2008年04月

2008年04月26日

春の京都旅行 2 都をどり 〜 トロッコ列車 

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

歌舞練場 桜


ブログの更新が 滞っていまして 皆様には ご心配をおかけしています。
機会を見て皆様には ご報告しますが 今は いつもと変わらない生活を
していますので 心配しないで下さいね。

さて ようやく 京都旅行2です。


京都御所を見学した後は 今回の旅行の ハイライトの一つ
「 都をどり 」 の鑑賞に向かいました。

上の桜は 祇園甲部歌舞練場のお庭の しだれ桜 満開です!

祇園甲部歌舞練場 12


「 都をどり 」 は 昨日夕食を楽しんだ 「 はやかわ 」 の近く、 
花見小路の奥にある 祇園甲部歌舞練場で 行われます。

1日4回の公演で 私達は 最初の回12時30分〜 を見学しました。

売店のお菓子1


223


まず 受付を済ました後 都をどり鑑賞の前に お抹茶を頂きます。

( 観覧チケットは 3800円ですが お茶券付きは4300円です )

お茶を頂くお部屋に入るのに だいぶ待ちましたが その順番を待つ列は 
売店を見ながら 進むようになっていました。
その途中に展示してある 京都の有名和菓子店の きれいなお菓子です。

その売店や お庭を眺めながら ゆるゆると列が進むと…
 
舞妓さんによるお手前


こんな 大広間に通されて…

お手前1お手前2


舞妓さんじきじきの お手前が見られます。
会場は もう カメラの嵐!

上の写真では お客様のお席は2列しか見えませんが 
この後ろに さらに3列くらいあったと思います。
とにかく 大きな部屋で 凄い人です。

舞妓さんが お抹茶をたて お運びもしてくれます。

といっても 最初の2名分だけで 後の大勢は 係りの方が出してくれます。
お菓子は 虎屋のものでした。

お菓子売店待合室


そして 各自 お菓子のお皿は ( 都をどり特製団子皿 )
お持ち帰りできます。
お皿の お団子の模様は 何色かあるようでした。

お皿の下の敷き紙も 各自 お持ち帰りで ごみに関しては
全く 出ないような システムになっていました。
素晴らしいですね。

( この後も 京都の 「 ごみは各自が持ち帰る 」 というところが
何箇所かあり 観光地として ごみの問題に取り組んでいる姿勢が
感じられた 場面がいくつかありました。 )

全10分くらいの、 次から次への流れ作業のお茶体験でした。

待合室から見る枝垂桜


こんなにきれいな桜が 間近に見られる 2階のコーナーを進みながら
都をどりの会場へ入ります。
 
私達は2階の桟敷席で 上から見下ろす感じになりましたが 
結構 間近に見ることが出来て もう それはそれはきれいでした。

内容が 源氏物語だったせいもあるでしょうが 宝塚をみている
ような感じでした。

ひいきの舞妓さんや 芸妓さんが いれば その舞台の楽しさも
さらに 倍増するでしょうね。

舞妓さんは とってもきれいで 可愛らしかったし 
芸妓さんは 艶っぽく 色気満載でした。

息つく暇もないほど 繰り出されるきらびやかな踊りは 
ちょうど1時間でした。

都をどり 1舞台


この 都をどりのほかにも 京都には 「 春のをどり 」 といって
「 京をどり 」 「 北野をどり 」 「 鴨川をどり 」 が
4月から 5月に開催されています。
その時期にかけて行かれる方は それも組み込むと 楽しさが倍増しますね。

会場には 着物姿の人も多く見られました。

着付けを習っている友人は ちょうどこの1週間前の桜の時期に 
着付け教室の先生と生徒で 着物で 京都散策を楽しんだそうです。

なんと お食事は呉服屋さんのご招待だったそうです! 
 
