2008年08月

2008年08月31日

台湾 母娘夏旅行 3 ( タイペイ101 「 欣葉食藝軒 」 ランチ  )

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

タイペイ101 欣葉101食藝軒


昨日は一日市内観光でしたが 今日、明日の2日間が 自由行動日です。
決まっている予定は 今日の 欣葉ランチ 〜 九分観光
そして 明日の 娘の資生堂QIスパ この3つです。

まずは タイペイ101、85階の 「 欣葉101食藝軒 」 ランチです。

タイペイ101ビル 12入口はオフィス棟です


このタイペイ101は今のところ 完成したビルとしては世界で一番高い
ビルです ( ドバイのバージュタワーは まだ未完成、 話題の
上海ヒルズは 高さはタイペイ101より低いです )

昨年の主人との台湾旅行でも この85階のレストランを予約したのですが
台風の大雨で 視界は全く望めなかったので 直前にキャンセルしました。

だから今回は リベンジ編です。

当初 この日は(金曜日)は朝から九分観光に行くつもりだったので 
タイペイ101ランチは 土曜日に予定していて お店にもその旨
伝えたましたら お返事は 
「 予約取りました 窓際席 一人 1680+10%です 」
と言うお返事が。。。

1680+10% って! 7千円近くなんです!

たしか通常のランチは 880元+10% (3500円) だったのに。。。

早速詳しく問い合わせたところ 土曜日は ランチはないとのこと
コースは 夜と同じものになるそうなのです。
アラカルトでもいいのですが それだと 窓際席料金が
+一人400元かかるとのこと ( 1500円 )

主人に相談したら もったいないよ、 ランチで7千円もなんて。
展望台に上がって その後地下のフードコートで 食事しなさいよ、って。

そもそも 展望台(89階)に上がるのには 400元かかるんです。
それに前回行った 鉄板焼きの 「 KAREN 花蓮 」 だって 
鉄板焼きのセットは 500元するので 合わせれば 900元!

こちらの平日ランチ 880+10% と何ら変わりはないのです。

そしたら このレストランに上って景色を見れば 展望台代が
浮くってわけなので じゃ やっぱり行きたいよね〜 
世界一高いレストランに。。。

それに何より 地下でする食事と 世界一高いところでする食事では
なんか 気持ちのあり方が違いますよね〜

ということで 何とか プランを練り直し 金曜日の九分観光を
午後からにして この日の平日ランチを 予約しました。

そして 窓際でなくても良いので と言う事で +400元の出費も無く
めでたく 一人 3500円のランチの実現になったのです。

台北101、2階 レストラン受付


このビルは セキュリーティが厳しくて 2階でまず予約の確認をされます。
( レストランは ショッピング棟とは違い オフィス棟にあります。 )
そして開店時間まで レストランのある85階には上がれません。

少し先に行って85階で景色を楽しもうと もくろんでいましたが
そんなことは全く出来ませんでした。

なんだか 2階の受付にいるきれいなお姉さま方は たいそう偉そうで
タイペイ101で働いているという自負心が 体中からあふれている
オーラを出していました。

受付周辺でちょろちょろしている私は そのお姉さま方から ずっと 
悪さをしていないか、目で追われていました。  とほほ...


さて時間になったので 係りの方の誘導で エレベーターに乗りますが
何台もエレベーターがあるのに 乗れるのは一台だけで
そこにも係りの方がいるので 勝手な行動は出来ません。

そしてエレベーターホールは真っ暗で 全く景色が見えません。

つまり ただでは絶対 景色は見せないぞ! と。
レストランに入るまで 一切 外は見えないような造りになっています。

真っ暗のホールを通って レストランの中に入ると。。。

む、む! 目がくらむ!!

85階から望む台北市内


前面の大きな窓からは 台北の町が一望に望めます!

娘いわく 「 わぁ〜 地図に載っているのと 同じ景色だわ〜」 と。
店内も ちょー ゴージャス!

予約のときに 色々お世話になった 日本語堪能な係りの方のご好意で
窓ぎわから2列目の席! しかも 窓際席の方の予約は 私たちが入店した
11時半の段階では 最初は 誰もいなかったので 
とても気持ちの良い 素晴らしい眺めを 存分に堪能することができました。

店内1店内2


最初に レストランのマネージャーの方から ご丁寧な挨拶を頂き
恐縮しました。 
ごぼうのチップスも サービスですと言って ご好意でいただきました。
( これって 結構大量にあったので お持ち帰りしました )

たぶん 予約の段階で いろいろとお世話になった スタッフの方から
私たちのお話が マネージャーさんにいっていたのでしょう。
本当にありがたいことです。

このスタッフの方は 事前に メニューを送ってくださったり
台北の天気予報を送ってくださったり
タイペイ101のレストランの入り口の地図を 詳しく書いてくださったり 
本当に いろいろと お世話になったのです。

最初に提示された7千円の時に 私たちは あまり予算がないのよ、
と相談したので 平日の予約を進めてくれたり 窓際以外の席も
何日分か事前に取っておいてくれていたりと 本当によくしてくれました。

3種のアペタイザー ごぼうチップス


本日の日付の入っている きれいな蓮の模様の入った表紙のメニュー表も
いただきました。

どれも 見た目のきれいな 洗礼された 中国料理です。

地鶏の蒸しスープメロのこんがり揚げ豚スペアリブ


前菜 スープはとても美味しく頂きました。
やはり見た目もきれいですし スープは サムゲタンのお醤油味のような
味付けで ほっとするようなコクのある 大変素晴らしいものでした。

しかし メインのお魚と お肉は ちょっと?
娘いわく 無理やり お魚つけました、というような。。。
お肉も おいしいのですが 骨付き角煮? が何本もあって 
付け合わせがなかったのも 見た目、的にさみしたったです。

野菜の炒め物シーフードおこわマンゴープリン


意外においしかったのが この野菜の炒め物で これは さっぱりしていて
とてもおいしかったです。
マンゴープリンも おいしかったですよ!

ランチ (約3500円)85階から下を望む


あとから ホテルの方に ここでお食事をしたのよ、と言ったら
よく予約が取れましたね〜、と。
この 「 欣葉101食藝軒 」 は地元の人にも人気のレストランで
週末の夜の予約は1カ月待ち、 ランチもなかなか取れないのですよ、
と言って 驚いてくれました。

日本からも 旅行代理店を通すと なかなか予約できないとか...
やはりお店に直接予約して いろいろと相談をするといいようです。


メールでいろいろとお世話になったレストランのスタッフの方に 
ほんの気持ですが お土産を持って行きました。
その方は 事務所にいらっしゃるとかで お会いできませんでしたが
私のおみやげは その日のうちに その方に届いたようで
夜 ホテルに帰ったら その方から お手紙と お醤油のお土産が
お部屋に届いていました。

私は その方が今だに 男性か女性か わからないのですが
( 名前では判断できなかったので ) お手紙が スヌーピーの便せんに
書かれていましたので 女性の方だったのかもしれません。

欣葉さまからお土産がとても心あたたまる接客をしていただき 
ますます台湾の人が好きになりました。
素敵な眺めと おいしいお料理 
心に残るスタッフとのふれあい、
それも 旅の醍醐味ですね。



