2008年06月

2008年06月24日

ハワイ旅行記 2日目  カイルアビーチ

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

朝のワイキキビーチ


朝のワイキキビーチです。
朝と夕方は サーフィンをしている人が大勢いました。

気持ちの良い 2日目のスタートです。

朝のモアナサーフライダーホノルルコーヒーカンパニー店内


今日は 昨日申し込んだ 「 カイルアビーチ 」 に行く日なので
9時には DFSのバス発着所に行かなくてはなりません。

ですので あまりのんびりと朝食を取っていられないので 
ホテルの1階横にある ホノルルコーヒーカンパニーで
(コーヒー1.9ドル デニッシュ3〜4ドル 計10.47ドル) 
コーヒーとデニッシュの朝食を取り ビーチに行くための 
飲み物とゴザ、おにぎりを ABCストアーで調達し DFSに向かいました。

全米no.1ビーチと私カイルアビーチ到着!



カイルアビーチシャトルは私達のツアーについているアイランドパスで
無料で行けるものですが 現地の旅行社でも 25ドルくらいで 
同じ内容のツアーが組まれていました。

25ドルで 全米no.1 になったビーチに来れるのならば お得ですね。

ちなみに ノースショアーは結構遠くて ツアーを探したのですが
あまり海辺で過ごす時間が無くて ( 写真を取るくらいの時間 )
ハレイワタウンで過ごす時間の方を多く取ってあったので 海好きの主人には
こちらのツアーの方が 断然近いし ( 30分くらい ) しかも今回は
無料だったし 自由時間もタップりあって 良かったのかも知れませんん

さてさて カイルアビーチです!

カイルアビーチ1


き、き、きれい!
夢のようにきれいです!
お天気も良かったし、 本当にきれい!

23



カイルアビーチ4



運転手さん兼ガイドさんから ここから浜辺を歩いて20分くらいのところに 
「 ラニカイビーチ 」 というのがあってコチラも 
全米no.1になったことがあるビーチだと 説明を受けました。 
興味があったのですが この日は かなり暑くて また浜辺には 日影も無いよう
だったので ラニカイビーチに行くのは諦めましたがカイルアビーチだけでも 
充分楽しめました。

この無料ツアーに 一緒に行ったのは 私達を含めて5カップル。
でも 何だか 皆さんちょっと 奇妙なカップルでした。

皆さん新婚さんで( この時期 ハワイは 新婚さんばっかりで )
ちょと オタクっぽいカップルばかりで…

シャツをズボンの中にきっちりと入れて ( それもチェックの )
ディバッグを背負って ジリジリのサンダルを履いて… (関係ない?)


私が主人に 「 ねぇねぇ あの人達 ちょっと 奇妙だよね〜 」
と言ったら
「 向こうだって 僕たちのこと 奇妙だと思ってるよ〜
第一 60代と50代の夫婦が 海に来るって事が 奇妙だよ〜 」
て言われてしまいました。

そうですかね〜
主人は海育ちなので 海が大好きなのですが この年代になると
海水浴に来る 壮年(熟年)夫婦って いないのでしょうかね〜

自由時間は 3時間くらいありました。
主人は泳いだり 私は マンウオッチングをしたり…

drawing3


なんとこの浜辺で 結婚式を挙げている 日本人がいたのですよ。
ご本人達と カメラマン兼コーディネーター 牧師さん ウクレレ奏者の
5人での結婚式でした。

周りのみんなは 興味深く また 暖かい目で 祝福していました。

式は 二人の誓いと指輪の交換など 滞りなく進み 賞味10分くらいで
牧師さんとウクレレ奏者は おつかれさま〜 てな感じで あっという間に
去っていきました。

式のあとは 2人の色々なポーズの写真撮影が 行われていました。
風がとても強かったので 写真がうまく取れたか心配です。

とても ステキな結婚式を 見せていただきました。
( こんなの見つけました、 1000ドルなんですね〜 ) 

帰り道 1帰り道2ガイド兼運転手さん


このカイルアビーチは ワイキキの東側 シーライフパークの方にあるので
行きは 内陸部を通り 帰りは海辺を 回って帰りました。
ですので行きは30分、 帰りは1時間くらいかかります。

途中の有名な 景勝地や 海辺では 車からおりて 写真タイムがあったり
片言ですが 説明があったりで かなり楽しめました。

ブルーウオーターシュリンプ1シュリンプやさん


さて DFSまで 戻り ランチです。
DFSの後ろのクヒオ通りを 海を背にして左側に歩くと左に大きな空き地があり
その先に ブルーウオーターシュリンプの バスが見えます。

いままで ノースショアーに行かなくては食べられなかった 
ガーリックシュリンプの プレートランチが ワイキキで食べられるのです。

メニュー2メニュー1


ガーリックシュリンプ私達は 浜辺でおにぎりを食べたので 
1つを2人で分けて食べました。
ガーリックシュリンプは スパーシと
マイルドがあり 
( 海老は10尾ありました! ) 
野菜と ご飯 パンがついています。
これで 12.95ドル。
クーポンを使って2ドル引きでした。



午後のワイキキ


以前泊まったワイキキビーチタワーお詫びのモアナクッキー


おなかも 満腹で ホテルに戻ってきました。

今回のツアーには ワイキキトロリーのパスがついていました。
このトロリーは ホテルのすぐ横のデュークカハナモク像前に
停まるので 私達には大変便利で 何度も利用しました。
( ちなみに ワイキキトロリーの このピンクライン
JCBカードを持っている人は 無料で乗れるので 利用すると便利ですよ )

お部屋に帰ると 昨日のごたごたの お詫びでしょうか?
モアナのクッキーの箱が置いてありました。

でも 具体的なお詫びの内容や 氏名など 何にも明記していないのです。
ただ ご迷惑をおかけしました、すみません 程度しか書いてないのです。
誰からかも書いてないし…

これには主人はとても怒っていました。

責任の所在がはっきりしていないし 結局 どういうトラブルだったのか
誰も把握していないようで とりあえず うるさい客には 置いておけ、
見たいな感じで とてもイヤでした。

でも いつまで言っててもしょうがないしね!