京都では 着物を着ていると 色々とお得なことが多いのよ、と
友人は言っていました。
着物姿の美人が大勢歩いているなんて やはり京都ですね〜



さて 都をどりを楽しんだ私達は 大急ぎで 主人の父母の分骨してある
「 大谷本廟 」 までタクシーで駆けつけ またまた 大急ぎで 
父母のお墓参りをしてきました。

以前もお話しましたが この大谷廟は お墓のマンションのようになっていて
広いフロアーに いくつもの お仏壇がクローゼットのようなところに
収めてあります。

どの階も同じつくりなので お仏壇の入っている場所の番号を覚えていないと 
目的のところに行き当たりません。

今回も うろ覚えのまま行ってしまったので 場所が分からず ちょっと
焦りましたが 記憶をたどって 何とか見つけ 慌しくお参りしてきました。

( ずっと 急ぎ足で 本当にすみません、お父さん、お母さん )

トロッコ列車の時間を予約してあったので それまでに 嵐山に
行かなくてはならなかったので 本当に あわててお参りしたのです。
でも なかなか実家のお墓参りにいけない私達には 京都という観光地に
分骨とはいえ お墓があるということは とてもありがたいことです。

そして 慌しいまま タクシーで 京都駅まで。

昼食がまだだったので ホームでおにぎりを買い 電車の中で食べました。

JR嵯峨野線は 向かい合わせの車両だったので 観光気分で 
乗ってしまいましたが 結構 地元の人の足になっている電車で 
そんなこと(飲食)している人はいず 周りの人に迷惑を掛けてしまいました。

嵯峨嵐山駅までは 京都駅から たったの20分余りで到着。


嵐山 とろっこ列車車内5号車、桜の中走ります


JR嵯峨嵐山駅の隣に トロッコ列車の駅 「 トロッコ嵯峨 」 駅があります。

もう夕方なので こんな時間に乗る人はいないと思っていましたら
以外にも 駅周辺は 列車を待っている人が 大勢いました。

運転は 1時間に1本、 1日8往復だけなので 
桜の季節と 紅葉の季節は トロッコ列車は 大変人気だそうです。

チケット ( 600円 ) は全席指定で JRのビュープラザや 
( JR西日本では みどりの窓口で販売 ) JTBなどで買えるので 
事前に指定券を購入できます。
でも 人気の 窓ガラスのない5号車のチケットは 当日しか買えないのです。

ということなので 私達は 指定券を購入しておいて 当日その場で
5号車のチケットに変更してもらいました。
( 変更1回までは 手数料ナシです。 )
お天気が良かったので 窓なし列車は 最高でした。

当日の朝 NHKで なんとトロッコ列車の亀岡駅から 桜中継をしていたので
それと同じ 情景を見ることが出来 あまりのタイミングのよさに
ビックリしました。

外の景色12


トロッコ列車は 嵯峨から 嵐山を通り 保津川を見下ろしながら 
亀岡まで25分かけて走ります。
途中 眺めの良いところでは 停車してくれたり (写真タイム)
解説があったり 水量の多い保津川や ここかしこに咲いている山桜を
眺めながら 車掌さんの歌を聞き終わったら トロッコ列車は亀岡駅に
到着です。 

トロッコ列車トロッコ亀岡駅付近


このトロッコ列車の旅行程は 基本的には 行きはトロッコ列車
帰りは保津川下りを 愉しんで 嵐山まで帰るというのが 
一般的なのですが 前日までの雨の影響で 保津川下りは この2日間
中止になっていましたので 帰りもトロッコ列車で帰る人が多くいたため
帰りのトロッコ列車も 立ち席券を発売するほど 盛況でした。

( 亀岡からは JR嵯峨野線で 帰る事も出来ます。)


そのまま トロッコ列車で帰る人を後に 私達は 亀岡で1泊するため
お宿のお迎えの車に乗り込みました。 
亀岡駅周辺は結構都会で こんなところに そんな素敵なお宿があるのかしら?
と思うほど 賑やかな 街並みでした。

