、 やっぱり、 全く、 翌日の朝刊には 
一行も 私のことは記事になっていませんでした。。。  とさ。

全くいい加減だね〜
マスコミは。。。



今年のゴールデンウイークも 親戚一同で 湯西川温泉に行ったのだけれど
その時 佐野のインターで 佐野ラーメンを食べていた父に 
テレビ局のカメラが寄って来て 「 おじいちゃん、おいしいですか〜 」 
なんて聞くから 「 父はよく耳が聞こえないんです 」 
と私が答えたら そのカメラマン
「 おいしさは おじいちゃんのその食べっぷりで伝わってきますよ〜 
日曜日のサンデー○○という番組に 出ますのでよろしく! 」 
なんて 父に調子いいこと言って 去って行ったのです。

そして日曜日 期待してテレビを見ていたら
全く父は どこにも 映っていませんでした。 とほほ。。。

家族そろって早起きしてテレビ見たのに散々でした。



こんな感じで 2002私のワールドカップ日本大会は 
新聞記事になることもなく 過ぎていきました。。。

キルフェボンのケーキ


開港記念日 〜 チケット騒動記 
いつもながら 今回も長々と読んで頂き ありがとうございました。
お口直しに キルフェボンのケーキの写真で 楽しんでください。 


murakinoriko at 00:15|PermalinkComments(15)グルメ | 生活