さて ランチの後は 一番楽しみにしていた 九分観光に 繰り出しました。
長くなりましたので 午後からの仇分観光編は 次回に続きます。

前回のブログのコメントに書きました 台湾の親切なステキな男性のお話は
次回と言うことで…  すみません、後引いて…


仲秋節のお菓子 リージェントホテル製


私の旅行記ですが かなり克明に長々と書いていますので 
興味のない方には まったくもって面白くない内容だと思いますが
最近は 読者の方も増えてきてくださり たぶん旅行関係で検索して
訪れてくださっている方が 多いのではと思っています。

はじめは お知り合いだけに読んでいただくために始めたブログですので 
トラックバック( 仲良しブログの方にリンクさせてもらう )
もしていませんが 最近では ライブドアブログの 
「 旅行 一般 」 のカテゴリーのブログランキングで 時々ですが
( このカテゴリーのブログは 6千以上あるようです。
でも普通に稼働しているのは その中の1割くらいでしょうか? ) 

「 紀子の部屋 」 、「 紀子の部屋 2 」 も どちらも
100位以内に入っていることもあるのです。 ( まれですが。。。 )
自分でもびっくりしていますが 
これもひとえに 皆様のおかげと感謝しています。

改めて 「 ありがとうございます。 」

病気の状況も 大変厳しいものに なっていそうな気がしますが
( 再度 首のリンパ節の細胞を調べるために また 首を切りました )
なんとか 大好きな旅行は 続けていきたい気持ちで一杯です。

では これからも よろしくお願いいたします。

murakinoriko at 18:17|PermalinkComments(9)台湾 母娘 夏旅行 2008,8 

2008年08月24日

台湾 母娘夏旅行 2  ( 無料一日市内観光 )

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

圓山大飯店


台北2日目は ツアーについている 一日無料市内観光です。
上の写真は ツアーのお客さんをピックアップする時に立ち寄った
圓山大飯店の 「 門 」 です!



話は前後しますが ホテルの朝食です。
リージェントの朝食は 台北一といっても良いほど 種類が豊富です。
この日はまだ平日だったので レストランはさほど混んではいませんでしたが 
外国のビジネスマンと観光客が半々くらいの感じでした。

この下が朝食レストラン朝食レストラン


朝食 レストラン私は おうどん!


朝のロビーホテルの横にはブランドショップが


さて 朝食の後は 一日市内観光です。
最近アジア方面では 無料の市内観光がついているツアーが多いのです。

この仕組みは この無料観光で 2〜3 (4〜5も?) の 
おみやげ物やさんや 免税店 漢方やさん などに連れて行かれ 
ここでツアー客が使った代金の一部が 旅行社やガイドさんに
バックされるため 無料で観光を付けられると言うものだそうです。
ですから 街の市場のようなところで買うのと比べ 値段はかなり高めに
設定されていますが いちいち歩き回らなくてもいいし 見た目も綺麗に
包装されているし 一応品質も良いもののようなので 
安心できる点も日本人には 都合が良いようです。

以前は 格安ツアーの場合この無料観光をパスすることはできないように
なっていましたが 最近では 同じ料金で 観光付きかフリーかを
事前に 選べるようになってきています。

私達は日程に余裕があったのと 長女も 定番観光をしてみたい
と言うことだったので このツアーを申し込みました。

( この辺の 事情をわかっていないと なんだか おみやげ物やさん
ばかりに連れて行かれるとか 薬を売りつけられるとか 以前は随分と
苦情が出たようですが 最近は パンフレットの注意事項に お土産や
漢方は 買うことを強制するものではありません、と書いてあります)

保安宮 12


この日のガイドさんは 昨日私達を空港からホテルまで運んでくれた
エリさん ( お若い女性 たぶん30歳くらい ) でした。
日本には まだ行った事はないと言っていましたが 日本語学校で日本語を
学んだということで きれいな日本語を話す かわいい女性でした。

この日のツアーは ナルワントツアーという地元のツアー会社の案内で
バス一台に30人くらい、 そのバスが なんと5〜6台ありました。

つまり日本からのツアー客のかなりを このナルワントツアーが
現地でのお世話を請け負っている というシステムのようでした。
( 私は このナルワントツアーのことを ずっと ナルトワンツアー
だと思っていて そう呼んでいました! )


最初に行ったのは まさしく私にピッタリな 「 保安宮 」で
医学の神様が祀られ 病気回復と 長寿のご利益がある廟でした。

念入りにお参りしてきました。

その後 もう一つ行天宮を参拝して (この日はものすごく暑かったので )
エリさんいわく 
「 暑い中お参りしたので この辺で一休み お茶屋さんで美味しいお茶を 
飲んでください 」 と言うことで 大きなお茶やさんへ。

へぇ〜 なかなかうまいね〜 
こうやって提携のお店に案内するんだ〜 と感心しました。

お茶屋さん 店内お茶屋さん 1お茶屋さん 2


これがそのお茶屋さん。
おじいさんの お茶の博士が説明してくれます。
話の内容に応じて 色々なお茶や お茶請けが 試飲、試食できます。

さきほども お話ししたように 5,6台ものツアーバスが
時間差で 続々とこのお茶屋さんに来るわけなので 私たちも流れ作業で 
次々とお茶の説明や 入れ方セミナーを 受けました。

( 自分の ツアーバスが 何号車なのか 忘れないようにするため
みんな胸に ○号車の シールをつけさせられました。 )

説明の後は お茶売りタイム。

何本買えば 1本おまけにつけるとか 市場で売っていない急須だとか
色々とおまけをつけて そのおじいさんが売っていき 買うお客さんが
手を上げて 素早く従業員が 包みを持って 席でお金を払うと言う
流れ作業が 息もピッタリと出来上がっています。

私達? 美味しく試飲させていただきましたが 購入は パスです。
だって この先まだまだ おみやげ物やさんを回るので…

中正記念堂


蒋介石1蒋介石像天井


その後は またバスに乗って 総統府など 日本の統治時代に作った建物
を見て回り 蒋介石を祀ってある台湾民主祈念堂 ( 中正祈念堂 )
の見学です。

この後は 大きなお土産物屋さんをまわり (いろいろと試食ができました)
日程の詰まっている方は ここで たくさんお土産を買っていました。
こちらで買ったものは 夜までにホテルに送ってくれるそうで 
これはうれしいサービスでした。 ( 先ほどのお茶屋さんもそう )

私は 記念に 赤いひもの付いている 小さな白い急須を買いました。

記念に買ったかわいい急須12


このツアーには 色々な旅行社のツアー客が混ざっているので 
それぞれ日程も違うし 飛行機も違うし ホテルも違います。

無料でついている昼食も たまたま縁があってご一緒した者同士で
円卓を囲むことになります。

市内観光は このバスで昼食 みんなで囲みます


10人で1卓で 最初は気まずい雰囲気でしたが なんとなく食べていると
それぞれの関係も分かってきて 最後は和やかな雰囲気になりました。

なんといってもこの中の中年夫婦が 泊まっている「 圓山大飯店 」
の悪口を言い始め それがきっっかけで 結構その話で盛り上がりました。

そのご主人が言うには 「 あの憧れの圓山大飯店 」 っていうから
泊まったのに 着いてみれば 本館を出て その先をズーッと行った
その先にある 何ともいえないトホホなお部屋だったとか…