車で 15分くらい走って 「 楽々荘 」 に到着しました。

楽々荘 お庭


さて 今回 私が強引にお値引きを強要して? 泊まった 「楽々荘」!
お宿編は次回に…

下の写真は 私達が夕食を頂いた、 国の登録有形文化財に 
指定されている 「 楽々荘 洋館 」 です。

こわかったぁ〜

こわーい有形文化財でのディナー




murakinoriko at 23:09|PermalinkComments(4)2008京都 桜 楽々荘 

2008年04月17日

春の京都旅行1  夕食 祇園はやかわ 〜 京都 御所

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

SEALOVEさん ピエールエルメ


この マカロンのお写真、 SEALOVEさんから送って頂きました。
先日お話した リプトンのペットボトルのおまけシリーズで
ピエ−ルエルメの ストラップ 全8種類です。 (予備もあるそうですね)

すばらしいコレクションですね〜
これだけ集めるには 随分と最初から 目をつけていたんですね。
今はもうどこにも無いようで マニア垂涎の幻のコレクションですね。

下の写真も SEALOVEさんからで 私の行った1週間ほど前に ご夫妻で
京都に行かれたときの 平安神宮の桜です。

ちょうど 桜にピッタリの時期だったのですね。
本当にきれい! 見事ですね!
色もいいし… 
SEALOVEさん、 どのお写真もきれいに取れていて 
本当にありがとうございました。

SEALOVEさん 平安神宮


さて 以下からは 私の京都旅行です。
写真は 3日目に行った 嵐山の桜です。

京都 嵐山 しだれ桜


1日目は 検査が終わって 東京駅まで行き あたふたと新幹線に乗りました。
東京は雨でしたが 京都も やはり雨でした。

宿泊は 地下鉄、烏丸御池駅のすぐそばの 「ホテルギンモンド 」 です。

ビジネスホテルのようなものですが 入口はちょっと ヨーロッパの
プチホテル風で お部屋も 意外と広くて 清潔でした。
この時期で 1泊1人 6500円程度で泊まれたので 大満足です。

ホテル ギンモンドお部屋窓から見える景色


旅行前に たまたま主人の友人で 滋賀に住んでいる方から 
偶然連絡があったもので この京都旅行のことを話したら
せっかくこの時期に来たのだから 「 都おどり 」 をプレゼントして
下さるとの事、 なかなか取れないチケットを 3日前にもかかわらず
ゲットしてくださいました。

その時に 夕食も せっかくなので 京料理を 食べなさい、と
提案してくださり ご自分の行きつけの 祇園の町家京料理店を
推薦してくれました。

なので その友人を交え 3人で 夕食です。
お店は 「 祇園 はやかわ 」

祇園 はやかわはやかわ ママ


祇園の 花見小路から入ってすぐの 町家スタイルのお料理やさんです。
入口には メニューも何もありません。

ママは ものすごい美人! 写真よりも 実際はもっときれいです。
中は 普通のお家のような感じで お部屋は白木の意匠で 格調高いです。

友人からは 個室は高いので カウンターを取っておいたよ、
といわれていましたが 室内に案内されると カウンターでも 個室でも
どちらもご用意してありますので どちらでもよろしいですよ〜 との事。

ではせっかくなので 個室に…

個室ほたるいかの梅ゼリーあぶらめ お椀


行く前に はやかわのホームページをみて行ったので ママのお写真も
見てきました、と言ったら あの写真は もう随分前のものなんだけれど
そのまま出しているんですよ〜 と。

お若い頃もおきれいですが いえいえ 今も その美貌、健在です。

車えび マグロ蒸し物いろいろ


ママさんは 何回か私達のお部屋に来て お相手をしてくれました。
話に 切れがあるし 頭の回転も早いし 何より お客様の話の
つぼを押さえているし、 素晴らしい 客あしらいでした!