一休みしてからは プールサイドで のんびりしました。

主人は泳いだり 寝たり ( ほとんどこれでした )
私は コーヒを飲んだり 写真を撮ったり クーポン誌の チェックをしたり 
( ほとんどこれでした ) 夕方一杯 のんびりと過ごしました。

これが出来るのが 海辺のホテルのいいところですね〜

ロイヤルハワイアン前ビーチウオーク通り前


本日の夕食は 以前家族でハワイに行った時に 主人のお知り合いの 
ハワイ通さんに教えて頂いた 大変美味しくてぜひまた行きたいと思っていた 
アウトリガーリーフホテルの1階にある 「 ショアバードレストラン 」 です。


鉄板で自分でお肉を焼く オープンエアーな ビーチサイドバーベキュー
が出来るレストランなのです。

前菜 サラダなどは ビュフェになっていて お肉は生のまま出てきます。
( ビュッフェは メインを頼むと自動的についてきます )


ショアバートサラダバー


フローズンマルガリータ生のお肉です


写真は フローズンマルガリータ、7.5ドル
コロナビール 5.5ドル
8オンス(225g)ステーキ、18.95ドル
串焼きビーフカバブ 16.95ドル

クーポンで ( このクーポンは 日本語のクーポン誌には なぜか
出ていないのです。 英語版の 「 THIS WEEK OAHU 」 などにあります。
メインを2つ以上頼むと 安いほうが50%オフになるという優れものです )
アウトリガーリーフホテルのロビーで手に入る旅行者向けのフリーペーパー
「ザ・ベスト・オブ・オアフ」 にもこのレストランのクーポンがありました。

串焼きの方が半額になって 合計 税込み 42.33ドルでした。
串焼きのお肉も 8オンスあるんですよ〜
小食の私も 美味しくて 完食しました。

店内123


自分で焼きます焼き上がり12


このレストランは 外人が多いので
この広い店内に 日本人は4組しかいませんでした。

外人さんたちは とてもにぎやかに 楽しそうに過ごしていました。

また スタッフの方は 焼き方や焼く時間なども丁寧に説明してくれますし
グリルの前にも 大きな時計があって スタッフもいるので 安心です。

お醤油もあったので 照り焼き風にも焼けました。
後で思ったのですが パンやおイモもこの鉄板で焼いて食べれば 
さぞ美味しかっただろうな〜 と。


さて ここでも クーポン使える? ってきいたら シュア〜って。
でも 案の定 忘れていました!

クーポンねっ! って催促しましたよ。

クーポン使う時は 確認が必須ですね。

ステキな夕暮れを見ながら…


大人気のレストランなので 出来れば6時前に入るといいですね。
私達が出るときには もう 大混雑でした。

ブレイカーズホテル中庭ハワイアナホテル


夕食も終わり 海辺から ホテルの横を回って ワイキキビーチウオークの
一つ奥の道 ( 通りの名前は コチラが ビーチウオーク通りです )を
のんびり歩いて帰りました。

この通りには ブレイカーズホテルや ハワイアナホテルなどの
通好みのホテルが 並んでいます。

どちらのホテルも 真ん中のプールを囲んで お部屋があって 
素敵なたたずまいを見せていました。

海は見えないけれど 暮らしているようなハワイを 体験できそうです。

1高橋果実店2


そこの途中に 今回私がどうしても行きたかった 「 高橋果実店 」
があります。

ワイキキビーチウオークの再開発で 一時 お店をたたんでいたそうですが
場所を変え 最近 復活したとの事です。

新鮮なフルーツの盛り合わせや アイスクリームのお店で
薄暗い通りに ぼぉ〜と 浮かんでいる小さなお店。
それが 高橋果実店です。

4シャーベット、マンゴー


新鮮で 美味しいフルーツの数々!
フルーツ シャーベット どちらも4ドルくらい?でした。
家族で来ているのならば 数種類買えるのに、 残念!
3ミックス 食べてみたかった〜

途中のロイヤルハワイアンショッピングセンターの 椅子に座って
2人で 仲良く いただきました。
冷たくて 甘くて美味しかった〜
食べ切れなかったマンゴーは ホテルの冷蔵庫に入れて翌日の朝食にしました。

高橋果実店ショーケース


夜のワイキキを ブラブラ歩いて帰ってきました。
夜のホテルもステキです。

こうして なが〜い ハワイ2日目が 終わりました。

夜のホテルホテルから見る通り


murakinoriko at 15:20|PermalinkComments(8)2008 ハワイ旅行、 モアナサーフライダー 

2008年06月16日

鎌倉あじさい 〜 bills  、  病気のその後

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

鎌倉 七里ヶ浜の海


ハワイ旅行記の途中ですが この海は 鎌倉の七里ヶ浜です。

鎌倉に アジサイを見に行ったので ついでに いま話題の
「 bills 」 にも 行ってきました。 
その写真を紹介しながら 先週の病院でのお話と ご報告です。

鎌倉 長谷寺アジサイ


朝、新聞を見たら 鎌倉の 「 長谷寺 」 のアジサイが見ごろで
大勢の観光客が 訪れていると書いてあったので 早速私も、と思い
主人と 電車で行ってきました。
お天気も ものすごく良かったので。

アジサイの時期は 明月院は行ったことがありますが 長谷寺は
この時期行ったことが無かったので 混雑を覚悟して朝早く出かけました。

その前に 今話題の 世界一?の朝食が食べられるという
( オーストラリアに本店のある 「 bills 」 の 海外初出店のお店が
今年の春に 七里ヶ浜に出来たのです。 )
「 bills 」 に行きたかったので それもあって朝早く出かけたのです。

大混雑? ううん? 
お店の入口に続く階段には 思ったより並んでいる人が少ない!