他にも 圓山泊の人がいたのですが その御主人は 詳しくその方たちの
お部屋の場所を突き止め まだそこはいい方だと、 それにひきかえ
自分たちの部屋は。。。と大変憤慨していました。

その横で その奥様が 「 あなた! それほどひどくないわよ! 」
と 御主人をなだめているのが微笑ましかった 昼食でした。

ここの昼食、娘いわく ちっとも美味しくないお昼だったと。。。
私は 無料にしては まぁまぁだよ、 となだめましたが
このお店 どのテーブルもツアー客で一杯、 無料ツアーの昼食は
ほとんど ここなのかしら? と思うほど大盛況でした。

足ツボマッサージ故宮博物院


おなかも一杯になったところで 次は 漢方やさんです。

別料金で一人 30分700元 (2550円)で
足つぼマッサージも受けられます。
ツアーの三分の二くらいの方は 参加していました。
私と娘もお願いしましたが マッサージに参加しない方は 
別室で 漢方の説明を受けていたようです。

写真で分かるように ぎっしりと並んで マッサージを受けます。
一人ひとりに 足のつぼと 体のどの部分と関係があるかを書いた紙が
渡されます。

痛いところが その体の部分の悪いところということです。

そして マッサージを受けている2、3人ごとに 中年の日本語堪能な
おばさんが張り付いていて 悪い部分によく効くという 漢方?を
勧めてくるのです。

私は もう 「 痛い!痛い! 」 
どこを押しても 「 いたたたた! 」  の連続。
娘は 「 お母さん!おおげさだよ〜 」 と呆れていました。

脳 小腸 股関節 冷え性などなど いろいろと悪いところを指摘された
私に 横にいた係りのおばさんは うれしそうに 
「 あなたは更年期ね〜 」 といって来るのです。

 本当にうれしそうに言ってました。

私が 「 更年期は とっくに終わったのよ 」 と言ったら
そのおばさん 私に 「 何歳? 」 って唐突に聞くんです。

「 56才よ 」 と言ったら 「 え〜56才? 私と同じね〜 」
なんて言うんです。 
( ほんとかしら? )
「 1952ねっ! 」 って。
いちきゅうごおにい〜ね! って、日本語で、
それも みんなに聞こえるくらいの大きな声で。

( あらっ やっぱり ほんとうだわ!
だって なかなか他人の西暦って すぐでてこないものね〜 )

同い年とわかって そのおばさん、かなり私に親近感を持ったようで
それから どこに住んでいるのか、とか 家族は何人かと
おばさんからの 私への「 連続質問タイム 」 が続きました。

私が答える度に おばさんは、うちの息子も 横浜にいるのよ、とか
次男は 立川にいるのよ〜 とか
挙句の果てには 主人は日本人なのよ〜 と言い出す始末。
私の興味を引くように いろいろと話題を小出しにしてくるのです。

( エッ? 話がうますぎる! 再度ほんとうかしら? )

それから いよいよ漢方( 健康食品 )の勧誘が始まリました。

この漢方は 何ヵ月もつから 家族全員で飲んでも1か月1万円で済むよ、
これはどお? じゃこっちはどお?って 勧めてくるのです。

私は ホテルが近いから よく考えてまた買いに来るから、
と毅然と言ったので さすがに そのおばさんは 私をあきらめて
他の人の所にいって 勧誘をしていました。

ごめんなさいね、おばさん!
いろいろと 話術で私を楽しませてくれたのに。。。

私には おばさんに言えない病気があるのよ〜
それをクリアしないと 漢方にまで手が回らないのよ、 
ごめんよ、 おばさん!

と心の中で おばさんに謝って お店を後にしました。

私の隣りの男性は 前立腺が悪いね、と言われ かなり焦っていました。
やはり漢方を勧められていましたが それって 漢方を飲む前に
病院に行ったほうがいいですよね〜

楽しい おしゃべりタイムと かなりきつ〜い マッサージで
足も軽くなり 後半の観光へ続きます。

翠玉白菜豚の角煮


オリーブの種象牙のバスケットバスケットの彫り


写真は 故宮博物院のホームページから。
ちなみに 白菜は 天然の翡翠と玉(ぎょく)を彫刻したもの
角煮は 石材を加工、細工したものだそうです。

故宮博物院は ガイドさんの声が 離れていても聞こえるようにと
イヤホンをつけての 鑑賞でした。
去年行った時のように早足でしたが 定番の 白菜と角煮 
それと今回は 細かい芸術品を中心に鑑賞しました。

一通り鑑賞した後は 30分くらい自由時間があり
私たちは 4階にある 素敵な茶芸館 「 三希堂 」 でお茶を
したかったのですが 館内を迷ってしまい なかなか喫茶店に
たどり着くことができず ( 結構広いし そこに行くエレベーターが 
見当たらなかったので ) ミュージアムショップをのぞいていました。

忠烈祠123


故宮の後は その近くにある 忠烈祠の一糸乱れぬ衛兵交代式の見学です。
前回は 雨の中行われたのを見たので 短縮版でしたが 今回は全部を
見ることができました。

この衛兵は 兵隊の中でも 頭もいいし 家系もいいし 身長もあって
何よりイケメンが選ばれるとのこと ガイドさんは 自分好みの
衛兵さんの前で写真を撮ってね、と 言っていました。

夕方のホテル優雅あのプール


さて 長い一日無料市内観光も DFS(免税店)で最後になりました。
何組かの方たちは このお店に入らずここでお別れしました。

まる一日かかった市内観光でしたが 自分で回ることを考えたら 手順よく
回れたし 自分たちでは決して行かないお土産屋さんにも行けたし
くわしい説明も 無料ランチもあったし 結構楽しく観光できました。

それに最後の免税店は 私達のホテルの地下にあるので 
とても 便利でした。
ここで解散なので 他の方たちは 自分達で帰らなくてはいけないのですが
私たちは 楽チンで すぐお部屋に戻ることができました。

ホテルのプール


お部屋で一休み 一眠りし後は 夕食に向かいます。

その途中 台北駅で 明日行く九份までの台湾鉄道 自強号のチケットを
自動販売機で購入しました。

夕食は 世界で一番有名な小籠包のお店「 鼎泰豊 」 です。

小籠包や点心は 二分の一で注文できると 事前に口コミで見ていたので
注文票に そう書いてみたら 全く問題なく 5個入りで出てきました。
このシステムは 少人数で行く時には うれしいですね。

小籠包、半分 (90元 ) えび餃子、半分 (100元 )
スーラータン 小 (70元 ) キャベツ酢漬け (60元 )
ビールを頼んで 506元 ( 1850円 ) でした。 

この鼎泰豊は オプショナルツアーで行くと 
( もっと いろいろな 種類のお料理が出てくるようですが ) 
一人3千円くらいするので あまりたくさん食べられない方は 
個人で行ったほうが 経済的ですね。

この後は おなじみの冰館の かき氷 160元 600円
屋台で 天津葱餅 卵入り 1枚 30元 110円 を食べ 
楽しい 夜の永康街めぐりを 楽しみました。

この台北滞在中に いろいろなところで お食事をしましたが 
やはり 鼎泰豊は おいしいな〜と思いました。

はずれがないですし 清潔ですし 何よりお姉さんがきれいでした!