ここの本店のほかに 歩いて10秒のところに 南店も出しているほど
評判の良いお店のようで 大繁盛のようでした。

若竹煮豆ご飯デザート


祇園には 以前は芸妓さんをしていた方が出している京料理のお店が 
何軒もありますが その方たちの中には結婚をしていないので 
お子さんがいない方が多いそうで 跡継ぎがいないため お店の存続が出来ず
廃業していくお店が 多いそうです。

そこへ行くと 「 はやかわ 」 はママの息子さんが お料理を
仕切っていられるとか、 お嫁さんお孫さんもいて 繁栄しているようです。
それなので 支店を出すなど 大繁盛なのですね。

きれいな器12花見小路


そこで お給仕をしてくれていた 若い女性の方は ある大きな酒蔵の
お孫さんだとか。

以前行ったお宿で そこの大吟醸を飲んだことがあったので
そんなお話をして 盛り上がりました。

その酒蔵の辺りに 大変評判の良いホテルがあったので 
私が 是非一度行ってみたいとお話したら 
「 おじいちゃんに言っておきますので 行かれるときは
是非 言ってくださいね 」 なんて 言ってくれました。

でも 「きゃっ! うれしい!」 なんてはしゃいでいる私の横で
主人が 「 その話 具体的にするなよ〜 」 と言ってそうで
私は それ以上 その話題には 触れられませんでした。

( 強羅花壇の時 また今度泊まりましょうよ!といった時の
主人の慌てようが 頭を横切ったので… )

そんなこんなで 楽しい 祇園の裏話など聞けて 2時間の会食は
お開きに…

お料理代は コースで1万円と最初から友人に言われていましたが
お部屋代は入っているのか サービスなのか分かりませんが
お料理3人分 ビール4本? 焼酎 サワー 日本酒 各1杯
で 48000円でした。

会計は 白い小さな紙切れに ただ48000円と書いてあるだけなので
いくらがお料理なのか お酒がいくらなのか 部屋代 サービス料など
詳しいお値段は 分かりません。

このお値段 祇園では妥当なのかどうか 私には分かりませんが
これも紹介があったからなのでしょうかね〜
ママさんの ご配慮で 良心的なお値段になったのでしょうか?

( はやかわはご紹介がないと 行けないようです。
でも最近はインターネットで 予約するお客様も多くなったそうですが
どちらにしても 予約をしないとだめだそうです )

ママさんが 私に 是非 次回は お友達と来てくださいね〜
と何度か言ってくれました。

むむ 主人に言うより 私に言っといたほうが いいと見たか〜

私が 「 でも私はお昼にしかこれないわ〜 
お昼はママさんはいないんでしょう? 」 と言ったら
「 いつもはお昼は いないんですよ〜 
でも ご連絡くれはったら もちろん お店にいますよってに〜 」 
だそうです。 ( へんてこりんな 京都弁ですみません )


さてお店を辞して 近くの 祇園白川の夜桜に 足を運びました。
雨が少し降っていましたが こちらの桜も 何日か前の強風で
だいぶ散ってしまったようです。

SEALOVEさん 祇園白川の夜桜紀子 祇園白川の夜桜


上の2枚の写真ですが、そのときの白川の橋からとった写真で
左が SEALOVEさんの写真、 右が1週間後の 私の写真です。
どうぞ 2枚の写真、見比べてみてください。

なんと同じところから撮ったので 偶然にも 同じ構図です!
これにはビックリ!

ライトアップの時期には 凄い混雑だったのでしょうね。

祇園白川2


夜桜


雨に濡れた 風情のある祇園白川沿いをそぞろ歩いて 帰路に着きました。



和久伝イノダコーヒー


翌朝は ホテルの近くにある 「 イノダコーヒー本店 」で朝食を
とりました。

ナント驚いたことに お店の待合室は大混雑!
地元の方に混じって 観光客も 大勢 朝食をとっていました。
昨年行った京都旅行では 同じイノダコーヒーでも 清水店を利用しましたが
本店も こんなに混んでいたのですね。