え〜 まだ 早いかしら?

恐る恐る 係りの人に聞いてみると…

名前と人数を言って スタッフ〜は 紙に書き留めていますが
なんと! なんと! 

「 今からですと 1時半の ご案内になります! 」 ですって!

うひゃ〜 やっぱり込んでるんだ〜
今 まだ 11時前なんですけど…

ということで とりあえず予約しておいて それまでの時間に
長谷寺にいって アジサイを鑑賞してきました。

でも 中途半端な待ち時間じゃなくて よかったよ〜
2時間半もあれば アジサイもゆっくり鑑賞できるしね。

交通費がもったいないけれど…

( 江ノ電で、鎌倉から七里ヶ浜までは250円、 長谷はその間にあります )

長谷寺前入山券売り場前待ち時間



江ノ電沿線では 長谷寺と 極楽寺駅が アジサイの見所のようで
沢山の観光客が どちらかの駅で 乗り降りしていました。

平日なのに 大混雑です。 お天気もいいしね〜

アジサイのしおり長谷寺で見るアジサイ


入山券は300円、 入口で アジサイの種類や長谷の地図が書いてある
うちわをもらえます。

私達の番号は 220番でしたが ( 入山券に 番号が書いてあります
一つの番号には 何十人かは いるようです )
なんと 私達が見終わった頃からは 入場制限がかかって 
30分待ちになっていました。
平日なのに すごい人! 人! 人!

それに団体も 大型バスで 乗り込んでくるし
小学生の遠足や 中学生らしい修学旅行もいるし…

大勢の中、並んで ゆるりゆるりと山を登っていくと 
その斜面に 様々な種類のアジサイが 咲き誇っていました。

アジサイ12


長谷寺の山上から見る海


きれい きれい! すごく種類も豊富で きれい!
皆さん 写真を撮っていました。

山の上まで登ると 海も見えるし…
順調に行くと10分で 回れるくらいの距離らしいのですが
混雑しているので 20〜30分かかって ゆっくりと見ることが出来ます。
かえって のんびり回れてよかったかも…

クレナイ宵の星



さて、きれいなアジサイを見て頂きながら 治療のお話です。

ハワイに行くその日に CTを撮りましたが
その前に 扁桃腺の組織も ( 扁桃腺もPETに反応していたので )
切って調べていました。

今回 PETに反応したのは 首の両側のリンパと 扁桃腺、  
そしておなかの2ヶ所だったので まず 手軽に組織検査の出来る
扁桃腺の細胞を 切って調べていたのです。

その結果 扁桃腺の細胞からは 悪性リンパ腫は見つからなかったのです。

クレナイ?紅額


そして 今回 CTの結果を 先週聞きに言ったら
「 扁桃腺、なかったんだよね〜
  実は CTにも 何も出てこないんだよ〜 」 と先生。

「 え〜? 何もって… 」
「 そう 何も 映ってないんだよ〜 」
 
ボージィブーケ竹林とアジサイ


以前もお話しましたが 3年前の 再発のときも 8月のPETでは悪いところが
3ヶ所も見つかったのに 9月のCTでは 何も映らず。

その後 半年たって2月のCTでは はっきりと悪いところが映ったので
そこで 治療を開始したのです。

たぶんそれと同じなのでしょう。

PETは 5ミリのガンでも 見つけるといいますが CTは ?センチ間隔で
輪切りにしてみるので その間隔の間に腫瘍が入ってしまえば とりあえず
画像には 映らないということらしいのです。

ということで 今回の私も 何も映っていなかった ということなのです。

で、 CTに 映っていないのなら たとえ治療を始めても どのくらい
薬が効いているのか 効果を測れない、ということなのです。

お堂とアジサイ


なんだか うれしいことなのですが 先生も 「 う〜ん 」
みたいな感じで 私も 「 え〜 」 みたいな…

診察室の雰囲気としては
「 紀子さん 残念だったね〜 」 という感じが漂っていました。

私も 「 せっかく決心したんですよ〜 」 て言ったら
「 何にしたの? 」 って。
私 「 フルダラ錠 に決めたのにぃ〜 」
「 そう、 フルダラ錠ね〜 」

「 先生! ゼバリンっていう例の300万円の薬 入院するんですか? 」
って聞いたら 「 入院はしないよ 」 って。
「 髪の毛は抜けるんですか? 」 って聞いたら、
「 抜けないよ 」 とのこと。

そのうえ その薬で 5年くらい 生きてる人がいるよって。

うれしいね〜 そんな話。
やっぱり高いだけあるね〜

ということで とりあえず 延期にしようということになりました。

いままで悪かった血液検査の値も なんとハワイに行く前にした検査では
数値が改善されて よくなっているのです。

先生も 「 血液検査もよくなっているしね〜 」 と。
たぶん これからハワイに行くという高揚感が アドレナリンでも
大量に放出したのでしょうか?
数値は 本当に下がっていたのです。