鼎泰豊ミックスカキ氷


きれいなお姉さんの ミニスカートを こっそり隠し撮りしました。
これって 盗撮かしら? ( 汗 )

ミニスカートのお姉さんたち2


明日は 台北101のレストランで ランチ 〜 九份観光です。

murakinoriko at 23:32|PermalinkComments(6)台湾 母娘 夏旅行 2008,8 

2008年08月17日

台湾 母娘夏旅行 1  ( 到着 〜 猫空 )

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

飛行機の中から


前回お話しましたように 8月6日から 4泊5日で 
長女と2人で台北に行ってきました。

長女の夏休みと 私の通院の間がぴったり合ったので 
すぐ行けて安全な所という事で アジアを探しましたが 私の行きたかった
香港やバンコクなどは 娘はもう複数回行っているので あっさり却下されて
娘がまだ行ってない 台湾ならばということで 急遽ツアーを探しました。

香港に比べて ツアー代金はかなり安いし 成田からは 何社も飛行機が
飛んでいるので 直前でも こちらの希望通りのツアーが取れました!
( 1泊延泊しました。 )

快速エアポート成田グリーン車10時発 台北行き


台湾ツアーは 最近は かなりお安いツアーも出ていますが
日本からの出発便が 夕方や夜だったり 帰国便が 早朝だったり
ホテルも遠かったり、古かったりで やはり探し始めると 納得ツアーは 
それなりのお値段がするようでした。
( それでも 香港よりは ホテルのお値段が 随分と安いようです )

行きは JRの 「 快速エアポート成田 」 です。
わが家からは 新川崎駅まで 家人に車で送ってもらい
新川崎から JR横須賀線 〜 総武線 〜 成田線がつながって 
成田空港まで1本で 1時間45分で行かれます。

今回はグリーン車に乗ってみました。
大きな荷物があるので 席がゆったりしているグリーン車はとても楽でした。

乗車券は1620円 ( 快速は 普通乗車券だけで乗れます )
+ グリーン券 ( 950円 ) 計2570円です。
(車内で グリーン券を買うと1200円になりますので 是非乗る前に
駅で買うのが お薦めです。 )

グリーン券は 事前に駅でスイカで買うと スイカ内に情報が入るようで
乗ってから 上の写真の車内天井にある赤いランプの読み取り機に 
スイカをタッチさせるようになっています。 
自由席なので何処に乗ってもOKです。 

グリーン車は2階建てなので 景色もいいし 何よりJRではこの快速の
グリーン車の情報を 特に積極的に宣伝していないようなので 
とにかくすいています。 ( 成田エクスプレスと競合するからね〜 )
知っている人しか利用していないようで 時間に余裕のある方は 
成田エクスプレスより 時間的には 横浜方面で30分くらい多く
かかりますが お安いし快適なので 沿線にお住まいの方にはお薦めです。

台北到着!


さて搭乗前に 前からお話していた 自動化ゲートの申請をしました。

事前に 用紙をダウンロードして 申請窓口に並びましたが
申請用紙は 出国審査の部屋に入った左側のカウンターにも
置いてありましたので その場で書いても大丈夫でした。

さて この日の出国審査場は 夏休みだということで 大部混んでいましたが
自動化ゲートを使用している人は 私の見る限り ほとんどいなかったので 
やはり混んでいる時には ここを利用するのは お得なようです。

2,3人が並んでいた自動化ゲート申請窓口 ( 出国審査の窓口の 
いちばん 左側にあります ) に並び、私の番がきました。

両方の同じ指の指紋を 小さな器械に押して 読み取ってもらい終了です。

が、 しかし 私の指紋、 はっきり取れないのです。
人差し指がダメだったので 他の指 〜 親指まで やってみましたが
両方の同じ指じゃないといけないらしく どの指も片方しか採れないのです。

濡れティッシュで湿らせたり クリームを塗ったりして 試しましたが
ダメでした。 ( これらのものは係りの人が 指導してくれます )

「 主婦の方は 採れない方も多いのですよ〜
また 体調の良い時に 試してください 」 と言われてしまいました。
( 指紋って 体調によって はっきりしたりするのかしら? )

残念! この後 また 別の列に並ぶのかしら? と思っていたら
隣のカウンター( 自動化ゲート用に配置されていた係員のカウンター)
に案内されたので 並ぶ時間のロスになりませんでした。 ホッ!

成田からは 2時間50分で桃園国際空港に到着です。

数名のグループで送迎バスに乗り 途中免税店でお買い物 〜 両替タイム
があり 3時に ホテル 「 グランドフォルモサリージェント 」
( 昌華酒店 ) に到着です。

グランドフォルモサリージェンシーホテル


このホテルは 前回台北に来た時に泊まっていたので 勝手も分かっているので
今回も このホテルを指定しました。

中山という 日本の銀座のような場所にあり フォーシーズンズホテルの
系列なので とても安心して泊まれる五つ☆ホテルです。

昌華酒店グランドフォルモサリージェントパークビューのお部屋


お部屋はパークビューお部屋 1


前回 お世話になった mさん(日本人女性)がいらっしゃるかと
事前にメールしましたら mさんは シンガポールに転勤とかで
私が連絡をした時は たまたま日本にお帰りだったので いろいろと
ホテルへコンタクトを取ってくださり ツアーにもかかわらず 前回と同じ
( 前回は デラックスルーム指定 ) パークビュールームを
取っておいて下さいました。

フロントで 以前mさんの同僚だった まゆみさんが出てきてくださり 
他にも 日本人女性スタッフを 2名紹介してくれました。

私のことを まゆみさんは 
「 mさんの 大切な日本のお友達なのよ〜 」 と 
ほかのスタッフに 紹介してくれました。

さすがですね〜
フォーシーズンズホテルの接客は...

1242号室2


当初お部屋は16階といわれていましたが まだお掃除がすんでいないとかで
12階になっていましたが それでも 台北101が くっきりと見える
素敵なお部屋でした。

バスルーム洗面台


窓からはタイペイ101が…


お部屋には フルーツと mさんからのご好意で 通常お部屋には2本のお水が
無料でついていますが 4本置いておきますね、と嬉しい配慮をしてくれました。

また 後から、まゆみさんから チョコレートが届きました。

下を見ると公園が…フルーツと頂いたチョコ


ホテルで荷物の整理をした後は 近くのカフェで 一休み。
森林公園前の ナイスビューイングカフェで 最初のお茶タイムです。
( 今回の目的は お茶を楽しもう ということなので )
有名な タピオカミルクティの発祥の カフェ 「 春水堂 」。

飲み物は 全て ビールのジョッキくらいの大きさのグラスで出てきます。

お茶請けも数種類あって 私たちはお腹もすいていたので 
大根餅 サトイモ餅 ( どちらも70元 250円 )
タピオカミルクティ ( 130元 460円 )
暖かいウーロンミルクティ ( 160元 570円 ) を頼みました。
どれも とても量が多いので お茶1つ お餅1つでも十分でした。 
オーダーは メニューを見ながら 注文表に記入するので 
中国語が話せなくても大丈夫です。 ( 全部で 1550円でした )

春水堂大根餅でお茶タイムタピオカミルクティ、大きい!