京の朝食エビフライバーガー可愛いテラス席


さて ホテルをチェックアウトしてから 今日は 時間刻みの予定です。
まずは 今の時期だけ 一般公開している 「 京都御所 」です。

春と秋の 5日間だけの 無料一般公開 ( いつもは 事前申し込み )
なので 観光バスなど ぎっしりでした。

京都御所 春の一般公開


ひろーい公園 ( 京都御苑 ) になっていて その真ん中に
御所があります。
御苑のお庭には しだれ桜が 緑と映えて 本当にきれいでした。
お天気が良ければもっと きれいなのでしょうね。

京都御苑、近衛の桜お常御殿と桜


ひろいひろい京都御所


御所の中は 整然として チリ一つ無く 玉砂利が敷き詰められています。
この写真はまるで 台湾や韓国のようですね。

中の様子着物の展示外から見る紫宸殿


右近の橘紫宸殿左近の桜


お雛様の飾りにもある 左近の桜と 右近の橘です。

天皇から見て 右と左になるそうで 正面から見るのとは反対なのです。
これを覚えておけば お雛様を飾るときに迷いませんね。
…って これ みんな 知っているのかしら? 常識?

京都御苑 桜


園内はものすごく広いので 見終わった後に 地下鉄の駅に行くにも
ずいぶんと歩きました。

この後は 「 都おどり 」 へと 向かいました。

murakinoriko at 14:33|PermalinkComments(13)2008京都 桜 楽々荘 

2008年04月10日

春の庭 & 横浜ベイシェラトン

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。

白椿


白い椿が咲きました。
まるで 資生堂のCMの 鈴木京香が 出てきそうですね!

千鳥が淵2千鳥が淵の桜













さて この写真は 
千鳥が淵の桜です。
「 万歩の会 」 の会長さん 
から お写真を頂きました。



会長さんは 毎日 コースを変えて 2時間くらい歩いていますので
2万歩は いっているようです。
そのせいか 最近は コレステロール値が すごく下がったと言って
いましたので やはり歩くのは 効果は ありますね。


主人が 時々参加している 「 山歩きの会 」 の 会長さんも
最近忙しくているそうで なんと 毎日3万歩 歩いているそうです。

3万歩って言ったら 朝から晩まで 歩き通しですよね! 
週末に主人が行った 秦野の弘法山歩きでさえ 17000歩でしたから。

でも そのせいで ( 山歩きの会の ) 会長さんは  
ウエストが4センチ 細くなり 体重も5キロ やせたそうで 
会う人ごとに 驚ろかれているようです。

「 万歩の会 」 も 「 山歩きの会 」 も 会長さん自ら
ご自分の体で 歩きの効果を 示してしてくれているのに...

う〜ん やっぱり万歩計は 私のように付けるだけではダメですね。
私は 嵐の一日だった昨日に至っては 一歩も外に出なかったので
なんと 884歩でした!

昨日 健保組合から お知らせのお手紙が来ていましたが 
その中のに カード式の万歩計の 紹介、販売が出ていました。

ポケットなどに入れておけば センサーが反応して 歩数を計ってくれる
そうで? コレならウエストを気にすることなく つけられますよね。

でも 道具に凝るより まず 歩け!って 感じですね〜 私には。

春の庭


写真は 今が春真っ盛りの わが家の花々です。

庭の花々2


さて 以前からお話しているPET検査を 明日 
( 日にち的には もう今日の話ですが ) 受けてきます。

私が最初に 悪性リンパ腫になった 6年前は PETという機械が
出始めたばかりで 私の通っている病院には まだありませんでした。
ですので 千葉にある系列の病院まで行って PET検査を受けたものです。

現在は 大きな病院や 人間ドックなどには あるようですが
やはり とても高価な機械なので 全国、何処にでもあるという
ことではないようです。

最初の頃は 私の記憶では その検査は 保険が使えても 
8〜9万円くらい払ってましたが 最近では PETCTといって 
PETにCTを組み合わせたものがあり2〜3万円ですむようになりました。

でも それはあくまでも 今、治療中の人に対しての検査は
保険が使えるのであって 人間ドックのなどの 検査目的では 
保険適用ではないので 今でも10万円くらいはかかるのだと思います。