それで 結局、様子見って事で 10月にCTの予約入れておくね、 
ということになりました。

これで とりあえずは 今回の騒動は 中休みということになりました。

皆様には いろいろとご心配をおかけしましたが
この先、半年は また仲良くして頂けることになりました。

なんじゃ〜!? とお思いでしょうが よろしくお願いしますね。


billsbills前の海


さて 「 bills  」 です。
お店には 1時過ぎには到着しましたが その時来た人達は 4時過ぎ
しかも お食事ではなく お茶のメニューだけになります、 と
言われていました。

本当に 混んでいるのですね。

bills 1bills 2bills前の海


お店は 国道のまん前にあります。
真新しいコンクリートとガラスで出来たビルには 2階にある 「 bills 」 
以外にも 美容院や 洋服やさんなど 湘南らしいお店が入っています。

斬新な建物の後ろ側は レジデンスと書いてありました。

大混雑bills夏のような浜辺


「 bills  」 は階段の両側にお店があって 基本的には 
右側がソファーやカウンター席があるので お食事のようで 
左側が カジュアル的だったので お茶用のような感じでしたが 
今は混んでいるので 空いているほうに 順にご案内、って言うことでした。

テラス


ビルの概観12店内から見る海



雑誌や テレビで 取上げられているのは billsクラシックという
3種類の朝食で 皆さんこれを頼んでいました。

でも ランチの時間帯だったので パスタ的なものも ありました。
(この時間帯は モーニング ランチとも 両方のメニューが頼めました。)

私は朝食の 一番人気 リコッタパンケーキ 1400円
主人は メニューの中で 一番高い ハンバーガー2200円を
頼みました。

主人が 「 こんなに待ったのだから 一番高いのを食べよう! 」
なんて 言ったので お店の人は 失笑していました。

いつもは倹約家の主人なのに うれしいね〜
こんなセリフ!
いつも言ってほしいもんだよ〜

和牛のハンバーガー2200円リコッタパンケーキ1400円


2200円の ハンバーガーだし 本店は オーストラリアだし
私は クアアイナ的なハンバーガーが出てくるのかと 思ったら
パンは 普通のパンの 3分の2くらいの大きさで…

付け合せの野菜は 主人の嫌いな ピクルスで しかも 大きいビーツ
が2切れもあって、 周りの野菜が赤くなってたし… 

和牛だから美味しいんだけれど 想像よりも結構小さいハンバーガーでした。

主人は ポテトが美味しいよ! て 言ってました。 とほほ…

でも パンケーキは本当に美味しかったんですよ。
ふわふわで 今までにない食感で、 小麦粉使ってる? ってくらい
ふっくらでした。

直径15センチくらいのが3枚で 下にバナナがついているので
見た目より おなか一杯になりました。

これに 飲み物が 6〜700円、 2人で4900円の 
世界一美味しい朝食 @  bills でした。

billsクラシック3種店内テラス席


お店の方は皆さん感じが良かったです。
あんなに混んでいたのに 待っている方々もイラついている人は無かったし
皆さん覚悟は出来ているようで 待ち時間を聞いても すごく驚いている人は
あまりいなかったようでした。

これも 海を眺めながら のんびりと、という環境のおかげなのでしょうね。

素晴らしい 眺めの ステキなカフェでした。

我が家のアジサイ12


34


昨日 横浜の友人から 「 七里ヶ浜にステキなお店があるらしいのよ、
行ってみない? 」 とお誘いを受けました。

「 私が もう行ってきたのよ〜 」
といったら とても 驚いていました。
「 そんなにお出かけして大丈夫なの〜? 」 って。 

皆さん驚いてくださって…
そういうことなので また元気に出かけ始めています。

本当に お騒がせしました。 そして ありがとうございます。

オキザリス




murakinoriko at 16:44|PermalinkComments(9)グルメ | 病気

2008年06月12日

ハワイ旅行記 2  「 モアナサーフライダー到着 騒動 」

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

ワイキキ


ハワイに来たのは7年ぶりだったので 随分と通りの木々が大きくなって
いたのには驚きました。

34年前に泊まったのは モアナサーフライダーの隣にある 
アウトリガーホテルだったので そのときからモアナに泊まりたいと
思っていましたし お友達のお嬢さんの結婚式に出席した時に
式の前日 友人達とお食事をしたのもモアナだったので 
とうとう あの憧れのモアナに泊まれるんだ〜と 
うきうきして ホテルに入って行きました。

ホテル玄関ロビー


海に面していて なおかつカラカウア通りに面しているホテルは 
モアナと 先述のアウトリガーホテルだけという 立地的には
大変貴重なホテルなのです。

クラシックな車寄せ ロビーに入るとその向こうには 真っ青な海が…

向こうは海です!プール


私達のプランは3時チェックインでしたが アーリーチェックインの希望を
入れておいてもらったので まずはチェックインをしに 日本語の窓口に
並びました。

私達の前には 日本人のお客様のグループがあり チェックインに
手間取っているようで カウンター内の日本語スタッフは 
かなりイライラとせっかちにお客様に説明し パソコンのキーボードも 
カチャカチャと慌しく打っていました。

そのグループにかなり時間がかかっていたので 私達の後ろにも 
チェックインする人々が 何組か並び始めていました。

その時の私の印象では カウンター内のその人は かなりきつい人だな〜
と感じました。

そして私達の番が来て 結構あっさり さくっと チェックインが完了。

取り立てて向こうからは 何も言われなかったので 私が恐る恐る
「 私達記念旅行なので お部屋が空いていたら 眺めの良いお部屋を
取ってくださるということでしたが そのようになっていますか? 」 と。