さて カフェで一休みしたあとは 今回の台湾旅行の目的の一つ
お茶の里 「 猫空 」 へ出発です。

猫空 ねこぞら だなんて 名前が可愛いですね。
現地読みでは マオコンというのだそうです。

昨年 主人と台湾に行ったときに 猫空にロープウェイが完成したと
大きく報じられていたので 是非行ってみたかったのです。

この猫空は 鉄観音茶の産地で 山の上の茶畑に沿って 
何軒ものお茶屋さんが点在している 素敵な所だということなのです。

そこに行くのに 今まではタクシーやバスで行っていたのが
昨年 ロープウェイが出来て 一気に 行きやすくなり 休日は
そのロープウェイに乗るのに なんと2時間待ちの大盛況らしいのです。

地下鉄の車内広告にも ロープウエイの乗客数が1年で 
500万人突破したと 出ていたほどです。

MRT(地下鉄)で猫空へ猫空まではロープウエイで



中山から 地下鉄で一駅で台北駅 そこで又地下鉄に乗り換えて20分、
終点の動物園駅から ロープウェイは出ています。

平日夕方にもかかわらず 30分くらいは並びました。

ロープウェイのゴンドラは8人のりで 次から次へとやってきます。
箱根の大涌谷のロープウェイのようですが 時間は20〜30分あり
高度も だいぶ高くて 迫力満点でした。
ロープウェイ代は 動物園駅から猫空まで 50元(185円)でした。

ロープウエイからの景色12


特に私たちが乗ったのは 夕方だったので 遠くに台北101が望め
眼下には ちょっとしたジャングル風の 森が拡がっていて
日本では味わえない とても素敵な 雄大な景色を楽しめました。

猫空ロープウェイから見るタイペイ市


だいぶ暗くなりかけて 猫空駅に到着です。
駅周辺は 大混雑。
近くのレストラン ( 食堂? ) も家族連れや お仲間グループで
大繁盛です。

私達は だいぶ山の中に入った お茶屋さんに行く予定を立てていましたが
まだ 猫空に関しては 詳しいガイドブックが日本にはなくて
ロープウエイがついた後は どのようにして バスでお茶屋さんまで行くかが
不安でしたが ちょうど駅の横に バス停があり 事前に調べておいた
「 小10 」 のバスがいたので 慌てて乗り込みました。

猫空駅到着もう暗くなっています


バスにはバス停がないので 乗り降りは手を挙げたり 運転手さんに伝える
とのことでしたので ガイドブックの 「 邀月茶房ヤオユエ 」 の
ページを見せて 理解してもらいました。

猫空には 何件ものお茶屋さんがあるのですが それぞれのお茶屋さんは
点在しているので 歩いていくというわけには行かないのです。
それで 目的のお茶屋さんのあたりで 下ろしてもらうのです。

そのバスは 大変込んでいたのですが 運転手さんは 自分の隣の空間に
新聞紙をしいて 娘を座らせてくれました。

ご好意に甘えて座った娘に 周りの乗客は 嬉しそうに好意的な視線を
寄せてくれました。

これに限らず 台湾人は大変親切で こちらが困っている表情を
少しでもすると すかさず どうしたの? ときいてくれます。

台北駅で 悠遊カードを買うときも 近くの女性が寄ってきてくれて
親切に一緒に買ってくれました。

こんなバスで行き着く先は…ヤオユエ茶房


さて 「 邀月茶房 」 前に到着です。
運転手さんは 私たちに 乗り次ぎ券のようなチケットを渡してくれて
明るく挨拶をして バスは去って行きました。

もうあたりは真っ暗です。 何にも見えません。
あんなに大勢いた人たちは 一体何処でお茶を飲んでいるのでしょう。

だいじょうぶかしら? こんな真っ暗なところに 私たちだけで...

不安不安!

見えるのは ちょうちんの下がっている門だけ、 ここでいいのよね。 
恐る恐る進む 私たち。 かなり長い道のり。

着きました! 「 邀月 茶房 」 です! ホッ!

ヤオユエお店は外席です


中は とても広くて いくつかの空間に分かれているようでした。
案内のお兄さんの助言で アウトドア席に。

昼間に来れば お店の全体像が分かるのでしょうけれど 
夜なので 全くどのような造りになっているのか分かりません。

とりあえず お兄さんの片言の日本語 ( 単語程度 ) で
日本人が好みそうなお茶の葉と お料理を 注文しました。
お茶の葉は 40g単位で売っていて そのほかお湯代が一人づつ
かかります。

この日は 鉄観音茶330元 1200円
油そうめん?   130元 470円
鉄観音小ろんぽう 100元 370円
お湯代 一人 90×2=180元 650円

合計 740元       2700円でした。

お兄さんがお茶の入れ方を習いました


まず お兄さんがお茶の入れ方を教えてくれます。 ( 英語です )
お道具の説明や 蒸らす時間など詳しく教えてくれて 
「 次は自分でやってみてね 」、
と言って 説明が書いてある紙を置いていってくれました。

鉄観音茶葉入りの 小ろんぽうや 油そうめんも美味しく 
お茶と共に ゆったりと楽しむことが出来ました。

徐々に 周りの席は埋まって行きましたが 家族連れや 男同士など
皆さん 楽しく過ごしているようようでした。

残ったお茶は持って帰れます。
また 自分で茶葉を持ち込むことも出来るようです。
その場合は 持ち込み料金が少しかかるようでした。

この邀月は ( 他のお茶屋さんも ) 24時間営業なので
夜通しお茶を楽しむ人も 珍しいことではないようです。

麺や点心も食べられます売店



さてそろそろ帰りましょう。

入り口の売店にいるお姉さんに 帰りのバスのことを聞こうとしましたが
お互い言葉が分からないので お姉さんは紙をだして 筆談をするように
してくれましたが、 さっきの片言のお兄さんが出てきて 入口で待ってれば
バスが来るよ、的なことを行っていたので 入口まで行ってみました。

そしたら 運良く すぐバスは きました!
真っ暗な中 じっと待つのは不安だったので 本当に良かったです。
その上 運転手さんは ラッキーなことに さっきの優しい人でした。

お金を払おうとする私達に 運転手さんは さっき渡した乗り継ぎ券
を出してね、とジェスチャーで教えてくれました。

だから帰りは無料でした。

でも バスは 邀月のもっと先を行きます、 あれ〜 と思ったら 
5分くらい走ったその先でUターン、 つまり 猫空を ぐるぐる
循環しているのでした。 なので 乗り継ぎ券だったわけです。

それと もしかして バスは一台だったかもしれません。
あの運転手さん一人で 1台のバスでぐるぐる猫空を
回っているのかもしれませんね。

でも とにかく20分くらい走って 無事、 猫空駅に到着。

帰りは 5分くらい待ちで ロープウェイに乗れました。
初日から フル回転の私たち!