つぼみチューリップ1


チューリップ つぼみ123






病院で 何万円も払うのは とても損した感じですよね。

以前 私が使っていた 分子標的薬?という抗がん剤も 4本100万円
保険を使って 4本30万 と言われびっくりしたことがあります。

( 一旦は払いますが 後ほど 高額医療で ある程度戻ってきます! )

今は かなりの病院で クレジットカードが使えるので 大金を持ち歩く
必要がないのかもしれませんが 私の通っている病院は 今でも現金のみ
なので 会計時には 皆さん かなりの大金を 持ってきています。

早く カード払いにして欲しいのです! ポイントが貯まりますからね。

4


チュ−リップ 12


さて PET検査とは 先ず 検査薬を注射して その後1時間くらい休んで 
その後ドームのようなものに入って 検査をするというものです。

その注射した薬が 悪いところに反応するようで 5ミリのガンでも
判ると いわれています。

でも 私も 再発した時 PETで 何箇所か 反応したことがあって
すわっ! と思ったのですが あまりに小さすぎて CTでも 患部を
特定することが出来ず 結局 様子見のまま 半年過ごしたことがあります。

その後 CTで はっきり分かるくらいに 大きくなったので ? 治療を
始める事が出来ました。

だから たとえPETで反応しても 小さい場合は すぐ治療できるかって言うと
そうでもないのが 現状らしいです。

( あくまで 私の素人考えですが... )

花海棠


23


私のように 長い間 病院に通っていると 医学は 日夜進歩しているのが
よく分かります。

ですので 何とか だらだらとでも 生き延びていることが 
大切だと 思っています。

パソコンから見る桜12


私が 毎日 パソコンに向かっている部屋の窓から 桜が良く見えます。
わが家の 後ろ側には ちょっとした小高い丘が見えるので 季節によって
かわるその景色を眺めながら とても気持ちよく 作業?をしています。


さて 下の写真のマカロンは ピエールエルメのものですが...

マカロンストラップ8種類







そうなんです。 これは ストラップなんです。
リプトンのペットボトルの おまけで付いているストラップで 
巷では 結構人気なようで 入手困難な 種類もあるそうです。
まるで 本物のように 美味しそうですね。


次は 横浜ベイシェラトンの ベイビューランチ 3465円です。

前菜とメインは チョイスで デザートはビュッフェです。

横浜ベイシェラトン28階 ベイビューランチメニュー 3150円+サ


前菜 マリネメイン1ローストビーフメイン2パスタ







「 ベイビュー 」 は28階にあり 景色もきれいですし 
( ただし窓際は2時間制 )
デザートビュッフェには チョコレートファウンテンもあって 
果物や マシュマロ シューなど いろいろな味が 楽しめます。

11時半から3時半まで なんと4時間も マシンガントークをしてきました。

チョコレートファウンテンデザートビュフェ


明日は PETが終わってから 京都に行ってきますが 
どうもお天気は 良くないようです。

桜は もう 期待できませんが 都踊りのチケットを 知り合いの方が
手配してくれたので とても楽しみです。

では 検査と 京都 いってきま〜す。

murakinoriko at 01:38|PermalinkComments(7)グルメ | 病気

2008年04月05日

春の会合 & 庭の花々

2005年9月から 2007年11月前半までのブログは
「 紀子の部屋 」 へどうぞ。


近所の桜


各地で 桜が満開のこの頃ですが ご近所の桜は 葉が見えてきています。
この写真は 1週間くらい前のものですので きれいですね。

近所の桜 2桃? 