これ結構 私にしては下出に出て 恐る恐る言ったつもりなんですが… 

「 今日は 満室で そのようなことは出来ません! 」
ってきっぱりと 言い放されてしまいました。
私 「 あっ そうですか… 」

 その後 ダメ押しで
「 実は この何日か オーバーブッキングなんですよ!
こっちはもう それで 大変で 大変で!
ですので 皆さんにお部屋のグレードダウンをお願いしているところなんです!
だから グレードアップなんて… ( とんでもない! ) 」
(パーシェルオーシャンビューをとったんだから それで充分だろう)
見たいな感じが 言外に現れている言い方をされてしまいました。

とにかく言い方がきついんです。

私は心の中で  オーバーブッキングは そっちの事情でしょ?
それを理由に そんなキツイ言い方しなくてもいいのにな〜
せめて 「 申し訳ありませんが本日は。。。 」
くらい言ってくれても そのほうが気持ちがいいのにな〜 と思いました。

その後 パソコンを またカチャカチャ叩いて
「 あ〜 結婚30周年なんですね
あとで ワインをお持ちしますので! ( それでいいだろう ) 」
見たいな言い方をするんです。
( )の中は 私が感じた気持ちなんですが まぁこんな調子なんです。

はいはい そうなんですか!
仕方ないね〜 とうなずきながら お部屋に向かいました。
ポーターサービスはナシです。

お部屋右を向くと海が


暗いお部屋お部屋は結構暗くて カーテンを開けると 
真正面には以前私が泊まった
アウトリガーホテルが そびえ立っていました。
上の写真はフラッシュをたいて撮ったので
←実際はこんな感じです。 やっぱり!
パーシェルオーシャンビューとはこんな感じなんだね〜

主人は 我々のプランは、パーシャルオーシャンビュー以上なんだから
パーシャルオーシャンビューでも仕方ないよ、 
別に グレードダウンしたわけじゃないから、って言ってましたが。

下を見るとチェックインに頂いたレイ


お部屋からは 向かいのホテルだけしか見えませんが
ベランダからは 海が見えます。
写真で見ると結構いいじゃないって思うかもしれませんが
ベランダの真正面は 手が届くくらいに近い アウトリガーホテルで
左を見ると 海が2つのホテルの間から見え 右を見るとカラカウア通りが
見えるという まさしく パーシャルオーシャンビューでした。

でもよく考えたら お部屋は結構広いし ベッドもヘブンリーベッドだし
改装したばかりだから 室内もきれいだし けっこういいね、と納得し 
荷物を整理して コーヒーをベランダで飲んだりして ちょっと寛いでいると
フルーツが ホテルから届きました。
う、うれしい〜 でもさっき ワインっていってたよね〜。

そのあと 私達の荷物が届き そして また ピンポ〜ン と。
主人がドアをあけたら その男の人は ビックリしたように
「 ソリー」 といって あわてて去っていきました。 
なんだったんだろう、 あの人…

お部屋1お部屋2


今回の私達のツアーには ワイキキトロリーのチケットと 
カイルアビーチシャトル( 全米no.1ビーチにもなった )
ワイケレシャトル ( アウトレット )
KCC朝市シャトル ( ダイアモンドヘッドの麓で毎土曜に行われている )
の各シャトルチケットがついていましたので 私達は カイルアシャトル
を利用しようと思い 2時から5時までの間に ツアーデスクに申込みを
しなくてはいけなかったので 2時過ぎにお部屋を出ました。

ウエルカムフルーツアメニティは申告制でもおいてありました


ドアの鍵は お部屋を出ると自動的にかかるようになっていて 
出た後、本当に鍵がかっているか確かめようと ドアを押したところ 
なんとドアが開くのです!

何回か 試してみたのですが ドアが開くのです!
鍵が閉まっていないのです。

これにはビックリ!

主人が 部屋から フロントに電話をしてみたのですが
電話も通じないのです。 電話自体が 通じないのです。

で、私がフロントに行き 事情を話すも 日本語が通じる人がいなかっので
なんとか そこにいた スターウッドのタイムシェアーの勧誘をしていた
日本語を話せる女性にお願いして 通訳してもらい 係りの人を呼んでもらう
手はずをとって 部屋に戻りました。

ほどなく保安のような係りの人が来ましたが この人も挨拶程度の日本語しか
話せません。
何とか説明をして ドアの内側を良く見たら ガムテープで鍵穴が
ふさがっていたのです。

その係りの人は 前にこの部屋に泊まっていた人が 部屋の出入りに
面倒なので このような細工をしたのだろうと…

その後から来た 保安の責任者のような人も ( 全く日本語はしゃべれない人 )
同じく 前の人がやったんだろうと このガムテープをとれば問題ないよ、
僕達には責任はないから じゃ これでいいだろう!
って感じで 去っていこうとするのです。

でも でも そんな証拠もないし そうだと言い切れないし、不安だよね、
と私達は思い 日本語の通じる人に 電話をつないでもらい 事情を話しました。

その人も 私達の不安を分かってくれて …

そうこうしているところへ お掃除の係りの女性が現れ

「 私がやったのよ〜 お掃除のとき ドアの開け閉めに面倒だから
私が ガムテープを張ったのよ〜 」
とへらへらと 笑いながら (英語で) 言ってきたのです。

その保安の人も 「 なんだ〜 そうなのか〜 」 って感じで…
「 じゃ いいだろう〜 」 って英語で…

えぇ〜 身内の仕業だったんじゃない〜
そんな〜 
それこそ そっちの責任だったんじゃない〜
それで終わりってそりゃ ないよ〜

でも その人達 絶対謝らないんです。

その女の人も 再度来て わざわざ お掃除のときに使う 
コロコロみたいなものをもってきて 私達に見せて
「 そうよ これなのよ〜 これを こう切って張ったのよ〜 」
って また ニヤニヤへらへらして 私達に見せに来るんです。