初めての猫空、 無事自力で行けて大満足でした。
今回は真夏だったので 日中は ゴンドラ内がもの凄く暑くなるとの
ことだったので 夕方から行きましたが できれば もっと早い時間帯
に行って 周りの景色を堪能し 帰りにゴンドラから夕日を眺める
くらいのほうが もっと猫空を 満喫できたかもしれません。 

でも 周りには全く日本人はいなかったので 日本でも猫空が認知
されるのは きっとこれからですね。

オプショナルツアーでも 猫空はまだないので 自分で行くしか
ありませんが 距離的には さほど遠くはないので 
( ホテルから1時間半くらい ) もし台湾に行くことがありましたら 
ぜひ訪れる事をお勧めします。

茶器茶葉悠遊カードと乗り継ぎ券


毎回 電車代を払うのが大変でしたので 今回は 先ほどお話した
悠遊カードを 購入して行動しました。

スイカのようなもので 台湾の人もほとんどこのカードを使っていました。
500元で 100元デポジット、 使えるのは400元分です。
でもこのカードを使うと 通常の料金よりも2割ほど電車賃が安くなるし
もともと台湾の交通費は 日本の三分の一くらいなので 
このカード一枚あれば 何処でもいけるくらいです。


明日は 無料の一日市内観光なので 朝早く出発です。

長かった一日は ようやく 終わりました。



murakinoriko at 17:49|PermalinkComments(2)台湾 母娘 夏旅行 2008,8 

2008年08月07日

病気のこと 2、 夏のランチ  花火

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

芙蓉


久しぶりに 初夏の庭の花々です。

ランタナダリア


もう ブログを初めて3度目の夏なので 庭の花も 代わり映えしませんね。
でも 相変わらず 毎年きちんと咲くその生命力は 素晴らしいですね。
見習いたいものです。

さるすべりハンカチの木


さて 前回からの続きのお話がありますので 今回は早めに更新しました。
3つの検査では 再発かどうか あやふやだったので 
大きく腫れたリンパ節の細胞を2ヶ所採って 病理に出して調べてもらいました。

ジャスミン


その結果を 聞きに行きました。

その前に 手術の時に 先生が 2ヶ所も取ったことお話しましたが
抜歯の時にも 首の先生から 1ヶ所ではなく 何ケ所も腫れていた、
というお話があり 今はまだ結果が出ていないので いつもの血液の先生から
聞いてくださいね、 といわれました。

トレニアサルビア


それまでは 甲状腺の細胞を採った時も 扁桃腺の細胞を採った時も
直接採った先生から結果のお話があったので 今度も 首の先生から
結果が聞けるのかと思ったら 主治医の先生に聞いてね、 といわれたので
私は 深読みして かなり悪いのかな〜 それで この先生は言わなくて
いつもの主治医の先生から 宣告されるのかな〜 とかんぐっていました。

家に帰って 主人や娘に 
「 きっとそうだよね〜 あの首の先生は 結果を知ってるんだよね〜 」
などと言ったのですが 家人は
「 それは深読みだよ〜 ほんとにまだなんじゃないの〜 」
とのんきに言っていました。

そして とうとう 主治医の先生に 細胞診の結果を聞きに行きました。

目黒 エルガーハウス


素敵な バラのメニューの写真は  
目黒にある 「 エルガーハウス 」 です。

息子の 中学の時の母親のお食事会ですが もう 中学を卒業してから
5年経ちます。
皆さんほとんど 同じ大学に行っていますが 大学生になってからは 
余り行事がないので 母親同士は あまり会うチャンスがないので 
こういう機会があることはとても 楽しいものです。

こちらのレストランは その中のセレブママの 選択で
お上品な ひと時を持つことが出来ました。

前菜 トマトとメロンのガスパチョメイン イべリコ豚のロティ


ゼリーのスープ仕立て薔薇のお庭


この日は お庭には 鉢植えのバラしかありませんでしたが
バラの季節には 庭中咲き誇って さぞきれいだということです。

小菓子


さて 続きです。

先生は なんと
「採った細胞は 壊死していたので そこからは がん細胞は
見つからなかった 」 というんです。

壊死? 壊死? 壊死って...

どういうことですか?

雪山に行って遭難したわけじゃないんですけれど、私...
( なんて言ってませんよ! 心の中で思っただけですが... )

ステキな館内12



↓写真は ヨン様のレストラン 「 ごしれ 」 です。
ランチ は2種類あったので それぞれ違う種類を頂きました。

ヨン様 ゴシレ店内


ランチ、サムゲタンおかず色々


小鉢がたくさんあって 美味しかったですが ちょっと全体に薄味で 
お塩とかがあって自分で味をつけるという感じでした。
体によさそうな メニューでした。

もち米のプルコギ水キムチ


私たちがここを出た後 レストランの前で ちょっとおしゃべりしていたら
ご近所の方に 怒られてしまいました。

いつも、いつもなので きっと ご近所の方は迷惑なのでしょう。
続きのおしゃべりは 少し歩いた 都ホテルで致しました。

目黒、都ホテルウエスティン


さて 話は戻って
つまり とても腫れたので そのリンパ節の 細胞は死んでいたようで
だからそこからは 何もでなかった、ということなのです。

え〜 死んでたって言うわけですか?
私の細胞が...

8月1日みなとみらい花火


う〜ん、 見た目じゃ その細胞が 元気なのか 死んでるのか
分からないものなのでしょうか?

それに すごく腫れた後の細胞が 死んでるってことは 良くあることでは
ないのでしょうか?

23


一体 この首の腫れは何だったのか?

再発したところが 何かによって炎症を起こし そこが壊死したのか
それとも もともと ただの炎症だったものが 壊死したのか
まったく 分からないという結論でした。

4


それで どうするかって話になりましたが
先生としては やっぱりこのままではいけないし 突き止めたいようで
またまた 首の 中身の良く詰まっているリンパ節を 超音波で探して
もしも 再発が疑われるようなのがあったら もう一度 
そこを細胞診をしようということになりました。

一体 どんだけ〜 首を切ればいいんだ、 的な 話でしたが
私としても あやふやのままでは心配なので 次の日 またまた 
活きのいい? リンパ節を探してもらうため 超音波検査をしてきました。

5


その結果は 来週に出ます。
それによって また首の生検を するかどうか決めるようになるようです。

家に帰って 皆に話したら とりあえず よかったじゃない、
って言われました。
どうなのかしら? それってよかったのかしら?
折角 首を5,6センチも切ったのに 空振りとは...

67


う〜ん 先生も分からないことってあるんだね〜

さすがに 先生に 分からないって 言われちゃ〜ね〜、 
私も どうするわけにも行かず...

まったく、 一体 私は 再発してるのか、 していないのか?


今まで先生の診立てた患者さんで こんなに大きく患部が腫れた場合は 
皆さん かなり悪精度の高い再発だったのでしょうけれど、
私の場合は 患部が死んでたなんて、 またまた 先生の経験値を
高めてしまいました。

本当に 以前も入院の時思いましたが 私の体を使って ますます
経験値を積んでね! って 感じでした。

8


状況によっては 行けないかもといっていた「 みなとみらいの花火大会 」 
も 無事見ることが出来ました。

友人のお部屋からは 真正面の 至近距離!
今年も 素晴らしく大きな花火を見ることが出来ました。

涼しい写真12


さて 結果がでるまで 少し間があったので 
急遽 娘と 「 台湾 」 に言ってくることなりました。

娘の夏休みと 私の検査待ちの期間がぴったり合ったので 
5日間でいける 近いところということで 台湾にしました。

家人は 結構あきれながらも 気持ちよく送り出してくれました。
って すでに6日に 出発しています。
今は 台湾で のんびり お茶三昧しているところです。

では 帰ってきましたら また 報告します。

涼しい写真は デズニーシーです!