山桜






梅


春休みは なぜか 親戚が集まる行事が多く 主人のほうも 広島から
姉夫婦や 甥っ子が上京したので 久しぶりに 兄弟それぞれの家族が
顔をそろえました。

私のほうも それぞれの姉妹家族が 勢ぞろいしたり、春休みだったので
親戚が集まったりと 大人数での 食事会が 何度かありました。

枝垂れ桃遅ればせながらの散らし寿司


まずは 私の大好きな 蟹! 「 甲羅本店 」 での食事です。

甲羅本店 蟹123






456






今年の初めに 北陸にかにを食べに行った時に 
思ったほど甘〜くなくて ちょっと物足りなかったと報告しましたが
もしかして これは 私の味覚の問題かしら? と思い
もう一度蟹を食べて 私の味覚を確かめたかったので 
ここで蟹を食べられて ちょうどラッキーでした。


というのも 3年前の治療のとき 抗がん剤の副作用として 
「 味覚障害 」 というものがあり かなり味覚が 麻痺して
何を食べても 全く美味しくない期間が 続いていました。

6年前の 1度目の抗がん剤治療の時もそうでしたので 私自身
その状況は わかってはいましたが 本当に何を食べても砂をかむようで
美味しくなくて 入院中は 看護師さんに頼んで 通常の食事以外の 
「 果物食 」 にしてもらったりしたのですが 
( こんなお食事も 選べるんですよ〜 今の病院は… ) 
それでも 全然美味しくなくて
アイスクリームを買ってきてもらったりもしましたが
( 主人に頼んで わざわざ 「 ピエールマルコリーニ 」 の
たっか〜い アイスを食べたのですが )
それでも 美味しくなくて 味覚がないって こんなにも 味気ないものだと 
( 文字通り ) 思い知らされたものです。

78


味覚障害は 治療が終わっても 半年くらいは 完全には治らないのですが 
月日とともに 徐々には 戻っていったのですが 毎日お料理をする際
微妙な味が 分からないという状況は 続いていました。

おつゆなどの 微妙な塩加減が 本当に 分からなくて…

でも そこは長年の勘があるので ある程度は おかしくないような味には
なるのですが 家族からも今日は 薄いね、とか 濃いね〜 なんて
言われることもしばしばあり やっぱり 完全には戻ってないのかな〜 
なんて思っていたのです。

以下の写真は 横浜高島屋の 「鼎泰豐」(ディン・タイ・フォン) の
ランチセットです。 ( 1300〜1400円くらい )

高島屋「鼎泰豐」(ディン・タイ・フォン)12小龍包







ですから 北陸で食べた蟹も あまり感激するほどは 
甘く感じなかったのも 味覚のせいかな〜 と思っていました。

前回 同じメンバーで 甲羅本店の 「 蟹懐石 」 を食べた時
蟹の握り鮨が 甘くて甘くて 本当に美味しくて 追加で注文したほど
だったので 今回も前回同様美味しく感じるかしら? と食べてみました。

…が ビックリするほどは 美味しくなかったのです〜
周りの反応も 前回ほど 絶賛していなかったので やはり
特別美味しいというほどでは なかったようです。

ですので 今年の蟹が美味しいのかどうかは 蟹のほうの問題なのか
それとも 私の味覚の問題なのかは 結局 まだ分からずじまいでした。


銀座 クルーズクルーズ 123






さて 写真は 主人の兄弟で集まった 銀座の 「クルーズクルーズ」です。

大人数での会食には 個室が取れるので ( すでに 我が家以外は 
みんな孫がいますので… ) とても便利なお店です。

以前は 主人の兄弟達は ものすごい酒豪揃いで ビックリするほど
お酒が進み 大賑わいだったのですが 年齢を重ねるにつれ 皆さん
豪快なイメージは無くなり 本当に いわゆる 「 いい人 」に
なっていて 昔を知っている私としては少し淋しいものがありました。

飲み放題にはしないでね、と 女性陣から要望があったほどです。

主人の兄弟や 甥っ子達は 本当にみんな 頭の良い人達で
以前も 実家で みんなで 酔っ払っている時 ( 本当に
かなり 酔っ払いの集まりなのです ) お姉さんが 渋谷にある
イタリアンレストランの名前を 間違えて 「 どん底 」 だったね〜
と 言ったら すごーく酔っ払っている 姉の息子が
「 おか〜ちゃん! そのレストランの名前は「 どん底 」 じゃないよ
どん底は ゴーリキよね〜 」 
と サラリと 言っていました。

私は す、す、素晴らしい! と感激しました。

だって 酔っ払っているのに ゴーリキが出てくるのそのセンス!