その女性も 絶対に謝らないんです。

気を取り直して 浜辺


もう私達はビックリして理由は何であれ 万全の体制で客を向かいいれるのが
ホテルの責任だろう! と 言って その電話のつながっている相手に
言いました。
「 このままこの部屋にいるのはとても不安ですから お部屋を変えてほしい
電話もつながらないし さっき 変な人も来たし。 」
といったら その人も そうですね、 ではお部屋を変えましょう、と。

( 海外では ホテル内で 物がなくなったという話を良く聞きますし
もし この状態で 私達が気付かず 何かなくなっていたとしても
ホテルは 責任を取ってくれないでしょうし。
自分の身は 自分で守らなくてはなりませんからね。 )

その電話の人が保安の人に何か言って みんなで下に下りて
お部屋を変えてもらうことになりました。

エレベーターで下に下りたら 別の係りの人が2名いて
( そのうちの一人は日本語が話せません といっていましたが )
私達のこの事件が その人達に どこまで伝わっているのかは知りませんが
( 私達が その人に事情を説明する機会はありませんでした。 )
トラブルがあったので 部屋を変える程度にしか知らされていないようでした。

そして フロントに連れて行かれ ここでは これまたただ簡単に
「 部屋を変えてほしいとこのお客さんが言っている 」 くらいの
説明で フロントスタッフとのやり取りになったのです。

そこにいたのは 先ほどのチェックインのときにいた人で 
「 ( またあなたね〜 ) さっきも言ったでしょ?
きょうは オーバーブッキングで 大変なのよ!
変えるお部屋なんか ないわ! 」 って、感じ悪く言い放つ始末。

主人もビックリして 貴重な時間を割いてこうしてきているんだ! 
この原因は そっちだろう!
と言い 今までの経緯を説明をしだしたところ その人はくるっと
後ろを向いて 係りの男性と英語で言い合い始めたので 主人もカチンと来て
こっちがしゃべっているのに一体なんだ! と 切れモードで言ったのです。

たぶん その人は 
「 一体なんなのよ〜 もう! こんな忙しい時に部屋を変えろだなんて! 」
と言っていたような… 
男性スタッフは 「 なんとかならないの? 」 と言っていたような…

浜辺


でも その人は 主人のただならぬ気配にビックリしたようで
ようやく慌しくパソコンをカチャカチャとして 
「 オーバーブッキングで… ないわ〜 ないのよ〜
同じカテゴリーの部屋は無いのよ〜 」 と何度もブツブツ言い
男性スタッフと押し問答し ようやく 出してきた案は
「 そうね ダブルベッドの部屋なら何とかなるわ〜 これでどお? 」
って言うのです。
私が 「 では今日はダブルで我慢して 明日になったらツインのお部屋を
探してくれるの? 」 って言ったら 
「 それは 明日にならないと分からないわ! 」 とこれまたキツイお言葉。


男性スタッフは 「 何とかならないの? 」 と その人に懇願するも
「 オーバーブッキングって言ってるでしょ! 」 と。 (全て英語で)

さすがに 主人が 
「 毎日毎日 部屋を移動するなんてそんなことはイヤだ! 」 と。
「とにかく そちらの責任なのだから そちらで 対処してもらわないと
こちらも 貴重な時間を割いてここにいるのだから 善処してほしい 」と
かなり きつく言いました。

その後も色々とありましたが 私達も急いでいるということを説明し 
夕方までにお部屋を探しておくという事で ひとまず決着しました。

ここまでに 1時間半以上もかかりました。 

その時の そのスタッフは 同じカテゴリーから探すといっていましたので
どしても 私達には 他のカテゴリーのお部屋を回すという気は
絶対無いようでした。

私が 私達のプランは 
「 パーシャル… 以上の プランなんですよ。 」
と再度言いましたが 全く聞く耳持たず…

主人からは 「 あそこで パーシャル…の話を持ち出すのはよくないよ 」
と 後で お咎めを受けてしまいました。

( そうかしら? あの人 以上 ってこと知らなそうだったし… )

お庭から見るホテル本館夕食 ビーチハウス


とまぁ こんな状況があって かなり時間を取られ でも無事
明日の 「 カイルアビーチシャトル 」 のチケットも取れ
ようやくのんびりと ワイキキの街を楽しむことが出来ました。

でも 6時から モアナのホテルのレストランを予約していましたので
その前に荷物をまとめて フロントに行かなくてはならなかったので
やはり 慌しい 夕方になりました。

荷物をまとめてフロントに行くと 何とかお部屋が確保されたようで
でも ポーターもいないし 私達は貴重品だけ持ってレストランに行き
後から 荷物は部屋に運んでもらうことにしました。

でも その時もさっきもだけど 誰も ひと言も謝らないのです。
それが 私達には とても イヤだったのです。

だって あのフロントの人にしてみれば まるで私の事クレーマーみたいに
上から目線で扱うし とても気分が悪かったのです。

どうして謝らないのだろう。

それに どの人も私達の話を最初から聞いてくれることは無かったし
ただ その時々の自分の役割だけを こなしている個人という感じで 
ホテルの人間という自覚が全く無いようでした。

自分の責任じゃないから 謝らないのでしょうか?

電話で話したあの人くらいしか われわれの話しを分かっていなかったし
でも あの人も一度も我々の前に出てくることも無かったし
その後 いかがしましたか? と聞いてくれることもありませんでした。

クレーム対応の基本は 先ず、相手の話を聞くということです。
こんな 基本中の基本を このホテルでは 教えてないのかしら?