34


涼しい写真はディズニーシーでした

murakinoriko at 09:00|PermalinkComments(8)病気 | グルメ

2008年08月04日

ディズニーホテル、  春のランチ、   病気のこと

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

今年の7月にオープンした ディズニーランド3つ目のホテル
「 東京ディズニーランドホテル 」 を内覧する機会があったので(主人が)
主人が携帯で撮った写真ですが 皆様にお見せします。

デイズニーランドホテルからの景色


ホテルのお部屋から見える ディズニーランド正面の景色です。
きれいですね〜

さて このかわいらしいステキなホテルの写真を交えながら
この春から 最近にかけての 私の病気騒動記を お話します。

お部屋 1お部屋 2


5月にPET検査をして 何ヶ所か再発が疑われるような場所が
見つかったのですが 治療するにはまだ小さくて 
CT検査では 場所が特定出来なかったので 治療は先延ばしになり
ホッとした、と言うところまでは お話したとお思います。

皆様からも とりあえずよかったね、と 嬉しいお言葉を頂き
では本格的に夏の予定でも立てようかしら? と思っていました。

ミッキー仕様のナプキンアメニティ


ところが、ところが その喜びも2週間と続かなかったのです。

なんとなく首の片側が痛くなり その内その一ヶ所が痛くなって熱を持ち
あれよあれよと言う間に そこが卵大に腫れてきてしまったのです。

でもその時点では 私は筋肉痛かしら?とか 寝違えたのかしら?などど 
湿布を張ったりして 結構気楽にしていました。
だって 悪性リンパ腫は 腫れては来るけれど 痛くない、と思って
いたからなのです。

でも さすがに全身が痛くなり 微熱も出てきて 体中とてもだるくなり
やっぱり不安になったので 近所の内科の先生に診てもらいましたが 
先生いわく 多分、炎症だと思うけれど場所が場所だけに 
いつものかかりつけの先生に 見てもらったほうが良いとの診断で 
早速 いつもの病院に行ってました。

スィート


その日は 予約外だったので 先生はとても憤慨して えらく怒られて
しまったので 診察室では 小さくうなだれて診察を受けました。

でも さすがの先生も 私の首の卵大の物体を見て びっくり!
「 ど!ど!どうしたの! 」
「 先週くらいからこうなっちゃったんですぅ〜 」 と言うしかなく…

先生は ビックリしながらも これはリンパ節が腫れているんだ、と...
炎症性のものかもしれないけれど 急にこんなに腫れるなんて...
そして 今まで何とも無く 急にこんなに大きく腫れるのは
とても悪性度の高い 進行の早い悪性リンパ腫の再発の可能性が
あるって言うんです。

でも先生! とっても痛いんですよ! と言っても 
炎症性のものならば 痛くなるけれど たぶん 違うな、と。

シャンデリアバスルームホテル入口


先生は 全くマジで こりゃ大変だ〜 状態で…
「 今回は 覚悟したほうがいいかも 」 何ていうし…
オ〜マイ ゴッ! ですよ〜

すぐその場で CT MRI 超音波 の 「 検査3兄弟 」 を
パソコンで カチャカチャと 予約を入れてくれました。
それも なんと 明日に…

うひゃ〜 明日に検査が入るなんて 今まで6年間この病院に通ってて
そんなことありえなかったのに!

どんな急いでいても そんな急に検査が入れられるなんて
思っていなかったんですが やっぱり 緊急の枠があるんですね〜

ホテル全景 1全景 2


その 「 緊急の枠 」 に 入れられちゃったよ〜 この私が…
でも 1,2週間前まで何ともなくって 急に こんなになるなんて、
信じられないよ〜
それで 悪性度の高い再発だなんて そんなことって あるかしら?
でも だるいし… 本当にだるいし… ダルビッシュだよ〜

この時期 治療が先延ばしになったので お友達と いくつかお出かけの
予定を入れていたのですが こんな状態になって ドタキャンしました。

友人は 皆一様に 驚いてくれて その中の一人は
「 安心していたのに こんなことになるなんて 
まるで ジェトコースターに乗ってるみたいですね 」 と言っていました。
すばらしい! その比喩。

昔 吉田栄作のドラマでありましたよね。 ( 古い! )
ジェットコースタードラマ!
1週間見逃すとと 全く話の展開が違っていて ビックリする内容に
なっているという 先の読めない展開の速いドラマが...

まるで そのドラマ並みの 展開の速さ!
私だって 友人に話すのに気が引けたくらいでしたよ〜 もう!


でも こんなに腫れちゃって、 やっぱり変だよね。
まるで 首にゆで卵を一つ入れているみたいになってるんです。

ずっと以前 田丸美寿々が 胸に卵を入れて かえるかどうか実験を
していた事がありましたが まるでその首版、状態なんです。 ( 古い! )

個展 1個展 2


↑の写真は 3年前の入院時に同室だった 「 絵描きさん 」
の 6月にあった個展の様子です。

最近は 絵の具を出すのが大変なので 色鉛筆画をかいているとの事。
( その色鉛筆 えらく お高いそうです )

やはり 絵描きさんも 今はお元気なのですが とてももだるいのよ、と。
やっぱり 強いお薬を使ったから 私達、体も痛んでいるのかもね〜と
ふたりで お話ししていると そこに 個展の葉書の写真をお願いした
という カメラマンの方も見えて また 絵描きさんのお友達もみえて
なんだかとても気があって 4人で 楽しくお茶会となってしまいました。

個展 3個展 4


この個展のタイトルは 「 仮和合 けわごう 歩く人びと 」 です。

窓辺の花 1窓辺の花 2


そして その日から検査検査の連続で 首専門の科にもかかり
見ていただき やはり リンパ節が腫れているとの事で とりあえず
3つの検査の結果を待ちましょう、となりました。

ベイシェラトン横浜 海を臨む入口


私は 覚悟しなさいと言われていたので 検査が終わったら 即、入院で
即、おさらばかしら? と思っていたので とりあえず 今、出来ることを
やっておこうと 今まで だましだまし使っていたコンビネーションレンジの
扉の取替えと 庫内灯が点かなくなっていた冷蔵庫の買い替え、 
暑くてたまらない2階の部屋のクーラーの設置、
東京電力が手を引いた 「 TEPCO光 」 から 「 KDDI光ONE 」 
への切り替え など全て連絡し 家人が困らないよう手配しました。

でも、でも それってお金が かかるのよ〜 
だから今まで だましだましやってきたってわけで…
毎日 毎日 お金が 飛んでいくのよ〜

でも しょうがないね、 今のうちにやっておかないと家族も困るしね。 
えぇい〜! こうなったら 破れかぶれだ〜 一切合切 全部やっちゃおう!
と 腹をくくり なんとか 短期間のうちに全てやり終えました。