普通に生きてきて 会話に ゴーリキ なんて名前が出てくるなんて
一生に 一度も無いだろうに…
本当に ステキ! びっくりしました!

その他にも 「 …それからね〜 」 と誰かが言ったら

「 そういや〜 「それから」は夏目漱石の三部作だったかいのう〜 」

と ずっと遠くにいた人が (その話に加わっていない人)
かなり酔っ払っていたにもかかわらず そういったのです。
 
「 ほうよ〜 「三四郎」 「それから」 後はなんじゃったかの〜 」

と誰かが叫び、 他のもう一人の酔っ払いぱらいが すかさず

「 「三四郎」 「それから」 あとは 「 門 」 じゃったろう〜 」

…みたいな会話をしているのです。

( 注 文末の のう〜 とか じゃろ〜とかは 広島弁です )

私は ただの酔っぱらいのこの人達だけど 侮れない、頭の回転!と
ビックリしたものです。

だって 相当酔っ払っているにもかかわらずですよ、この会話!

456







このような ちょっと異色な? ステキな? 人達なのですが
今回は 飲み放題ではなかったので その奇妙な片鱗は 少ししか
見えなかったのが 私的には ちょっと さびしかったのです。

そして 結局 皆いい人のまま 最後まで楽しく過ごすしながら 
銀座でお別れをしました。

年を取るって事は こんなにも 丸くなるんだな〜と思った夜でした。


庭の花 ムスカリ


さて 最近のお庭の写真です。

らっぱ水仙白ぼけオキザリス







主人が 最近大きなカメラを買ったので 私も試して撮らせて貰っています。
いろいろな機能がついているので 試行錯誤で撮っていますが 
何といっても…

再び、 きれいな乙女椿


ユリオプスデージーはなだいこんプリムラ







「 背景をぼかす 」 という機能が 付いていて それで撮ると
まるで プロのように撮れるのです。

以下の2枚の写真、 どうですか?

花海棠のつぼみ


もっこう薔薇のつぼみ


ちゃんと 背景が ぼけていますよね〜

こんなにもきれいに撮れて ちょっと 嬉しくなっています。

雪柳カランコエ梅







さて 春休み企画のもう一つは 横浜の中華街 「 大珍楼 」 に
続いての オーダーバイキング 「 横浜大飯店 」 です。

横浜大飯店 123







今回は 大人数で行ったので 予約をしたかったので 妹が調べて
予約の出来る 横浜大飯店に行ってきました。

オーダーバイキングで 一人2480円です。

たまたま コース料理を食べる半個室の円卓のテーブルが
空いていたとかで 豪華なお部屋に案内されました。
かなりそのお部屋の印象が良かったので お料理の味も それ以上に美味しく
感じたのかもしれませんが 大変美味しく頂くことができました。

456


以前行った 大珍楼は 主人と2人だったので結構食べるのが 大変で
種類も 数種しかオーダーできなかったのが 残念でしたが 今回は
色々なお料理を 少しづつ いただけたので やはり中華街は 
大人数で行くのが 良いですね。
デザートも 評判の杏仁ソフトや杏仁プリン、杏仁豆腐レモン風味などなど 
一口づつ 美味しく味見をすることができました。

でも普通のお席は ただの四角いテーブルで 結構席間も狭かったようで 
室内の雰囲気は 大珍楼の方が 豪華でした。

お味は 横浜大飯店の勝ちかな? と…
( 大人数で行ったせいもあるかもしれませんね )

…と にぎやかな 春休みを過ごすことが出来ました。

結婚記念日


2月11日は 私達の結婚記念日で 今年は 節目の30周年でした。

この 「 結婚30周年 」 という言葉!
前後3年は使えそうです、 記念旅行という事で…


murakinoriko at 22:34|PermalinkComments(3)グルメ | 生活