これが 長年あこがれていた ウエスティン だったのでしょうか?
とてもがっかりしました。
鍵がかからなかったことも 電話が通じなかったことも 不審な男性のことも
たまたまだったのかもしれませんが 私達にしては 一期一会の旅なのです。

私達が怒っているのは 鍵の事より その後の対処の仕方なのです。

なんだか納得しない 一件でした。

夕暮れのレストラン12


さて 気を取り直して ホテルのレストラン 「 ビーチハウス 」 に向かいました。

外の席をリクエストしていたので 夕闇迫る素敵な情景を堪能できました。

ハワイのビール大海老のカクテル


お料理は かなり量が多そうだったので 少なめに注文しましたが
シュリンプのカクテル ( 14ドル )
えびが ものすごく大きかった!
シーザーサラダ ( 9ドル ) 
それぞれに 半分に分けて持ってきてくれましたが この量です!
フィレミニヨンステーキ 10オンス=280グラム ( 45ドル )
( 今メニューを見たら 39ドルとなっていましたが レシートは45ドル
になっていました。 値上がりしたのでしょうか? )
ステーキの付け合せの ジャガイモと ほうれん草は ( 各8ドル)
とても量が多く ビックリしました。
後述のドコモの15%オフは 食べ物だけなので
これに飲み物3杯で 税込み 合計93ドルでした。

シーザーサラダ 半分ずつステーキと付け合せ


完食出来ず…

夜のホテル夜のロビー12


このレストランは ドコモのプレミアムクラブで 15%オフクーポン
ゲットしたので 係りの人に携帯のクーポン画面を見せたら 
「 オ〜 グッド! 」 って言ってくたので 
私が 「 知ってる? 」 ってきいたら
「 シュア〜 」って言ってくれたので 安心していたら 会計の時 
やはり15%オフになってなくて もう一度 画面を見せる始末でした。

向こうの人の 「 シュア〜! 」 はあてにならないね。
愛想は凄くいいんだけれども...

このほかにも ハワイで使えるドコモのクーポン は色々ありますので 
15%は大きいので どうぞ皆さんハワイに行ったら活用してくださいね。
ちなみに このレストランは 7人以下の利用だと 会計時にサービス料は 
明記されてないので 会計の後サービス料金分をチップとして
係りの人に渡しました。

夜のロビー


夕食の後は 気分もよくなり 素敵な夜のホテル内を散策したり
以前家族で泊まった 「 ワイキキビーチタワー 」 前まで行ってみたりして
夜のワイキキの街を楽しみました。 

一日が長かったし 嫌な気分にもなったけれど 明日からは 
また元気にすごそうね、と主人と話し ようやくホッとできました。


参考までに 変わったお部屋は 少し上層階になりましたが
お部屋は同じ号室で 景色は少し 明るくなりました。

真ん中と右の写真は 翌日撮った写真ですが いかがでしょうか?

最初の部屋変えてもらった部屋右を見るとシティビュー




murakinoriko at 15:08|PermalinkComments(8)2008 ハワイ旅行、 モアナサーフライダー 

2008年06月07日

2008、5 ハワイ旅行記 1  出発〜到着編

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

プールサイドから見上げた空


5月26日〜31日まで 4泊6日の ハワイ旅行記です。
私にしては珍しく、 全日晴れ渡り 気持ちのよい休日を過ごしてきました。

今回は急に決まったこと またこの時期は パッケージのツアーが
大変お安い時期だったこともあり 前回お話しましたとおり 駅のパンフレット棚に
ぶら下がっている 1色刷りのペラペラのパンフレットの ( すみません )
R&Cツアーズ 「 マイゲッツ 」 というツアーで行ってきました。

ホテルは下の写真の 「 モアナサーフライダー・ウエスティン 」 です。
( 昨年に シェラトン・モアナ... から昇格して ウエスティンに
なりました ) 
 
モアナサーフライダーウエスティン到着


私が 学生時代 観光研究部だったことは 何度かお話していますが
私は短大生で、 同じキャンパスに4年生の大学もあって
クラブは 短大生も大学のほうに入れるというもので
( 今はどうでしょうか? 昔は そういうシステムが多かったようで
私の姉も私とは違う学校でしたが やはり短大生の姉は 
同じキャンパスにある大学のほうのクラブに入っていました )

最近で言う 「 インカレ 」 のようなものかもしれませんね。

そのクラブでは 卒業後、旅行代理店に就職する学生が多く 
同級生の中の一人の男性も 「 東急観光 」 に就職したので 
すでに働いていた私は その同級生に手配してもらい 
観光研究部時代のお友達と行ったのが 初ハワイでした。

思えば もう34年も前の事です。 ( 勿論 羽田空港からです )

そのときは 確か1ドルが 320円くらいだったと思います。
(さすがに360円の固定ではなかったと... )

始めてエルメスのスカーフを買ったのは、34年前のこのハワイ旅行で 
100ドルしたと記憶しています。
シダの洞窟で有名なカウアイ島にも 1日観光で行きましたが 
その代金も100ドルだったと思います。 ( 共に32000円くらい )
今では そのどちらも 300ドル位だと思いますので 値段的には
34年前と今では あまり変わっていないのかもしれませんね。

成田第一ターミナルチェックインカウンター


当日 主人は前日からの泊まり勤務で、お仕事が終わり次第、成田に直行。
私は 2時半の CT検査の後 成田で合流という流れになっていました。

そういう日に限って 病院のCTの機械が1台故障したとかで、
30人待ちで大変だ、と技師の方が どなたかと電話で話していました。
(勿論 我々患者にはそんなことは知らされず 今日は随分と待ちますね〜
なんて 皆さんしゃべっていました。 )

ですから 私は予定していたよりも少し遅れて成田で主人と合流しました。
5時までに成田につければ 「 自動化ゲート 」 というものに登録して 
挑戦してみようと思ったのですが 時間的に今回は無理でした。

まだこの自動化ゲートの事は あまり認知されていないようなので 
これに登録しておけば 混んでいる時期など出国審査がスムーズにできるとの
ことなので お時間に余裕のある方は是非成田で登録してみては如何ですか?
( 用紙は こちらで ダウンロードしてね )

さて 前置きが長くなりました。
今回の旅行は 
「 ★ワールド・ビジネスクラスで行くハワイ★ ホノルル6日間 」 です。

デルタと合併を発表したノースですが 4月22日には 48台もの
自動チェックイン機を導入、 機械がズラ〜と並んだ様は 圧巻です。
自分でやるのかと思ったら 全て係りの方がやってくれて 1ヶ所だけ
なんだか同意するって所のボタンを押すだけの他動チェックイン機でした?!