メニュー前菜スープ


だから 毎日忙しいこと 忙しいこと!
検査の合間に 電器屋さん巡り 、見積もり 、 工事 、 設置、 
毎日毎日 本当に 忙しかった 初夏でした。

今まで 庫内灯がつかなくて真っ暗な冷蔵庫に慣れていた家族は
新しい冷蔵庫を開けて 「 うわ〜 ま、まぶしい! 目がくらむよ! 」
と驚いていました。


写真は 横浜ベイシェラトンの28階 スカイラウンジ 「 ベイビュー 」 
の ベイビューランチです。

メイン選択 ローストビーフメイン選択 春野菜魚介からすみパスタ


そんなこんなで 体がいくつかほしいくらいの毎日が 一息ついたら
3つの検査の結果を聞きに行く日が あっという間に来てしまいました。

3つの検査の結果を それぞれの専門の先生が見てくれて レポートを出して
くれるのですが 3人の先生とも 微妙に見解が違っていたのです。

結果はグレーだが ( 再発か 炎症性のものか不明 ) 分からない。
結果は グレーだが たぶん 黒 ( 再発 ) だろう。
今までの事をかんがみると 黒 だろう。

という なんだか3人3様の あやふやな結果になっていました。

先生も これでは 「 う〜ん 」 となり
結局 ( 必ずそうなると思っていましたが )
やっぱり 首の腫れた リンパ節の細胞を 採るしかないね、と。

首専門の先生に 細胞診を お願いすることになり
「 あ〜 とうとうまた 首切りか〜 」
首がきれいと自慢していた私も もう だめだね〜
でも それで はっきりするなら 早く結果がでて 治療したいから
しかたないね〜 と納得して 切開手術をすることになりました。

デザートビュッフェ


手術はすぐその3日後くらいに行われました。

余談ですが 首の先生はとてもいい先生で 
何かあったらすぐ電話くれていいよ、って言ってくれるし
何より とても心配してくれて 色々と詳しく説明をしてくれるのです。

私が 手術室に行くために 看護師さんと歩いているときに
看護師さんに 「 ねえ〜 あの首の先生 いつからいるの? 」
って聞いたら 「 △△からよ〜 ○○病院から来たのよ〜 」
と教えてくれて その後で 「 何で そんなこと聞くの? 」
って私に言うから 「 だって よくありがちな先生と タイプが違うからよ 」
と答えたら その看護師さん!
「 あら〜 す、す、するどい! 紀子さん! するどいわ〜 」
って すごくビックリ、 喜んでくれました。

だって 本当に 今までにいないタイプの先生だったので
そう思ったのですが 看護師さんも そう感じていたようで
スッカリその話で盛り上がって 手術室に入っていった私です。

手術の直前に あの先生○○よね〜 なんて盛り上がる患者さんなんて
私くらいかもしれませんね。

チョコレートファウンティン12


さて リンパ節の細胞を採る手術です。

首の切開は 5,6センチ切るよ、 と言われていました。
今回腫れていたリンパ節は 筋肉の後ろの方で その横に血管がある場所
なので かなり難しい手術で 時間もかかるかも、とも言われていました。

手術台に上った時から私は ずっと目を閉じていましたが
なんだか 周りに大勢いるようだったので 看護師さんに 
先生は何人いるの? と聞いたら 4人でとの事。 
まぁ〜 前回の首の切開の時は2人だったので やっぱり 多いんだわ〜

( 前回の 首の切開は 3年前 悪性リンパ腫が 甲状腺に再発したので
首の正面を切って 甲状腺の組織を 採ったのです )

お〜 こわ、こわ!

デザートビュッフェ 12


手術は 痛み止めだけ打って 行われます。
精神安定剤かなんか打ってくださいな、 といったのに ダメだって。
前回もそうだったけれど それだと 先生の声も聞こえるし匂いもするし
いやだわ〜 時間も長いし…

そうこう思っていると 顔に布を掛けられて 手術が始まりました。
なんかね〜 どうなんすか? 顔に布って...

勿、顔に直接、布じゃなくて 顔の上に 棒が渡してあって 
その棒に布が かかっているってことなんですが、 ちょっとね〜

さて スタッフ皆さんで 挨拶をして 始まりました。

電気メスの音! 皮膚が焼けこげるあの匂い!
一生わすれられないわ〜
あの 音と 匂い。

それに先生方の声、 息使い、 お〜 いやだ、いやだ。

渋谷 モーニング


↑の写真は 渋谷のブラッスリー 「 VIRON ] のパリの朝食です。

こんな話の途中で 食べ物の記事も 何なんですけど、 すみません。

美味しいパンと ジャムはつけ放題 サラダやゆで卵がついている朝食と 
籠の中から 数種類のパンやデニッシュが選べるタイプの朝食と 
何種類かありますが パンは全てみんなの分が 一つの大きな籠に盛られて
来るので どれが私のパンか分からないほど 沢山きます。

ジャムが美味しい! それに何種類もあるの!
こんな優雅な朝食が渋谷でいただけるなんて 映画の前なんかにいいですね。

パンは食べ放題かしら?と思うほど 沢山あります。
食べきれないパンは お持ち帰りしました。


↓このデザート 横浜ですが 何処で頂いたか、思い出せません。

よこはまみなとみらい 


↓は 「 銀座KAZAN 」 のランチです。 
2625円の お得なランチです。
クーポンで タスマニア産の生牡蠣プレゼントでした。

銀座 KAZAN メニュータスマニア産かき


さてさて いよいよ 細胞を採る時です。
例の首の先生がまず一つ採った後 別の先生が
「 先生! こっち( 細胞 ) どうですかねぇ? 」
「 あっ いいね〜 そうだね そっちのほうがいいかもね、 」
なんて言ってるんです。
で 結局 細胞2つ 病理にお持ち帰り〜 です。

私は あ〜 見た目で分かるんだ〜
がん細胞におかされていそうな 細胞は 見ただけで分かるんだわ〜
と勝手に思っていました。

そして 唾も飲み込めないほどの状況から ようやく解放され
無事手術終了。

あ〜 やれやれ 
狭いベッドに縛られ 緊張したよ〜

それで すぐ起きて 着替えて帰ってね! てな感じで さくっと終了! 
すごいね日本の技術は… こんなに切って、 これで すぐ帰れるなんて。

痛み止めを飲んで 終わりです。

天使のエビフライデザート


痛み止めを飲んだせいか その夜も あまり痛みもなくほっとしました。

次の日は 傷口の様子を見せるために また病院へ。 
この日は 昨日の例の先生の外来日ではなかったので 他の先生に
見てもらう手はずになっていましたが なんと私の番になったら
その先生が わざわざ出てきてくださり 首を診てくれました。

ありがたや〜

昨日の看護婦さんと 目で合図しあって
( やっぱ いい先生だったね! ) と二人で うなずき合いました。

そして傷が落ち着いた1週間後 抜糸のために また首の先生のところへ。
先生は 傷跡もきれいだし 後は 何時もの先生の指示に従ってね、と
言って これで この先生とはサヨナラです。

いい先生だったわ〜
見た目は 20年前のイケメンって感じだったけど...

これで 来週、この結果がでれば さすがに白黒はっきりして 
私の運命も決まろうかと思うと なんだか ドキドキ わくわく? 
奇妙な気分でした。

では長くなったので この先は 又今度ということで。
ひっぱるね〜

でも こうして今も 家から このブログを書いているのだから
今 この瞬間は 大丈夫?だと思っていただいていいのですが...

この後 思ってもいなかった 結果がでたのです!
( ...って 良い意味じゃないんですよ、 期待しないでね )

murakinoriko at 00:19|PermalinkComments(4)グルメ | 病気