ワールドビジネスクラスノースの(第一)ラウンジラウンジの食べ物


こんな感じノース(第二)ラウンジシャワールーム


今回はビジネスクラスなので ラウンジに入れるのですがノースのラウンジは 
2ヶ所あって 先ずは第1サテライトにあるラウンジに入りました。

ハワイ行きのゲートに近いほうは 第2サテライトのラウンジなので
受付のきれいなお姉さんは 
「 こちらはハワイ行きのゲートより遠くなりますがよろしいですか? 」 
私は 「 2ヶ所とも両方入りたいのですが いいですか? 」 と。
もちろん OKのお返事。 ( そんな人いるのかしら? )
でも 「 第2サテライトのラウンジのほうが 新しいですよ。」 と
親切に教えてくれました。

窓際には 夕日に映えて パソコンが並んでいます。

お腹がすいていたので 小さなお寿司とマリネのようなものを頂きました。
こちらのラウンジも 昨年改装したばかりなので すこぶるきれいです。
一通りチェックして ( 何を? ) 次に4月22日にオープンしたばかりの
第2ラウンジのほうにいって見ました。

どちらも 搭乗券を見せるだけです。

こちらも もっと広くて ステキです。

軽い食べ物や 果物 スープ お酒など たくさんありました。
8じ55分発だったので 8時ごろまで 主人はシャワーを浴びたり
私は 夕闇迫る窓際に32台並んでいるアップルのパソコンで
「 紀子の部屋 」 を見たりしてゆっくり過ごすことが出来ました。 

第二ラウンジ1「紀子の部屋」を見てみました


さて 搭乗です。
ノースのビジネスクラスの椅子は カプセルのような形で宇宙的です。
これに乗ってみたくて ノースにする方も多いようですよ。
( JALのリゾート路線のビジネスは まだ旧型の椅子です )

私達は エアバス330でしたが 少し前の時間に出発するノースの
もう一便のボーイング747も ビジネスクラスはこの椅子です。

搭乗ビジネスクラス12



この椅子は、倒すとこのカプセル型のおわんの中に椅子の上部が入っていく
という仕組みで 寝ると 頭の両側は この中にすっぽりと入ります。
椅子の全長は202センチ、 最大172度まで倒れますので 
ほぼフルフラットになります。
でも 椅子は水平になるのですが 少し斜めになっている水平なので
眠っていると 少しずつ体が足元に下がっていくので 時どき
上に摺り上がらなくてはならないので それがちょっと不安定でした。
でも 横向きにも寝られますし 何より足をまっすぐ伸ばせるので
すこぶる快適でした。

また 前後の空間がとても広く取ってあるので 小さな私は
前の席の背にあるポケットにも ベルトを外さないと届かない有様でした。

後ろから前から


操縦席の見学離陸前にウエルカムドリンクこんな感じ


離陸前に 操縦席を見せていただきました。
パイロットの方3人は とても好意的に 椅子に座らせてくれたり
一緒に写真を撮ってくれたりと 乗り物好きな主人は大喜びでした。

お食事は2回出ます食前酒和食


洋食朝食


お食事は 夕食と 朝食が出ます。
予定より早く着くようなので お食事の後すぐ寝ないと 寝る時間が無いので
テレビも見ないで とりあえず 横になりました。
でも あっという間に 朝食です。


予定より1時間早く 8時に到着です。

そろそろ到着ですwikiwikiバスに乗って良いお天気の予感


到着空港


WikiWikiバスに乗って 空港ビルに向かいますが このバスは
もうすぐ廃止になるそうです。

DFSで説明会エルメス12


ツアーバスにのって 説明会場に向かいましたが
私達のツアーは DFSが 説明会場だったので 軽く説明を受けて
カラカウア通り 〜 ビーチウオークを歩きながら ホテルに向かいました。

ワイキキの街1ワイキキの街23



シェラトンとロイアルハワイアンインターナショナルマーケットプレイス


ホテルはDFSからブラブラ歩いて 15分くらいです。
今回のツアーでは 
ホテルは 「 シェラトンモアナサーフライダー・ウエスティン 」
お部屋は 「 パーシャルオーシャンビュー 以上 」 となっていました。

この 「 以上 」 というのがちょっと不安でしたが 事前に 
旅行社からもホテルのコンシェルジュの方からも 当日の予約状況に
よりますが お部屋に余裕があったら グレードアップしますと
いわれていましたので それなりに私も期待していました。

だんだんホテルが見えてきます


GW以降は 旅行者も減っているので グレードアップしてもらった と
そういう声を良く聞いていましたので もしや? と期待していました。

が、 この後で 私達に起こる嫌な事件は まだ知るよしも無く
無邪気にはしゃいで ホテルに入っていった 私達です。

モアナサーフライダーウエスティン到着!




murakinoriko at 15:33|PermalinkComments(4)2008 ハワイ旅行、 モアナサーフライダー